FC2ブログ

樹冠を滑空するオオムラサキ

昨日の続きで、今日は樹冠を滑空していたオオムラサキ(英名:Great Purple Emperor、学名:Sasakia charonda)をご紹介します。

羽化後、オスはパートナーとなるメスを獲得するため、縄張りエリアの樹木にとまったりしながら、メスが近くにやって来ると勢いよく飛び出し追いかけるということを繰り返していました。こちらはエノキにとまりメスがやって来るのを待っていたオオムラサキのオス。

200702オオムラサキ-10

同様にクヌギにとまりメスを待っていたオス。

200702オオムラサキ-13

200702オオムラサキ-15

メスの後を追い、勢いよく飛び出していったオス。オオムラサキは普通のチョウのように「ひらひら」とは飛ばず、はばたきが機敏で滑空するような飛び方をし、飛翔速度が速いのが特徴です。

200702オオムラサキ-3

200702オオムラサキ-7

200702オオムラサキ-4

200702オオムラサキ-5

木にとまる直前のオス。

200702オオムラサキ-2

オオムラサキは通常1年を一生とし、エノキで孵化し、幼虫時代にはエノキの葉を食べて成長し、冬は地表で越冬した後、夏になると蛹から蝶になり、クヌギなどの樹液を吸って生き、その後、エノキに卵を産卵するとエノキの近くで死んでいくというサイクルを繰り返しています。生物にとって子孫を残すことは最大の仕事であり、必死になってメスを追いかけるオスにはついつい応援したくなってしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ :
ジャンル : 写真

国蝶オオムラサキ

クラインガルテン周辺では例年この時期になるとたくさんのオオムラサキが飛び交い、目を楽しませてくれますが、今年もまたその美しい姿を見せてくれました。

オオムラサキ(英名:Great Purple Emperor、学名:Sasakia charonda)は日本、・朝鮮半島、中国・台湾北部、ベトナム北部に分布し、翅を広げた長さは10~12cmのタテハチョウ科コムラサキ亜科オオムラサキ属に分類される日本の国蝶で、日本では北海道から九州まで各地に分布し、中でも山梨県では今でも広域で見られることで知られています。

クラインガルテン近くのクヌギの樹液に集まっていたオオムラサキのオス。青紫色の羽根が実に魅力的です。

200701オオムラサキ-3

200701オオムラサキ-1

200701オオムラサキ-18

こちらは羽根色が茶色っぽいメス。メスのほうが体が一回り大きく、翅を広げた長さは約12cmです。(オスは約10cm)

200701オオムラサキ-11

200701オオムラサキ-13

メス(左側)とオス(右側)

200701オオムラサキ-14

200701オオムラサキ-8

200701オオムラサキ-9

今日はクラインガルテン近くの森で出会った国蝶オオムラサキをご紹介しましたが、オオムラサキが生息するには産卵木であるエノキをはじめ、成虫が蜜を吸うクヌギなどの豊かな森が不可欠と言われています。近年、この辺りも開発が進み豊かな環境が残り少なくなってきています。いつまでもこのような貴重な生き物が生息できるよう環境の保全を考えた対応をとってもらいたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ :
ジャンル : 写真

乙女高原の蝶たち

昨日の続きで、今日は乙女高原で出会ったチョウたちをご紹介します。

最初はアサギマダラです。アサギマダラ(Chestnut Tiger)はタテハチョウ科に分類される翅の模様が鮮やかな大型チョウですが、長距離を移動することで知られ、長年のマーキング調査で秋に日本本土から南西諸島・台湾へ渡る個体が多く発見されているほか、少数は初夏から夏にその逆のコースで北上している個体も発見されているようです。しかし、日本の太平洋沿岸の暖地や中四国・九州では幼虫越冬しており、春から初夏に本州で観察される個体の多くは本土で羽化した個体と推測されているようです。

ヨツバヒヨドリの花で吸蜜するアサギマダラ。なおアサギマダラの和名ですが、翅の水色部分の色から「浅葱」(青緑色の古称)の名前が付けられたようです。

アサギマダラ1

アサギマダラ2

アサギマダラ3

アサギマダラ4

次は同じくヨツバヒヨドリやアザミ類で吸蜜していたタテハチョウ科ヒョウモンチョウ族のチョウです。ヒョウモンチョウ族は翅の表側の模様が極めてよく似ており、裏側の模様で識別するようですが、今回撮った写真は何れも裏側がはっきりしておらず、残念ながら識別することができませんでした。

ミドリヒョウモン1

ミドリヒョウモン2

ミドリヒョウモン3

次はキアゲハ(Old World Swallowtail )です。キアゲハはアゲハチョウ科に分類されるチョウの一種で、ユーラシア大陸と北米大陸に広く分布し、日本でも普通のアゲハとともに全国でよく見られるアゲハチョウです。

シシウドで吸蜜していたキアゲハ。和名どおり黄色みが強いので普通のアゲハと識別することができます。

キアゲハ1

キアゲハ2

次はジャノメチョウ(The Dryad)です。ジャノメチョウはタテハチョウ科ジャノメチョウ亜科ジャノメチョウ属に分類されるチョウの1種で、前翅に2つ、後翅に1つの眼状紋があることで識別することができます。

枯草の上で休んでいたジャノメチョウ。特徴的な眼状紋がよく分かります。

ジャノメチョウ1

ジャノメチョウ2

最後はキマダラセセリ(The Japanese Dart)です。キマダラセセリはセセリチョウ科に属するチョウの一種で、名前のように
オレンジ色~褐色の斑模様を持つことで識別することができます。

食草であるススキの葉にとまっていたキマダラセセリ。

タカネキマダラセセリ

今日は乙女高原で出会ったチョウたちをご紹介しましたが、野鳥が夏枯れのこの時期、たまにはこのような蝶たちもいいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。


鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

テーマ : 蝶の写真
ジャンル : 写真

国蝶オオムラサキ

山梨県は国蝶オオムラサキの生息数が多いことで知られており、北杜市にはオオムラサキセンターが設立されています。そして、ここクラインガルテンの近くでも例年この時期になるとたくさんのオオムラサキが飛び交っています。

クラインガルテン近くの森の樹液酒場にやって来たオオムラサキ。こではスズメバチも来ており、時々バトルを繰り広げていました。

スズメバチの周りに集まっていたオオムラサキのオス。紫色の羽根が実にきれいでした。

オオムラサキ1

羽根を広げているのは羽根色が茶色っぽいメス。メスのほうが体が一回り大きく体長は約12cmです。(オスは約10cm)

オオムラサキ2

オス2頭

オオムラサキ3

こちらは同じクヌギの根元に集まったオスとメス。

オオムラサキ5

ここには同じタテハチョウの仲間である羽根色の美しいルリタテハもやって来ました。

オオムラサキ4

近くのエノキにやって来たメス。どうやら卵を産み付けていたようです。

オオムラサキ6

今日はクラインガルテン近くの森で出会った国蝶オオムラサキをご紹介しましたが、オオムラサキが生息するには産卵木であるエノキをはじめ、成虫が蜜を吸うクヌギなどの豊かな森が不可欠と言われています。幸いこの辺りにはこのような自然がまだ幾分かは残されていますが、年とともに開発も進みつつあります。いつまでもこのような貴重な生き物が生息できるよう自然環境の保全を是非考えてもらいたいものです・・・

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ