FC2ブログ

水場のヤマガラ

昨日の続きで、今日は同じく山の水場にやって来たヤマガラをご紹介します。

ヤマガラ(Varied Tit)はかっては千島列島南部から日本、朝鮮半島、中国北東部、台湾に分布する体長約14cmのシジュウカラ科コガラ属の鳥として、全部で8亜種に分類されていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では、コガラ属から独立させSittiparus属(ヤマガラ属?)とするとともに、8亜種のうち①亜種オーストンヤマガラ (八丈島、御蔵島、三宅島)、②亜種イリオモテヤマガラ(西表島)、③亜種タイワンヤマガラ(台湾)の3亜種をそれぞれ別種として独立させ、その結果、現在のヤマガラは以下の5亜種に分類しています。
①基亜種ヤマガラ(千島列島南部から日本、朝鮮半島、中国北東部)、②亜種タネヤマガラ(種子島、屋久島)、③亜種ナミエヤマガラ (神津島、新島、利島)、④亜種アマミヤマガラ(奄美大島)、⑤亜種ダイトウヤマガラ(大東島)

水場近くにやって来た基亜種ヤマガラ。

A27I0697.jpg

そして水場に降り、水浴びを始めました・・・

A27I0698.jpg

A27I0693.jpg

A27I0695.jpg

こちらは全体に体色の淡い幼鳥。

A27I0859.jpg

A27I0860.jpg

A27I0862.jpg

今日は、近年分類が大きく変わったヤマガラをご紹介しましたが、ヤマガラ自体は何も変わっておらず、これはあくまで分類上のお話でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場のコガラ

昨日の続きで、今日は同じく山の水場で目にしたコガラをご紹介します。

コガラ(Willow Tit)はヨーロッパから東アジアにかけてユーラシア大陸中緯度地域を中心に広くに分布する体長約13cmのシジュウカラ科コガラ属の鳥で、分布域により実に14亜種に分かれており、日本では日本の固有亜種コガラ(Poecile montanus restrictus)が留鳥として九州以北の低山から亜高山の林に周年生息し、北海道では平地の林でも目にすることができます。

突然水場にやって来たコガラ。頭頂部と咽頭部が黒く、側頭部から胸にかけては白い羽毛で覆われるため、ベレー帽を被ったように見えます。

A27I0705.jpg

そして、水の中に入り・・・

A27I0679.jpg

気持ちよさそうに水浴びを始めました・・・

A27I0682.jpg

A27I0684.jpg

A27I0708.jpg

A27I0945.jpg

A27I0946.jpg

今日は日本では九州以北の低山から亜高山の林に周年生息し、北海道では平地の林でも目にすることができる亜種コガラをご紹介しましたが、普段何気なく見るコガラも実は日本だけに生息する固有亜種であり、そんなことを考えると、より貴重な存在に思えてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場のアオゲラ

昨日の続きで、今日は同じく山の水場で目にしたアオゲラをご紹介します。

アオゲラ(Japanese Green Woodpecker)は英名のように日本の本州から四国、九州にかけて分布する体長29~30cmのキツツキ科アオゲラ属の日本の固有種で、分布域により3亜種に分かれており、今回ご紹介するのは本州に分布する基亜種アオゲラです。
・アオゲラ(Picus awokera awokera)・・・本州に分布(まれに飛島、粟島、佐渡島、隠岐でも見られる)
・カゴシマアオゲラ(Picus awokera horii)・・・四国、九州に分布
・タネアオゲラ(Picus awokera takatsukasae)・・・種子島、屋久島に分布

キョッキョッという独特の鳴き声とともに、水場近くの枯れ木にやって来た基亜種アオゲラのオス。雌雄同色ですが、オスは額から後頭、顎線が赤く、メスはに後頸、顎線の一部のみ赤いことで識別できます。

A27I0932.jpg

A27I0933.jpg

A27I0936.jpg

A27I0939.jpg

A27I0940.jpg

A27I0941.jpg

今日は山の水場にやって来たアオゲラをご紹介しましたが、普段は鳴き声を頼りに居場所を突き止め撮影するアオゲラですが、このような水場では先方からやって来てくれるため、何だか得をしたような気分になります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場のビンズイ

昨日の続きで、今日は同じく山の水場で目にしたビンズイをご紹介します。

ビンズイ(Olive-backed Pipit)はロシア北西部からカムチャッカ半島、モンゴル、中国北東部、日本北部にかけてと、ヒマラヤから中国中部、日本中部で繁殖し、冬季、東南アジアなどの温暖な地域に渡り越冬する体長14~15cmのセキレイ科タヒバリ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本では①基亜種ビンズイ(Anthus hodgsoni hodgsoni)が漂鳥または夏鳥として本州、四国の山地で繁殖し冬季は暖地に移動するほか、②亜種カラフトビンズイ(Anthus hodgsoni yunnanensis)が主に北海道で繁殖しているようです。

水場に降りてきた亜種ビンズイ。亜種ビンズイは背の縦斑が比較的明瞭(亜種カラフトビンズイは背の縦斑が不明瞭で、脇の縦斑が細い)なのが特徴で、この個体は雨覆に幼羽が残ることから第1回夏羽と思われます。

A27I0879.jpg

A27I0881.jpg

A27I0978.jpg

A27I0959.jpg

A27I0960.jpg

A27I0964.jpg

今日は山の水場にやって来た亜種ビンズイをご紹介しましたが、日本で越冬するビンズイの中に亜種カラフトビンズイと思われる個体を見ることも多いと言われていますので、冬場目にしたビンズイにはそんな点にも注意して観察したいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場のゴジュウカラ

昨日の続きで、今日は同じく山の水場で目にしたゴジュウカラをご紹介します。

ユーラシアに広く分布するゴジュウカラ(Eurasian Nuthatch)ですが、分布域により実に21亜種に分かれており、そのうち日本には①亜種ゴジュウカラ(本州、隠岐、四国、九州北部)、②亜種シロハラゴジュウカラ(ロシア東部からシベリア、北海道に分布)、③亜種キュウシュウゴジュウカラ(九州南部)の3亜種が分布し、高地で繁殖した個体は冬季には低地に移動することが知られています。

そんなゴジュウカラですが、当地では亜種ゴジュウカラが生息しており、繁殖を終えたと思われる成鳥が水浴びにやって来ました。体上面は青灰色で、顔、喉から腹部にかけ体下面は白色、脇と下尾筒の赤褐色が印象的です。

A27I0686.jpg

A27I0687.jpg

A27I0689.jpg

A27I0691.jpg

日本には3亜種が分布するゴジュウカラですが、そのうち亜種キュウシュウゴジュウカラについては未だ見たことがなく、もし機会があれば九州南部を訪れ探してみたいと考えています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる