クラインガルテンのルリビタキ

自宅近くの森では今シーズン何度も目にしたルリビタキ(Red-flanked Bluetail)ですが、山梨クラインガルテン近くの森でもようやく目にすることができました。

森の遊歩道を歩いているとき突然現れたルリビタキのオス。風切外弁にはまだ褐色みが残っていますが、それでもなかなか綺麗なオスでした。

KX0A1995.jpg

ここでは人馴れしているのか、近づいてもあまり逃げません・・・

KX0A2014.jpg

KX0A2001.jpg

KX0A2010.jpg

こちら逆光のため美しい青色が出ませんが・・・

KX0A2063.jpg

KX0A2087.jpg

今日は山梨クラインガルテン近くの森でようやく目にすることができたルリビタキをご紹介しましたが、その美しい青色は何度見ても飽きることはありません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場にやって来たイカル

今日はクラインガルテン近くの森の水場で目にしたイカル(Japanese Grosbeak)をご紹介します。

今シーズンいろいろな場所で目にしたイカルですが、この時期は地面に落ちた木の実を食べていることが多く、喉の渇きを癒すため、時折この森の水場にもやって来ます。

お昼近くになり水場近くにやって来たイカル。いつもながら黒色の頭巾と黄色の大きな嘴が印象的です・・・

KX0A1794.jpg

KX0A1790.jpg

しばらく辺りの様子を伺っていましたが、安全が確認できたのか数羽が次々と水場に下りてきました。

KX0A1855.jpg

代わりばんこに水を飲むイカル。

KX0A1864.jpg

KX0A1870.jpg

KX0A1852.jpg

今日はクラインガルテン近くの森の水場にやって来たイカルをご紹介しましたが、鳥たちが水を飲んだり水浴びをする時は大抵仲間が見張りをして身の安全を確保しているようです。私たち人間は普段は天敵に対する備えをすることはありませんが、このようなシーンを見ると、人間である有難味をつくづく感じさせられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

まだ居てくれたベニマシコ

山梨クラインガルテン近くの林道では昨年11月に目にしたベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)ですが、久し振りに訪れた先日、再びその愛らしい姿を目にすることができました。

早朝、林道を散策中、林道わきのブッシュで1羽で行動していたベニマシコ。昨年はオスの成鳥2羽とオスの第1回冬羽と思われる3羽を確認しましたが、今回の個体はまだ赤みが少なく、夏羽に移行中のオスの第1回冬羽ではないかと思われます。

KX0A1425.jpg

KX0A1429.jpg

KX0A1440.jpg

この灌木の実が好物のようで、盛んに実を啄んでいました・・・

KX0A1435.jpg

KX0A1443.jpg

KX0A1444.jpg

今日はクラインガルテン近くの林道で目にしたベニマシコをご紹介しましたが、もう当地では見られないと思っていただけに、久し振りの出会いに思わず嬉しくなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ノスリの飛び出し

山梨クラインガルテン周辺を散歩の途中、近くの木にとまっていたノスリを目にしましたので、今日はそんなノスリをご紹介します。

ノスリ(Eastern Buzzard)はシベリア中部・南部、モンゴル、中国北東部、日本に分布する体長50~60cmのタカ科ノスリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本ではすでに絶滅しているとされる亜種ダイトウノスリ(Buteo japonicus oshiroi))を除き、基亜種ノスリ(Buteo japonicus japonicus)と亜種オガサワラノスリ(Buteo japonicus toyoshimai)が生息し、亜種ノスリは北海道、本州中部以北、四国の山地で留鳥として生息し、南西諸島を除く全国に冬鳥として飛来しますが、近年西日本でも繁殖例が増えているそうです。

そんな当地では留鳥の亜種ノスリですが、獲物を探しているようで、木にとまり辺りを見回していましたが・・・

KX0A1526-2.jpg

KX0A1542-2.jpg

こちらに気づいたのか、突然飛び出しました・・・

KX0A1546-2.jpg

虹彩が暗色で、蝋膜は黄色みを帯びていることから成鳥のオスと思われます。(メスは虹彩が暗褐色で、蝋膜は灰色)

KX0A1547-2.jpg

KX0A1548-2.jpg

KX0A1559.jpg

KX0A1553.jpg

KX0A1564.jpg

KX0A1568.jpg

今日は山梨クラインガルテン近くでいつも見かける地付きのノスリをご紹介しましたが、ノスリから見ればお腹を空かし獲物を探していたところを、こちらがカメラを構えたため飛ぶ羽目になってしまったようで、ノスリには悪いことをしてしまったとの思いでその場を離れました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

愛嬌顔のキタカササギサイチョウ

タイシリーズの続きで、今日はキタカササギサイチョウをご紹介します。

キタカササギサイチョウ(Oriental Pied Hornbill)はインドから東南アジア全域ににかけて広く分布する体長約69cmのブッポウソウ目サイチョウ科サイチョウ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはインドから中国南部、インドシナ、マレー半島北部に分布する基亜種Anthracoceros albirostris albirostrisと思われます。なお、日本では生息していないサイチョウの名前ですが、嘴の上に角状突起があり動物のサイ(犀)の角に似ていることから名付けられています。

タイ中部に位置するケンガチャン国立公園で目にしたキタカササギサイチョウ。イチジクなどの果実が好物で、この時は何やら赤い実を咥えていました。

キタカササギサイチョウ1

キタカササギサイチョウ3

キタカササギサイチョウ4

風切先端が白く、黒色の体との対比が鮮やかです・・・

キタカササギサイチョウ65

東南アジアのサイチョウの中では最も目にする機会が多いと言われるキタカササギサイチョウですが、和名の由来は見た目がカササギに似ていることから、英名は遠目でみると全体が白黒のまだら模様に見えることから命名されています。とても奇妙な形をしたキタカササギサイチョウですが、眼の周りには太く白いアイリングがあるため、体の大きい割にはとても愛嬌顔に見えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる