クラインガルテン周辺のオオルリ

先日もご紹介したオオルリですが、今日はクラインガルテン近くの山麓で目にしたオオルリをご紹介します。

オオルリ(Blue-and-white Flycatcher)は夏季にシベリア南東部から中国北東部、朝鮮半島、千島列島、日本で繁殖し、冬季、東南アジアからジャワ、フィリピンにかけて越冬する体長約16cmのヒタキ科オオルリ属の鳥ですが、日本には基亜種オオルリ(Cyanoptila cyanomelana cyanomelana)が南西諸島を除く北海道から九州までの全国各地で繁殖し、冬季はフィリピンやボルネオなどで越冬するとされています。

クラインガルテン近くの山麓で目にした基亜種オオルリのオス。英名のように上面から胸にかけての青色と体下面の白色との対比が実に鮮やかです・・・


オオルリ1

オオルリ2

オオルリ4

オオルリ5

背中側から見ると外側尾羽基部の白色部をはっきり見ることができます。

オオルリ6

オオルリ7

こちらはオスの近くにいたオオルリのメス。

オオルリ10

今日は山梨クラインガルテン近くの山麓で目にした基亜種オオルリをご紹介しましたが、昨日ご紹介したキビタキ同様、その美しい歌声は私たちの心を癒してくれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

高原のキビタキ

昨日の続きで、今日は高原の森で出会ったキビタキをご紹介します。

キビタキ(Narcissus Flycatcher)はサハリンから日本列島全土とその近隣、中国の一部地域で繁殖し、冬季はフィリピンやボルネオ島など東南アジアへ渡り越冬するヒタキ科キビタキ属の鳥で、以下の3亜種に分類されていますが、
①夏鳥としてサハリンや日本全土で繁殖する基亜種キビタキ(Ficedula narcissina narcissina)
②屋久島から南西諸島にかけて分布する亜種リュウキュウキビタキ(F.n. owstoni)
③夏鳥として中国東北部の河北省で繁殖し、タイやマレー半島で越冬する亜種キムネビタキ (F.n. elisae)
現在、IOC(国際鳥類学会議)では亜種キムネビタキを別種キムネビタキ(Green-backed Flycatcher、Ficedula elisae)として分離独立させています。

今年も繁殖のため、高原の森にやって来た亜種キビタキのオス。

キビタキ2

キビタキ3

キビタキ4

キビタキ1

今日は高原の森で出会った亜種キビタキをご紹介しましたが、学名、英名のように、ナルシストの名前をもらったキビタキは自分の美しさをアピールするかのようにお得意のポーズをとってくれました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

高原のクロツグミ

今日はクラインガルテン近くの高原の森で目にしたクロツグミをご紹介します。

クロツグミ(Japanese Thrush)は夏季には主に日本の本州中部以北や中国の長江中流域などで繁殖し、冬季は中国南部や東南アジアに渡って越冬する体長21~22cmのヒタキ科ツグミ属の鳥ですが、西日本では一部越冬する個体もいるようです。

森の草地を歩き、盛んに餌を探していたクロツグミのオス。この鳥に出会うと夏の到来を感じさせてくれます・・・

クロツグミ1

クロツグミ2

クロツグミ4

クロツグミ5

クロツグミ6

クロツグミ7

クロツグミ8

こちらは頭部から体上面がオリーブ褐色のメス。

クロツグミ10

今日は高原の森で目にしたクロツグミをご紹介しましたが、英名からも分かるように日本を主な繁殖地とするクロツグミは容姿、囀りともに素晴らしく、この鳥に出会うと思わず嬉しくなってしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アマミヤマシギ、アマミノクロウサギ

トカラシリーズの最後に、今日は奄美大島の夜の探鳥で目にしたアマミヤマシギとアマミノクロウサギをご紹介します。

最初はアマミヤマシギです。アマミヤマシギ(Amami Woodcock)は奄美群島及び沖縄諸島に生息する日本の固有種として知られていますが、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島では繁殖が確認されていますが、喜界島、沖永良部島、沖縄本島、慶良間列島、久米島などでは繁殖は確認されておらず、越冬のため渡って来ていると考えられています。

暗くなった森の林道に出てきたアマミヤマシギ。アマミヤマシギは近縁種のヤマシギとよく似ていますが、体全体が赤褐色みに欠けるほか、頭頂の黒斑は最前のものが細く、2番目から太くなるのが特徴です。

アマミヤマシギ1

アマミヤマシギ2

次は鳥ではありませんが、夜の探鳥で目にしたアマミノクロウサギです。
アマミノクロウサギ(Amami Rabbit)は奄美大島、徳之島にのみ生息する日本の固有種で、和名の通り背面は光沢のある黒や暗褐色の体毛(腹面は灰褐色)で覆われており、形態およびDNAによる分子系統学的解析、生態からウサギ科の中でも原始的形態を残した種と考えられているそうです。

道路脇で固まっていたアマミノクロウサギ。ライトの明かりのためあまり黒く見えませんが、実際はもう少し黒っぽいようです。

アマミノクロウサギ1

アマミノクロウサギ2

アマミノクロウサギ3

今日は何れも奄美の名が付く日本の固有種、アマミヤマシギとアマミノクロウサギをご紹介しましたが、先にご紹介したオーストンオオアカゲラやルリカケスをはじめ、奄美群島にこのような固有種が多い理由として、南西諸島が大陸とつながっていた太古の時代に動植物達が島に渡り住み、その後、島として分離され、その島固有の姿や生態を維持してきたためと考えられています。このことは他の南西諸島の島々や台湾などに固有種が多いことと共通しているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種ズアカアオバト

トカラシリーズの続きで、今日は奄美大島で目にした亜種ズアカアオバトをご紹介します。

ズアカアオバト(Whistling Green Pigeon)は屋久島から南西諸島、台湾、フィリピン北部に分布する体長約35cmのハト科アオバト属の鳥で、全部で4亜種に分かれており、日本には亜種ズアカアオバト(屋久島、種子島、トカラ列島、奄美大島、沖縄諸島)と亜種チュウダイズアカアオバト(先島諸島)の2亜種が生息してり、両者の違いは体の大きさで、亜種ズアカアオバトの方が一回り大きいようです。なお、和名の由来ですが、日本の亜種には頭の上部に赤色部分がありませんが、台湾の亜種Treron formosae formosaeには赤色部分があることからズアカアオバトと名付けられています。

宿泊したロッジの裏山にやって来た亜種ズアカアオバト。この個体は雨覆が緑褐色であることからメスと思われます。(オスは淡い赤紫色)

ズアカアオバト1

ズアカアオバト2

ズアカアオバト4

ズアカアオバト5

ズアカアオバト6

ズアカアオバト7

ズアカアオバト8

今日は奄美大島で出会った亜種ズアカアオバトをご紹介しましたが、英名は笛を吹くように鳴くことから名付けられていますが、鳴き声がアオバトとは異なり、「ボアーオ ボアーオ」と尺八に似た声で鳴くことから、一部の地域では「シャクハチバト」と呼ぶところもあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる