ミミジロヒヨドリ

今日まで長々とタイで目にした鳥たちをご紹介してきましたが、最後にミミジロヒヨドリをご紹介します。

ミミジロヒヨドリ(Streak-eared Bulbul)はタイ、マレーシア、ラオス、カンボジア、ベトナムなどに分布する体長17.5~19.5cmのヒヨドリ科シロガシラ属の鳥で、名前のごとく耳羽に線状の白斑が見られるのが特徴です。なお余談ですが、ミャンマーに分布する別亜種については2016年、別種として分離独立し、現在英名はAyeyarwady Bulbulとなっています。

宿泊施設近くの道路脇で目にしたミミジロヒヨドリ。全身褐色ですが、よく見ると耳の辺りに線状の白斑を確認することができます。

ミミジロヒヨドリ3

ミミジロヒヨドリ4

ミミジロヒヨドリ1

ミミジロヒヨドリ2

今日まで長々とタイシリーズにお付き合いいただきありがとうございました。今回訪れたタイ南部は初めての場所でしたが、マレーキマユシマヤイロチョウはじめ、今まで北部、中部では見られなかった南部ならではの野鳥に会うことができ、大変充実した探鳥ツアーとなりました。機会があれば是非また訪れてみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シマキンパラ

タイシリーズの続きで、今日はシマキンパラをご紹介します。

シマキンパラ(Scaly-breasted Munia)はパキスタン、インドから中国南部、台湾、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、小スンダ列島にかけ広く分布する体長12~12.5cmのカエデチョウ科キンパラ属の鳥で、全部で11亜種に分かれており、今回目にしたのは、ミャンマー南部、タイ、中国南東部、インドシナ、海南島、台湾、奄美諸島、沖縄諸島に分布する亜種Lonchura punctulata topelaと思われます。

宿泊施設近くの開けた場所で目にしたシマキンパラの成鳥。白い体下面には名前(Scalyは鱗状の意)のように、羽縁に茶褐色のU字模様があり、全体的に鱗模様となって見えます。

シマキンパラ1

シマキンパラ2

シマキンパラ3

シマキンパラ4

今日はシマキンパラの亜種Lonchura punctulata topelaをご紹介しましたが、本亜種は自然分布かどうかは不明にせよ、近年日本でも同じ亜種が沖縄諸島をはじめ、奄美諸島以南の多くの島々で観察されており、それを知ると妙に親しみを感じてしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオバンケン、オニクロバンケンモドキ

オオバンケン

タイシリーズの続きで、今日は何れもカッコウ科の鳥、オオバンケンとオニクロバンケンモドキをご紹介します。

最初はオオバンケンです。

オオバンケン(Greater Coucal)はパキスタンからインド、中国、バングラデシュ、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、フィリピンにかけて分布する体長48~52cmのカッコウ科バンケン属の鳥で、全部で6亜種に分かれており、今回目にしたのはバングラデシュ、ミャンマーからインドシナ、マレー半島にかけ分布する亜種Centropus sinensis intermediusと思われます。

早朝、宿泊施設近くの道路で目にしたオオバンケン。全身青みがかった黒色で、背から翼は茶褐色。よく似たバンケン((Lesser Coucal:体長約38cm)に比べ大きく、とてもカッコウの仲間とは思えません。

オオバンケン2

オオバンケン3

次はオニクロバンケンモドキです。

オニクロバンケンモドキ(Green-billed Malkoha)はインドからインドシナ、マレー半島、スマトラにかけて分布する体長52~59cmのカッコウ科バンケンモドキ属の鳥で、2亜種の存在が知られており、当地で目にしたのはカンゲアン島(バリ島の北)を除く全域に分布する基亜種Phaenicophaeus tristis tristisと思われます。なお、英名は嘴が緑色であることから、和名は目の周囲が赤く縁取りされ体型もバンケンに似ていることから名付けられたものと思われます。

熱帯雨林の森で目にしたオニクロバンケンモドキ。手前の葉が邪魔をし鮮明な画像ではありませんが、眼の周囲の赤色斑が異様な雰囲気を漂わせています。

オニクロバンケンモドキ1

オニクロバンケンモドキ2

オニクロバンケンモドキ3

今日はオオバンケンとオニクロバンケンモドキをご紹介しましたが、両者ともに体が大きく、雰囲気的にも異様な感じで、とてもカッコウの仲間とは思えません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハチクマ

タイシリーズの続きで、今日は日本でもお馴染みのハチクマをご紹介します。

ハチクマ(Crested Honey Buzzard)はロシアのバイカル湖付近から極東地域、サハリン、中国東北部にかけての地域とインドから東南アジア、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、フィリピンで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面に渡り越冬する体長55~65cmのタカ科ハチクマ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、マレー半島からスマトラ、ボルネオにかけては亜種Pernis ptilorhynchus torquatusが分布するとされています。今回タイで目にしたのは3月中旬であり、この個体が当地に留鳥として分布する亜種Pernis ptilorhynchus torquatusなのか、あるいは、日本などにも夏鳥として渡来するの亜種Pernis ptilorhynchus orientalisの越冬個体なのかは定かではありませんでした。

熱帯雨林の森に隣接する開けた場所の上空で旋回していたハチクマ。体上面と体下面、下雨覆が黒褐色で、尾羽には2本の太い黒帯があることから、暗色型のオスと思われます。

ハチクマ3

ハチクマ1

ハチクマ2

ハチクマ4

ハチクマ5

今日は極東から東南アジアまで広く分布するハチクマをご紹介しましたが、今回目にした個体が当地で繁殖している個体なのか、あるいは日本などで繁殖し東南アジアで越冬している個体なのかは定かではありませんでしたが、いろいろと考えさせられた今回の出会いでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カオグロクマタカ

タイシリーズの続きで、今日はカオグロクマタカをご紹介します。

カオグロクマタカ(Blyth's Hawk-Eagle)はマレー半島からスマトラ、ボルネオにかけて分布する体長51~58cmのタカ科クマタカ属の猛禽で、成鳥では和名のように顔が黒色で、尾羽の先端には黒褐色の太いバンドがあるのが特徴です。

熱帯雨林の森の上空を通過していったカオグロクマタカの成鳥。顔は黒色で、胸から腹にかけ黒褐色の横斑が密にあります。

カオグロクマタカ1

カオグロクマタカ2

カオグロクマタカ3

今日は日本に生息するクマタカより少し小さく、顔と体下面の横斑がより暗色のカオグロクマタカをご紹介しましたが、小型とは言えやはり森の王者、飛翔する姿は迫力がありました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる