FC2ブログ

アリスイ

南西諸島シリーズの続きで、今日はアリスイをご紹介します。

アリスイ(Eurasian Wryneck)はヨーロッパから極東アジアの中緯度地域で繁殖し、冬季、北東アジア、南アジア、東南アジア、アフリカに渡り越冬する体長約18cmのキツツキ科アリスイ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、従来、日本では夏鳥として北海道と東北地方の一部に渡来し、冬季は本州中部以西で越冬する亜種アリスイ(Jynx torquilla japonica)のほか、亜種シベリアアリスイ(Jynx torquilla chinensis)も渡来するとされていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では亜種Jynx torquilla japonicaを亜種Jynx torquilla chinensisに吸収させているようです。

トカラ列島で目にしたアリスイ。全身灰褐色で黒褐色や茶褐色の細かい複雑な斑があり、後頭から背にかけて黒褐色の縦斑があるのが特徴です。

20180418-KX0A4458.jpg

20180418-KX0A4456.jpg

20180418-KX0A4468.jpg

20180418-KX0A4479.jpg

20180418-KX0A4447.jpg
ご訪問ありがとうございました。

今日はトカラ列島で目にしたアリスイをご紹介しましたが、当地に立ち寄ったアリスイは越冬地の東南アジアから、繁殖地である中国中部、北東部、シベリア東部などへの渡りの途中に立ち寄った個体と思われ、いわゆる従来の亜種シベリアアリスイ(Jynx torquilla chinensis)と言われるものかも知れませんが、IOCの分類に従えば、どのみちシベリアアリスイということになってしまいます・・・


鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

リュウキュウツバメ

南西諸島シリーズの続きで、今日はリュウキュウツバメをご紹介します。

リュウキュウツバメ(Pacific Swallow)はアジア南東部からニューギニア、ソシエテ諸島(南太平洋)にかけて分布する体長約14cmのツバメ科ツバメ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、日本では亜種リュウキュウツバメ(Hirundo tahitica namiyei)が留鳥として奄美大島以南から台湾にかけて分布しています。

奄美大島の田園地帯で目にしたリュウキュウツバメ。額、腮から胸は赤褐色で、胸以下の体下面は灰褐色で、尾は短く、浅い凹尾なのが特徴です。

20180422-KX0A5287.jpg

20180422-KX0A5294.jpg

20180422-KX0A5302.jpg

20180422-KX0A5312.jpg

20180422-KX0A5313.jpg

今日は奄美大島以南に留鳥として分布するリュウキュウツバメをご紹介しましたが、本種の分布は局地的であり、どこでも見られるわけではなさそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

リュウキュウサンショウクイ

南西諸島シリーズの続きで、今日はリュウキュウサンショウクイをご紹介します。

従来、サンショウクイ(Ashy Minivet)は①シベリア南東部、中国北東部、朝鮮半島、日本から台湾で繁殖し、冬季、東南アジアで越冬する亜種サンショウクイと、②本州、四国、九州、南西諸島に留鳥として分布する亜種リュウキュウサンショウクイの2亜種に分類されていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では亜種リュウキュウサンショウクイをサンショウクイから独立させ、別種リュウキュウサンショウクイとしています。

奄美大島の田園地帯で目にしたリュウキュウサンショウクイのメスと思われる個体。頭部からの体上面はサンショウクイよりも暗色で、額から眉斑の白色部が狭く、胸以下の体下面も灰褐色をしています。

20180422-KX0A5329.jpg

20180422-KX0A5331.jpg

20180422-KX0A5340.jpg

今日は近年、サンショウクイから分離独立したリュウキュウサンショウクイをご紹介しましたが、従来よりサンショウクイと同所的にいる地域で交雑例がないことからリュウキュウサンショウクイを独立種とする考え方もあったようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アカガシラサギの飛翔

南西諸島シリーズの続きで、今日はトカラ列島で目にしたアカガシラサギをご紹介します。

アカガシラサギ(Chinese Pond Heron)はミャンマー東部からタイ、インドシナ、中国南東部、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、台湾、日本などに分布する体長約45cmのサギ科アカガシラサギ属の鳥で、夏季に中国中東部で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬。日本では冬季に越冬のため主に南西諸島に少数が飛来するほか、他の地域でも渡りの途中に飛来することが知られています。

島の海岸線で目にした夏羽のアカガシラサギの飛翔。夏羽では頭部から後頸が赤褐色で長い冠羽があり、嘴基部も婚姻色で青みを帯びています。

20180421-KX0A5082.jpg

飛翔時には白い翼がよく目立ちます・・・

20180421-KX0A5083.jpg

20180421-KX0A5084.jpg

20180421-KX0A5085.jpg

20180421-KX0A5086.jpg

20180421-KX0A5087.jpg

20180421-KX0A5088.jpg

20180421-KX0A5089.jpg

20180421-KX0A5090.jpg

今日は夏羽のアカガシラサギをご紹介しましたが、夏羽のアカガシラサギは頭部から後頸、胸が赤褐色で、白色の翼との対比が実に鮮やかで、見る者の心を引き付けます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クロサギ(黒色型・白色型)

南西諸島シリーズの続きで、今日はクロサギの黒色型と白色型をご紹介します。

クロサギ(Pacific reef Heron)は東アジア、東南アジアからオーストラリア、ニュージーランド、ミクロネシアにかけて分布する体長約62cmのサギ科コサギ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本では基亜種クロサギ(Egretta sacra sacra)が留鳥として本州以南に分布していますが、東北地方以北では夏鳥で、北海道では迷鳥だそうです。また、クロサギには黒色型と白色型があり、黒色型が一般的ですが、南西諸島以南では白色型が増えているそうです。

奄美大島のロッジ近くの汽水湖で目にした黒色型のクロサギ。全身が独特の青灰黒色をしており、羽衣の美しさを感じさせます。

20180424-4S3A0140.jpg

20180424-4S3A0148.jpg

20180424-4S3A0155.jpg

湖面を低空飛翔するクロサギ。

20180424-4S3A0166.jpg

20180424-4S3A0170.jpg

こちらは海岸線で目にした白色型のクロサギ。カラシラサギにも似ていますが、クロサギは冠羽や飾り羽が短く、嘴は太く、足は短いのが特徴です。

20180424-4S3A0220.jpg

20180424-4S3A0222.jpg

20180424-4S3A0225.jpg

20180424-4S3A0226.jpg

今日は奄美大島で目にした黒色型と白色型のクロサギをご紹介しましたが、このように羽衣の色が異なるのは周りの環境に適応した結果と考えられており、黒色型は九州以北に多い黒い岩場に適応し、白色型は南西諸島に多い白い砂浜・サンゴ礁に適応したためと考えられているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる