FC2ブログ

岬先端のエゾビタキ

昨日の続きで、今日は同じくハチクマの観察中に目にしたエゾビタキをご紹介します。

エゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)は夏季にシベリア南部、サハリン、カムチャツカ半島南部等で繁殖し、冬季はフィリピン、セレベス島、ニューギニア等へ南下し越冬する体長14.5~15cmのヒタキ科サメビタキ属の鳥で、日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に飛来しますが、一般的に秋の方が通過数が多いようです。

岬先端の遠くの小枝にとまっていたエゾビタキ。初列風切の突出が長く、英名のように体下面の縦斑が明瞭です。

A27I6351-2.jpg

更にトリミングしてみました・・・

A27I6358.jpg

A27I6361.jpg

今日は長崎県五島列島・福江島で目にしたエゾビタキをご紹介しましたが、この個体は北方で繁殖した後、越冬地であるフィリピン、セレベス島、ニューギニア等へ南下する途中に立ち寄ったものと思われますが、この後、一体どのようなコースをたどって南下していくのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

迷鳥 ヒマラヤアナツバメ

昨日の続きで、今日はハチクマの渡りを観察中、目にした迷鳥 ヒマラヤアナツバメをご紹介します。

ヒマラヤアナツバメ(Himalayan Swiftlet)はインド北東部から中国中南部、マレー半島にかけて繁殖する体長13~14cmのアマツバメ科ヒマラヤアマツバメ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本で記録のあるものは亜種不明とされていますが、①中国中部からベトナム北部にかけて繁殖する腰が暗褐色の亜種Aerodramus brevirostris. innominatusと、②ヒマラヤ、インド北東部、中国南部、ミャンマー北部で繁殖する腰が淡褐色の亜種Aerodramus brevirostris brevirostrisの2亜種と考えられるものが観察、撮影されているようです。

岬の周辺を飛び回っていたヒマラヤアナツバメ。鳥までの距離があり大きくトリミングしていますが、全体が暗褐色で、体下面はやや淡い灰褐色、尾はツバメよりも浅い凹尾という本種の特徴を何とか確認することができます。なお、腰の色が確認できないためどちらの亜種かは不明です。

DSC08403-3.jpg

DSC08404-3.jpg

DSC08466-3.jpg

DSC08469-3.jpg

DSC08470-3.jpg

DSC08471-3.jpg

空中の虫を捕獲するため口を大きく開けて飛んでいたヒマラヤアナツバメ。

DSC08474-3.jpg

日本では迷鳥として天売島、本州、九州、宇治群島、トカラ列島、琉球諸島などで記録のあるヒマラヤアナツバメですが、ここ福江島でも過去に記録があるようで、今回、幸運にもそんな迷鳥のヒマラヤアナツバメを見ることができました。次回はもっと近くで鮮明な写真を撮りたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

海を渡るサンショウクイの群れ

昨日の続きで、今日は同じくハチクマの渡りを観察中に目にしたサンショウクイの群れをご紹介します。

サンショウクイ(Ashy Minivet)は夏季にシベリア南東部、中国北東部、朝鮮半島、日本から台湾にかけて繁殖し、冬季は東南アジアへ南下し越冬する体長約20cmのサンショウクイ科サンショウクイ属の鳥で、日本鳥類目録改訂第7版では、①亜種サンショウクイ(夏季に繁殖のため本州以南に飛来)と、②亜種リュウキュウサンショウクイ(九州南部から南西諸島で周年生息)の2亜種に分類していますが、近年、IOC(国際鳥類学会議)では亜種リュウキュウサンショウクイ(Ryukyu Minivet)を別種として扱っています。

朝方、岬の周りを100羽くらいの群れで飛んでいたサンショウクイ。

A27I5297.jpg

A27I5300.jpg

大きくトリミングしてみました・・・

A27I5298.jpg

こちらは岬先端の灌木で休んでいたサンショウクイ。この2羽は額の白色部が狭く、頭頂から後頸が灰色であることからメスと思われます。(オスは頭頂から後頸は黒色)

A27I5269.jpg

A27I5273.jpg

A27I5279.jpg

普段は小規模な群れを形成して生活しているサンショウクイですが、秋の渡りのシーズンには大規模な群れを形成するようで、今回も100羽ほどの大きな群れで岬周辺を飛び回っていました。この後、海を越え、大陸経由で東南アジアに南下していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

獲物を探して飛翔するミサゴ

昨日の続きで、今日は同じくハチクマの渡りを観察中、何度も目にしたミサゴをご紹介します。

ミサゴ(Western Osprey)はスラウェシ、オーストラリアを除くほぼ全世界に分布する体長52~60cmのミサゴ科ミサゴ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ、アジア(日本でも留鳥として全国に分布)で繁殖し、冬季、北方の個体はアフリカ、インド、スンダ列島に渡って越冬する基亜種ミサゴ(Pandion haliaetus haliaetus)と思われます。なお、従来ミサゴの亜種とされていたスラウェシからオーストラリアにかけて分布するカンムリミサゴは、近年ミサゴから分離し、現在は別種カンムリミサゴ(Eastern Osprey)となっています。

獲物を探して岬周辺を何度も飛び回っていたミサゴ。この個体は背以下の体上面が黒褐色で、各羽の羽縁は白くないことから成鳥と思われます。

A27I4738.jpg

A27I4740.jpg

A27I4742.jpg

こちらは翼下面が白く、翼端、翼角、下部大雨覆が黒褐色であることから幼鳥と思われます。

A27I5696.jpg

A27I5699.jpg

こちらも別個体ですが、翼下面が白く、翼端、翼角、下部大雨覆が黒褐色であることから幼鳥でしょうか・・・

A27I5823.jpg

A27I5826.jpg

今日はハチクマの渡りを観察中、何度も目にしたミサゴをご紹介しましたが、昨日のハヤブサもそうですが、このような岬では留鳥の鳥たちも合わせて見ることができ、楽しい観察ポイントになっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

小鳥を狙うハヤブサ

昨日の続きで、今日はハチクマの渡りを観察中、何度も目にしたハヤブサをご紹介します。

ハヤブサ(Peregrine Falcon)は南極大陸をのぞく全世界に分布する体長42~49cmのハヤブサ科ハヤブサ属の鳥で、現在IOC(国際鳥類学会議)では分布域により16亜種に分類しており、日本では①シベリア北東部から日本にかけて分布する亜種ハヤブサ(Falco peregrinus japonensis)のほか、②アリューシャン列島からアラスカ南部、カナダ北西部にかけて分布する亜種オオハヤブサ(Falco peregrinus pealei)、③アメリカ北部からメキシコにかけて分布する亜種アメリカハヤブサ(Falco peregrinus anatum)、④ラップランドからシベリア北東部にかけて分布する亜種ウスハヤブサ(Falco peregrinus calidus)、⑤1937年を最後に記録がなく、北硫黄島、硫黄島で繁殖するとされていた亜種シマハヤブサ(Falco peregrinus furuitii )の5種が分布するとされています。

当地では留鳥の亜種ハヤブサですが、この時期、渡りの途中に島に立ち寄る小鳥類を狙っているようで、岬周辺では忙しく飛び回っていました。

目線の高さで通過していく亜種ハヤブサ。青黒色の上面に、黄色の蝋膜、眼瞼輪、足が印象的です。

A27I5317.jpg

A27I5315.jpg

A27I5320.jpg

A27I5325.jpg

A27I4754.jpg

A27I4630.jpg

A27I4639.jpg

A27I4642.jpg

A27I4745.jpg

今日はハチクマの渡りを観察中、何度も目にしたハヤブサをご紹介しましたが、渡りの観察ポイントである当地では、渡りの途中、島に立ち寄る小鳥類を狙ってこのような留鳥のハヤブサも居ついており、楽しみの一つとなっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる