オーストラリアヅル

オーストラリアシリーズの続きで、今日はオーストラリアを代表するツル、オーストラリアヅルをご紹介します。

オーストラリアヅル(Brolga)はインドネシア(パプア州東部)、オーストラリア北部および東部、パプアニューギニアに分布する体長105~125cmのツルの仲間で、全身灰白色で、頭部には羽毛がなく赤い皮膚が露出し、喉には肉垂れがあり黒い羽毛で被われ、脚は灰黒色なのが特徴です。

ケアンズ郊外の湿地帯で目にしたオーストラリアヅル。逆光気味でクリアーな画像ではありませんが、その特徴を何とか確認することができます。

オーストラリアヅル2

オーストラリアヅル3

オーストラリアヅル4

オーストラリアヅル5

オーストラリアヅル6

今日はオーストラリア北部および東部で比較的よく見られるオーストラリアヅルをご紹介しましたが、オーストラリア北部にはよく似た別種オオヅルの亜種オーストラリアオオヅル(体長は112~115cmとやや大きく、頭部から頸部上部にかけて羽毛がなく、赤い皮膚が露出する)が分布しており、識別が必要となります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コシグロペリカン

再びオーストラリアシリーズに戻ります。今日はコシグロペリカンをご紹介します。

コシグロペリカン(Australian pelican)はオーストラリア本土やタスマニアに生息・繁殖し、冬季はニューギニア島に渡り越冬。また、稀にニュージーランド、インドネシア西部(スマトラ島、ジャワ島)のほか、スラウェシ島でも観察される体長150~180cmのペリカンで、英名はオーストラリアでは唯一のペリカンであることから、和名は腰が黒いことから名付けられたようです。

ケアンズ近郊の森の池の畔で目にしたコシグロペリカン。

コシグロペリカン3

後ろから見ると、腰が黒いことが分かります。右側はカササギガン。

コシグロペリカン6

コシグロペリカン5

水浴びをするコシグロペリカン。

コシグロペリカン8

コシグロペリカン9

こちらはケアンズの海岸線で目にしたコシグロペリカン。周りにいるたくさんのカモメはギンカモメ。

コシグロペリカン20

コシグロペリカン21

上空を横切って行ったコシグロペリカン。翼開長は250~260cm程あり、やはり迫力があります・・・

コシグロペリカン1

コシグロペリカン2

今日はオーストラリアでは唯一のペリカン、オーストラリアペリカンをご紹介しましたが、ペリカンの仲間で目にしたのはモモイロペリカン、ホシバシペリカンに次いで3種目となりました。世界には他にもシロペリカン、カッショクペリカン、ペルーペリカン、コシベニペリカン、ハイイロペリカンの5種が生息しており、今度はそんなペリカンも見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クマタカのランデブー飛行

昨日の続きで、今日は同じく峠で目にしたクマタカのランデブー飛行をお届けします。

クマタカ(Mountain hawk-eagle)はインド、ネパールからタイ、中国、台湾、日本に至るユーラシア大陸南東部に分布するタカ科クマタカ属の猛禽で、分布域により3亜種に分類されており、日本では亜種クマタカ(Spizaetus nipalensis orientalis)が 留鳥として北海道、本州、四国、九州の山地に生息しています。

そんなクマタカですが、繁殖期のこの時期、ペアーが仲良くランデブー飛行をしていました。突然上空に現れたペアー。

クマタカ1

2羽で仲良く飛行するクマタカ・・・

クマタカ2

クマタカ3

1羽を大きくトリミングしてみました・・・

クマタカ4

クマタカ8

クマタカ7

森林生態系の頂点に位置し「森の王者」とも呼ばれるクマタカですが、繁殖は1年あるいは隔年に1回で、通常1回につき1卵しか産まず、また近年は繁殖に成功する番の割合が急激に低下し絶滅の危機に瀕していると言われています。今回、そんなクマタカのランデブー飛行を偶然目にしましたが、無事繁殖に成功し子孫を増やしてほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カヤクグリ

昨日の続きで、今日はカヤクグリをご紹介します。

カヤクグリ(Japanese accentor)は英名のように日本(北海道、本州中部以北、四国、九州)、ロシア(南千島)に分布するイワヒバリ科カヤクグリ属の漂鳥で、夏季に南千島や北海道、本州、四国の亜高山帯から高山帯で繁殖し、冬季になると低地や本州、四国、九州の暖地へ南下し越冬することが知られています。そんなカヤクグリですが、冬のこの時期、やや標高の低いこの峠にやって来てくれたようです。

展望台の手すりに乗ったカヤクグリ。体上面の羽衣は赤褐色で目立つ模様がなく地味系のカヤクグリですが、虹彩が茶褐色なため光が当たると独特の雰囲気を醸し出します。

カヤクグリ1

カヤクグリ2

カヤクグリ3

カヤクグリ4

カヤクグリ5

カヤクグリ6

カヤクグリ7

和名は冬季に藪地に潜むように生活し、なかなか姿を見せず藪の下を潜ることに由来するカヤクグリですが、藪の中を好み体色がミソサザイに似ていることから江戸時代には、「おおみそさざい」とか「やまさざい」とも呼ばれていたようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハギマシコ

オーストラリアシリーズの途中ですが、先日、立ち寄り先で今季初のハギマシコを見る機会がありましたので、今日はそんなハギマシコをご紹介します。

ハギマシコ(Asian rosy finch)はユーラシアの東部(ロシア東部、モンゴル、中国北東部、北朝鮮、韓国、 日本)に分布し、夏季にロシアのアルタイ山脈、サヤン山脈からモンゴル北部、ザバイカル、コリャーク地方、カムチャツカ半島、千島列島北部の山地で繁殖し、冬季になると低地や中国、朝鮮半島などへ南下し越冬。日本では冬季に越冬のため飛来し、一部は夏季に北海道や東北地方の高山帯に残る個体もおり、繁殖している可能性もあるようです。

見晴らしのいい峠の展望台にやって来たハギマシコ。逆光気味ですが、特徴である脇のバラ色の縦斑を見ることができます。和名はこの斑紋がハギの花のように見えることから、英名は脇のバラ色から名付けられています。

ハギマシコ0

ハギマシコ1

ハギマシコ2

ハギマシコ3

ハギマシコ5

ハギマシコ7

地面にはまだ雪が残っています・・・

ハギマシコ8

雪の上に乗ったハギマシコ。

ハギマシコ10

ハギマシコ12

ハギマシコ11

その独特の色合いで人気のあるハギマシコですが、ハギマシコは全部で5亜種に分類されており、そのうち日本にやって来るのはシベリア東部の山脈(レナ川からカムチャツカ半島、千島列島)で繁殖する亜種ハギマシコ(Leucosticte arctoa brunneonucha )と考えられています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オーストラリアツカツクリ

昨日の続きで、今日は同じくツカツクリ科の鳥、オーストラリアツカツクリをご紹介します。

オーストラリアツカツクリ(Orange-footed scrubfowl)はインドネシアの多くの島嶼、ニューギニア南部、オーストラリア北部に生息し、上面は暗褐色で、頸部および下面は濃青灰色。後頭に短くて先の尖った褐色の冠羽があり、嘴は赤褐色、英名のように橙色の太い脚と趾を持つ体長約40cmの小型のツカツクリの仲間です。

ケアンズ近郊の森で目にしたオーストラリアツカツクリ。

オーストラリアツカツクリ3

オーストラリアツカツクリ4

オーストラリアツカツクリ5

大きな塚の上に乗ったオーストラリアツカツクリ。ヤブツカツクリ同様、腐葉などで作った高さ3~5m、直径12mにも達する大きな塚を作りその中で卵を孵化させることが知られています。

オーストラリアツカツクリ1

オーストラリアツカツクリ2

昨日に続き、同じツカツクリの仲間、オーストラリアツカツクリをご紹介しましたが、オーストラリアツカツクリは分布域により6亜種に分かれており、当地で目にしたのはヨーク岬半島を除くオーストラリア北東部に分布するMegapodius reinwardt castanonotusと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヤブツカツクリ

オーストラリアシリーズの続きで、今日は同じく大型の地上性の鳥、ヤブツカツクリをご紹介します。

ヤブツカツクリ(Australian brushturkey)はオーストラリア北東部から東部。海岸に沿った地域の森林や低木林に生息する体長約70cmのキジ目ツカツクリ科の鳥で、頭部から頸は赤褐色でほとんど羽毛がなく、胸の部分には黄色い肉垂が目立つ迫力満点の鳥です。なお、英名は茂みにいるシチメンチョウによく似た鳥であることから、和名は繁殖する際、腐葉で作成する巨大な塚に卵を埋め、発酵熱で温めることから名付けられたものと思われます。

ケアンズ郊外の森で目にしたヤブツカツクリのオス。オスでは胸の黄色い肉垂がメスに比べて大きいことで識別できます。

ヤブツカツクリ1

ヤブツカツクリ7

ヤブツカツクリ8

近くに来たヤブツカツクリ。少し離れないとファインダーから飛び出してしまいます・・・

ヤブツカツクリ5

ヤブツカツクリ3

こちらはオスに比べ胸の黄色い肉垂が小さいメス。

ヤブツカツクリ2

ヤブツカツクリ10

木に登っていたヤブツカツクリ。地上性のヤブツカツクリですが、稀に木に登って実を食べたり、下に落としてから食べることもあるそうです。

ヤブツカツクリ9

ヤブツカツクリ11

今日は大型の地上性の鳥、ヤブツカツクリをご紹介しましたが、本種には2亜種があり、オーストラリア東部に分布する基亜種 Alectura lathami lathamiと、オーストラリア北部のヨーク岬半島北部に分布する亜種 Alectura lathami purpureicollis (胸の肉垂が紫色)とに分けられます。今回、私たちが目にしたのは胸の肉垂が黄色い基亜種 Alectura lathami lathamiでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オーストラリアイシチドリ

オーストラリアシリーズの続きで、今日はちょっと異様な雰囲気を持った鳥、オーストラリアイシチドリをご紹介します。

オーストラリアイシチドリ(Bush Stone-curlew)はオーストラリア中南部を除くほぼ全土に分布する体長55~59cm、体重約650gのチドリ目イシチドリ科の鳥で、このちょっと変わった名前は他のチドリ目の鳥が水辺を好むのとは異なり、地上性で、開けた砂地や小石のあるところを好むところから名付けられています。

ケアンズ郊外の森で地面に身を隠すようにして座り込んでいたオーストラリアイシチドリ。良く開けた地上で営巣するとのことですので、ひょっとすると抱卵しているのでしょうか・・・

オーストラリアイシチドリ1

オーストラリアイシチドリ3

オーストラリアイシチドリ5

こちらはケアンズ郊外の墓地で目にしたオーストラリアイシチドリ。夜行性のオーストラリアイシチドリですが、ここでは昼間から活動していました。

オーストラリアイシチドリ4

イシチドリ科の鳥にはイシチドリ属(8種)とオオイシチドリ属(2種)の2属があり、そのうちオーストラリアイシチドリはイシチドリ属に属しています。以前訪れたインドでは同じイシチドリ属の鳥でよく似たイシチドリ(Eurasian Stone-curlew)を見る機会がありました。ご参考までにインドのイシチドリの写真を以下にご紹介します。やはり異様な雰囲気はよく似ていますね・・・

イシチドリ1


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オーストラリアオオノガン

再びオーストラリアシリーズに戻ります。今日はオーストラリアオオノガンをご紹介します。

オーストラリアオオノガン(Australian bustard)はニューギニア西部とオーストラリアの開けた乾燥地に分布する体長75~105cmのツル目ノガン科の鳥で、頭上は黒く後頭に冠羽があり、眼の後方に黒い過眼線があります。顔から頸、上胸は灰白色で、上面は淡褐色で雨覆に黒白の斑があり、虹彩と足は黄白色です。

ケアンズ郊外アサートン高原の草深い草原の中で身を隠すように歩いていたオーストラリアオオノガンのオス。オスは体長が大きいだけでなく平均体重も6.3kgと重く(メスは3.2kg)、見るからに迫力があります。

オーストラリアオオノガン12

こちらはバスのガラス越しに撮影した同じ個体。ガラス越しのため色が少し変ですが・・・

オーストラリアオオノガン1

オーストラリアオオノガン3

こちらは頭上が暗褐色であることから若い個体と思われます。

オーストラリアオオノガン27

歩くときには必ずこのように顎を上げたポーズをとるのもオーストラリアオオノガン特徴のようです・・・

オーストラリアオオノガン25

オーストラリアオオノガン20

オーストラリアオオノガン21

オーストラリアオオノガン22

オーストラリアオオノガン24

今日はオーストラリアで飛ぶ鳥としては最大であるオーストラリアオオノガンをご紹介しましたが、かってはオーストラリアの草原地帯には相当数いたと言われていますが、開発や狩猟、放牧などの影響でその数を減らし、今では特定の場所でしか目にすることができないようです。1回の繁殖では一つしか卵を産まないこの貴重な鳥がいつまでも生存できることを祈りたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

目線で採餌する亜種アオゲラ

オーストラリアシリーズの途中ですが、今日は自宅近くの公園で目にした亜種アオゲラをご紹介します。

アオゲラ(Japanese green woodpecker)は本州から九州にかけて分布する日本固有のキツツキで、分布域により3亜種(基亜種アオゲラ:本州に分布、亜種カゴシマアオゲラ:四国、九州に分布、亜種タネアオゲラ:種子島、屋久島に分布)に分類されています。和名は背から肩羽が緑褐色で、腰から尾、風切の一部が黄緑褐色(緑も含めた古い意味での青)であることから、英名は日本固有の緑色のキツツキということから名付けられています。

目線の高さで桜の幹を突いていた亜種アオゲラのメス。メスは後頭と顎線だけが赤いことから識別することができます。(オスは額から後頸にかけてと顎線が赤色)

アオゲラ1

アオゲラ3

アオゲラ4

アオゲラ11

こちらを気にする様子もなく、夢中で幹を突いています・・・

アオゲラ10

アオゲラ5

アオゲラ6

アオゲラ8

アオゲラ12

今日は日本の固有種である亜種アオゲラをご紹介しましたが、ヨーロッパ全域と西アジアにはアオゲラとよく似たヨーロッパアオゲラ(European green woodpecker)が分布しています。ヨーロッパアオゲラについては昨年訪れた中欧で目にする機会がありましたのご参考までにその時の写真をご紹介します。(写真右側はヨーロッパアオゲラのオス成鳥、左側はオス幼鳥)

アオゲラ9


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ブッポウソウ

昨日の続きで、今日は先日のタイでも目にしたブッポウソウをご紹介します。

ブッポウソウ(Oriental dollarbird)はユーラシア大陸東部とオーストラリアで繁殖するほか、インドから東南アジアでは留鳥として周年生息。日本には夏鳥として飛来し、本州、四国、九州で繁殖した後、冬季は東南アジアに渡りますが、光沢のある青色の胴体に群青色の喉、嘴と脚は鮮やかな赤橙色、飛翔している時には初列風切の白い斑紋が目立つ大変美しい鳥として人気があります。

ケアンズ近郊のゴルフ場で目にしたブッポウソウの成鳥。光線が強く本来の色が出ませんが、光沢のある青色の胴体と赤い嘴を確認することができます。

ブッポウソウ8

ブッポウソウ6

ブッポウソウ7

営巣木にやって来たブッポウソウ。この木の裏側の洞で営巣しているようです・・・

ブッポウソウ10

別の木にとまっていたブッポウソウ。

ブッポウソウ3

ブッポウソウ5

ブッポウソウ11

こちらは別の場所で電線にとまっていたブッポウソウ。金属光沢の羽衣のため、柔らかい光のほうが本来の色が出ます・・・

ブッポウソウ1

今日はインド亜大陸、東南アジア、東アジアとオーストラリアで繁殖する日本でもお馴染みのブッポウソウをご紹介しましたが、どこで見てもやはりブッポウソウは魅力的な鳥の一つと言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハチクイ

オーストラリアシリーズの続きで、今日は今回のツアーで会いたかった鳥の一つハチクイをご紹介します。

ハチクイ(Rainbow bee-eater)はオーストラリアで繁殖するブッポウソウ目ハチクイ科の鳥で、オーストラリア北部では留鳥として周年見ることができるほか、南部で繁殖したものは冬季は北部に渡り、ニューギニア、セレベス等まで飛来することが知られています。日本では1904年に沖縄県宮古島で採集された記録があるだけという迷鳥です。

ケアンズ郊外の墓地で目にしたハチクイのオス。雌雄ほぼ同色ですが、オスは尾がやや長く、メスに見られる喉の黒色部の下の青色のラインは見られません。名前の通りハチなどの昆虫を捕食する名人で、この個体もハチのような昆虫を口に咥えていました。

ハチクイ12

中央尾羽1対が長く伸びたハチクイのオス。

ハチクイ21

こちらは別の枝にとまっていたハチクイのメスと思われる個体。中央尾羽が突出しておらず、喉の黒色部の下に青色のラインを見ることができます。

ハチクイ15

ハチクイ13

ハチクイ14

こちらもメスでしょうか・・・

ハチクイ20

ハチクイ19

電線にとまり、飛んでくる昆虫を探していたハチクイ。

ハチクイ2

ハチクイ7

ハチクイ6

東南アジアを起源とするハチクイ科の鳥は何れも羽衣が美しく、魅力的な鳥が多いことで知られています。ハチクイ科の鳥としては今までハリオハチクイ、アオムネハチクイ、ミドリハチクイ、ルリノドハチクイの4種を見ていましたが、今回、5種目として日本でも一度だけ記録のあるハチクイを見ることができ、出会えた時には胸の高まりを抑えることができませんでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ナンヨウショウビン

昨日の続きで、今日は日本でも記録のあるナンヨウショウビンをご紹介します。

ナンヨウショウビン(Collared kingfisher)は紅海西岸からアラビア半島、インド沿岸部、東南アジア、ミクロネシア、ニューギニア、オーストラリア中北部の沿岸部などに広く分布する留鳥で、日本では迷鳥として、南西諸島(宮古島、石垣島、西表島、与那国島)で記録があります。

ケアンズ近郊の公園近くで目にしたナンヨウショウビン。頭部から背にかけては黒色で、翼、尾羽は暗青色。喉からの体下面は白色で眼の前方の白い眉斑が目立ちます。

オーストラリアナンヨウショウビン2

オーストラリアナンヨウショウビン4

オーストラリアナンヨウショウビン5

オーストラリアナンヨウショウビン6

オーストラリアナンヨウショウビン7

オーストラリアナンヨウショウビン8

オーストラリアナンヨウショウビン1

今日はケアンズ郊外で目にしたナンヨウショウビンをご紹介しましたが、本種は亜種が非常に多く(学説によっては約50亜種に分類)、亜種によって羽色がかなり異なるようです。オーストラリア北西部には頭部から背が暗緑色がかった亜種が生息しているようですが、今回ケアンズで目にしたものは頭部から背にかけて黒色のオーストラリア東部に生息する別亜種と思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリミツユビカワセミ

昨日の続きで、今日は同じくカワセミの仲間、ルリミツユビカワセミをご紹介します。

ルリミツユビカワセミ(Azure kingfisher)はオーストラリア北部から東部、タスマニア島、ニューギニア島などの河川沿い、湖沼周辺、マングローブ周辺に生息する体長17~19cmのカワセミ科ミツユビカワセミ属の鳥で、昨日ご紹介したモリショウビンにも似ていますが、全身濃青色で、腹面は栗色、目先および肩の辺りに白色から栗色の筋が入るのが特徴です。なお、英名は体全体が紺碧色(azure)であることから、和名は体全体が瑠璃色で、指が第3趾までしかないことから名付けられたものと思われます。

ケアンズ近郊の森の小川で突然、対岸にやって来たルリミツユビカワセミ。

ルリミツユビカワセミ1

ルリミツユビカワセミ2

大きくトリミングしてみました。一般の鳥では前方には第4趾までの3本が見られますが、本種は前方には第2趾と第3趾しかないことが分かります。

ルリミツユビカワセミ3

今日は紺碧色の体色が鮮やかなルリミツユビカワセミをご紹介しましたが、本種は留鳥性が強いようで、生息域により7亜種に分類されており、当地で目にしたものはオーストラリア東部に分布する基亜種 Alcedo azurea azurea と思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

モリショウビン

昨日の続きで、今日は同じくカワセミの仲間、モリショウビンをご紹介します。

モリショウビン(Forest kingfisher)はインドネシア、パプアニューギニア、ソロモン諸島、およびオーストラリア北・東部に分布する体長19~22cmの青色と白色が目立つカワセミ科ナンヨウショウビン属の鳥で、名前のように開けた森林や疎林に生息することが知られています。

ケアンズ近郊の開けた森の道路際で目にしたモリショウビン。オスでは喉からの白色の帯が後頸まで延びる(メスは後頸は青色)ことで識別できますが、この個体は果たしてどちらでしょうか・・・

モリショウビン5

モリショウビンは額に白斑があるのも特徴の一つです。

モリショウビン3

モリショウビン6

この写真を見ると後頸が青いようにも見えますので、やはりメスでしょうか・・・

モリショウビン7

こちらは別の場所で見たモリショウビン。こちらも後頸が青く見えますのでメスでしょうか・・・

モリショウビン1

モリショウビン2

別の場所で目にしたモリショウビン。こちらもメスでしょうか・・・

モリショウビン20

モリショウビン21

今日は青色と白色の対比が美しいモリショウビンをご紹介しましたが、モリショウビンは生息域により3亜種に分類されており、当地で目にしたのはオーストラリア北東部のヨーク岬半島からオーストラリアの東沿岸部、南東部のニューサウスウェールズ州付近にかけて分布する亜種Todiramphus macleayii incinctus と思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ワライカワセミ

昨日の続きで、今日はワライカワセミをご紹介します。

ワライカワセミ(Laughing kookaburra)はオーストラリア北東部のヨーク岬半島から南オーストラリア州アデレード付近にかけて分布するほか、西オーストラリア州南西部やタスマニア島、カンガルー島、ニュージーランドにも移入され分布を広げている体長約46cmの大型カワセミで、人の笑い声に似た大声の「ワハハハ……」と笑っているように聞こえる囀りが名前の由来になっています。

昨日のシラオラケットカワセミと同じ森で何度も目にしたワライカワセミ。嘴は短くて太く、白色の頭部には黒褐色の冠羽と過眼線があり、濃褐色の上面には小雨覆、中雨覆、腰に水色が混じり、尾羽には黒色の帯が7本前後入るのが特徴です。

ワライカワセミ9

ワライカワセミ8

ワライカワセミ1

ワライカワセミ10

ワライカワセミ3

ワライカワセミ4

目の前に突然やって来たワライカワセ。口には大きな昆虫のようなものを咥えていました。

ワライカワセミ5

ワライカワセミ7

今日はカワセミ科の中では最大の種、ワライカワセミをご紹介しましたが、今回残念ながらその特徴である、人の笑い声に似た大声の囀りは聞くことができませんでした。次回もし訪れる機会があれば、是非その特徴ある囀りを聞いてみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シラオラケットカワセミ

昨年末、オーストラリ・ケアンズの探鳥ツアーに参加してきましたので、今日からしばらくの間、当地で出会った鳥たちをご紹介ます。

最初はオーストラリアを代表するカワセミの仲間、シラオラケットカワセミです。

シラオラケットカワセミ(Buff-breasted paradaise kingfisher)はニューギニア、ビスマーク諸島、オーストラリア東部に分布し、オーストラリア東部には10月~1月にニューギニアから渡来し、アリの巣に穴をあけて巣穴として繁殖するそうで、オーストラリアではこの鳥が飛来すると雨期が始まるといわれているそうです。

ケアンズ郊外の森で目にしたシラオラケットカワセミ。光沢のある青紫色の体と白く長い尾が特徴で、「世界一美しいカワセミ」といわれています。 和名は長く白いラケット状の尾羽から、英名は赤褐色の胸の色から名付けられており、メスでは尾羽の長さが若干短いようです。

シラオラケットカワセミ17

シラオラケットカワセミ15

シラオラケットカワセミ22

シラオラケットカワセミ23

シラオラケットカワセミ24

シラオラケットカワセミ11

シラオラケットカワセミ13

シラオラケットカワセミ6

シラオラケットカワセミ4

シラオラケットカワセミ3

今日は、「世界一美しいカワセミ」といわれるシラオラケットカワセミをご紹介しましましたが、繁殖のため当地にやって来たシラオラケットカワセミは森の中の開けた場所の枝にとまり、ペアリングの相手を探しているようにも見えました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

年に一度は会いたいルリビタキ

自宅近くの里山を久し振りに散策しましたが、今日はその時出会ったルリビタキをご紹介します。

ルリビタキ(Red-flanked bluetail)は夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬。日本では留鳥または漂鳥として北海道、本州、四国の平地から亜高山帯で繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬します。

そんなルリビタキですが、今年も自宅近くの里山に降りてきてくれました。開けた林縁に姿を見せてくれたルリビタキのオス。

ルリビタキ1

ルリビタキ2

ルリビタキ4

ルリビタキ3

虫を見つけると地面に降りてきます・・・

ルリビタキ5

ルリビタキ6

ルリビタキ7

こちらは体上面がオリーブ褐色のメス。

ルリビタキ10

ルリビタキ11

ルリビタキ13

今日は今季初めて目にしたルリビタキをご紹介しましたが、青色の美しいルリビタキはやはり年に一度は出会いたい鳥です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

里山の代表的な冬鳥 シメ

昨日の続きで、今日は同じく冬の公園で目にした冬鳥 シメをご紹介します。

シメ(Hawfinch)はヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までのユーラシア大陸中部域に広く分布し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡ることが知られていますが、日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来します。

そんなシメが今年も公園にやって来てくれました。散策路脇の木にとまっていたシメ。頭部は淡茶褐色でで、眼先が黒色であることからオスと思われます。

シメ1

夏羽では鉛色になる大きくて太い嘴も、この時期では肉色をしています。

シメ2

シメ3

シメ4

その後、更に近くにとまったシメ。

シメ5

シメ6

シメ7

今日は里山の代表的な冬鳥、シメをご紹介しましたが、このちょっと不思議な和名ですが、「シー」と聞こえる鳴き声と、鳥を意味する接尾語である「メ」が和名の由来となっているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カケス

昨日の続きで、今日は同じく冬晴れの公園で目にしたカケスをご紹介します。

カケス(Eurasian jay)はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて分布するカラス科カケス属の留鳥で、日本では九州以北で繁殖し、北部に生息するものは冬季に南に移動するようです。

公園内の生い茂った林にやって来た亜種カケス。頭頂は白く、黒色の縦斑があり、目先から顎線が黒色で、初列雨覆、雨覆の一部、次列風切の基部には青、黒、白色の横斑があり、特に飛翔時にはよく目立ちます。

カケス1

カケス2

カケス3

カケス4

アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて広範囲に分布するカケスですが、留鳥性が強く全体で約30亜種に分類されているそうです。そのうち、日本では本州、四国、九州、対馬に分布する亜種カケスのほか、北海道に分布する亜種ミヤマカケス、佐渡島に分布する亜種サドカケス、屋久島に分布する亜種ヤクシマカケスの4亜種が分布していますが、亜種ミヤマカケスについては額から後頸、喉にかけて茶色で、見た目にもずいぶん違っていますが、亜種サドカケスと亜種ヤクシマカケスについては亜種カケスとの外見上の違いはほとんど分からないそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ベニマシコ

冬晴れの一日、陽だまりの公園を散策しましたが、今日はその時目にしたベニマシコをご紹介します。

ベニマシコ(Long-tailed rosefinch)は日本、中国、カザフスタン、北朝鮮、韓国、ロシアなどに分布するアトリ科ベニマシコ属の鳥で、日本では夏鳥として北海道、青森県下北半島で繁殖し、冬鳥として本州以南へ渡り越冬します。なお、名前の由来ですが、英名は尾の長い赤いアトリ科の鳥から、和名は「ベニ」はその名の通り体色が赤いため、 「マシコ」は猿子と書き、猿のことで、猿のように顔が赤いため付けられたようです。

関東では冬鳥のベニマシコですが、今年も当公園にやって来てくれました。葦や低木の生い茂る湿原に姿を見せてくれたベニマシコのオス2羽とメス1羽。

ベニマシコ0

草の実を食べていたベニマシコのオス。夏羽ほど真っ赤ではありませんが、それでもその独特の色合いを見せてくれました。

ベニマシコ3

ベニマシコ4

ベニマシコ5

ベニマシコ6

ベニマシコ7

ベニマシコ1

ベニマシコ2

こちらの個体は褐色みが強く、顔や体下面、腰などに紅色みが見られないことから、メスの第1回冬羽と思われます。

ベニマシコ12

ベニマシコ14

ベニマシコ13

今日は関東では冬鳥のベニマシコをご紹介しましたが、夏の北海道で見る鮮やかな紅色のベニマシコもいいものですが、津軽海峡を渡って来た冬のベニマシコもなかなか味わい深いものがあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オシドリ

この時期になるとオシドリが見たくなり、いつものダム湖を訪れました。

オシドリ(Mandarin duck)は中国、ロシア南東部、朝鮮半島、台湾、日本などの東アジアのみに分布するカモで、日本では北海道や本州中部以北で繁殖し、冬季になると西日本へ南下し越冬します。

そんなオシドリですが、100羽を超えると思われるオシドリたちが陸で休んだり、水上で泳いだりしていました。

雪がらみのオシドリたち。

オシドリ9

オソドリ11

オシドリ10

オシドリ2

仲良しペアのオシドリ・・・

オシドリ6

オシドリ7

オシドリ8

今日はダム湖のオシドリをご紹介しましたが、人間社会では仲が良い夫婦を「おしどり夫婦」と呼びますが、鳥類のオシドリは冬ごとにパートナーを替え、抱卵はメスのみが行い、育雛も夫婦で協力することはないそうです。和名のオシは「雌雄相愛し」に由来するそうですが、見た目と実態がかけ離れていることはどんな世界にもあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

イヌワシ

今日は憧れの猛禽 イヌワシを幸運にも目にすることができましたのでご紹介します。

イヌワシ(Golden eagle)はアフリカ大陸北部、北アメリカ大陸北部、ユーラシア大陸に分布し、日本では亜種イヌワシが留鳥として周年生息していますが、その数は少なく、1965年に種として国の天然記念物に、1993年に種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている大変貴重な野鳥でもあります。

そんなイヌワシですが、幸運にも先日訪れたダム湖上空で目にすることができました。突然上空に現れたイヌワシの幼鳥。幼鳥は全身黒色で、翼に白斑が見られることから識別することができます。

イヌワシ1

イヌワシ2

上空で旋回を始めましたが、鳥までの距離が相当あり、画像は今一つです・・・

イヌワシ3

イヌワシ4

イヌワシ5

イヌワシ6

イヌワシ7

イヌワシ8

イヌワシ9

今日は偶然目にした希少種イヌワシの幼鳥をご紹介しましたが、まさかこのような場所で目にするとは思ってもいなく、なんだか得をした思いでこの場を後にしました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

トラツグミ

昨日の続きで、今日はヤマシギと同じ場所で目にした亜種トラツグミをご紹介します。

トラツグミ(Scaly Thrush、White's Thrush)はシベリア東南部から中国東北部、朝鮮半島などで繁殖し、冬季はインド東部からインドシナ半島、フィリピンなどに渡り越冬するほか、オーストラリア、ニュージーランドにも分布。日本では留鳥または漂鳥として周年生息し、本州、四国、九州の低山から亜高山帯で繁殖し、北海道には夏鳥として渡来します。日本国内では基亜種トラツグミのほかに、奄美大島に生息する 亜種オオトラツグミ、西表島から台湾にかけて分布する亜種コトラツグミの3亜種が確認されているようです。

雪に覆われた山麓のせせらぎで餌を探していた亜種トラツグミ。落ち葉の中では見つけにくいトラツグミですが、このような場所では比較的簡単に見つけることができます。

トラツグミ1

トラツグミ3

トラツグミ4

トラツグミ5

トラツグミ7

トラツグミ9

トラツグミ11

今日は雪がらみの亜種トラツグミをご紹介しましたが、、和名のように体表には黄褐色に黒い鱗状の斑が密にあり、冬の落葉の中ではカモフラージュの役割を果たしています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

今年も会えたヤマシギ

雪がらみのヤマシギが見たくて山麓のせせらぎを訪れましたが、運よく目的のヤマシギに出会うことができました。

ヤマシギ(Eurasian Woodcock)は夏にユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖し、冬季はヨーロッパやアフリカの地中海沿岸やインド、東南アジアなどに渡って越冬。日本では北海道では夏鳥、本州中部以北と伊豆諸島で留鳥、西日本では冬鳥として知られています。
そんなヤマシギですが、寒波の到来とともにようやく当地にもやって来てくれました。

雪の積もった水路に姿を見せてくれたヤマシギ。全身の羽毛は灰色、黒色、赤褐色などの細かいまだら模様の保護色ですが、水の中では比較的よく分かります。

ヤマシギ1

ヤマシギ3

全身を見せてくれたヤマシギ。

ヤマシギ4

こちらを横目で見ながら移動するヤマシギ。

ヤマシギ5

ヤマシギ6

ヤマシギ7

ヤマシギ8

今日は今年も目にすることができたヤマシギをご紹介しましたが、雪がらみのヤマシギはやはり年に一度は会いたい魅力ある野鳥です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ブッポウソウ、インドブッポウソウ

今日まで長々とタイで出会った野鳥たちをご紹介してきましたが、シリーズの最後にブッポウソウとインドブッポウソウをご紹介します。

最初は日本でもお馴染みのブッポウソウです。

ブッポウソウ(Oriental dollarbird)はユーラシア大陸東部とオーストラリアで繁殖するほか、インドから東南アジアでは留鳥として周年生息。日本には夏鳥として飛来し、本州、四国、九州で繁殖した後、冬季は東南アジアに渡りますが、光沢のある青色の胴体に群青色の喉、嘴と脚は鮮やかな赤橙色、飛翔している時には初列風切の白い斑紋が目立つ大変美しい鳥として人気があります。

夕闇迫るなかカオヤイ国立公園で目にしたブッポウソウの成鳥。暗くて本来の美しい色が出ませんが、特徴である赤い嘴を確認することができます。

ブッポウソウ5

ブッポウソウ4

こちらは別の場所にいたブッポウソウ。こちらも暗いうえ空抜けで本来の色が出ません・・・

ブッポウソウ2

ブッポウソウ3

ブッポウソウ1

次はインドブッポウソウです。

インドブッポウソウ(Indian Roller)はイラク、インド、タイ、ミャンマーなどに生息するブッポウソウの仲間で、背面は褐色で冠羽と尾羽は明るい青緑色、嘴は黒くて細長いのが特徴です。

ラチャブリー県の田園地帯で目にしたインドブッポウソウ。上記のブッポウソウ(体長約30cm)に比べるとやや大型(体長約33cm)で、羽衣の色もかなり異なります。

インドブッポウソウ1

インドブッポウソウ2

タイシリーズの最後にブッポウソウとインドブッポウソウをご紹介しましたが、今回訪れたタイ中部は山野の鳥から水鳥まで、実に多様な鳥たちが生息しており、野鳥観察、撮影を楽しむことができました。また、当エリアは冬季には越冬のため多くの冬鳥が渡来することで知られており、今度はそんな冬鳥を目当てに訪れてみたいと思いながらタイを後にしました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムナグロタイヨウチョウ、ヤナギムシクイ

タイシリーズの続きで、今日はムナグロタイヨウチョウと、ヤナギムシクイと思われる個体をご紹介します。

最初はムナグロタイヨウチョウです。

ムナグロタイヨウチョウ( Black‐throated Sunbird)はパキスタンからインド、ネパール、ブータン、バングラデシュ、中国、ミャンマー、タイ、マレーシア、ラオス、カンボジア、ベトナムなどに分布するタイヨウチョウの仲間で、名前のように頭部から喉、胸にかけて黒色で、背中は濃赤褐色であるのが特徴です。

カオヤイ国立公園で目にしたムナグロタイヨウチョウのオス。動きが早くなかなかじっとしてくれませんでしたが、何とか写真に収めることができました。

ムナグロタイヨウチョウ1

ムナグロタイヨウチョウ2

ムナグロタイヨウチョウ3

次はヤナギムシクイと思われる個体です。

ヤナギムシクイ(Two-barred warbler)は夏季にロシア、中国北西部、中央アジアで繁殖し、冬季はインドシナ半島などに渡るムシクイ科の鳥で、日本には稀な旅鳥として日本海側の島嶼に渡来することが知られています。ヤナギムシクイは英名からも分かるように2本の明瞭な白い翼帯があるのが特徴です。

同じくカオヤイ国立公園で目にしたヤナギムシクイと思われる個体です。この写真でははっきりしませんが、ガイド氏によれば2本の明瞭な翼帯が見えたことからヤナギムシクイで間違いないということでした。

ヤナギムシクイ1

ヤナギムシクイ2

今日はカオヤイ国立公園で目にしたムナグロタイヨウチョウと、ヤナギムシクイと思われる個体をご紹介しましたが、今回、残念ながらヤナギムシクイについては、その特徴である2本の明瞭な翼帯を写真に収めることができませんでした。次回は是非、確たる証拠写真をゲットしたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タイカンチョウ

タイシリーズの続きで、今日はタイカンチョウをご紹介します。

タイカンチョウ(Black-throated laughingthrush)はミャンマー、タイ、カンボジア、ラオス、、ベトナム、中国などに分布する体長約28cmのチメドリ科の鳥で、灰褐色の羽色をもち、頬が白く、喉から胸にかけて黒く、これが英名の由来となっているようです。

カオヤイ国立公園で目にしたタイカンチョウ。体型や動きは日本では外来種のガビチョウやカオグロガビチョウにも似ていますが、鳴き声が美しいため、飼い鳥として輸入されることもあるようです。

タイカンチョウ1

タイカンチョウ3

藪の中を動き回っていましたが、どうやら虫を捕えたようです。

タイカンチョウ2

タイカンチョウ4

フェンスにとまったタイカンチョウ。体型はカオグロガビチョウによく似ていますね・・・

タイカンチョウ5

今日は中国から東南アジアにかけて分布するチメドリ科ガビチョウ属のタイカンチョウをご紹介しましたが、聞き慣れない和名は漢字の「戴冠鳥」から来ていると思われますが、これは額に黒い冠羽があることからと名付けられたものなのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シマキンパラ

タイシリーズの続きで、今日は日本でも南西諸島に生息するシマキンパラをご紹介します。

シマキンパラ(Scaly-breasted Munia)はインドから中国南部、台湾、東南アジアにかけて広く分布する体長約11cmのカエデチョウ科の鳥で、本来日本では全くいなかった種ですが、近年、日本でも沖縄諸島をはじめ、奄美諸島以南の多くの島で観察されています。

バンコク近郊のドライブインの植え込みで目にしたシマキンパラの成鳥。白い体下面には名前のように(Scalyは鱗状の意)、羽縁に茶褐色のU字模様があり、全体的に鱗模様となって見えるのが特徴です。

シマキンパラ9

シマキンパラ10

こちらはカオヤイ国立公園近くのホテル付近で目にしたシマキンパラの幼鳥。幼羽では全身淡茶褐色で、体下面に鱗模様は見られません。

シマキンパラ7

シマキンパラ6

シマキンパラ8

シマキンパラ5

シマキンパラ4

今日はバンコク近郊で目にしたシマキンパラをご紹介しましたが、シマキンパラは生息域により12亜種に分類されており、当地で目にしたのはミャンマー南部、 タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム、中国南部、海南島、台湾島、奄美諸島、沖縄諸島などに分布する亜種シマキンパラ(Lonchura punctulata topela)と思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

セアカスズメ

タイシリーズの続きで、今日はセアカスズメをご紹介します。

セアカスズメ(Plain-backed sparrow)はニャンマー、タイ、カンボジア、ラオス、ベトナム、マレーシアなどに分布する体長13.5~15cmのスズメの仲間で、オスでは名前のように側頭と背中が無地の赤茶色をしているのが特徴です。

バンコク郊外の農村地帯で目にしたセアカスズメ。

セアカスズメ6

近くの枝にとまったセアカスズメのオス。側頭と背中の赤茶色がなかなか魅力的です・・・

セアカスズメ3

セアカスズメ4

正面を向くと喉の黒斑が目立ちます。

セアカスズメ5

こちらはケチャブリー県の湿地で目にしたセアカスズメのペア。奥のバフ色の個体はメス。

セアカスズメ1

セアカスズメ2

日本で目にすることのできるスズメ科の鳥としては、ごく身近で見られるスズメのほか、ニュウナイスズメ、そして迷鳥として記録のあるイエスズメの3種が知られています。今回タイで目にしたのは同じスズメ科のセアカスズメでしたが、名前通りオスの背中の色合いがとても印象的でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる