FC2ブログ

またまた姿を見せてくれたフクロウ

このところ早朝の森を散策するのが日課になっていますが、この日も朝早く林道を散策していると、突然フクロウ(Ural Owl)が音もなくやって来て林道近くの枝にとまりました。後ろからそっと近づき、お散歩カメラを向けました。

フクロウはまだこちらに気付いていないようで、暫く地面のほうに顔を向け、獲物を探していましたが・・・

200522フクロウ-21

やがてこちらの気配に気が付いたようで、ゆっくり首を回し・・・

200522フクロウ-22

目と目が合ってしまいました。

200522フクロウ-24

その後、フクロウはまるでスローモーションを見ているような感じで、ゆっくり首を回し始めました。

200522フクロウ-27

200522フクロウ-28

何故か、途中では目を閉じていました。

200522フクロウ-29

200522フクロウ-30

200522フクロウ-31

そして、最後はおもむろに飛び去っていきました・・・

200522フクロウ-32

今日はこちらの存在に気が付いた後、おもむろに飛び去っていったフクロウをご紹介しましたが、鳥たちの多くはこちらの存在に気が付くと、すぐに飛び去ったり、立ち去ったりするものが多い中、フクロウは別格のようで、特段慌てる様子もなく落ち着いた動きでゆっくり飛び去っていきます。森の哲学者と言われる所以もそんな佇まいから来ているのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ペアで行動していたキジ

先日はメスを呼び込むためなのか、盛んに母衣打ちをしていたキジ(Green Pheasan)のオスですが、ようやくペアリングが成功したようで、今日はメスと行動を共にしていました。

早朝、クラインガルテン周辺を散歩していると、偶然キジのオスを発見。時折左右に首を振り、周りを警戒しているようです。

200518キジ-1

200518キジ-2

そしてゆっくり向かったその先にはメスがいました。どうやらペアリングが成功し、メスを見守るように一緒に行動していたようです。

200518キジ-3

200518キジ-4

200518キジ-8

メスはその後、深く覆われた草の中に消えていきました。

200518キジ-10

こちらは最後までメスを見守っていたオス。

200518キジ-15

200518キジ-17

200518キジ-18

今日はペアリングが成功したと思われるキジのペアをご紹介しましたが、この先、繁殖活動に入っていくものと思われます。無事元気な子を育て、微笑ましい子連れの姿を見たいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ペアで行動していたサンコウチョウ

今日はメスと行動を共にしていたサンコウチョウ(Japanese Paradise Flycatcher)をご紹介します。

先日は独特の鳴き声を森いっぱいに響かせ、メスの後を追うように行動していたサンコウチョウですが、遂にメスの心を掴んだようで、今回はあまり鳴くこともなく静かにメスと行動を共にしていました。

何度見ても優雅で美しいサンコウチョウのオス。

200526サンコウチョウ-5

メスに呼びかけるようにやさしい声で鳴きました。

200526サンコウチョウ-7

200526サンコウチョウ-8

200526サンコウチョウ-9

200526サンコウチョウ-11

200526サンコウチョウ-16

200526サンコウチョウ-17

こちらはオスと行動を共にしていたメスのサンコウチョウ。

200526サンコウチョウ-1

200526サンコウチョウ-3

今日はペアで行動していたサンコウチョウをご紹介しましたが、いよいよこれから繁殖活動に入っていくものと思われます。元気な雛を育ててほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

まだ相手が見つからないキビタキのオス

先日も盛んにメスを追いかけていたキビタキをご紹介しましたが、今日ご紹介するのも別の林道で目にした未だ求愛中と思われるキビタキ(Narcissus Flycatcher)です。

早朝、林道を散歩しているとキビタキの甘く美しい囀りが聞こえてきました。近づいて観察すると、第1回夏羽と思われる若いオスが喉と腰を膨らませ盛んに囀る姿を捉えることができました。

200517キビタキ-10

200517キビタキ-13

200517キビタキ-11

近くにメスがいるのでしょうか、時々、場所を変えて鳴き続けていたキビタキ。

200517キビタキ-3

200517キビタキ-1

200517キビタキ-2

200517キビタキ-5

200517キビタキ-9

200517キビタキ-8

キビタキの多くが既に営巣に入っている中、未だ求愛中と思われる去年生まれの若いオスをご紹介しましたが、やはり種の保存という観点からすると、メスは繁殖能力に長けた年長のオスにより魅力を感じるのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

托卵にやって来たツツドリ

今日は近くの森で目にした托卵にやって来たツツドリをご紹介します。

ツツドリ(Oriental Cuckoo)はEU : ne Asia, Taiwan Indonesia to AU
夏季には北東アジア、台湾で繁殖し、冬季はインドネシアからオーストラリアに渡り越冬する体長32cmのカッコウ科カッコウ属の鳥で、日本には夏鳥として九州以北に渡来し繁殖します。成鳥は頭部から背、胸にかけて青灰色で、胸以下の体下面は白色で、カッコウよりもやや太い黒い横縞があるのが特徴です。

ツツドリ特有の竹筒を鳴らすような「ポポッ ポポッ」という鳴き声のほうを探すと遠くの横枝にとまっているツツドリを発見。どうやらこの森で繁殖しているセンダイムシクイに托卵するため近くにやって来たようです。

200521ツツドリ-23

200521ツツドリ-26

暫く観察していると、突然何かを威嚇するかのように口を大きく開けました。

200521ツツドリ-25

200521ツツドリ-27

激しく威嚇するツツドリ。

200521ツツドリ-28

突然、キビタキのオスと思われる小鳥がツツドリを威嚇するように飛んできました。どうやらキビタキの営巣場所近くに来たためキビタキの威嚇を受けたようです。

200521ツツドリ-29

その後、何もなかったかのようにいつもの表情のツツドリ。

200521ツツドリ-30

今日は托卵にやって来たと思われるツツドリをご紹介しましたが、その際、全くの偶然ではありましたがキビタキとの威嚇合戦も目にすることができました。普段このようなシーンを目にすることはあまりありませんが、森の中では知らないところでいろいろなドラマがあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ