愛嬌顔のキタカササギサイチョウ

タイシリーズの続きで、今日はキタカササギサイチョウをご紹介します。

キタカササギサイチョウ(Oriental Pied Hornbill)はインドから東南アジア全域ににかけて広く分布する体長約69cmのブッポウソウ目サイチョウ科サイチョウ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはインドから中国南部、インドシナ、マレー半島北部に分布する基亜種Anthracoceros albirostris albirostrisと思われます。なお、日本では生息していないサイチョウの名前ですが、嘴の上に角状突起があり動物のサイ(犀)の角に似ていることから名付けられています。

タイ中部に位置するケンガチャン国立公園で目にしたキタカササギサイチョウ。イチジクなどの果実が好物で、この時は何やら赤い実を咥えていました。

キタカササギサイチョウ1

キタカササギサイチョウ3

キタカササギサイチョウ4

風切先端が白く、黒色の体との対比が鮮やかです・・・

キタカササギサイチョウ65

東南アジアのサイチョウの中では最も目にする機会が多いと言われるキタカササギサイチョウですが、和名の由来は見た目がカササギに似ていることから、英名は遠目でみると全体が白黒のまだら模様に見えることから命名されています。とても奇妙な形をしたキタカササギサイチョウですが、眼の周りには太く白いアイリングがあるため、体の大きい割にはとても愛嬌顔に見えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

嘴に隙間があるスキハシコウ

タイシリーズの続きで、今日は同じくコウノトリ科の鳥、スキハシコウをご紹介します。

スキハシコウ(Asian openbill)はインド、スリランカからベトナムにかけて分布する体長68~81cmのコウノトリ科スキハシコウ属の鳥で、体全体は灰白色、風切、肩羽、尾羽は光沢のある黒色で、非繁殖期には背中の部分が灰色になり、眼先から嘴の基部までは皮膚が裸出しており黒く、嘴は灰褐色、脚は黒みがかった桃色になります。なお、スキハシコウ属には本種とクロスキハシコウ(African Openbill)の2種の存在が知られていますが、何れも嘴の上下に隙間が開いており、名前の由来となっています。

水の張られた水田で餌を探していたスキハシコウ。モノトーンのスキハシコウはコウノトリにも似ていますが、嘴が太く、上下に隙間が空いている点が大きく異なります。

スキハシコウ18

こうして見ると、嘴上下の隙間がはっきり確認できます。

スキハシコウ10

スキハシコウ11

何やら貝のようなものをゲットしました・・・

スキハシコウ14

スキハシコウ12

上空を横切って行ったスキハシコウ。

スキハシコウ21

スキハシコウ22

スキハシコウ24

昨日のインドトキコウに続き、同じくコウノトリ科の鳥、スキハシコウをご紹介しましたが、主食はタニシやドブガイなどの貝類で、蓋と貝殻や貝殻同士の隙間に下嘴を突っ込み、中身を取り出して食べるそうで、そのような採餌方法に適した形状として今のような嘴になったのでしょうか?それにしても生物の適応能力には驚かされます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

インドトキコウ

タイシリーズの続きで、今日はインドトキコウをご紹介します。

インドトキコウ(Painted Stork)はインド、パキスタンからスリランカ、東南アジア、中国南部にかけて分布する体長約93cmのコウノトリ科トキコウ属の鳥で、モノトーンのコウノトリとは異なり、英名のように大変カラフルな大型鳥類です。

田園地帯の荒れ地で目にしたインドトキコウ。体色は全体に白色ですが、風切、尾羽は黒く、大雨覆、三列風切は紅色を帯び、眼の周囲から嘴の基部までは赤い皮膚が裸出しており、嘴は橙黄色、脚は紅色と大変カラフルです。

インドトキコウ1

インドトキコウ2

インドトキコウ5

インドトキコウ4

インドトキコウ3

インドトキコウ6

今日はコウノトリ科の鳥、インドトキコウをご紹介しましたが、日本で見られるモノトーンのコウノトリと比べると大変カラフルで、さすが南方系の鳥と思わせるところがありますが、眼の周囲から嘴の基部にかけ赤い皮膚が裸出しており、ちょっとグロテスクな雰囲気も漂わせています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

越冬地のダイシャクシギ

タイシリーズの続きで、今日は越冬地のダイシャクシギをご紹介します。

ダイシャクシギ(Eurasian Curlew)は北欧から中央アジアにかけての内陸部で繁殖し、冬季は西欧からアフリカ、中東、インド、東南アジアの沿岸部で越冬する体長約60cmのシギ科ダイシャクシギ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはシベリア中西部から中国満州にかけて繁殖し、冬季は地中海、アフリカから南アジア、東南アジアにかけて渡り越冬する亜種ダイシャクシギ(Numenius arquata orientalis)と思われます。なお日本にも同じ亜種ダイシャクシギが旅鳥または冬鳥として主に本州中部以南の太平洋側で越冬することが知られています。

塩田の畔で休んでいたダイシャクシギの群れ。よく似たホウロクシギに比べ、体色が淡く、体下面は白く、飛翔時には腰や翼下面が白く見えるのが特徴です。

ダイシャクシギ16

塩田で採餌していたダイシャクシギ。

ダイシャクシギ3

ダイシャクシギ5

こちらは海岸で羽ばたいていたダイシャクシギ。特徴である白い体下面、翼下面、腰を確認することができます。

ダイシャクシギ1

ダイシャクシギ2

こちらは上空を群れで飛翔していたダイシャクシギ。ここでも白い体下面と翼下面を確認することができます。

ダイシャクシギ11

ダイシャクシギ10

今日は越冬地タイで群れで越冬していた亜種ダイシャクシギをご紹介しましたが、日本に渡来するシギ類ではホウロクシギと並んで最大級の大きさの本種が群れで行動する様は何とも迫力があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種カオジロシロチドリ

タイシリーズの続きで、今日はシロチドリの亜種、カオジロシロチドリと思われる個体をご紹介します。

シロチドリ(Kentish Plover)はユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、冬季になると北アフリカやユーラシア大陸南部に南下し越冬する体長約17cmのチドリ科チドリ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、今回目にしたのは中国南東部で繁殖し、冬季、ベトナム南部、タイ南部、マレー半島、シンガポール、スマトラ南東部で越冬する亜種カオジロシロチドリ(Charadrius alexandrinus dealbatus)と思われます。なお、日本ではロシア南東部、中国北東部・東部、韓国、日本、台湾で繁殖し、冬季、フィリピンからボルネオにかけて越冬する亜種シロチドリ(Charadrius alexandrinus nihonensis)が留鳥、漂鳥として広く分布するほか、ヨーロッパ西部、大西洋の島嶼、アフリカ北部から中国北部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ北部からアジア南部ンかけて越冬する基亜種ハシボソシロチドリ(Charadrius alexandrinus alexandrinus)が迷鳥として渡来記録があるようです。

昨日ご紹介したエリグロシロチドリと同じ場所で目にしたカオジロシロチドリのオスと思われる個体。亜種シロチドリの夏羽のオスにも似ていますが、黒色の過眼線がほとんどなく、和名のように顔が白いのが最大の特徴です。

カオジロシロチドリ1

カオジロシロチドリ2

カオジロシロチドリ3

カオジロシロチドリ4

カオジロシロチドリ8

カオジロシロチドリ9

カオジロシロチドリ10

今日はシロチドリの亜種、カオジロシロチドリ(Charadrius alexandrinus dealbatus )と思われる個体をご紹介しましたが、日本鳥類目録改訂第7版では亜種シロチドリは亜種カオジロシロチドリと同じCharadrius alexandrinus dealbatusとされており(第6版ではCharadrius alexandrinus nihonensis とされていたものが変更された)、この変更は妥当ではないとの指摘があることを付記させていただきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる