FC2ブログ

カオグロサバクヒタキ

スペインシリーズの続きで、今日はカオグロサバクヒタキをご紹介します。

カオグロサバクヒタキ(Black-eared Wheatear)はヨーロッパ南西部、アフリカ北西部から中東、イラン、カザフスタン南西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ西部・北東部で越冬する体長13.5~15.5cmのヒタキ科サバクヒタキ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南西部~南中部、アフリカ北西部で繁殖し、冬季アフリカ西部で越冬する基亜種Oenanthe hispanica hispanicaと思われます。

スペイン南部の草地で目にしたカオグロサバクヒタキのオス。名前のように顔と喉、雨覆、風切が黒く、頭頂から背にかけてと胸は明るい褐色で、腹部は白色という、見た目にも大変美しいサバクヒタキの仲間です。

カオグロサバクヒタキ3

カオグロサバクヒタキ1

後ろから見ると、尾羽の両側が白色であることが分かります。

カオグロサバクヒタキ7

カオグロサバクヒタキ8

カオグロサバクヒタキ9

カオグロサバクヒタキ11

カオグロサバクヒタキ10

カオグロサバクヒタキ12

昨日に続き、今日は同じくサバクヒタキ属の鳥、カオグロサバクヒタキをご紹介しましたが、昨日のハシグロヒタキがほぼヨーロッパ全土で繁殖するのに対し、本種はヨーロッパ南部だけで繁殖しており、今回、そんな両種が見られたのは幸運でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハシグロヒタキ

スペインシリーズの続きで、今日はハシグロヒタキをご紹介します。

ハシグロヒタキ(Northern Wheatear)はヨーロッパ、アフリカ北西部から中東、中央アジア、ロシア、中国北西部、アラスカ、カナダ北部にかけて繁殖し、冬季はアラビア半島やアフリカ北東部や西部に渡り越冬する体長14~16.5cmのヒタキ科サバクヒタキ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南部から中東、西南アジア、モンゴル、中国北西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ北部、西南アジアに渡って越冬する亜種Oenanthe oenanthe libanoticaと思われます。なお、日本へはヨーロッパ北部・中部からアジア北部、シベリア東部、北アメリカ北西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ北部・中部で越冬する基亜種Oenanthe oenanthe oenantheが稀な旅鳥として渡りの時期に観察され、北海道、本州、日本海側の島嶼、九州、西表島、南西諸島で記録があるようです。

スペイン南部の草地で目にした夏羽に移行中のハシグロヒタキのオスと思われる個体。頭頂から背は青灰色で、過眼線、頬の一部、翼は黒褐色をしています。

ハシグロヒタキ7

こちらも夏羽に移行中のオスと思われる個体。喉からの体下面はまだ褐色みを帯びています。

ハシグロヒタキ3

こちらも夏羽に移行中のオスと思われる個体。

ハシグロヒタキ1

ハシグロヒタキ2

こちらも頭部から背は褐色みが残っていますが、過眼線、頬の一部に黒色みがあることからまだ冬羽に近いオスと思われます。

ハシグロヒタキ8

ハシグロヒタキ9

そしてこちらは頬に黒色みが見られないことから夏羽に移行中のメスと思われます。

ハシグロヒタキ5

ハシグロヒタキ6

ハシグロヒタキ4

今日はヨーロッパ南部から中東、西南アジア、モンゴル、中国北西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ北部、西南アジアに渡って越冬するハシグロヒタキの亜種Oenanthe oenanthe libanoticaと思われる個体をご紹介しましたが、訪れた4月初旬はまだ完全な夏羽にはなっておらず、繁殖期を迎えるこの先、夏羽に換羽していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ソリハシセイタカシギ

スペイン・アフリカシリーズの続きで、今日は日本でも人気のあるソリハシセイタカシギをご紹介します。

ソリハシセイタカシギ(Pied Avocet)はヨーロッパ、中央アジア、アフリカ中南部で局地的に繁殖し、冬季はヨーロッパ南部、アフリカ、インド西部、中国南部などに渡り越冬する体長約43cmのセイタカシギ科ソリハシセイタカシギ属の鳥で、日本へは稀な旅鳥または冬鳥として、干潟、海岸に近い湿地、河口、池などに渡来しますが、数は少なく1~2羽で飛来することが多いようです。

モロッコの海岸線近くの水路で目にしたソリハシセイタカシギ。渡りの途中なのでしょうか?たくさんの個体が陸に上がって休んだり、ゆっくりと動いていました。

ソリハシセイタカシギ11

さすが貴婦人と言われるだけあり、嘴が少し上に反り、ゆっくりと歩く様は何とも優雅です・・・

ソリハシセイタカシギ13

ソリハシセイタカシギ15

ときおり翼を広げ、舞いのような動きをするソリハシセイタカシギ

ソリハシセイタカシギ16

ソリハシセイタカシギ17

ソリハシセイタカシギ20

ソリハシセイタカシギ21

今日は優雅な水鳥ソリハシセイタカシギをご紹介しましたが、英名のAvocetはイタリア語のavocetta(優雅な鳥)から来ているそうで、我々日本人と西洋人の鳥に対する感じ方にどうやらあまり差はないようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

イシチドリ

スペインシリーズの続きで、今日はイシチドリをご紹介します。

イシチドリ(Eurasian Stone-curlew)はヨーロッパ、北アフリカから中東、南西アジアにかけて分布する体長38~45cmのチドリ目イシチドリ科イシチドリ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ西部・南部からバルカン半島、ウクライナ、コーカサスにかけて分布する基亜種Burhinus oedicnemus oedicnemusと思われます。

スペイン南部の湿地帯で目したイシチドリ。ゴーグルのように見える大きな黄色い目に特徴があり、見ようによっては目つきが悪く見えます。

イシチドリ1

イシチドリは草むらに隠れるようにじっとしており、このちょっと変わった名前は石のように動かないチドリ(英名ではダイシャクシギの仲間?)というところからきているのでしょうか?

イシチドリ2

イシチドリ3

イシチドリ4

今日はヨーロッパ、北アフリカから中東、南西アジアにかけて分布するイシチドリをご紹介しましたが、このちょっと変わった雰囲気のイシチドリの仲間では、以前訪れたオーストラリアで別種オーストラリアイシチドリ(体長55~59cmと一回り大きいい)を目にしていますので、ご参考までに当時のブログをご紹介させていただきます・・・

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1609.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ニシツバメチドリ

スペインシリーズの続きで、今日はニシツバメチドリをご紹介します。 

ニシツバメチドリ(Collared Pratincole)はヨーロッパ南部、アフリカ北部からパキスタンにかけてと、サハラ砂漠以南のアフリカに分布する体長24~28cmのツバメチドリ科ツバメチドリ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南部、アフリカ北部からパキスタンにかけて繁殖し、冬季、アフリカ北部で越冬する基亜種Glareola pratincola pratincolaと思われます。

スペイン南部の湿地帯で目にした夏羽のニシツバメチドリ。見た目には日本でも旅鳥または夏鳥として渡来するツバメチドリ(Oriental Pratincole)ともよく似ていますが、頭部からの体上面がより灰色が強く、胸以下の体下面もより白っぽい感じがしました。

ニシツバメチドリ1

ニシツバメチドリ2

ニシツバメチドリ4

ニシツバメチドリ5

ニシツバメチドリ7

ニシツバメチドリ8

低空を称するニシツバメチドリ。羽根を広げると特徴である腰の白色部がよく分かります。

ニシツバメチドリ10

飛ぶ姿は和名のようにツバメによく似ていますね・・・

ニシツバメチドリ11

今日はユーラシア西部とアフリカに分布するニシツバメチドリをご紹介しましたが、見た目には日本で目にするツバメチドリに極めてよく似ており、違和感なく安心して見ていることができます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カンムリカイツブリの求愛給餌

スペインシリーズの続きで、今日は求愛給餌をしていたカンムリカイツブリをご紹介します。

カンムリカイツブリ(Great Crested Grebe)はユーラシア、アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどに広く分布する体長46~51cmのカイツブリ科カンムリカイツブリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはユーラシアに広く分布し、日本にも主に冬鳥として渡来する基亜種カンムリカイツブリ(Podiceps cristatus cristatus)と思われます。

スペイン南部の池で泳いでいた夏羽のカンムリカイツブリ。夏羽では額から頭頂が黒く冠羽状になっており、白い顔の後方には黒と赤褐色の飾り羽が出るのが特徴です。

カンムリカイツブリ1

カンムリカイツブリ2

カンムリカイツブリ3

カンムリカイツブリ4

こちらは別の水路で見かけたペアです。よく見ると、左側のオスと思われるほうが右側のメスに魚をあげていました。

カンムリカイツブリ5

魚をもらって見つめ合うペア。同じ夏羽の雌雄を比べてみますと、オスのほうが飾り羽が長くて豊富で、大きく見えます・・・

カンムリカイツブリ6

その後、メスを先頭に泳ぎ始めました・・・

カンムリカイツブリ7

今日は偶然目にしたカンムリカイツブリの求愛給餌をご紹介しましたが、それにしても特にオスの夏羽は飾り羽が長くて豊富であり、メスの気を引くのに十分役立っているように思えました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

初見のアフリカオオバン

スペイン・モロッコシリーズの続きで、今日はアフリカオオバンをご紹介します。

アフリカオオバン(Red-knobbed Coot)はスペイン南部、モロッコ、エチオピアからアンゴラ、ナミビア、南アフリカ、マダガスカルにかけて分布する体長39~44cmのクイナ科オオバン属の鳥で、よく似たオオバン(Eurasian Coot:ヨーロッパ、アフリカから南アジア、東南アジア、中国、日本、フィリピン、ボルネオ、ジャワ、バリ、ニューギニア、オーストラリア、ニュージーランドにかけて広く分布)より一回り大きく、成鳥では英名のように額板の上部に赤いこぶがあるのが特徴です。

モロッコの大きな湖で、遥か彼方のオオバンの大きな群れの中に混じっていたアフリカオオバン。(額板の上部に赤いこぶがある個体)

アフリカオオバン1

アフリカオオバン2

アフリカオオバン3

今日は初見のアフリカオオバンをご紹介しましたが、今回は被写体までの距離があまりに遠く、鮮明な写真は撮れませんでしたが、それでもその特徴である額板上部の赤いこぶが確認できただけでも幸運だったと言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

セイケイ

スペインシリーズの続きで、今日はセイケイをご紹介します。

セイケイ(Western Swamphen)はヨーロッパ南西部、アフリカ北西部に分布する体長40~45cmのクイナ科セイケイ属の鳥で、 かってはユーラシアからアフリカ、オーストラリアにかけて広く分布するセイケイ(Purple Swamphen)のヨーロッパ亜種として分類されていましたが、現在はPurple Swamphenから分離し種として分類されています。なお、他の亜種についても同様に以下の種に分類されています。
①African Swamphen(アフリカ、マダガスカルに分布)
②Grey-headed Swamphen(中東、インドから中国南部、インドシナ、マレー半島に分布)
③Black-backed Swamphen(スマトラ、ジャワ、ボルネオ、スラウェシ、フィリピン南部に分布)
④Philippine Swamphen(フィリピンに分布)
⑤Australasian Swamphen(スラウェシ、小スンダ列島、ニューギニア、オーストラリア、ニュージーランド、南太平洋諸島に分布)

スペイン南部の水路脇で目にしたセイケイ。青紫色の体色に、赤色の額板、嘴、脚のコントラストが鮮やかです。

セイケイ3

下尾筒が白いのもセイケイの特徴です。

セイケイ4

セイケイ6

セイケイ7

セイケイ8

セイケイ9

セイケイ10

今日はヨーロッパ南西部、アフリカ北西部に分布するセイケイをご紹介しましたが、セイケイはその体色の美しさからか、古代ローマ時代から鑑賞鳥として別荘などで飼育していたそうで、高貴な鳥であるとして、古代ローマ人が食べなかった数種の鳥類のうちの一種だそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アカハシハジロの飛翔

昨日の続きで、今日はアカハシハジロ(Red-crested Pochard)の飛翔風景をご紹介します。

スペイン南部の湿地帯で目にしたアカハシハジロ(上方の個体はメス)。雌雄ともに褐色の雨覆と白色の風切とのコントラストが鮮やかです。

アカハシハジロ1

アカハシハジロ2

水路近くを低空飛翔するアカハシハジロ。

アカハシハジロ6

アカハシハジロ7

雌雄並ぶと、オスは頸から下尾筒にかけて黒色で、脇に大きな白斑があることが分かります。(メスの体下面は淡褐色)

アカハシハジロ8

上空をペアで飛翔するアカハシハジロ。

アカハシハジロ3

アカハシハジロ4

今日はスペイン南部の湿地帯で目にしたアカハシハジロの飛翔風景をご紹介しましたが、色鮮やかなオスと地味系のメスが一緒に飛ぶ様は何とも魅力的でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アカハシハジロ

スペインシリーズの続きで、今日は日本では数少ない冬鳥として渡来するアカハシハジロをご紹介します。

アカハシハジロ(Red-crested Pochard)はヨーロッパ中部・南部から中国北部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ北部、南アジアなどに渡り越冬する体長53~57cmのカモ科スズガモ属の鳥で、日本には数少ない冬鳥として渡来しますが、ほとんどがオスの記録で、メスの記録はごくわずかだそうです。

スペイン南部の湿地帯で目にしたアカハシハジロのペア。オスは頭部が明るい赤橙色で、嘴と虹彩は赤色、頸から胸、腹中央、下尾筒、腰、上尾筒は黒色、脇は白色で、実に色鮮やかなのが特徴です。一方、メスはクロガモのメスに似て地味な感じで、体は灰褐色で、頬から上頸は淡色、嘴は鉛色で先端は赤色、虹彩は黒っぽいのが特徴です。

アカハシハジロ10

アカハシハジロ12

アカハシハジロ18

アカハシハジロ19

こちらは別の水路で目にしたアカハシハジロのペア。

アカハシハジロ31

アカハシハジロ32

アカハシハジロ33

アカハシハジロ24

アカハシハジロ25

アカハシハジロ29

今日はスペイン南部で目にしたアカハシハジロをご紹介しましたが、当地では留鳥であるようで、既にペアリングしていると思われるペアが仲良く動き回っていました。日本には数少ない冬鳥として渡来するアカハシハジロですが、さすが繁殖地、滞在中何度もその美しい姿を目にすることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

メジロガモ

スペインシリーズの続きで、今日はメジロガモをご紹介します。

メジロガモ(Ferruginous Duck)は夏季にヨーロッパ西部、アフリカ北西部から中央アジアにかけて繁殖し、冬季はアフリカ、中東、南アジアなどに渡り越冬する体長約40cmのカモ科スズガモ属の鳥で、日本では迷鳥として本州、四国、九州、宮古、八重山、大東諸島で記録があるようです。

スペイン南部の小さな池で目にしたメジロガモのオス。オスでは頭部から頸、胸が濃い赤褐色で、背から尾にかけては黒褐色、そしてお腹と下尾筒が白く、虹彩が白いのが特徴です。(メスの虹彩はこげ茶色)

メジロガモ1

メジロガモ2

メジロガモ5

メジロガモ6

今日は日本では迷鳥のメジロガモをご紹介しましたが、和名はオスの虹彩が白いことから名付けられたものと思われますが、英名のFerruginousはラテン語の「錆びた鉄を含んだ」からきているようで、頭部から頸、胸が濃い赤褐色であることから名付けられたものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カオジロオタテガモ

スペインシリーズの続きで、今日はカオジロオタテガモをご紹介します。

カオジロオタテガモ(White-headed Duck)はヨーロッパ南部、アフリカ北部から中央アジア、中国北西部にかけて局所的に分布する体長43~48cmのカモ科オタテガモ属の鳥で、オスでは白い顔に水色の嘴との対比が鮮やで、英名は頭が白い(頭頂部は黒)ことから、和名は顔が白く、よく尾を立てることから命名されたものと思われます。

スペイン南部の池で目にしたカオジロオタテガモ。先頭は地味系のメス。

カオジロオタテガモ25

カオジロオタテガモ21

頸を伸ばすと頸の周りの黒いリングがよく確認できます。

カオジロオタテガモ1

単独で泳いでいるときは、このようにほとんど尾を立てていました・・・

カオジロオタテガモ3

カオジロオタテガモ6

カオジロオタテガモ7

カオジロオタテガモ16

カオジロオタテガモ18

カオジロオタテガモ19

こちらは単独で泳いでいたメス。

カオジロオタテガモ10

カオジロオタテガモ9

今日は白い顔と水色の嘴との対比が鮮やかなカオジロオタテガモをご紹介しましたが、近年、カオジロオタテガモは干ばつや干拓による生息地の減少、水質汚染、漁業による混獲、狩猟などにより生息数が激減しているほか、人為的に移入されたアカオタテガモ(Ruddy Duck:北米から南米にかけて分布)との競合や、交雑による遺伝子汚染が懸念されているそうです。この美しいカモがこの先いつまでも絶えることがないよう祈りたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コキンメフクロウ(スペイン、モロッコ)

スペイン・アフリカシリーズの続きで、今日はコキンメフクロウをご紹介します。

コキンメフクロウ(Little Owl)はヨーロッパ西部から中東、南アジア、中央アジア、ロシア、東アジアにかけたユーラシアとアフリカ北部、北東部に分布する体長23~27.5cmのフクロウ科コキンメフクロウ属の鳥で、分布域により13亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ中部・南部・南東部からロシア北西部にかけて分布する基亜種Athene noctua noctuaと、モロッコからエジプト西部、アラビア半島にかけて分布する亜種Athene noctua saharaeの2亜種と思われます。

スペイン南部の草原で目にしたコキンメフクロウの基亜種Athene noctua noctuaと思われる個体。頭部からの上面は白いまだら模様の入った茶色で、体下面は白色で茶色の縦斑があり、身体の割に頭や足は大きく、虹彩は和名のように黄色(金色)であるのが特徴です。

コキンメフクロウ3

コキンメフクロウ5

擬態なのでしょうか? 地面にいると土の色に溶け込んで見つけにくくなります・・・

コキンメフクロウ7

こちらは別の草原で目にしたコキンメフクロウ。

コキンメフクロウ9

コキンメフクロウ10

コキンメフクロウ1

コキンメフクロウ11

こちらはモロッコの田園地帯で目にしたコキンメフクロウの亜種Athene noctua saharaeと思われる個体。体上面の白いまだら模様が少ないように思われます。

コキンメフクロウ22

コキンメフクロウ21

今日はスペインとモロッコで目にしたコキンメフクロウのそれぞれ別亜種をご紹介しましたが、本種はギリシア神話の女神アテナの使いとされており、学名の属名"Athene" はアテナに由来すると言われているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アフリカコミミズク

スペイン・アフリカシリーズの続きで、今日はアフリカ・モロッコで目にしたアフリカコミミズクをご紹介します。

アフリカコミミズク(Marsh Owl)はモロッコ北部、セネガル、ガンビアからエチオピア、マダガスカル、南アフリカにかけて分布する体長30.5~37cmのフクロウ科トラフズク属の鳥で、全部で3亜種に分かれており、今回、モロッコで目にしたのはモロッコ北部に分布する亜種Asio capensis tingitanusと思われます。

モロッコの田園地帯で目にしたアフリカコミミズク。日本でも見られるコミミズクにもよく似ていますが、体は一回り小さく、虹彩は暗色で、頭部からの体上面と、喉から胸にかけて無地の暗褐色で、全体的に暗色に見える点が異なります。

アフリカコミミズク1

アフリカコミミズク2

着陸体勢のアフリカコミミズク。

アフリカコミミズク3

その後、上空に飛び出したアフリカコミミズク。虹彩が黒く、全体的に暗色な点を除くと、日本で見られるコミミズクと大変よく似ています。

アフリカコミミズク6

アフリカコミミズク7

アフリカコミミズク8

アフリカコミミズク9

アフリカコミミズク12

間近を通過していったアフリカコミミズク。何とかファインダーに収めることができました・・・

アフリカコミミズク11

今日はモロッコで目にしたアフリカコミミズクの亜種Asio capensis tingitanusをご紹介しましたが、ご参考までに以前ケニアで目にしたセネガル、ガンビアからエチオピア、南アフリカにかけて分布する基亜種Asio capensis capensisの記事をご紹介します。

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-351.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

飛び交うヨーロッパハチクイ

昨日の続きで、今日は繁殖のためジブラルタル海峡を越えてはるばるアフリカ中南部から群れで渡って来たヨーロッパハチクイ(European Bee-eater)をご紹介します。

ヨーロッパハチクイは群れで渡って来ることが知られていますが、こちらはヨーロッパに到着直後と思われるヨーロッパハチクイです。遠方の大きな木にとまり、餌であるハチなどの昆虫を探し大空を飛び交っていました。

ヨーロッパハチクイ45

ヨーロッパハチクイ44

大きくトリミングしてみました。

ヨーロッパハチクイ28

ヨーロッパハチクイは大変カラフルで、飛び交う姿は美しく大変魅力的です・・・

ヨーロッパハチクイ31

ヨーロッパハチクイ32

ヨーロッパハチクイ33

ヨーロッパハチクイ34

ヨーロッパハチクイ35

今日は越冬地であるアフリカから渡って来た直後と思われるヨーロッパハチクイをご紹介しましたが、この後、ヨーロッパ南西部のそれぞれの繁殖地に向け、移動していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヨーロッパハチクイ

スペインシリーズの続きで、今日はヨーロッパハチクイをご紹介します。

ヨーロッパハチクイ(European Bee-eater)はヨーロッパ南西部、アフリカ北西部から中央アジアにかけてとアフリカ南部で繁殖し、冬季、アフリカ西部、中部、南部に渡り越冬する体長25~29cmのハチクイ科ハチクイ属の鳥で、頭部からの体上面は茶褐色で、額と腮、喉は黄色、胸以下の体下面は青色、虹彩は赤色と大変カラフルなハチクイです。

スペイン南部で目にしたヨーロッパハチクイの成鳥。訪れた4月上旬は渡りの最盛期のようで、越冬地のアフリカから続々と渡って来ていました。

ヨーロッパハチクイ21

ヨーロッパハチクイ2

ヨーロッパハチクイ7

ヨーロッパハチクイ13

ヨーロッパハチクイ16

ヨーロッパハチクイ17

この個体はまだ若いようで、羽衣全体が鈍い色をしていました。

ヨーロッパハチクイ23

ヨーロッパハチクイ25

さすが名前の通りハチを捕える名人のようで、見事ハチと思われる昆虫を咥えて飛翔していました・・・

ヨーロッパハチクイ11

ヨーロッパハチクイ9

今日はヨーロッパを代表するハチクイ、ヨーロッパハチクイをご紹介しましたが、アフリカからの代表的な渡りのルートの一つであるジブラルタル海峡を群れで渡って来ており、滞在中は連日たくさんのヨーロッパハチクイを目にすることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アカアシイワシャコ

スペインシリーズの続きで、今日はアカアシイワシャコをご紹介します。

アカアシイワシャコ(Red-legged Partridge)はイギリス、フランス、イタリア北部、コルシカ島、イベリア半島に分布する体長32~35cmのキジ科イワシャコ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのイベリア半島東部と南部に分布する亜種Alectoris rufa intercedensと思われます。

スペイン南部の草原でペアで行動していたアカアシイワシャコ。体形は丸みを帯び、顔は白く、喉元に黒い帯状の模様があり、頭部から背は薄茶色で、胸部は灰色、腹部は淡い黄土色、体側には赤茶色の縞が入り、名前のように脚が赤いのが特徴です。

アカアシイワシャコ3

アカアシイワシャコ5

アカアシイワシャコ6

こちらは別の場所で目にしたアカアシイワシャコ。やはりペアで行動していました。

アカアシイワシャコ11

アカアシイワシャコ13

アカアシイワシャコ7

アカアシイワシャコ8

アカアシイワシャコ9

今日はイギリス、フランス、イタリア北部、コルシカ島、イベリア半島に分布するアカアシイワシャコを紹介しましたが、イギリスで見られるアカアシイワシャコは狩猟鳥として移入されたものがイギリス南部で帰化しているようで、自然分布するのはフランス、イタリア北部、コルシカ島、イベリア半島に分布するものだけだそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムラサキサギ

スペインシリーズの続きで、今日はムラサキサギをご紹介します。

ムラサキサギ(Purple Heron)はヨーロッパ中南部から中央アジア、中東、サハラ砂漠以南のアフリカと南アジア、東アジアからフィリピン、インドネシアなどにかけて分布する体長70~90cmのサギ科アオサギ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ中南部から中央アジア、中東、サハラ砂漠以南のアフリカに分布する基亜種Ardea purpurea purpureaと思われます。なお、 日本では南アジア、東アジアからフィリピン、インドネシアにかけて分布する亜種ムラサキサギ(Ardea purpurea manilensis)が先島諸島に留鳥として分布し、池間島(宮古島の北西にある離島)や西表島では繁殖例があるようです。

スペイン南部の湿地帯で目にしたムラサキサギの成鳥。日本で見られる亜種ムラサギサギともよく似ていますが、顔や頸、胸の茶色みが若干淡いように感じました。

ムラサキサギ5

ムラサキサギ7

ムラサキサギ13

ムラサキサギ16

草原の上を低空飛翔するムラサキサギ。

ムラサキサギ8

ムラサキサギ10

ムラサキサギ12

ムラサキサギ3

ムラサキサギ4

今日はスペイン南部の湿原で目にしたムラサキサギをご紹介しましたが、日本で見られる亜種との違いはありますが、見た目には大変よく似ており、見ていて安心感があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カンムリサギ

スペインシリーズの続きで、今日はカンムリサギをご紹介します。

カンムリサギ(Squacco Heron)はヨーロッパ南部や中近東で繁殖し、冬季はサハラ砂漠以南のアフリカに渡り越冬する体長40~49cmのサギ科アカガシラサギ属の鳥で、体上面は明るい褐色で、夏羽では和名のように冠羽が長く伸びるのが特徴のようです。

モロッコの湿地帯で目にしたカンムリサギの夏羽。 冠羽は長く、嘴基部は婚姻色で青くなっており、脚も赤みが強くなっています。

カンムリサギ3

カンムリサギ4

カンムリサギ5

こちらはスペイン南部の田園地帯で目にしたカンムリサギ。この個体は夏羽に移行中のようで、先ほどの個体ほど嘴基部の青色や脚の赤色が鮮やかではありません。

カンムリサギ1

カンムリサギ2

今日は初見のカンムリサギをご紹介しましたが、見た目にはユーラシア東部に分布するアカガシラサギ(Chinese Pond Heron)やペルシャ湾からミャンマーにかけて分布するインドアカガシラサギ(Indian Pond Heron)、東南アジアに分布するジャワアカガシラサギ(Javan Pond Heron)などともよく似ており、さしずめヨーロッパのアカガシラサギという感じでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヘラサギの飛翔

昨日の続きで、今日は大空を飛翔するヘラサギ(Eurasian Spoonbill)をご紹介します。

昨日と同じくモロッコの湿地帯で上空を横切っていった夏羽のヘラサギ。

ヘラサギ15

ヘラサギ16

ヘラサギ18

ヘラサギ17

よく見ると、この個体は足にバンディングされていました・・・

ヘラサギ22

ヘラサギ23

近くで見ると、夏羽の特徴である喉や胸が黄金色を帯び、下嘴基部と眼先が黄色で、虹彩は赤色なのがよく分かります。

ヘラサギ24

今日は大空を飛翔するヘラサギをご紹介しましたが、黄金色の羽衣をまとった夏羽の飛翔は実に優雅で華があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のヘラサギ

スペイン/アフリカシリーズの続きで、今日は夏羽のヘラサギをご紹介します。

ヘラサギ(Eurasian Spoonbill)はヨーロッパから紅海沿岸、インド、スリランカ、中国北部にかけてと、モーリタニア、ソマリアなどで繁殖し、冬季、北方の個体はアフリカ北部、アジア南部に渡り越冬する体長80~93cmのトキ科ヘラサギ属の鳥で、日本では数少ない冬鳥または旅鳥として、北海道から南西諸島まで各地で記録があります。そんなヘラサギですが、今回訪れたスペイン南部やモロッコの湿地帯では何度もその魅力的な姿を目にすることができました。

モロッコの湿地帯で目にした夏羽のヘラサギの群れ。(手前右端はゴイサギ)夏羽では後頭に黄金色の冠羽があり、喉や胸も黄金色を帯び、下嘴基部と眼先、眼の周りの裸出部は黄色になり、虹彩は赤くなるのが特徴のようです。

ヘラサギ4

手前右側は夏羽のアマサギ。

ヘラサギ6

ヘラサギ14

長い冠羽が印象的です・・・

ヘラサギ9

ヘラサギ12

何やら昆虫を捕えていたこの個体はバンディングされていました・・・

ヘラサギ19

ヘラサギ20

今日はスペイン南部からジブラルタル海峡を隔てて目と鼻の先にあるアフリカ・モロッコで目にした夏羽のヘラサギをご紹介しましたが、日本で稀に目にする冬羽のヘラサギに比べると華やかさがあり、その魅力をたっぷり堪能してきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ナベコウ

スペインシリーズの続きで、今日は日本でも稀な冬鳥として渡来するナベコウをご紹介します。

ナベコウ(Black Stork)はヨーロッパ中部からロシア、中国に至るユーラシア大陸の温帯域、アフリカ南部で繁殖し、冬季になるとアフリカ中南部、インド、中国南部に渡り越冬する体長99cmのコウノトリ科コウノトリ属の鳥で、日本では稀な冬鳥または迷鳥として全国各地で記録があるようです。

スペイン南部の草原地帯で目にしたナベコウ。名前のごとくほぼ全身が緑色や赤紫色光沢のある黒色で、嘴や眼の周り、足が赤く、腹側から見ると胸からの体下面と小雨覆が白く、逆三角形状に見えます。

ナベコウ2

ナベコウ4

ナベコウ5

ナベコウ6

最後は近くを飛んでくれました。赤、黒、白の対比が鮮やかです・・・

ナベコウ7

ナベコウ8

ナベコウ9

ナベコウ10

日本では稀な冬鳥として渡来するナベコウですが、ユーラシア大陸での主な繁殖地はヨーロッパ中部からロシア、中国に至る温帯域であり、今回訪れたスペインではまさか目にするとは思っていませんでした。しかし、スペインにも局地的に繁殖地があるようで、今回幸運にもその美しい姿を目にすることができました。やはり日本の珍鳥に出会えるのは嬉しいものですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シュバシコウ

スペインシリーズの続きで、今日はヨーロッパを代表するコウノトリの仲間、シュバシコウをご紹介します。

シュバシコウ(White Stork)はヨーロッパ、西アジア、中央アジア、中東、アフリカ北部・南部で繁殖し、冬季、アフリカ東部・南部、
イラン、インドで越冬する体長95~110cmのコウノトリ科コウノトリ属の鳥で、全部2亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ、西アジア、中東、アフリカ北部・南部で繁殖し、冬季、アフリカ東部・南部で越冬する基亜種Ciconia ciconia ciconiaと思われます。

スペイン南部の田園地帯で目にしたシュバシコウ。日本で見られるコウノトリとは近縁で大変よく似ていますが、和名(赤い嘴のコウノトリ)のごとく嘴が赤い点が異なります。

シュバシコウ17

シュバシコウ18

シュバシコウ16

今は使われていない煙突の上で営巣していたシュバシコウ。

シュバシコウ20

シュバシコウ13

シュバシコウ12

青空の中で美しい羽ばたきを見せてくれたシュバシコウ。

シュバシコウ15

シュバシコウ14

今日はコウノトリの近縁種、シュバシコウをご紹介しましたが、両種は嘴の色が違うほか、生態面でもシュバシコウは集団繁殖に近い形で繁殖することがよくあることや、食性において小哺乳類や爬虫類をよく食べるなど、いくつか異なる点があるとされています。しかし、シュバシコウとコウノトリとの間では2代雑種までできているため両種を同一種とする意見も有力で、この場合は学名がシュバシコウはCiconia ciconia ciconia、コウノトリはCiconia ciconia boycianaになると思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

世界的希少種 ホオアカトキ

スペインシリーズの続きで、今日は世界的な希少種、ホオアカトキをご紹介します。

ホオアカトキ(Northern Bald Ibis)はモロッコ、アルジェリア、中東などに分布する体長約80cmのトキ科ハゲトキ属の鳥で、全身の羽衣は金属光沢がある紫がかった緑色で、英名のように頭部には羽毛がなく、赤や橙、黒などの斑紋が入り、嘴は暗赤色で、虹彩は橙赤色、頸には襟巻のような羽毛があり、特に後頸では長く伸びているのが特徴です。

スイペイン南部の断崖の岩棚にコロニーを作っていたホオアカトキ。頭部には羽毛がなく、顔や嘴が赤く、何とも異様な雰囲気を携えています。

ホオアカトキ3

ホオアカトキ8

ホオアカトキ5

1羽が起き上がりました。よく見ると脚には標識が付けられています。

ホオアカトキ7

ホオアカトキ1

ホオアカトキ4

ホオアカトキ9

ホオアカトキ10

ホオアカトキ11

ホオアカトキ12

今日は世界的な希少種、ホオアカトキをご紹介しましたが、かっては北アフリカとヨーロッパに広く分布していたそうですが、開発による生息地の破壊や狩猟、殺虫剤の使用などにより生息数を大きく減らし、現在は二つに分断された個体群(①トルコのビレジクで半捕獲されモロッコの最東端に生息する個体群と、②シリアのパルミラで生息する少数の残存個体群)として生き残っているようで、今回、我々が目にしたスペインのコロニーはモロッコとスペインのパートナーシップのもと保護管理されているものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ブロンズトキの飛翔

昨日の続きで、今日は同じくブロンズトキ(Glossy Ibis)の飛翔シーンをご紹介します。

スペイン南部の湿地帯で低空飛翔するブロンズトキ。すでに夏羽に移行中のようで、翼上面の深緑色の金属光沢が美しく輝いていました。

ブロンズトキ18

ブロンズトキ19

こちらは冬羽あるいは若い個体でしょうか、全体に鈍い黒褐色で、頭部から頸にかけて細かい斑が多数見うけられます。

ブロンズトキ8

ブロンズトキ9

ブロンズトキ10

ブロンズトキ11

ブロンズトキ12

今日はブロンズトキの飛翔シーンをご紹介しましたが、特に夏羽については翼上面の深緑色の金属光沢が美しく、何とも魅力的です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

羽衣が美しいブロンズトキ

スペインシリーズの続きで、今日は羽衣が美しいブロンズトキをご紹介します。

ブロンズトキ(Glossy Ibis)はアフリカ、ヨーロッパから南アジア、東南アジア、オーストラリア、アメリカ大陸にかけての熱帯・温帯域にかけて広く分布し、北方の個体群は冬季、南方に渡り越冬する体長55~65cmのトキ科ブロンズトキ属の鳥で、名前のように繁殖羽では赤褐色の身体に金属光沢の深緑色の翼が目立つ大変美しい鳥でもあります。日本では迷鳥として沖縄県などで数度記録があるだけという珍鳥ですが、スペインでは冬鳥として渡来し、南部の湿地帯では数多くの個体を目にすることができました。

湿地で餌を探して歩き回っていたブロンズトキ。すでに繁殖羽に移行中のようで、赤褐色の身体に金属光沢の深緑色の翼が目立ち始めています。後ろの個体は全体に黒褐色で、頭部から頸に淡色の細かな斑点が多数見られることから冬羽あるいは若い個体と思われます。

ブロンズトキ1

ブロンズトキ2

ブロンズトキ3

こちらは成鳥同士。

ブロンズトキ4

ブロンズトキ5

ブロンズトキ7

ブロンズトキ20

ブロンズトキ22

ブロンズトキ23

ブロンズトキ24

ブロンズトキについては以前訪れたアフリカやインドで目にしていましたが、いずれも冬羽であり、一度は夏羽の美しい個体を見たいと思っていました。今回は幸運にも越冬地ではありますが夏羽に冠羽中の美しい個体を多数目にすることができ、ようやく念願が叶いました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメノガン

スペインシリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録があるヒメノガンをご紹介します。

ヒメノガン(Little Bustard)はヨーロッパ南西部、アフリカ北西部から中央アジアにかけて繁殖し、冬季、一部の個体はアフリカ北部に渡り越冬する体長40~45cmのノガン科ヒメノガン属の鳥で、名前からも分かるようにノガンの仲間では最小で、オスは頭上、背以下の体上面は褐色で、頸部は黒く、前頸から後頸にかけて白いV字の模様があるのが特徴です。なお、本種は日本でも迷鳥として福岡県で過去2例の記録があるようです。

スペイン南部の草原地帯で目にしたヒメノガンのオス。遠くのフェンスの向こう側で上半身を見せてくれました。特徴である黒色の頸部と、後頸から前頸にかけての白いV字模様を確認することができます。

ヒメノガン1

前頸部の白色の太い帯、上胸の黒帯、白色の体下面もオスの特徴のようです。

ヒメノガン2

その後、横を向き、少しずつ移動し始めました・・・

ヒメノガン3

ヒメノガン5

ヒメノガン6

ヒメノガン7

昨日のノガンに続き、今日はノガン科最小のヒメノガンをご紹介しましたが、今回訪れたスペインは世界的にも数の少ないこの2種がともに見られる貴重な場所であり、この先もこの素晴らしい環境が維持されることを願いたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ノガンのディスプレイ

昨日の続きで、今日は独特のポーズでディスプレイをしていたノガン(Great Bustard)をご紹介します。

ノガンは独特のポーズでディスプレイすることで知られていますが、今回、幸運にもそんなシーンを目にすることができました。
昨日と同じスペイン中部の自然保護区で目にしたノガンのオス。メスが近くにいるのでしょうか?尾羽を上にあげ、球状に膨らんでいました。

ノガン30

やはりメス(右側の小さい個体)が近くにいたようで、地面に座り込み、尾羽や翼をめくれ上げるようにしています。

ノガン31

下半身を見せつけるようにお尻を上げています。

ノガン54

これ見よがしにお尻を上げるオス。

ノガン58

更にメスがもう1羽やって来ました・・・

ノガン59

ノガン60

ノガン61

ようやくディスプレイが終わりましたが、最終的にはメスが3羽集まっていました。

ノガン63

今日はノガンの独特のディスプレイシーンをご紹介しましたが、この下半身を見せつけるような独特のディスプレイには総排出腔の周辺に寄生虫や細菌がいないことをメスにアピールする狙いがあるとのスペインの研究チームの論文(Carolina Bravo, et.al.(2014) "Males of a Strongly Polygynous Species Consume More Poisonous Food than Females", PLOS ONE) もあり、大変興味が持たれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

憧れのノガン

スペインシリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるノガンをご紹介します。

ノガン(Great Bustard)はヨーロッパ南西部・中央部、アフリカ北西部からシベリア、モンゴル、中国北東部にかけて分布する体長90~105cmのノガン科ノガン属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南西部・中央部、アフリカ北西部からシベリア南西部、モンゴル中央部に分布する基亜種Otis tarda tardaと思われます。なお、日本には迷鳥として北海道、本州、四国、九州、五島列島、琉球諸島で記録がありますが、日本に渡来したのはモンゴルからシベリア東部、中国北東部にかけて分布する亜種Otis tarda dybowskiとされています。

スペイン中部の自然保護区で遥か遠くを歩いていたノガンのオス成鳥。頸が太く、頭頸部が青灰色で、喉から顎線にかけて白い針状の羽毛があるほか、既に繁殖羽に移行しているようで、側頸から胸にかけては襟巻状の飾り羽が見られます。

ノガン25

ノガン27

ノガン28

ノガン19

近くにメスがいるのでしょうか?見せびらかすように尾羽を立てたノガンのオス。

ノガン8

大きくトリミングしてみました・・・

ノガン9

こちらは別の場所で目にした2羽のオス。フェンスを挟んで何やらコミュニケーションをはかっているようでした・・・

ノガン71

ノガン72

今回のスペイン探鳥ツアーではノガンやヒメノガンとの出会いを期待していましたが、ツアーの最後にようやく憧れのノガンを目にすることができました。スペインには日本では考えられないほどの広大な自然保護区が幾つもあり、そんな場所で野生の生物が手厚く保護されており、大変うらやましく思いながら日本に戻ってきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

イワヒバリ

昨日の続きで、今日は同じく高山帯で目にしたイワヒバリをご紹介します。

イワヒバリ(Alpine Accentor)はヨーロッパ、アフリカ北西部から中東、西アジア、中央アジア、南アジア、東アジアに広く分布する体長17~19cmのイワヒバリ科イワヒバリ属の鳥で、分布域により9亜種に分かれており、日本にはカザフスタンからシベリア、中国北東部、韓国、日本にかけて分布する亜種Prunella collaris erythropygiaが留鳥または漂鳥として本州北部から中部の高山帯で生息し、冬季は低地に移動し越冬することが知られています。

ハイマツ帯の小さな岩の上にいたイワヒバリ。上半身の羽衣は灰色で下半身は赤褐色。翼は黒褐色で雨覆の先端部が白く、2対の縞模様に見えます。

20180822-DSC07963.jpg

20180822-DSC07984.jpg

20180822-DSC07993.jpg

20180822-DSC07995.jpg

今日は高山帯で目にしたイワヒバリをご紹介しましたが、英名からも分かるように本種は高山帯を主な棲みかとしており、夏の高山帯では是非見ておきたい貴重な鳥でもあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる