FC2ブログ

シキチョウ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はシキチョウをご紹介します。

シキチョウ(Oriental Magpie-Robin)はパキスタン北東部、インドから中国南部・東部、台湾、東南アジアにかけて広く分布する体長約19cmのヒタキ科シキチョウ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、今回目にしたのはパキスタン北東部、インドから中国南部・東部、台湾、タイ、インドシナにかけて分布する基亜種シキチョウ(Copsychus saularis saularis)と思われます。翼に大きな白斑があるのが特徴で、この羽衣がカササギ(Magpie)に似ていることが英名の由来ともなっています。

金門島のロッジ近くで目にした2羽のシキチョウ。左側はオスの成鳥で、頭から胸、背、尾羽は青みを帯びた黒色で、美しい金属光沢を放っていました。右側の個体は全体に青灰色みを帯び、胸に不鮮明な黒褐色の縦斑があることからオスの幼鳥と思われます。

シキチョウ7

シキチョウ5

シキチョウ2

シキチョウ4

それぞれを大きくトリミングしてみました。さすがMagpie-Robin、長い尾羽を何度も立ててくれました。

シキチョウ1

シキチョウ6

今日は台湾・金門島で目にしたシキチョウをご紹介しましたが、シキチョウは台湾本島では篭脱けが繁殖しており、公園などで普通に見ることができますが、今回目にしたのは中国本土に近い金門島であり、ここでは留鳥として自然分布しています。シキチョウに罪はありませんが、やはり自然分布個体のほうを何となく応援してしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クロウタドリ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日は日本では数少ない旅鳥または冬鳥として記録のあるクロウタドリをご紹介します。

クロウタドリ(Chinese Blackbird)は中国中部から東部にかけて分布する体長23.5~29cmのヒタキ科ツグミ属の鳥で、かってはヨーロッパから北西アフリカ、中近東、中央アジアの山岳地帯、アフガニスタン北部、インド、スリランカ、ヒマラヤ、パキスタン、チベット、中国中東部にかけて分布する全体をクロウタドリ(Common Blackbird)としていましたが、近年、遺伝子解析が進むとともに、次の3種を別種として独立させています。

・クロウタドリ(Chinese Blackbird)・・・中国中東部に分布(2亜種)。 日本に渡来するのは基亜種クロウタドリ(Turdus mandarinus mandarinus)。
・チベットクロウタドリ(Tibetan Blackbird)・・・ヒマラヤからパキスタン北部、チベット北東部に分布。
・インドクロウタドリ(Indian Blackbird)・・・インド、スリランカに分布(4亜種)。

中国本土に近い金門島で目にしたクロウタドリ。全身黒褐色ですが、目の周りに白色部があり、腮から胸にかけて淡褐色であることからのオスの幼鳥と思われます。なお、金門島で見られるクロウタドリは日本にも渡来する基亜種クロウタドリ(Turdus mandarinus mandarinus)とされています。

クロウタドリ2

クロウタドリ1

クロウタドリ3

今日はかってのクロウタドリ(Common Blackbird)から別種として独立したクロウタドリ(Chinese Blackbird)をご紹介しましたが、近年、遺伝子解析の結果に伴い分類の見直しも進んでおり、今回のクロウタドリもそうですが、いつの間にやら種名が変わったりしており、常に最新の情報を調べる必要がありそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カワビタキ

台湾シリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるカワビタキをご紹介します。

カワビタキ(Plumbeous Water Redstart)はアフガニスタン東部から東南アジア、中国東部、台湾などに分布する体長約14cmのヒタキ科ジョウビタキ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、台湾では固有亜種Phoenicurus fuliginosus affinisが分布しています。また、日本でも迷鳥として山口県、栃木県、長崎県などで記録があり、英名は”鉛色をした水辺のジョウビタキ”から、和名は”水辺にいるヒタキ”から名付けられています。

景勝地の渓流近くで目にしたカワビタキのオス。全身、鉛藍灰色で、上尾筒、下尾筒、尾羽は鮮やかな栗紅色をしています。

カワビタキ2

カワビタキ3

カワビタキ4

今日は日本でも迷鳥として記録のあるカワビタキをご紹介しましたが、日本で記録あるカワビタキは中国に分布する基亜種Phoenicurus fuliginosus fuliginosusとされており、カワビタキに限らず、やはり島国である台湾の亜種が日本にやって来る可能性はかなり低いものと思われます。なお、カワビタキはかってはルソンカワビタキとともに別属であるカワビタキ属に分類されていましたが、現在は分類が変わり、ジョウビタキと同じジョウビタキ属に分類されています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コンヒタキ

台湾シリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として1度だけ記録のあるコンヒタキをご紹介します。

コンヒタキ(White-tailed Robin)はヒマラヤから中国中部、インドシナ、タイ、ミャンマー、マレー半島、台湾にかけて分布する体長約17cmのヒタキ科コンヒタキ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、そのうち、台湾には固有亜種Myiomela leucura montiumが分布しています。なお、日本では迷鳥として1997年に男女群島で捕獲された記録があるのみという珍鳥です。

薄暗い森の中で姿を見せてくれたコンヒタキのオス。名前のごとく、全身紺光沢のある黒色で、外側尾羽基部の白斑が目立ちます。

コンヒタキ5

コンヒタキ2

コンヒタキ3

コンヒタキ6

コンヒタキ7

コンヒタキ8

今日は日本でも一度だけ記録のあるコンヒタキをご紹介しましたが、日本で記録された亜種は不明だそうですが、台湾の固有亜種が飛来する可能性は低いと思われることから、分布域から考えると、ヒマラヤから中国中部、インドシナ中部、ミャンマー、マレー半島に分布する基亜種Myiomela leucura leucuraの可能性もあるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アリサンヒタキ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾を代表する固有種、アリサンヒタキをご紹介します。

アリサンヒタキ(Collared Bush Robin)は台湾にのみ分布する体長約12cmのヒタキ科ルリビタキ属の鳥で、標高2,000~2,800mの高山に生息し、阿里山でよく見られたことが和名の由来になっています。

高山帯で目にしたアリサンヒタキのオス。頭から上面は濃青色で、腹以下の体下面はオリーブ黄色、白く長い眉斑と、胸と後頸、肩羽の橙紅色がアクセントになっています。なお、英名はこの襟のような橙紅色の帯から名付けられたものと思われます。

アリサンヒタキ1

アリサンヒタキ3

アリサンヒタキ4

アリサンヒタキ5

今日は台湾を代表する固有種 アリサンヒタキをご紹介しましたが、分類的には日本でもお馴染みのルリビタキと同じルリビタキ属の鳥、動きや人懐っこいところは大変よく似ています。なお、台湾では同じルリビタキ属の鳥として、ほかにもルリビタキ(台湾では冬鳥)とキクチヒタキ(台湾亜種)の2種が分布しています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒゴロモ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日は台湾でも人気のヒゴロモをご紹介します。

ヒゴロモ(Maroon Oriole)はヒマラヤから東南アジア、中国南部、台湾に分布する体長24~28cmのコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、台湾には台湾の固有亜種Oriolus traillii ardensが生息しています。なお、亜種により若干違いはあるようですが、体色は和名のように緋色(英名は栗色)なのが共通の特徴です。

台湾本島の公園で目にしたヒゴロモのオス。頭部から胸、翼は黒色、背からの上面、腹以下の体下面は鮮やかな緋色で、赤黒の対比が実に鮮やかです。(メスは上面の緋色が鈍く、腹以下の体下面は白っぽく、黒褐色の縦斑がある)

ヒゴロモ14

ヒゴロモ15

ヒゴロモ17

ヒゴロモ19

こちらは大きな虫を捕まえた同じ個体。

ヒゴロモ9

ヒゴロモ11

ヒゴロモ12

ヒゴロモ13

日本でコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥と言えばコウライウグイス1種のみが稀な旅鳥として渡来し、黄色い体色の鳥というイメージが強いのですが、コウライウグイス科コウライウグイス属の鳥は世界で29種が知られており、黄色以外にも今回のヒゴロモのような緋色、その他、緑色、オリーブ色、茶色、銀色、黒色など多様な体色を持った仲間の存在が知られています。今度は是非、そんな体色の異なるコウライウグイスの仲間も見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

自宅近くのキクイタダキ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの里山で目にしたキクイタダキをご紹介します。

キクイタダキ(Goldcrest)はヨーロッパから極東に至るユーラシア大陸の高緯度から中緯度の地域に広く分布する体長約10cmのキクイタダキ科キクイタダキ属の鳥で、分布域により14亜種に分かれており、日本ではシベリア南東部から中国北東部、朝鮮半島、日本にかけて分布する亜種キクイタダキ(Regulus regulus japonensis)が留鳥または漂鳥として北海道から本州中部の山地から亜高山帯に生息し、冬季は平地から山地に移動することが知られています。そんなキクイタダキですが、寒さとともに自宅近くの里山にもやって来てくれました。

カラ類の混群に1羽だけ混じっていたキクイタダキ。頭頂は黄色で、額、背以下の体上面は淡黄緑色。顔は灰褐色で、眼先から眼の周囲は白っぽく、風切基部が黒く、中・大雨覆、三列風切先端が白色のため2本の翼帯となって目立ちます。

20190115-KX0A6354.jpg

動き速く、なかなかじっとしてくれませんが・・・

20190115-KX0A6355.jpg

ようやく特徴である頭頂の黄色を確認することができました。

20190115-KX0A6378.jpg

20190115-KX0A6368.jpg

20190115-KX0A6366.jpg

20190115-KX0A6363.jpg

20190115-KX0A6367.jpg

今日は自宅近くの里山で目にしたキクイタダキをご紹介しましたが、学名の属名、種小名の”Regulus ”はラテン語で「小さな王」という意味だそうで、これは頭頂部の黄色い冠羽があたかも王冠を冠っているようだということから名付けられたようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

自宅近くのルリビタキ

台湾シリーズの途中ですが、今日は自宅近くの里山に今年もやって来たルリビタキをご紹介します。

先日もご紹介したルリビタキ(Red-flanked Bluetail)ですが、今年も年が明けたこの時期、散歩コースにしている自宅近くの裏山にやって来てくれました。

体上面はオリーブ褐色で、腰と尾羽だけに青色みがあるメス。

20190114-DSC04297.jpg

20190114-DSC04304.jpg

20190114-DSC04286.jpg

20190114-DSC04184.jpg

20190114-DSC04216.jpg

20190114-DSC04227.jpg

今日は自宅近くの里山に今年もやって来たルリビタキのメスをご紹介しましたが、年が明け、寒さとともに冬鳥たちの姿も増えてきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリオハチクイの飛翔

昨日に続き、今日は台湾・金門島で目にしたルリオハチクイ(Blue-tailed bee-eater)の飛翔をご紹介します。

近くの枝にとまっていたルリオハチクイ。名前のように瑠璃色の尾羽が美しいですね・・・

ルリオハチクイ34

ルリオハチクイ30

ハチなどの昆虫を探して猛スピードで飛び回るルリオハチクイ。

ルリオハチクイ31

ルリオハチクイ33

ルリオハチクイ36

ルリオハチクイ18

ルリオハチクイ21

ルリオハチクイ20

この個体はトンボのようなものを咥えていました。

ルリオハチクイ19

こちらは小さな虫を咥えています・・・

ルリオハチクイ32

餌となるハチなどの昆虫を求めて猛スピードで飛び回っていたルリオハチクイですが、さすが名前に恥じない名ハンターのようで、見事に空中の小さな昆虫を捕食していました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリオハチクイ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はルリオハチクイをご紹介します。

ルリオハチクイ(Blue-tailed bee-eater)は インド、スリランカから中国南部、東南アジア、フィリピン、スラウェシ、フローレス島、ニューギニア、ニューブリテン島にかけて繁殖し、冬季はタイ、マレー半島、大スンダ列島、チモールなどに渡り越冬する体長約24cm(中央尾羽を入れると約31cm)のハチクイ科ハチクイ属の鳥で、英名のように尾が鮮やかな青色で、中央尾羽1対が細長く突き出ており、旧和名ではハリオハチクイと呼んでいました。

金門島の海岸線で目にしたルリオハチクイの成鳥。喉が鮮やかな褐色で、頭から背、胸は淡い褐色、尾は鮮やかな青色で中央尾羽の先端は針のように尖って見えます・・・

ルリオハチクイ42

ルリオハチクイ45

ルリオハチクイ46

ハチクイの仲間は空中でハチなどの昆虫を捕獲するのが得意なことで知られていますが、獲物を見つけるとこのように飛び出していきます・・・

ルリオハチクイ38

ルリオハチクイ39

ルリオハチクイ40

ルリオハチクイ41

今日は台湾・金門島で目にしたルリハチクイをご紹介しましたが、さすが中国本土に近い金門島、台湾本島では迷鳥の本種も金門島では夏鳥として普通に見られるようで、改めて野鳥観察における金門島の魅力を再認識させられました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヤツガシラ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日は日本でも大変人気のあるヤツガシラをご紹介します。

ヤツガシラ(Eurasian Hoopoe)はヨーロッパ南部・中部、アフリカ、南アジアから、東南アジア、中国、沿海州にかけて広く分布する体長26~28cmのヤツガシラ科ヤツガシラ属の鳥で、北方で繁殖した個体は冬季は南方へ渡り越冬。分布域により6亜種に分かれており,、今回当地で目にしたのはインド北東部から中国南部、インドシナ、マレー半島北部に分布する亜種Upupa epops longirostrisとされています。なお、日本では数少ない旅鳥として全国に渡来しますが、特に日本海側の島嶼や南西諸島では毎年多くが通過するようです。

金門島の廃屋で営巣していたヤツガシラ。小さな昆虫のような虫を咥えて、2羽が揃って営巣場所にやてきました。独特の冠羽と背から尾にかけての白黒の縞模様が独特の存在感を漂わせています。

ヤツガシラ4

瓦の隙間の中で営巣しているのか、先頭の親鳥が覗き込んで・・・

ヤツガシラ5

雛に餌を与えていました。

ヤツガシラ6

餌を与えた後、隙間から出て・・・

ヤツガシラ10

飛び出していきました・・・

ヤツガシラ14

こちらは逆サイドから緑バックで撮影したヤツガシラ。

ヤツガシラ1

ヤツガシラ16

ヤツガシラ17

今日は台湾・金門島で営巣しているヤツガシラの亜種Upupa epops longirostrisをご紹介しましたが、ちなみに日本にやって来るヤツガシラは日本鳥類目録改訂第7版ではUpupa epops saturataとなっていますが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では基亜種Upupa epops epops として扱っているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タイワンゴシキドリ(仮称)

台湾・金門島シリーズの続きで、今日は台湾の固有種タイワンゴシキドリ(仮称)をご紹介します。

タイワンゴシキドリ(仮称)(Taiwan Barbet)はかってはゴシキドリ科に分類され、その後、オオゴシキドリ科に移され、オオゴシキドリ科アカフサゴシキドリ属のゴシキドリ(Black-browed Barbet)4亜種の中の1亜種として分類されていましたが、その後、それぞれが分離独立し、現在は台湾の固有種タイワンゴシキドリ(仮称)(Taiwan Barbet)として別種扱いになっています。

台湾本土の山中のロッジの前にやって来たタイワンゴシキドリ(仮称)。緑色の体色に頭頂と喉が黄色、目の上の黒く太いストライプ、青い頬と頸が鮮やかで、まさに五色鳥の名にふさわしい鳥です。

ゴシキドリ1

ゴシキドリ2

ゴシキドリ3

ゴシキドリ4

ゴシキドリ5

こちらは枝被りですが・・・

ゴシキドリ10

ゴシキドリ11

かってはゴシキドリ科に分類され、そして現在はオオゴシキドリ科アカフサゴシキドリ属のゴシキドリ(Black-browed Barbet)の1亜種から分離独立し、タイワンゴシキドリ(仮称)(Taiwan Barbet)として別種扱いになっている本種ですが、これはあくまで分類上での話であり、鳥たちにとっては何も変っておらず、迷惑な話かもしれません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメヤマセミの飛び込み

昨日の続きで、今日は台湾・金門島で目にしたヒメヤマセミ(Pied Kingfisher)の飛び込みをご紹介します。

海岸線に建てられた石造物にとまったヒメヤマセミのペア。左側の個体は胸に2本の黒帯があることからオス。(右側は黒帯が1本のメス)

ヒメヤマセミ10

獲物の魚を探していたメス。

ヒメヤマセミ16

魚を見つけたのか、飛び降りました・・・

ヒメヤマセミ17

ヒメヤマセミ18

海面近くでホバリングしながら狙いをつけ・・・

ヒメヤマセミ19

小さな魚をゲットしました。

ヒメヤマセミ22

ヒメヤマセミ23


そして、魚を咥えて元の場所に戻っていきます・・・

ヒメヤマセミ24

ヒメヤマセミ25

ヒメヤマセミ26

ヒメヤマセミの飛び込みシーンをご紹介しましたが、今回はあいにくの曇り空でしたが、天気の良い日には飛び込む際に太陽を背にして飛び込むのが特徴だそうで、昼間は上から、朝夕は斜めに飛び込むそうです。これは魚たちから見るとヒメヤマセミの姿は太陽の中に隠れて見えないことになり、獲物の魚に逃げられないための工夫と考えられているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメヤマセミの飛翔

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はヒメヤマセミをご紹介します。

ヒメヤマセミ(Pied Kingfisher)はアフリカから中東、南アジア、中国、インドシナ北部にかけて分布する体長約25cmのカワセミ科ヒメヤマセミ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのは中国南東部、東部、海南島などに分布する亜種Ceryle rudis insignisと思われます。

海岸近くの養魚池上空で飛翔していたヒメヤマセミ。この個体は胸に2本の黒帯が見られることからオスと思われます。(メスは黒帯が1本)

ヒメヤマセミ1

ヒメヤマセミ2

ヒメヤマセミ3

ヒメヤマセミ4

ヒメヤマセミ5

今日は日本ではまだ記録のないヒメヤマセミをご紹介しましたが、英名はモノトーンのまだら模様から付けられたと思われますが、見た目には日本で留鳥のヤマセミを一回り小さくしたよう感じであり、和名のほうもいい線をいっているように感じられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アオショウビン

昨年6月初旬に台湾本島、金門島を訪れましたが、まだ一部の鳥たちしかご紹介できていませんので、今日から暫く間、未掲載の鳥たちをご紹介します。

最初は金門島ではお馴染みのオアショウビンです。

アオショウビン(White-throated Kingfisher)は中近東から東南アジア、中国南部・東部、台湾にかけて広く分布する体長約28cmのカワセミ科アカショウビン属の鳥で、分布域により6亜種に分かれていますが、今回目にしたのは中国南部・東部、台湾、海南島に分布する亜種Halcyon smyrnensis fokiensisと思われます。なお、日本には迷鳥として春に先島諸島で数回記録があり、亜種名は不明とされていますが、分布的には今回ご紹介した亜種Halcyon smyrnensis fokiensisの可能性が高いと言われています。

金門島で目にしたアオショウビン。頭部から後頭、脇、下尾筒にかけては全面栗色ですが、英名のように喉から胸が白く、上面は和名のように光沢ある美しい空色をしています。

アオショウビン1

アオショウビン4

アオショウビン5

別の場所で・・・

アオショウビン12

こちらは幼鳥でしょうか?全体的に体色が淡く、嘴も黒みががっています・・・

アオショウビン10

アオショウビン11

台湾本島では比較的珍しいアオショウビンですが、中国本土に近い金門島では留鳥であり、ごく普通に見ることができます。そんなアオショウビンですが、今回は日本ではほとんど見ることができない幼鳥まで目にすることができ、何だか得をした気分でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

スターウォーズ・ヨーダ似のフィリピンメガネザル

昨日までフィリピンで目にした鳥たちをご紹介してきましたが、シリーズの最後に、今日はボホール島で目にした世界一小さなメガネザル フィリピンメガネザルをご紹介します。

メガネザル(Tarsier)はインドネシア、ボルネオ島、フィリピン諸島など、東南アジアの島嶼部に生息するメガネザル科メガネザル属の体重100グラム程度の小型の霊長類で、体の割に大きな眼を持つことからメガネザルという和名の由来ともなっています。メガネザルの仲間は全部で9種に分かれており、何れもメガネザル属に属していますが、今回、セブ島から高速艇で2時間ほどのところにあるボホール島で目にしたフィリピンメガネザル(Philippine Tarsier)は、体長85~160mm、体重80~160gと、メガネザルの仲間でも最も小さい種の一つで、大人の拳ほどの大きさしかないとのことです。

保護施設(林)の中で目にしたフィリピンメガネザル。体の割に目と耳が大きく、スターウォーズのヨーダによく似ており、見るからにその独特の雰囲気を醸し出しています。

b20180921-KX0A0556.jpg

20180921-KX0A0574.jpg

b20180921-KX0A0559.jpg

b20180921-KX0A0567.jpg

今日はスターウォーズのヨーダによく似たフィリピンメガネザルをご紹介しましたが、体に対する目の大きさは、哺乳類の中でも最も大きく、見るからに夜行性動物であることを想起させてくれますが、想像にたがわず昼間は薄暗い木の中でほとんど動かずじっと休んでいました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

クロハラアジサシ

フィリピンシリーズの続きで、今日は日本でもよく見られるクロハラアジサシをご紹介します。

クロハラアジサシ(Whiskered Tern)はヨーロッパ南部から中央アジア、アフリカ、南アジア、中国東北部、オーストラリアなどの点在した地域で繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季アフリカ、インド、東南アジアなどに南下し越冬する体長33~36cmのカモメ科クロハラアジサシ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはアフリカ北部、ヨーロッパ南西部から中央アジア、シベリア南東部、中国、東南アジアで繁殖し、冬季はアフリカ、南アジア、東南アジア南部からスラウェシ島、フィリピンにかけて越冬する基亜種Chlidonias hybrida hybridaと思われます。なお、日本では同じ基亜種が旅鳥として5月から10月にかけて各地で観察され、特に南西諸島では多く見られるようです。

セブ島と陸続きのマクタン島からボートで15分ほどのオランゴ島の海岸で目にした冬羽のクロハラアジサシ。額から後頸はごま塩状で、眼の後方に黒色斑があり、腮以下の体下面は白色です。

20180923-KX0A1496.jpg

20180923-KX0A1487.jpg

20180923-KX0A1489.jpg

こちらは海岸上空を飛翔していた冬羽のクロハラアジサシ。

20180923-KX0A1384.jpg

20180923-KX0A1391.jpg

20180923-KX0A1393.jpg

20180923-KX0A1379.jpg

今日はセブ島近くのオランゴ島で目にしたクロハラアジサシの基亜種Chlidonias hybrida hybridaと思われる個体をご紹介しましたが、フィリピンにはオーストラリアで繁殖し、冬季(南半球での)オーストラリア北部からフィリピンにかけて越冬する別亜種Chlidonias hybrida javanicusも渡来するとされており、今回目にしたのはどちらの亜種なのか判断に迷いましたが、観察時期が9月末であることから基亜種の可能性のほうが高いと判断しました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ササゴイ

フィリピンシリーズの続きで、今日はボホール島で目にしたササゴイをご紹介します。

ササゴイ(Striated Heron)はアフリカ、中南米、ユーラシア南部および東部、インドネシア、オーストラリア、ソロモン諸島、日本、パプアニューギニア、フィリピン、マダガスカルなどに広く分布する体長約52cmのサギ科ササゴイ属の鳥で、 分布域により実に21亜種に分かれており、今回フィリピンで目にしたのはパキスタン、インド、スリランカからタイ、フィリピン、大スンダ列島、スラウェシにかけて分布する亜種Butorides striata javanicaと思われます。なお、日本ではシベリア北東部、中国北東部、日本に分布する亜種ササゴイ(Butorides striata amurensis)が夏季に本州、四国、九州に夏鳥として飛来し、冬季になると九州以南で越冬(冬鳥もしくは留鳥)することが知られています。

ボホール島の海岸線で目にしたササゴイ。頭頂から後頭と頬線が青みのある黒色ですが、背や肩羽、頬からの体下面は灰褐色みを帯びていることから冬羽に移行中の個体ではないかと思われます。

20180922-KX0A1066.jpg

20180922-KX0A1025.jpg

20180922-KX0A1029.jpg

海面近くを低空飛翔するササゴイ。

20180922-KX0A1058.jpg

20180922-KX0A1056.jpg

20180922-KX0A1061.jpg

今日はフィリピンで目にしたササゴイをご紹介しましたが、今回、亜種を調べる中で実に21もの亜種が存在することが分かりました。このように多くの亜種が存在する理由としては、本種の分布域がアフリカからオーストラリア、中南米にかけて広範囲であり、その間にまたがるインド洋、太平洋には多くの島嶼が存在していることから島嶼型の亜種が多くなったためと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

リュウキュウツバメ

フィリピンシリーズの続きで、今日はリュウキュウツバメをご紹介します。

最初はセブ島から船で2時間ほどのボホール島で目にしたリュウキュウツバメです。

リュウキュウツバメ(Pacific Swallow)はアジア南東部からニューギニア、ソシエテ諸島(南太平洋)にかけて分布する体長約14cmのツバメ科ツバメ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、今回目にしたのはミャンマー南部からベトナム南部にかけてと、フィリピン、モルッカ諸島、スンダ列島にかけて分布する亜種Hirundo tahitica javanicaと思われます。なお、日本では亜種リュウキュウツバメ(Hirundo tahitica namiyei)が留鳥として奄美大島以南から台湾にかけて分布しています。

ボホール島のボートクルーズ発着場そばの橋げたで休んでいたリュウキュウツバメの亜種Hirundo tahitica javanica。日本で見られる亜種リュウキュウツバメ同様、額、腮から胸は赤褐色で、尾は短く浅い凹尾ですが、胸以下の体下面は灰白色をしていました。

20180921-KX0A0528.jpg

一番右の個体は額と喉の赤色部分が淡いことから幼鳥と思われます。

20180921-KX0A0537.jpg

20180921-KX0A0530.jpg

今日はフィリピン・ボホール島で目にしたリュウキュウツバメの亜種Hirundo tahitica javanicaと思われる個体をご紹介しましたが、胸以下の体下面が日本で見られる亜種リュウキュウツバメに比べ褐色みが少ないため、最初はツバメかとも思いましたが、体長がツバメより小さく、胸に黒色の帯がなく、尾は短く浅い凹尾であることから、やはりリュウキュウツバメの別亜種との判断に至りました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

昆虫をゲットしたルリビタキのメス

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの里山で目にしたルリビタキ(Red-flanked Bluetail)のメスをご紹介します。

昨日ご紹介した青色が鮮やかなオスのルリビタキの近くにやって来たメスです。メスの体上面はオリーブ褐色で、腮以下の下面は淡褐色、胸以下はオリーブ褐色で、脇はオスよりもやや鈍い橙色なのが特徴です。

20181229-KX0A6187.jpg

20181229-KX0A6180.jpg

時折地面に降り立ち・・・

20181229-KX0A6142.jpg

見事、何やら昆虫をゲットしました。

20181229-KX0A6155.jpg

20181229-KX0A6166.jpg

今日は見事昆虫をゲットしたルリビタキのメスをご紹介しましたが、やや警戒心の強いこの個体も餌を探しているときは警戒心が少し緩むようで、ある程度の距離を保っていれば比較的ゆっくりと観察することができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

幸せの青い鳥

今年最初にご紹介する鳥は、「幸せの青い鳥」ルリビタキです。

ルリビタキ(Red-flanked Bluetail)は夏季はフィンランドから日本に至るユーラシア大陸の北部で繁殖し、冬季は東南アジア、日本、台湾などで越冬する体長約14cmのヒタキ科ルリビタキ属の鳥ですが、、日本では留鳥または漂鳥として北海道、本州、四国の平地から亜高山帯で繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬することが知られています。

そんなルリビタキですが、自宅近くの里山には数個体が飛来しているようで、先日その愛らしい姿を楽しんできました。こちらは額から体上面がかなり青い成鳥のオス。オスは風切外弁すべてが青色になるには4年以上かかると言われていますが、この個体は4年目位でしょうか?

20181229-KX0A6003.jpg

20181229-KX0A6002.jpg

20181229-KX0A6079.jpg

20181229-KX0A6097.jpg

こちらは別の場所で目にした若いオス。額から体上面の青色はまだ淡く、風切外弁もまだ褐色ですので、2年目位のオスでしょうか?

20181229-KX0A6265.jpg

20181229-KX0A6277.jpg

20181229-KX0A6250.jpg

20181229-KX0A6257.jpg

今日はルリビタキのオス2個体をご紹介しましたが、この幸せの青い鳥を見ているとこちらも何となく心が癒されてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。年とともに遠出も億劫になってきているこの頃ですが、自身の健康のためと鞭打ち、今年もできる限り各地を訪れ、自然の中に息づく生き物たちの姿をお届けしたいと思います。


今年最初にお届けするのは今年の干支イノシシです。本来であれば日本産の亜種ニホンイノシシか亜種リュウキュウイノシシをご紹介したいところですが、残念ながら写真がありませんので、以前、アフリカで撮影したイボイノシシをご紹介します。

イボイノシシはサハラ砂漠以南のフリカ大陸に分布する体長90~150cmのイノシシ科イボイノシシ属の哺乳類で、日本のイノシシよりやや小型で、体毛はイノシシに比べ全体的に薄毛ですが、頭部から背中にかけて黒色のたてがみがあり、目の下と頬にはその名前の由来にもなっているそれぞれ一対のイボがあるのが特徴です。

イボイノシシ10

今日はサバンナでも人気のあるイボイノシシをご紹介しましたが、一般にイノシシの仲間は向こう見ずに突き進むことから「猪突猛進」という言葉もありますが、実際には他の動物と同様に前進している際、目の前に危険が迫った時や危険物を発見した時は急停止するなどして方向転換することができるそうで、真っすぐにしか進めないというのは誤りであるそうです・・・

それでは今年もどうぞよろしくお願いいたします。


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

今年の締めはシメ

今年もいよいよ最後の日を迎えましたが、今年一年、稚拙なブログにお付き合いいただきありがとうございました。
今年最後にご紹介するのは、一年の締めということでシメ(Hawfinch)です。

ユーラシア大陸中部域に広く分布(6亜種)し、日本ではカムチャッカ半島、サハリン、千島列島、日本で繁殖する亜種シメ(Coccothraustes coccothraustes japonicus)が本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来することが知られていますが、今年はことのほか個体数が多いようで、行く先々で目にすることができました。

こちらは高原の森で目にしたシメ。全体的に体色が淡く、眼先が灰黒色で、次列風切の外縁が灰白色であることからメスの冬羽と思われます。

名称未設定-5825

名称未設定-5829

名称未設定-5828

シメというちょっと変わった和名の由来ですが、これは「チッ」「ツィ」「シー」と聞こえる地鳴きから「シ」で、「メ」はスズメ、カモメの「メ」と同じ、鳥を意味する接尾語が一緒になって名付けられたとされており、「締め」とは関係ありませんでした・・・

それでは皆さま、良いお年をお迎えください!!


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

餌を探して歩き回っていたカケス

昨日の続きで、今日は同じく高原の森で目にしたカケス(Eurasian Jay)をご紹介します。

先日は目の前の灌木にとまったカケスをご紹介しましたが、今日は水が抜かれた高原の池にやって来たカケスです。最初は池の畔のブッシュにとまっていましたが・・・

名称未設定-5697

名称未設定-5711

そのうち、水が抜かれた池に降り立ち、何やら餌を探して歩き回っていました。積雪のないこの時期はまだ虫などが捕れるのでしょうか・・・

名称未設定-5798

頭頂は白く、黒色の縦斑があり、目先から顎線が黒色で、雨覆の一部、次列風切の基部には青、黒、白色の横斑があり、とてもカラスの仲間とは思えないカラフルな色合いです。

名称未設定-5805

名称未設定-5816

名称未設定-5823

名称未設定-5819

食性は雑食で、昆虫類を中心に果実や種子、時には他の小鳥の雛を食べることもあるカケスですが、冬季は動物食の確保が難しく木の実が主食となるそうで、秋にカシ、ナラ、クリなどの実を地面や樹皮の間など一定の場所に蓄え、冬場はそれらの実を食べて冬を越すと言われています。なお、このような貯食行動は鳥では同じカラス科のハシボソガラスやオナガ、他にもヤマガラやコガラ、ゴジュウカラなどで見られるほか、動物ではリスやネズミなどでも同様の行動が見られるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

今季初のベニマシコ

フィリピンシリーズの途中ですが、今日は高原の森で目にした今季初のベニマシコをご紹介します。

ベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)はロシアから中国、、北朝鮮、韓国、日本、モンゴル、カザフスタン、チベットにかけて分布する体長約15cmのアトリ科オオマシコ属(以前はベニマシコ属)の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、日本ではサハリン、千島列島、北海道、青森県下北半島で繁殖する亜種ベニマシコ(Carpodacus sibiricus sanguinolentus)が夏鳥として渡来し、冬季は本州以南へ渡り越冬することが知られています。

高原の池の畔に姿を見せたベニマシコのオス冬羽。夏羽に比べると全体的に赤色みが薄くバフ色がかっています。この時、梢にはメスもいましたが、すぐに飛んでしまい撮影は叶いませんでした。

名称未設定-5719

名称未設定-5728

名称未設定-5732

名称未設定-5719

名称未設定-5725

今日は高原の森で目にした今季初のベニマシコをご紹介しましたが、これからしばらくの間、この赤い鳥を楽しめそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チョウショウバト

フィリピンシリーズの続きで、今日はチョウショウバトをご紹介します。

チョウショウバト(Zebra Dove)はタイ南部、マレーシア、シンガポールから、インドネシアのスマトラ島、ジャワ島、バリ島などの島々に自然分布する体長約21cmのハト科チョウショウバト属の小型のハトですが、近年、かご抜けあるいは意図的な放鳥により、タイ中部、ラオス、ボルネオ島、スラウェシ島、ハワイ、ニューカレドニアなど、広い範囲で見ることができるようで、今回フィリピンで目にしたのもかご抜けあるいは意図的な放鳥により分布を広げたものではないかと思われます。

セブ島から船で2時間ほどのボホール島のホテル中庭で目にしたチョウショウバト。上面は褐色みのある灰色で黒の縞模様があり、下面は桃色みを帯び、頸、胸、腹の両側に黒い縞があるのが特徴で、顔は青灰色で目の周りに青い皮膚が裸出しています。

20180922-KX0A0840.jpg

20180922-KX0A0608.jpg

20180922-KX0A0612.jpg

20180922-KX0A0619.jpg

朝陽を浴び、全身褐色に見えるチョウショウバト。

20180922-KX0A0794.jpg

今日は愛らしい小型のハト、チョウショウバトをご紹介しましたが、その名前の由来は、英名は上面の縞模様がシマウマに似ていることからと思われますが、聞き慣れない和名は漢字では「長嘯鳩」(長くうなるハトの意)となっていることから、断続的にクークーという調子で鳴く鳴き声から付けられたものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

マダラナキサンショウクイ

フィリピンシリーズの続きで、今日はマダラナキサンショウクイをご紹介します。

マダラナキサンショウクイ(Pied Triller)はマレー半島からスマトラ、ジャワ、ボルネオ、フィリピンにかけて分布する体長17~18cmのサンショウクイ科ナキサンショウクイ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはボルネオからフィリピンにかけて分布する基亜種Lalage nigra nigraと思われます。

セブ島から船で2時間ほどのところにあるボホール島のホテル中庭で目にしたマダラナキサンショウクイのオス。白色の体下面と黒色の上面の対比が鮮やかで、翼には名前のようにまだら状の白斑があるのが特徴です。(メスは上面が灰褐色)

20180922-KX0A0692.jpg

20180922-KX0A0687.jpg

20180922-KX0A0690.jpg

今日はマレー半島からスマトラ、ジャワ、ボルネオ、フィリピンにかけて分布するマダラナキサンショウクイをご紹介しましたが、この日本では記録のないナキサンショウクイの仲間はインドから東南アジア、オーストラリアにかけて分布しており、以前オーストラリアでもよく似たマミジロナキサンショウクイを目にしていますので、ご参考までにその時のブログをご紹介させていただきます。

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1656.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

フィリピンモズヒタキ

フィリピンシリーズの続きで、今日はセブ島と陸続きのマクタン島からボートで15分ほどの小さな島、オランゴ島で目にしたフィリピンモズヒタキをご紹介します。

フィリピンモズヒタキ(Yellow-bellied Whistler)はフィリピンだけに分布するモズヒタキ科モズヒタキ属のフィリピンの固有種で、分布域により7亜種に分かれており、今回目にしたのは分布域から考え、フィリピン中南部のボホール島に分布する亜種Pachycephala philippinensis boholensisと思われます。

オランゴ島の海岸線で灌木の中を忙しく動き回っていたフィリピンモズヒタキ。頭部から体上面は灰褐色で、体下面は英名のように黄色なのが特徴のようです。

20180923-KX0A1355.jpg

20180923-KX0A1359.jpg

20180923-KX0A1353.jpg

20180923-KX0A1321.jpg

今日はフィリピンの固有種、フィリピンモズヒタキをご紹介しましたが、この日本では見られないモズヒタキ科の仲間は南アジア、東南アジアからオーストラリア、ニューギニア、太平洋諸島にかけて分布し、カラス上科(カラス科、コウライウグイス科、モズヒタキ科、モズ科、オウチュウ科、オウギビタキ科、カササギヒタキ科、オオツチスドリ科、フウチョウ科)に含まれるそうですが、中でもコウライウグイス科と最も近縁であるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

フィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)

フィリピンシリーズの続きで、今日はフィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)をご紹介します。

フィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)(Philippine Pied Fantail)はかってはインドシナからマレー半島、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、バリ、フィリピンにかけて分布するオウギビタキ科オウギビタキ属のムナオビオウギビタキ(Malaysian Pied Fantail)の亜種として分類されていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)ではムナオビオウギビタキから分離させ、フィリピンの固有種として扱っており、本ブログもIOC分類に従い記載しています。

セブ島と陸続きのマクタン島からボートで15分ほどのところにある小さな島、オランゴ島で目にしたフィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)。頭頂から顔にかけて黒色ではっきりとした白い眉斑があり、胸には太い帯状の斑があり、尾羽を扇状に広げることが和名の由来となっています。

20180923-KX0A1241.jpg

20180923-KX0A1265.jpg

20180923-KX0A1260.jpg

長い尾羽を垂直に立てたフィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)。

b20180923-KX0A1257.jpg

20180923-KX0A1267.jpg

20180923-KX0A1297.jpg

今日はムナオビオウギビタキから分離独立したフィリピンの固有種、フィリピンムナオビオウギビタキ(仮称)をご紹介しましたが、従来属していたムナオビオウギビタキ(Malaysian pied Fantail)とは遺伝子レベルでの差異から判断したものと思われますが、形態的には酷似しており、分布域を考えなければ見ただけでは識別困難と思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種カラアカモズ?

フィリピンシリーズの続きで、今日は亜種カラアカモズと思われる個体をご紹介します。

アカモズ(Brown Shrike)は夏季にシベリア、ロシア南東部、モンゴル、中国、、朝鮮半島、日本などで繁殖し、冬季になるとインドから中国南部、東南アジアにかけて越冬するモズ科モズ属の鳥で、分布域により4亜種(ウスアカモズ、カラアカモズ、シマアカモズ、アカモズ)に分かれており、今回目にしたのはその特徴から、シベリア中部・東部、モンゴル北部で繁殖し、冬季、インドからマレー半島に渡り越冬する亜種カラアカモズ(Lanius cristatus cristatus)と思われました。なお、日本では亜種アカモズが北海道、本州、四国で局所的に繁殖するほか、亜種シマアカモズが九州南部や南西諸島の一部で繁殖し、渡りの時期には日本海の島嶼、南西日本、南西諸島で多数通過するほか、亜種カラアカモズが稀な旅鳥として日本海の島嶼などで記録されています。

セブ島から船で2時間ほどのボホール島で目にした亜種カラアカモズのオスと思われる個体。本亜種のオスは頭部から背にかけて暗灰褐色で、胸以下の下面は橙褐色なのが特徴のようです。

20180923-KX0A1199.jpg

b20180922-KX0A0742.jpg

20180922-KX0A0845.jpg

こちらはセブ島南部の山岳地帯で目にした亜種カラアカモズ・メスの第1回冬羽と思われる個体。

20180924-KX0A1697.jpg

20180924-KX0A1694.jpg

20180921-KX0A0466.jpg

20180921-KX0A0469.jpg

今日はセブ島およびボホール島で目にした亜種カラアカモズと思われる個体をご紹介しましたが、フィリピンでは主に亜種シマアカモズ(Lanius cristatus lucionensis)が越冬するほか、亜種アカモズ(Lanius cristatus superciliosus)も渡りの時期に通過することが考えられるほか、亜種カラアカモズも台湾、フィリピン、ボルネオを経由して渡るとしている図鑑もあることから、今回の個体が亜種カラアカモズでもおかしくないと判断しました。どなたか詳しい情報をお持ちの方がおられましたらご教授いただけると幸いです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる