ラッコ

北太平洋クルーズの最後に、今日はラッコをご紹介します。

ラッコ(Sea Otter)は北太平洋沿岸に分布する体長1.2~1.5mのネコ目(食肉目)イタチ科カワウソ亜科ラッコ属に分類される中型の海棲哺乳類で、石を使って貝を割ることで知られています。分布域により次の3亜種に分かれており、今回ご紹介するのは千島列島に入ってから目にした個体であることからアジアラッコの可能性が高いと思われます。

①アラスカラッコ(アリューシャン列島、アラスカに生息)・・・他の2種の中間ぐらいの外観で、下顎骨が長い
②アジアラッコ(チシマラッコ)(千島列島、コマンドルスキー諸島、太平洋西部に生息)・・・亜種の中で最も体長が大きく、頭部が広く、鼻が小さいことが特徴
③カリフォルニアラッコ(カリフォルニア州中部沿岸に生息)・・・頭部が狭く長い。口吻が長く、歯が小さい

貝のようなものを抱いて上向きに浮かんでいたアジアラッコと思われる個体。

ラッコ1

ラッコ2

ラッコ3

ラッコ4

北太平洋クルーズの最後に、今日はイタチの仲間、ラッコをご紹介しましたが、海が荒れているとき以外はほぼ一生を海で暮らすと言われ、そのため、毛が2層に分かれており、ふわふわの下層に空気をためて体を浮かし、石を使って岩からアワビをはがしたり、貝を割って食べるなど、実に見事に海上生活に適応しています。こんな生き物を見るにつけ生命の不思議さを感じざるを得ません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

イシイルカ、シャチ、カリフォルニアアシカ

北太平洋クルーズの続きで、今日はクルーズ中、目にしたイシシルカとシャチ、カリフォルニアアシカをご紹介します。

最初はイシイルカです。

イシイルカ(Dall's Porpoise)は北太平洋とその周辺に分布する体長約2.3mのクジラ目ハクジラ亜目ネズミイルカ科イシイルカ属の海獣で、ずんぐりとした体形で腹と背びれの先が白いのが特徴です。

イシイルカ2

背びれの先が白いのが分かります・・・

イシイルカ1

次は海のギャングと言われているシャチです。

シャチ(Killer Whale、 Orca)は世界中の海に生息する体長5.7~8mのクジラ目ハクジラ亜目マイルカ科シャチ属の海獣で、日本でも北海道の根室海峡から北方四島にかけてや、和歌山県太地町などで度々目撃されているようです。ほかのクジラを襲うこともあることから英名の由来ともなっていますが、ほかにも魚やアザラシ、アシカ、イルカ、ペンギンなど、いろいろなものを食べることが知られています。

海鳥を観察中、たまたま目にしたシャチ。この個体は背びれが三角形であることからオスと思われます(メスは背びれが鎌型)。なお、シャチはアイパッチ(眼の辺りの大きな白斑)の形により4タイプに分類されていますが、今回遭遇したシャチはあいにくアイパッチを見ることができませんでした・・・

シャチ1

最後はカリフォルニアアシカと思われる個体です。

カリフォルニアアシカ(California Sea Lion)は北東太平洋および北アメリカ大陸西岸に分布する体長2~2.4mのネコ目アシカ科アシカ属の海獣で、水族館のショーの人気者でもありますが、英名からも分かるようにネコ目の海獣であることが伺えます。

凪の海に突然を顔を出したカルフォルニアアシカと思われる個体。

アシカ1

アシカ2

今日はクルーズ中、目にしたイシイルカとシャチ、カリフォルニアアシカをご紹介しましたが、何れも海獣である点は同じですが、イシイルカとシャチはクジラ目、カリフォルニアアシカはネコ目(食肉目)ということで、分類上は大きく異なっています。普段何気なく目にしているこれら海獣ですが、改めて分類などを調べてみると新たな発見があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

マッコウクジラ

北太平洋クルーズの続きで、今日はクルーズ中、何度も目にしたマッコウクジラをご紹介します。

マッコウクジラ(Sperm Whale)はすべての大洋に分布する体長11~15mのクジラ目ハクジラ亜目マッコウクジラ科マッコウクジラ属に分類されるハクジラ亜目では最大のクジラで、深さ3,000mまで、1時間もの間潜ることができると言われています。

水面に上がり左前方斜めにブロー(噴気)をあげるマッコウクジラ。ブローを左前方斜めにあげるのは噴気孔(鼻の穴)が鼻先の左上にあるためだそうです。

マッコウクジラ1

マッコウクジラ5

マッコウクジラ6

マッコウクジラ7

この写真では噴気孔が左側にあることが分かります。

マッコウクジラ8

マッコウクジラ9

潜る前、尾びれを見せてくれたマッコウクジラ。

マッコウクジラ10

今日はクルーズ中、何度も目にしたマッコウクジラをご紹介しましたが、高さ5mにもなるというマッコウクジラのブローは何とも迫力がありました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

トドに群がるカモメたち

北太平洋クルーズの続きで、今日はアラスカの港町、シトカで目にしたトドとそれに群がるカモメたちをご紹介します。

トド(Steller Sea Lion)は北太平洋、オホーツク海、日本海、ベーリング海などで生息する体長290~330cmのネコ目アシカ科トド属の海棲哺乳類で、繁殖地は千島列島やアリューシャン列島、カムチャツカ半島東部、カリフォルニア州にかけての地域に点在し、日本には千島列島の個体群が10月~5月にかけ北海道沿岸域へ回遊することが知られています。

そんなトドですが、入り江の中で漁をしているのでしょうか、水面に顔を出して獲物の魚を追いかけているようでした。そして、そんなトドの周りには魚にありつこうとたくさんのアメリカセグロカモメ(American Herring Gull)やカナダカモメ(Thayer's Gull)と思われるカモメ達が群がっていました。

キタオットセイ1

キタオットセイ2

キタオットセイ3

キタオットセイ4

キタオットセイ5

キタオットセイ6

キタオットセイ7

キタオットセイ8

今日はアシカの仲間では最大のトドとそれに群がるカモメ達をご紹介しましたが、このような海棲哺乳類と海鳥たちが身近に見られるアラスカは、実に自然豊かで魅力的な場所と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

オオハヤブサとハヤブサ

昨日の続きで、今日は同じく北太平洋クルーズで目にした亜種オオハヤブサと亜種ハヤブサと思われる個体をご紹介します。

ハヤブサ(Peregrine Falcon)は南極大陸をのぞく全世界に分布する体長42~49cmのハヤブサ科ハヤブサ属の鳥で、現在IOC(国際鳥類学会議)では分布域により16亜種に分類しており、日本では①シベリア北東部から日本にかけて分布する亜種ハヤブサ(Falco peregrinus japonensis)のほか、②アリューシャン列島からアラスカ南部、カナダ北西部にかけて分布する亜種オオハヤブサ(Falco peregrinus pealei)、③アメリカ北部からメキシコにかけて分布する亜種アメリカハヤブサ(Falco peregrinus anatum)、④ラップランドからシベリア北東部にかけて分布する亜種ウスハヤブサ(Falco peregrinus calidus)、⑤1937年を最後に記録がなく、北硫黄島、硫黄島で繁殖するとされていた亜種シマハヤブサ(Falco peregrinus furuitii )の5種が分布するとされています。

アリューシャン列島近海で目にした亜種オオハヤブサと思われる個体。頭部の黒色部が広く、頬ひげ斑もあまり目立ちません。

オオハヤブサ1

オオハヤブサ2

こちらは亜種オオハヤブサの幼鳥と思われる個体。体上面は黒褐色で、体下面も黒褐色の縦斑が密に見られます・・・

オオハヤブサ5

オオハヤブサ6

オオハヤブサ7

オオハヤブサ8

こちらは千島列島近海で目にした亜種ハヤブサの幼鳥と思われる個体。

ハヤブサ10

ハヤブサ11

ハヤブサ12

ハヤブサ13

今日はアリューシャン列島から千島列島にかけて目にした亜種オオハヤブサと亜種ハヤブサと思われる個体をご紹介しましたが、亜種ハヤブサでも亜種オオハヤブサと同じような羽衣を持つ個体もいるとされ、亜種の識別はなかなか難しいようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる