FC2ブログ

アシナガワシ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はアシナガワシをご紹介します。

アシナガワシ(Lesser Spotted Eagle)はヨーロッパ東部で繁殖し、冬季、アフリカに渡り越冬する体長55~65cmのClanga属の猛禽で、日本でも稀な冬鳥として記録のある同じ仲間のカラフトワシ(Greater Spotted Eagle)より一回り小型で、カラフトワシの翼指が7本であるのに対し、アシナガワシでは6本で、初列雨覆辺りに2本の白斑がある(カラフトワシは小さな白斑のみ)のが特徴です。

田園地帯で上空を旋回していたアシナガワシ。(右側はヨーロッパノスリ)

4S3A5915.jpg

4S3A5916.jpg

大きくトリミングしてみました・・・

4S3A5918.jpg

4S3A5919.jpg

この写真では特徴である6本の翼指と初列雨覆辺りの2本の白斑を確認することができます。また、翼を広げると写真のように翼が長方形のように見えるのもアシナガワシの特徴だそうです。

4S3A5926.jpg

4S3A5931.jpg

今日はカラフトワシの弟分ともいえるアシナガワシをご紹介しましたが、同じ仲間のカラフトワシ、インドワシを含めた3種はかってはイヌワシ属(Aquila属)に属していましたが、現在はイヌワシ属から分かれ、Clanga属として独立しています。ご参考までに以前、日本とインドで撮影した同じClanga属のカラフトワシのブログをご紹介します。

カラフトワシ(日本)

カラフトワシ(インド)



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

カラフトワシ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヨーロッパチュウヒ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はヨーロッパチュウヒをご紹介します。

ヨーロッパチュウヒ(Western Marsh Harrier)はヨーロッパ、中東から中央アジアにかけてとアフリカ北西部で繁殖し、冬季はヨーロッパ南部、アフリカ、南アジアに渡り越冬するタカ科チュウヒ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれてり、今回目にしたのはヨーロッパ、中東から中央アジアにかけて繁殖する基亜種Circus aeruginosus aeruginosusと思われます。なお、日本では迷鳥として1989年に山口県で幼鳥1羽の記録があるのみという珍鳥でもあります。

そんな日本では珍鳥のヨーロッパチュウヒですが、ヨーロッパでは普通種であり、今回訪れたブルガリアの草原地帯ではごく普通に見ることができました。

獲物を探して草原の上を低空飛翔していたヨーロッパチュウヒ。成鳥のオスは頭から背、雨覆の一部が褐色で、風切、一部雨覆、尾が灰白色、初列風切が黒色ですが、この個体は全身黒褐色で、肩羽から雨覆に細い淡褐色の羽縁があり、虹彩が暗色であることから幼鳥ではないかと思われます。

4S3A3937.jpg

4S3A3938.jpg

4S3A3939.jpg

その後、何か獲物を見つけたのか、着陸体制に入りました・・・

4S3A3942.jpg

4S3A3943.jpg

今日はヨーロッパでは普通種のヨーロッパチュウヒの幼鳥と思われる個体をご紹介しましたが、以前訪れたインドでは成鳥のオスを見ていますので、ご参考までにその時のブログをご紹介します。

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1198.html

ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チュウヒワシ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はチュウヒワシをご紹介します。

チュウヒワシ(Short-toed Snake Eagle)は夏季にヨーロッパ南西部から中央アジア、中国北西部、インドにかけてと小スンダ列島で繁殖し、冬季はアフリカとアジア南部から東南アジアに渡り越冬する体長62~69cmのタカ科チュウヒワシ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南西部から中央アジア、中国北西部、インドにかけて繁殖している基亜種Circaetus gallicus gallicusと思われます。

ブルガリアの田園地帯で目にしたチュウヒワシ。この個体は頭部が暗褐色で、白色の体下面には黒褐色のはっきりとした斑が見られることから成鳥と思われます。

4S3A5045.jpg

4S3A5046.jpg

4S3A5051.jpg

4S3A5053.jpg

本種は英名からも分かるように、食性はヘビ類を専門にしており、大きな頭に金色の目、ヘビを殺すのに適した短い足趾を持っているのが特徴で、一方の和名はヘビを獲るためにチュウヒのように草原でホバリングするところから名付けられており、何れもチュウヒワシの特徴をよく捉えた名前のように思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメクマタカ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はヒメクマタカをご紹介します。

ヒメクマタカ(Booted Eagle)はヨーロッパ南西部、アフリカ北西部から中央アジア、インド北部にかけてとアフリカ南部で繁殖し、冬季はアフリカやアジア南部に渡り越冬する体長42~51cmのタカ科ケアシクマタカ属の鳥で、白色型と暗色型の2タイプの存在が知られており、脚は厚く羽毛に覆われており、英名は「ブーツをはいたワシ」から来ているようです。

ブルガリアの田園地帯で目にしたヒメクマタカ成鳥。頭部から背は茶褐色で、黒褐色の翼には一部白色斑が見られます。

4S3A6749.jpg

翼の付け根に白斑があるのも本種の特徴です。

4S3A6740.jpg

4S3A6741.jpg

4S3A6751.jpg

4S3A6769.jpg

体下面は黒色の風切を除き灰白色であることから、この個体は白色型と思われます。

4S3A6760.jpg

4S3A6779.jpg

4S3A6773.jpg

今日は今回のツアーで何度も目にしたヒメクマタカをご紹介しましたが、この後、越冬地であるアフリカやアジア南部に渡っていくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロエリハゲワシ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はシロエリハゲワシをご紹介します。

シロエリハゲワシ(Griffon Vulture)は南ヨーロッパ、北アフリカから中央アジア、インド北部にかけての山岳地帯に分布する体長95~110cmのタカ科Gyps属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのは南ヨーロッパ、北アフリカから中央アジアにかけて分布する基亜種Gyps fulvus fulvusと思われます。なお、和名は白い襟状の羽毛を持つことから名付けられています。

ブルガリアの山岳地帯でコロニーを作っていたシロエリハゲワシ。さすが大型の猛禽、迫力満点です。

4S3A7098.jpg

4S3A7099.jpg

頸を伸ばしたシロエリハゲワシ。和名のごとく白い襟状の羽毛を確認することができます。

4S3A7103.jpg

4S3A7109.jpg

岩山をバックに飛翔するシロエリハゲワシ。

4S3A7157.jpg

4S3A7164.jpg

4S3A7166.jpg

4S3A7152.jpg

4S3A7067.jpg

4S3A7078.jpg

今日は南ヨーロッパ、北アフリカから中央アジアにかけて分布するシロエリハゲワシの基亜種Gyps fulvus fulvusをご紹介しましたが、シロエリハゲワシはこの写真のように山岳地帯の岩壁にコロニーを作って繁殖しており、このコロニーを見るために多くのバーダーが訪れていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる