FC2ブログ

ニシイワツバメ

スペインシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるニシイワツバメをご紹介します。

ニシイワツバメ(Common House Martin)はヨーロッパからユーラシア大陸北部一帯で繁殖し、冬季はアフリカ、東南アジアにわたり越冬する体長13.5~15cmのツバメ科Delichon属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南部、アフリカ北部からアジア中南部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ、南西アジアに渡り越冬する亜種Delichon urbicum meridionaleと思われます。

スペイン南部の聖地で目にしたニシイワツバメ。巣作り真っ最中のようで、道路わきの水溜まりで巣材の泥を盛んに口に咥えていました。日本に夏鳥としてやってくるイワツバメに比べ、紺色の光沢が強く、腰の羽軸、腮以下の体下面も白色なのが特徴です。

ニシイワツバメ3

ニシイワツバメ4

ニシイワツバメ5

ニシイワツバメ8

ニシイワツバメ9

ニシイワツバメ10

ニシイワツバメ2

日本では稀な旅鳥として渡来するニシイワツバメですが、日本に渡来する亜種ニシイワツバメ(Delichon urbicum lagopodum)に比べ、本亜種や基亜種Delichon urbicum urbicum(ヨーロッパ北部、西部、中部からシベリア西部にかけて分布)は尾の切れ込みがより深く、上尾筒はやや光沢のある黒色をしているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チャイロツバメ

スペインシリーズの続きで、今日はチャイロツバメをご紹介します。

チャイロツバメ(Eurasian Crag Martin)は地中海沿岸から南アジア、モンゴル、中国東部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ北部、インドに渡って越冬する体長14~15cmのツバメ科チャイロツバメ属の鳥で、日本で見られるショウドウツバメにも似ていますが、腮からの体下面は淡い灰褐色で、尾羽に白斑がある点が大きく異なります。

スペイン南部の山岳地帯で目にしたチャイロツバメ。ずんぐりした体形ですが、素早い動きで飛び回っていました。

チャイロツバメ2

眼下を飛んでいたチャイロツバメ。上から見ると尾羽の白斑をはっきり見ることができます。

チャイロツバメ3

チャイロツバメ4

チャイロツバメ5

チャイロツバメ7

チャイロツバメ8

チャイロツバメ9

今日はスペイン南部の山岳地帯で目にしたチャイロツバメをご紹介しましたが、日本では2008年に山口県見島での観察情報があるようですが、目録掲載の根拠となる出版物がないため、日本鳥類目録改訂第7版では検討種扱いとなっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヨーロッパアマツバメ

スペインシリーズの続きで、今日はヨーロッパアマツバメをご紹介します。

ヨーロッパアマツバメ(Common Swift)はヨーロッパ、アフリカ北部からシベリア中部、中央アジア、中国北部にかけて繁殖し、冬季は南アフリカに渡り越冬する体長17~18cmのアマツバメ科アマツバメ属の鳥で、2亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ西部、アフリカ北部からシベリア中部にかけて分布する基亜種Apus apus apusと思われます。なお、日本では亜種Apus apus pekinensisと思われる個体が迷鳥として2002年に与那国島で記録され、その後も4例確認されたほか、舳倉島でも記録があるようです。

スペイン南部の市街地上空を飛んでいたヨーロッパアマツバメ。全身ほぼ黒褐色で喉はわずかに白っぽく、尾はアマツバメよりもやや長く深い燕尾である点が特徴です。

ヨーロッパアマツバメ1

ヨーロッパアマツバメ3

ヨーロッパアマツバメ6

ヨーロッパアマツバメ7

ヨーロッパアマツバメ8

昨日に続き、同じくアマツバメ科アマツバメ属のヨーロッパアマツバメを紹介しましたが、本種は昨日ご紹介したシロハラアマツバメ同様、長期間にわたり飛び続けることが知られており、スウェーデン・ルンド大学の研究チームによれば、ヨーロッパアマツバメ13羽の背部に超小型データ記録装置を取り付け、飛行状況や加速度、位置情報などを収集した結果、繁殖地を出発し次の繁殖期に戻ってくるまでの10ヵ月間、多くの個体は一度も着地しなかったとのことです。このような特徴はアマツバメ科の鳥に共通しているようで、日本にも夏鳥としてやってくるアマツバメやハリオアマツバメなども普段の生活のほとんどを空中で行い、飛びながら睡眠することもできるようです。アマツバメの仲間がどうしてこのような生活様態をとるようになったのかは不思議ですが、飛ぶことに特化した結果、翼が長くなりすぎ、平らな場所にいると翼がつかえて飛び立てなくなってしまうためと考えられているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロハラアマツバメ

スペインシリーズの続きで、今日はシロハラアマツバメをご紹介します。

シロハラアマツバメ(Alpine Swift)はヨーロッパ南部、アフリカから中東、インド西部、スリランカで繁殖し、ヨーロッパから中東の個体は冬季、アフリカ中部から南部に渡り越冬する体長20~23cmのアマツバメ科Tachymarptis属の鳥で、全部で10亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南部から中東で繁殖し、冬季、アフリカ中部から南部に渡り越冬する基亜種シロハラアマツバメ(Tachymarptis melba melba)と思われます。

スペイン南部の山岳地帯で目にしたシロハラアマツバメ。英名は山岳地帯の崖などで繁殖することから、また、和名は喉と胸から腹が白いことから名付けられています。

シロハラアマツバメ1

シロハラアマツバメ2

シロハラアマツバメ3

シロハラアマツバメ4

真上を横切っていったシロハラアマツバメ。

シロハラアマツバメ5

今日は主に山岳地帯で繁殖するシロハラアマツバメをご紹介しましたが、本種に所在地と生態活動レベルが計測できるGPSデータロガーという記録計を装着し、そこに蓄積されたデータを解析した結果、約200日間(6ヵ月以上)、一度も陸上や水面などに降りないで飛び続けたという恐るべき研究データがあり、にわかには信じがたい話ではありますが、食事や睡眠も飛びながら行っていると考えざるを得なく、体の構造もこのような生活様式に合わせ、独自の進化をとげているものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カワラバト(原種)

スペインシリーズの続きで、今日はカワラバト(原種)をご紹介します。

カワラバト(Rock Dove)はヨーロッパ、アフリカ中北部から中東、ヒマラヤ、中央アジア、南アジアにかけて分布する体長30~35cmのハト科カワラバト属の鳥で、分布域により9亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ中西部、アフリカ北部から中央アジアにかけて分布する基亜種Columba livia liviaと思われます。なお、本種は英名のように岩場を主な繁殖場所としており、市街地近くで見かけるものはすべて本種をもとに作出された家禽が再び野生化したドバトと思われます。

スペイン南部の山岳地帯で目にしたカワラバト。家禽が再び野生化したドバトに比べると、体全体は青灰色で、頸部は緑色と紫色の金属光沢があり、雨覆の黒灰色の斑がはっきりとした2本の翼帯となって見えます。

カワラバト1

カワラバト2

カワラバト3

カワラバト4

今日はスペインの山岳地帯で目にしたカワラバトの原種をご紹介しましたが、これら原種は山岳地帯のごく限られた場所にしか生息していないようで、このような貴重な原種がこの先絶えることがないよう祈りたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ