シンガポールの野鳥たち・・・シキチョウ、メグロヒヨドリ、ミドリカラスモドキ

シンガポールシリーズの最後に、今までご紹介できなかった鳥たちをご紹介します。

最初はインドから東南アジア、中国南部にかけて留鳥として分布しているシキチョウです。今まで訪れた台湾、香港、ボルネオでもよく見かけましたが、ここシンガポールでもその姿を見ることができました。体長は約20cmで、尾は比較的長く、オスは頭部から背面にかけてと喉から胸は黒色で腹部は白色、翼に大きな白色の斑があるのが特徴です。シキチョウの英名はORIENTAL MAGPIE ROBINと言いますが、この羽色がカササギに似ていることが英名の由来だそうです(MAGPIEはカササギの意味)。

シキチョウ1

シキチョウ3

次はタイ南部からカンボジア、ボルネオ、フィリピンにかけて分布するメグロヒヨドリです。先般訪れたボルネオでも何度か目にしましたが、ここシンガポールでもごく普通に見ることができました。文字通り目の周りが黒く見るからにヒヨドリ科と思わせる鳥でした。

メグロ5

メグロヒヨドリ7

最後はフィリピン、インドネシア、ブルネイ、マレーシア、シンガポール、タイ、ミャンマー、バングラデシュ、インドなどに分布するムクドリ科のミドリカラスモドキです。一見カラスのように見えることからこのような名前が付けられたと思いますが、緑がかった黒色の体色に赤い目が印象的です。雌雄同色であり、背中が褐色で胸に縦斑があるのは幼鳥です。

ミドリカラスモドキ1

今日までシンガポールで出会った鳥たちを長々とご紹介してきましたが、お付き合いいただきありがとうございました。今回訪れたのはいずれもホテルからタクシーで行けるシンガポール植物園とスンゲイブロー自然公園の2ヶ所だけでしたが、それでも予想以上にたくさんの鳥たちに出会うことができました。今回も滞在期間が短く鳥の撮影には時間が足りませんでしたが、次回はもう少し時間に余裕を持って訪れたいものだと思いました・・・
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シンガポールの野鳥たち・・・シロハラウミワシ、ハチクマなど

今日はシンガポールで出会った猛禽たちをご紹介します。

最初はスンゲイブロー自然公園で出会ったシロハラウミワシ(体長約70cm)です。遥か彼方の樹の上に2羽が並んでとまっていました。羽根を広げると頭からお腹にかけての白色と翼が半分白色なのがよく分かります。

ウオクイワシ1

シロハラウミワシは魚を主食としているようで、捕った獲物を掴んだまま河口を低空飛行していました。

ウオクイワシ2

次はシンガポール植物園の熱帯雨林の森にやって来た大型の猛禽。頭から胸にかけてグレイ、お腹が白く、尾翼の先端が黒いことから、体長約70cmのウオクイワシと思われました。

ウオクイワシ20

ウオクイワシ21

こちらはシンガポール植物園の上空を通過したハチクマと思われる個体です。

ハチクマ1

こちらは名前が分かりませんが、シンガポール植物園の森でいきなり近くに飛んできた猛禽。体長は40~50cm程で体色から見て幼鳥のように見えました。どなたか名前がお分かりでしたら教えていただけると助かります。

モウキン1

モウキン2

今日はシンガポールでの探鳥の際、たまたま出会った猛禽たちをご紹介しましたが、猛禽だけを狙って探せば恐らくもっとたくさんの種類に出会えるのではないかと思いました・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シンガポールの野鳥たち・・・コクチョウ、リュウキュウガモ

今日はシンガポールで出会ったコクチョウとリュウキュウガモをご紹介します。

最初はシンガポール植物園の池で2羽で仲良く泳いでいたコクチョウです。コクチョウはオーストラリアに生息する固有種ですので、恐らく当地に移入されたものかと思いますが、私としては初見の鳥でした。

コクチョウ1

コクチョウ2

次は同じ池で泳いでいたリュウキュウガモです。リュウキュウガモは東南アジアでは留鳥ですので当地にいてもおかしくはないと思いますが、独特の色合いをした美しいカモでした。

リュウキュウガモ1

リュウキュウガモ2

今日はシンガポール植物園で出会ったコクチョウとリュウキュウガモをご紹介しましたが、共に見た目にも美しい初見の鳥でした・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シンガポールの野鳥たち・・・コアオバト

再びシンガポールシリーズをお届けします。今日はコアオバトです。

コアオバトは先日訪れたボルネオで初めて目にした美しいアオバトですが、今回訪れたシンガポール植物園やスンゲイブロー自然公園でも何度となく目にすることができました。

樹上にとまったコアオバトのオス。頸の紫ピンク色と胸のオレンジ色が美しさを引き立たせてくれます。

コアオバト1

コアオバト2

こちらは木陰で休んでいたコアオバトのオス。

コアオバト5

コアオバト6

こちらはオスに見られる紫ピンクやオレンジ色がないコアオバトのメス。メスはメスでシンプルで美しいと思いました。

コアオバト10

コアオバト11

今日はシンガポール植物園やスンゲイブロー自然公園で何度となく目にしたコアオバトをご紹介しましたが、このような美しい鳥がいつでも簡単に見られる当地は何とも魅力的な場所と言えます・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シンガポールの野鳥たち・・・シロハラクイナ

今日はシンガポールで出会ったシロハラクイナをご紹介します。

主に中国南部から東南アジア、インドに分布し、日本では琉球諸島に留鳥として生息しているシロハラクイナですが、今回訪れたシンガポールでも何度も目にすることができました。

スンゲイブロー自然公園入口近くの池で餌を探しながら歩いていたシロハラクイナ。頭頂から体上面が黒、顔から体下面が白と、体は見事に2分されており、嘴と足の黄緑色、上嘴基部の赤色が鮮明で、見た目にも大変美しい鳥です。

シロハラ21

番なのでしょうか、2羽で仲良く餌を探しながら歩いていました。

シロハラ22

こちらはシンガポール植物園の池の畔を歩いていたシロハラクイナの成鳥

シロハラ1

この親鳥の後をまだ幼い幼鳥が離れまいとしてトコトコ歩いていました。シロハラクイナに限らず幼鳥は本当に可愛らしいですね・・・

シロハラ10
今日はシンガポールで出会ったシロハラクイナをご紹介しましたが、英名もWhite-breasted Waterhen
というように、黒い上面と白い下面の対比が美しい素敵な鳥でした・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる