キタカササギサイチョウ

タイシリーズの続きで、今日はキタカササギサイチョウをご紹介します。

キタカササギサイチョウ(Oriental pied hornbill)はインドから東南アジア全域ににかけて広く分布するブッポウソウ目サイチョウ科サイチョウ属の鳥で、体長は約69cmとアジアで生息するサイチョウの中ではでは最も小型です。なお、日本では生息していないサイチョウの名前ですが、嘴の上に角状突起があり動物のサイ(犀)の角に似ていることから名付けられています。

バンコク近郊のカオヤイ国立公園で目にしたキタカササギサイチョウのペアー。右側の嘴の上の角状突起の大きいほうがオスで、左側の小さいほうがメスです。

キタカササギサイチョウ4

ペアーで何やらコミュニケーションをとっているように見えます・・・

キタカササギサイチョウ2

キタカササギサイチョウ1

キタカササギサイチョウ3

キタカササギサイチョウ5

しばらく様子を見ていましたら、突然オスのほうが飛び出していきました・・・

キタカササギサイチョウ6

キタカササギサイチョウ7

キタカササギサイチョウ8

東南アジアのサイチョウの中では最も目にする機会が多いと言われるキタカササギサイチョウですが、和名の由来は見た目がカササギに似ていることから、英名は遠目でみると全体が白黒のまだら模様に見えることから命名されたと思われますが、眼の周りには太いアイリングがあるため、体の大きい割にはとても愛嬌顔に見えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロハラクイナ、亜種ハイイロガン

インド探鳥記の最後に、今日はシロハラクイナとハイイロガンをご紹介します。

最初は世界遺産・ケオラディオ国立公園で目にしたシロハラクイナです。

シロハラクイナ(White-breasted Waterhen)はインドから東南アジア、中国南部、日本にかけて留鳥として分布し、日本では奄美諸島と琉球諸島に分布するほか、その他の地域でも稀に飛来し繁殖の記録も複数あるようです。

湿原で目にしたシロハラクイナ。上面のオリーブ色みのある黒色に対し、顔から腹までの白色部が大変よく目立ちます。

シロハラクイナ3

シロハラクイナ4

シロハラクイナ5

地面を歩いていたシロハラクイナ。

シロハラクイナ1

シロハラクイナ2

次は日本でも稀な冬鳥として渡来する亜種ハイイロガンです。

ハイイロガン(Greylag goose)はヨーロッパで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、西アジア、ヨーロッパ西部へ渡り越冬する亜種キバシハイイロガンと、中国北部、モンゴル、ロシアで繁殖し、冬季になるとインド北部、中国へ南下し越冬する亜種ハイイロガンに分けられますが、日本には稀な冬鳥として亜種ハイイロガンが越冬のため少数が飛来します。

サリスカ野生動物保護区近くの湖で目にした亜種ハイイロガン(水辺で佇んでいる2羽)。鳥までの距離があり大きくトリミングしていますが、亜種ハイイロガンの特徴であるピンクの嘴と足が確認できます。(亜種キバシハイイロガンは嘴が橙色)

ハイイロガン1

ハイイロガン2

今日まで長々とインド探鳥記にお付き合いいただきありがとうございました。今回初めて訪れたインドでしたが、日本にやってくる野鳥も含め、実に様々な野鳥が生息しており、まさに野鳥の楽園と言っても過言ではない素晴らしいところでした。今回はインド北部が主な探鳥地でしたが、もし再び訪れることがあれば、次回はぜひ南部のほうに足を伸ばせられればと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

インドハッカ(カバイロハッカ)、ハイイロハッカ

インド探鳥記の続きで、今日は滞在中、各地で出会ったインドハッカ(カバイロハッカ)とハイイロハッカをご紹介します。

最初はインドハッカ(カバイロハッカ)です。

インドハッカ(Common Myna)はインド、中国南部、タイ、インドネシア、マレーシアなどに自然分布するムクドリ科ハッカチョウ属の鳥ですが、自然分布域以外にもオーストラリア、南アフリカ、ニュージーランド、マレーシア、ハワイ、東南アジアなど各地に移入されています。日本では本州、四国、九州、南西諸島で記録があり、その多くは篭脱けと考えられていますが、近年は移入された台湾で二次的に増加した個体が八重山諸島にも及んでいると考えられています。

耕作の終わった農耕地で目にしたインドハッカ。和名(別名カバイロハッカ)のごとく全体的に樺色(赤みを帯びた黄色)で、眼の周囲から頬は濃黄色の皮膚が露出し、独特の風貌を醸し出しています。

カバイロハッカ4

カバイロハッカ5

カバイロハッカ1

間近にやって来たカバイロハッカ。

カバイロハッカ2

カバイロハッカ3

次は同じくハッカチョウ属のハイイロハッカです。

ハイイロハッカ(Bank Myna)はインド亜大陸中北部に分布するハッカチョウの仲間で、カバイロハッカにもよく似ていますが、和名のように全体が灰色みを帯び、カバイロハッカの黄色部分が赤色である点が異なります。なお、英名は彼らが集団で土手(bank)に穴をあけて巣作りをするところから名付けられたようです。

逆光気味で鮮明な写真ではありませんが、何とかその特徴を確認することができます。

ハイイロハッカ1

ハイイロハッカ

今日は共によく似たインドハッカとハイイロハッカをご紹介しましたが、両者は何れも人家の密集する場所などでも食物の残りなどを漁っており、人間の生活と切っても切れない関係にあるように思われました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アカアシトキ、セイケイ、ムラサキサギ

インド探鳥記の続きで、今日は滞在中目にしたアカアシトキとセイケイ、ムラサキサギをご紹介します。

最初はアカアシトキです。

アカアシトキ(Red-naped ibis)はパキスタン西部からインド、中国南部、ベトナムにかけて分布するトキの仲間で、英名は後頭部が赤色の皮膚で覆われていることから、和名は脚が濃い桃色であることから名付けられたようです。

ツアー最終日、移動途中の休憩所横の池の畔で休んでいたアカアシトキ。逆光気味のためきれいな色が出ていませんが、赤色の後頭部を確認することができます。

アカアシトキ1

アカアシトキ2

アカアシトキ3

次は世界遺産・ケオラディオ国立公園で目にしたセイケイです。

セイケイ(Purple swamphen)はユーラシアからアフリカ、オーストラリアにかけて広く分布するクイナの仲間で、羽色の違いなどから、主に6亜種(ヨーロッパ、アフリカ、熱帯アジア、オーストラリア・ニュージーランド、インドネシア、フィリピン)に分類されていますが、当地のセイケイは中東からインド亜大陸、中国南部、タイ北部にかけて分布する亜種のようで、頭部が灰色みを帯びているのが特徴のようです。

湿原を歩いていたセイケイ。青緑色の体色に額から嘴にかけての赤色が鮮やかです。

セイケイ1

セイケイ2

次は同じくケオラディオ国立公園で目にしたムラサキサギです。

ムラサキサギ(Purple Heron)はアフリカ大陸、ユーラシア大陸、インドネシア西部、スリランカ、マダガスカル、日本などに広く分布するサギの仲間で、日本では亜種ムラサキサギが先島諸島に留鳥として分布し、池間島(宮古島の北西にある離島)や西表島では繁殖例があるようです。

水草の中をゆったり歩いていたムラサキサギの幼鳥と思われる個体。成鳥に見られる飾り羽がなく、体全体が褐色の羽毛で覆われています。

ムラサキサギ1

ムラサキサギ2

今日はインド滞在中、目にしたアカアシトキとセイケイ、ムラサキサギをご紹介しましたが、インドは今までご紹介してきましたように実に多くの水鳥が生息しており、まるで水鳥の楽園ともいえる場所でした・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アジアヘビウ、インドヒメウ

インド探鳥記の続きで、今日はケオラディオ国立公園で目にしたアジアヘビウとインドヒメウをご紹介します。

最初はアジアヘビウです。

アジアヘビウ(Oriental Darter)はインド亜大陸から東南アジアにかけて分布するヘビウ科の鳥で、和名のように蛇のように細長い首と細く尖った嘴を持っており、魚などを槍のように突き刺して仕留めるのに適した形になっているようです。

アジアヘビウ1

水辺の枯れ木にとまり羽根を乾かしていたアジアヘビウ。羽根を広げるととてもきれいですね・・・

アジアヘビウ2

アジアヘビウ3

アジアヘビウ4

アジアヘビウ5

アジアヘビウ6

次はインドヒメウです。

インドヒメウ(Indian Cormorant)はインド亜大陸からタイ、カンボジアなどにかけて分布する体長約63cmのウ科の鳥で、和名のごとくカワウ(体長約82cm)より小さく、小さな頭と細長い嘴に特徴があります。

インドヒメウ1

羽根を乾かしていたインドヒメウ。

インドヒメウ2

今日はケオラディオ国立公園で目にしたアジアヘビウ(ヘビウ科)とインドヒメウ(ウ科)をご紹介しましたが、両者は何れもカツオドリと同じくカツオドリ目カツオドリ亜目に属しており、そういう目で見ると何となく似ているような気がしてきます・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる