ブッポウソウ、アオバト

舳倉島シリーズの最後に今日はブッポウソウとアオバトをご紹介します。

最初はブッポウソウです。

ブッポウソウ(Oriental Dollarbird)はユーラシア大陸東部とオーストラリアで繁殖するほか、インドから東南アジアでは留鳥として周年生息。日本には夏鳥として飛来し、本州、四国、九州で繁殖した後、冬季は東南アジアに渡りますが、光沢のある青色の胴体に群青色の喉、嘴と脚は鮮やかな赤橙色、飛翔している時には初列風切の白い斑紋が目立つ大変美しい鳥として人気があります。

はるか遠くの松の木にとまっていたブッポウソウ。大きくトリミングしていますが、光沢のある青色の胴体と赤い嘴を何とか確認することができます。

ブッポウソウ1

ブッポウソウ2

ブッポウソウ3

次はアオバトです。

アオバト(White-bellied Green Pigeon)は中国、台湾、日本に分布し、本州、四国、九州では留鳥で、北海道では夏鳥、南西諸島や台湾、中国では冬鳥として知られています。

そんなアオバトですが、北に向かう移動の途中なのでしょうか、はるか遠方の松の木に数羽とまっていました。

アオバト1

更に大きくトリミング。鮮明な写真ではありませんが、この個体は肩羽が暗赤色であることからオスであることがかろうじて分かります。

アオバト2

今日まで長々と舳倉島シリーズにお付き合いいただきありがとうございました。今回はそれほど珍鳥という鳥には出会うことができませんでしたが、それでもこのような日本海側の島嶼ならではの鳥たちに出会うことができ、楽しい時間を過ごすことができました。次回は秋の渡りシーズンに再び訪れたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハチクマ、ハイタカ、ツミ

舳倉島シリーズの続きで、今日は渡りの途中、島にやって来たと思われるハチクマとハイタカ、ツミをご紹介します。

最初はハチクマです。

ハチクマ(Crested honey Bazzard)はロシアのバイカル湖付近から極東地域、サハリン、中国東北部にかけての地域とインドから東南アジアで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面の地域に渡り越冬。日本では夏鳥として渡来し、九州以北の各地で繁殖することが知られています。

移動途中、島の上空を旋回していたハチクマ。体下面と下雨覆が白っぽく、尾羽の黒帯が細いことから、淡色型のメスと思われます。

ハチクマ1

ハチクマ2

ハチクマ3

ハチクマ4

次はハイタカです。

ハイタカ(Eurasian Sparrowhawk)はユーラシア大陸の温帯から亜寒帯にかけての広い地域に分布し、6亜種に分類されていますが、日本にはシベリア東部からカムチャッカ、中国北部、日本などで繁殖する亜種ハイタカが留鳥として四国以北に分布し、九州以南では冬鳥として知られています。

移動途中、島に立ち寄ったと思われる亜種ハイタカ。逆光のため鮮明な写真ではありませんが、尾が長く見え、飛翔時、初列風切最外の翼指の分離が6枚であることから何とかハイタカであることが分かります。

ハイタカ1

ハイタカ2

ハイタカ3

最後はツミです。

ツミ(Japanese Sparrowhawk)は夏季に中国東部や日本、朝鮮半島で繁殖し、冬季は中国南部や東南アジアに南下して越冬。日本では温暖な地域では周年生息(留鳥)しますが、寒冷地では冬季に南下することもあるようです。

移動途中、島に立ち寄ったと思われるツミ。胸以下に黒褐色の横斑あることからメスと思われます。

ツミ1

ツミ2

今日は渡りの途中、島に立ち寄ったと思われるハチクマとハイタカ、ツミをご紹介しましたが、そのうち、ハイタカやツミは島に立ち寄る小鳥類を狙っているようで、猛スピードで獲物を追いかける姿を時折見ることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハヤブサ

舳倉島シリーの続きで、今日はハヤブサをご紹介します。

ハヤブサ(Peregrine Falcon)は南極大陸を除くほぼ全世界に分布し、寒冷地に分布する個体群は冬季になると温帯域や熱帯域へ移動し越冬。日本では亜種ハヤブサが周年留鳥として生息し、冬季に亜種オオハヤブサや亜種シベリアハヤブサが越冬のため稀に飛来するようです。

そんなハヤブサですが、この時期、渡りの途中、島に立ち寄る小鳥類を狙ってやってきているようで、日中激しく飛び回っていました。こちらは海岸線で獲物を探して周りを見まわしていたハヤブサ。

ハヤブサ1

ハヤブサ2

ハヤブサ3

ハヤブサ4

こちらは小鳥を追いかけて海岸線を低空飛翔していたハヤブサ。

ハヤブサ5

ハヤブサ10

ハヤブサ11

今日は渡りの途中、島に立ち寄る小鳥類を狙ってやってきたハヤブサをご紹介しましたが、このハヤブサはまだ若い個体のようで、狩りはそれほどうまくなく失敗を繰り返していました。鳥類の頂点に立つ猛禽類でも生きていくのはなかなか大変なようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種マミジロツメナガセキレイ、亜種シベリアツメナガセキレイ?

舳倉島シリーズの続きで、今日はツメナガセキレイの亜種でマミジロツメナガセキレイとシベリアツメナガセキレイと思われる個体をご紹介します。

ツメナガセキレイ(Yellow Wagtail)は夏季にユーラシア大陸中部以北、アラスカで繁殖し、冬季はアフリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシアなどへ渡り越冬。日本では5亜種(ツメナガセキレイ、キタツメナガセキレイ、シベリアツメナガセキレイ、マミジロツメナガセキレイ、カオジロツメナガセキレイ)の記録があり、渡りの時期に日本海側の島嶼や南西諸島で比較的よく見られるほか、亜種ツメナガセキレイが北海道で繁殖し、冬季に亜種キタツメナガセキレイが越冬のため主に沖縄県に飛来することが知られています。

こちらは島の海岸線で目にしたツメナガセキレイ。眉斑が白く、外頬線も白いことから亜種マミジロツメナガセキレイと思われます。

マミジロツメナガセキレイ10

マミジロツメナガセキレイ11

マミジロツメナガセキレイ12

マミジロツメナガセキレイ13

こちらは典型的なシベリアツメナガセキレイとは少し違う気もしますが、頭部が暗灰色で、顔が黒っぽく、眼の後方に細く白い眉斑があり、マミジロツメナガセキレイのような明瞭な眉斑が見られないことから亜種シベリアツメナガセキレイの可能性も考えられます。

シベリアツメナガセキレイ3

こちらはその中間的な特徴を持った個体。

シベリアツメナガセキレイ4

シベリアツメナガセキレイ5

シベリアツメナガセキレイ6

今日はツメナガセキレイの亜種、マミジロツメナガセキレイとシベリアツメナガセキレイの可能性のある個体をご紹介しましたが、それにしても両者は類似点も多く、その中間的な特徴を持った個体は果たしてどちらなのか悩ましいところがあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のオグロシギ

舳倉島シリーズの続きで、今日はオグロシギをご紹介します。

オグロシギ(Black-tailed Godwit)はユーラシア大陸の中部から北部で繁殖し、冬季はアフリカ、インド、マレーシア、インドネシア、フィリピン、オーストラリアなどで越冬する体長38.5cmほどのシギ科オグロシギ属の鳥で、日本では旅鳥として春と秋に北海道から沖縄までの各地に渡来しますが、春より秋の方が飛来数が多いようです。

そんなオグロシギですが、島の海岸線では頭部から胸が赤褐色の夏羽の美しい個体を目にすることができました。

オグロシギ1

オグロシギ2

キアシシギ(左側)と一緒にいたオグロシギ。

オグロシギ3

オグロシギ4

オグロシギ5

今日は渡りの途中、島に立ち寄った夏羽のオグロシギをご紹介しましたが、やはりシギチは夏羽がいいですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる