FC2ブログ

オニカッコウ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるオニカッコウをご紹介します。

オニカッコウ(Asian Koel)はパキスタン、インド、ネパールから中国南部、インドシナ、スマトラ、ボルネオ、小スンダ列島、フィリピンにかけて分布する体長39~46cmのカッコウ科オニカッコウ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのは中国南部からインドシナにかけて繁殖し、冬季、ボルネオに渡り越冬する亜種Eudynamys scolopaceus chinensisと思われます。なお、日本では迷鳥として愛知県、大阪府、飛島、九州、与那国島で記録があるようですが、亜種は不明とされています。

金門島で目にしたオニカッコウのオス。込み入った灌木の中で全身が見えませんが、何とか特徴である全身が黒色で、尾は長く、嘴は緑色がかった黄白色で、赤い虹彩を確認することができます。

オニカッコウ7

オニカッコウ8

こちらはオスの近くにいたメス。メスは全身濃褐色で、体上面は白または淡褐色の横斑があり、喉から胸にかけては暗褐色の縦斑、腹部には暗褐色の横斑があり、嘴は黄白色または淡青灰色で、虹彩は赤いのが特徴です。

オニカッコウ4

オニカッコウ6

英名はコーエル、コーエルと大声で鳴くことから名付けられたオニカッコウ(Asian Koel)ですが、声はすれども姿は見えずという忍者のような鳥でもあり、今回も込み入った灌木の中で身を隠すように潜んでいました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

バンケン

台湾シリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるバンケンをご紹介します。

バンケン(Lesser Coucal)はインド、ネパールからミャンマー、タイ、インドシナ、中国、台湾、マレー半島、スマトラ、ジャワ、ボルネオ、スラウェシ、小スンダ列島、フィリピンにかけて分布する体長31~34cmのカッコウ科バンケン属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、今回、台湾本島で目にしたのは中国南部・東南部、台湾に分布する亜種Centropus bengalensis lignatorと思われます。

台湾本島の草地で朝露に濡れた羽根を乾かしていたバンケン。昨日ご紹介したオオバンケンにもよく似ていますが、体は一回り小さく、茶褐色の背から翼には淡黄褐色の軸斑が目立ち、虹彩は暗褐色なのが特徴です。

バンケン4

バンケン2

バンケン5

バンケン6

バンケン9

バンケン10

飛び出したところ。

バンケン7

背や雨覆の淡黄褐色の軸斑が目立ちます・・・

バンケン8

一般的にバンケンはオオバンケンに比べ神経質な印象が強く、今までにもタイやベトナム、ボルネオ、台湾などで何度も姿を見ることはありましたが、撮影となるとなかなか難しく、ゆっくり撮ることができませんでしたが、今回の個体は比較的人馴れしているようで、遠くからではありましたが、何とかその姿をファインダーに入れることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオバンケン

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はオオバンケンをご紹介します。

オオバンケン(Greater Coucal)はパキスタンからインド、中国、バングラデシュ、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、フィリピンにかけて分布する体長48~52cmのカッコウ科バンケン属の鳥で、全部で6亜種に分かれており、今回、金門島で目にしたのはパキスタン、インド北部から中国東南部にかけて分布する基亜種Centropus sinensis sinensisと思われます。

金門島のホテル近くで目にしたオオバンケン。全身青みがかった黒色で、よく似たバンケン(Lesser Coucal:体長約38cm)に比べて一回り大きく、背から翼は茶褐色で黄褐色の軸斑は細く、虹彩が赤いのが特徴です。

オオバンケン1

オオバンケン2

食べ物を探して道路わきを歩いていたオオバンケン。

オオバンケン3

オオバンケン4

オオバンケン5

オオバンケン6

今日は台湾・金門島で目にしたオオバンケンをご紹介しましたが、台湾本島ではほとんど見ることのできない本種も中国本土に近い金門島では留鳥として分布しており、比較的簡単に見ることが出来ます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ベニサンショウクイ

台湾シリーズの続きで、今日はベニサンショウクイをご紹介します。

ベニサンショウクイ(Grey-chinned Minivet)はヒマラヤ、中国南部から台湾、マレー半島、スマトラ西部、ボルネオ北部に分布する体長17~19cmのサンショウクイ科サンショウクイ属の鳥で、分布域により8亜種に分かれており、台湾で見られるのは中国南東部、台湾、海南島、ラオス、ベトナムに分布する亜種Pericrocotus solaris griseogularisとされています。夏場は標高600m以上の山地の林縁部に生息していますが、冬季には少し標高の低いところに降りてくるようです。

亜高山帯で目にしたベニサンショウクイのオスとメス。和名はオスの鮮やかな橙紅色から、英名は喉の辺りが灰色であることから名付けられています。

ベニサンショウクイ4

ベニサンショウクイ5

ベニサンショウクイ1

ベニサンショウクイ2

こちらは体色がレモンイエローのメス。一般にメスは地味な保護色をまとったものが多いのですが、ベニサンショウクイでは美しさが際立っています・・・

ベニサンショウクイ10

ベニサンショウクイ11

ベニサンショウクイ12

ベニサンショウクイ13

今日は台湾の亜高山帯で目にしたベニサンショウクイをご紹介しましたが、体色のよく似たScarlet Minivet(旧称:ヒイロサンショウクイ、現在和名なし)などとの識別には英名の喉が灰色というのは大きな識別ポイントになります。
ご参考までに、以前タイで目にしたScarlet Minivetをご紹介します・・・

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1527.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ズアカエナガ

台湾シリーズの続きで、今日はズアカエナガをご紹介します。

ズアカエナガ(Black-throated Bushtit)はヒマラヤからインド、東南アジア、中国、台湾に分布する体長10~11cmのエナガ科エナガ属の鳥で、分布域により7亜種に分類されており、台湾に分布するのは中国東部、ベトナム北西部、台湾に分布する基亜種Aegithalos concinnus concinnusとされています。

亜高山帯で群れで動いていたズアカエナガ。鳥までの距離がありますが、その特徴である赤茶色の頭部と喉の黒斑を確認することができます。

ズアカエナガ1

ズアカエナガ3

ズアカエナガ4

こちらは近くにやって来たズアカエナガ。

ズアカエナガ7

トリミングしてみました・・・

ズアカエナガ6

今日は台湾で目にしたズアカエナガの基亜種Aegithalos concinnus concinnusをご紹介しましたが、亜種によっては体色が随分異なるようで、ご参考までに以前ベトナム南部で目にした、頭部が鈍い灰色で、胸から脇も灰色みを帯びた亜種Aegithalos concinnus annamensisと思われる個体をご紹介します・・・

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-2094.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる