FC2ブログ

コチョウゲンボウ

今日は今年も越冬のため飛来した冬鳥のコチョウゲンボウをご紹介します。

コチョウゲンボウ(Merlin)はユーラシア大陸北部、北アメリカ大陸北部で繁殖し、冬季はヨーロッパ南部からアフリカ北部、インド、中国東南部、北アメリカ大陸中部から南部、西インド諸島にかけて越冬する体長26~33cmのハヤブサ科ハヤブサ属の鳥で、分布域により9亜種に分かれており、日本にはアジア北東部で繁殖し、冬季、中国東部から日本にかけて越冬するする亜種コチョウゲンボウ(Falco columbarius pacificus)が、冬鳥として北海道から九州の各地に渡来しますが数はそれほど多くなく、南西諸島では稀であるようです。

河川敷の公園で目にしたコチョウゲンボウのオス。この写真では体上面がよく見えませんが、オスは頭頂部と背、翼の上面が鮮やかな青灰色で、喉以下の体下面は橙褐色で褐色の縦斑があるのが特徴です。

コチョウゲンボウ-50

コチョウゲンボウ-51

コチョウゲンボウ-52

コチョウゲンボウ-53

コチョウゲンボウ-55

コチョウゲンボウ-61

今年も越冬のため当地にやって来た冬鳥のコチョウゲンボウですが、日本への渡来数はそれ程多くはなく、バーダーにとっては人気の猛禽でもあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

獲物探しに忙しいコミミズク

昨日の続きで、今日はコミミズク(Short-eared Owl)の獲物探しのシーンをご紹介します。

土手に止まったコミミズクですが・・・

コミミズク-40

いよいよ狩りを始めるのか、飛び始めました。

コミミズク-41

刈り取りの終わった田圃の上を低空飛翔するコミミズク。

コミミズク-48

コミミズク-61

コミミズク-55

コミミズク-56

コミミズク-57

コミミズク-58

コミミズク-62

今日は田圃の上を低空飛翔しながら獲物となるネズミなどを探していたコミミズクをご紹介しましたが、この時間帯ではまだ簡単に獲物は見つからないようで、彼らにとっては暗くなってからの本格的狩りに向けてのウオーミングアップの飛翔のようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

活動を開始するコミミズク

先日は不発に終わったコミミズクですが、今回は何とかその愛嬌ある姿を目にすることができました。

コミミズク(Short-eared Owl)は北アメリカ、南アメリカ、アフリカ北部、ユーラシア、西インド諸島、ガラパゴス諸島、フォークランド諸島、台湾、日本、ハワイ諸島、ミクロネシアに分布する体長33~40cmのフクロウ科トラフズク属の鳥で、分布域により11亜種に分かれており、日本には北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ北部、アジア北部で繁殖する基亜種Asio flammeus flammeusが冬季に越冬のため全国的に飛来することが知られています。

陽も落ち始めた4時過ぎ、そろそろ活動を始めるのか田圃の畔に姿を見せたコミミズク。

名称未設定-5

名称未設定-4

飛ぶ準備なのか、羽根を少し膨らませ

名称未設定-8

名称未設定-11

翼を少し広げ

名称未設定-13

突然、飛び出しました。

名称未設定-15

名称未設定-16

名称未設定-17

名称未設定-18

名称未設定-19

そして、すぐ近くに着地しました。どうやらウオーミングアップだったようです。

名称未設定-21

今日はバーダーに大変人気のあるコミミズクをご紹介しましたが、同じトラフズク属のトラフズク(Long-eared Owl)に比べ人気が高いのは、明るいうちから飛び始め、その愛嬌ある人面顔を見せてくれるからなのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クラインガルテンのルリビタキ

今年は行く先々で目にするルリビタキ(Red-flanked Bluetail)ですが、山梨クラインガルテンの近くでも数個体が越冬しているようで、散歩の途中その美しい姿を見せてくれました。

林道を散歩している時、ジジィ・ジジィという地鳴きとともに突然現れたルリビタキのオス。

名称未設定-1

人懐っこいルリビタキは、その美しい姿を誇示するかのように、見やすい場所にとまりポーズをとってくれます。

名称未設定-3

名称未設定-4

名称未設定-5

名称未設定-6

こちらは別の林道で目にしたルリビタキのメス。鳴き声がするほうを探すと、道路上を歩きながら餌となる昆虫などを探しているようでした。

名称未設定-8

名称未設定-9

今日は山梨クラインガルテンの近くで目にしたルリビタキのオスとメスをご紹介しましたが、この人懐っこく可憐な青い鳥は何度見ても飽きることがありません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミコアイサ

今日はクラインガルテン近くの山上の湖で目にしたミコアイサをご紹介します。

ミコアイサ(Smew)はユーラシア大陸亜寒帯のタイガで繁殖し、冬季になるとヨーロッパ、黒海、カスピ海、インド北部、中国南部・東部などへ南下し越冬する体長約42cmのカモ科ミコアイサ属の鳥で、日本では冬季に九州以北に越冬のため飛来するほか、北海道では少数が繁殖することが知られています。

山上の湖で目にしたミコアイサ。オスは眼の周囲や後頭に黒い斑紋が入り、胸部側面には2本の黒い筋模様があり、背の羽衣が黒いのが特徴で、和名はオスの羽衣が巫女の白装束のように見えることに由来するとされていますが、眼の周りが黒いため、見ようによってはギャングのようにも見えてしまいます・・・

ミコアイサ-8

ミコアイサ-11

こちらはお互いに向き合っていたオス。右側の頭部から後頸にかけて褐色で、喉から頸部側面にかけて白色の個体はメス。

ミコアイサ-5

ミコアイサ-7

ミコアイサ-3

ミコアイサ-6

通称「パンダガモ」の愛称のあるミコアイサですが、これはオスの羽衣が一見「パンダ風」であることから名付けられていますが、異名に「イタチアイサ」や「キツネアイサ」というのがあり、これらはメスの褐色の頭部を見て付けられたもののようで、先日ご紹介した二ホンイタチの写真と見比べてみると、確かに似てなくもないような気がしてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ