FC2ブログ

マクジャク

またまた海外もので恐縮ですが、今日から暫くの間、先日初めて訪れたベトナムで目にした鳥たちをご紹介します。

最初はクジャクの仲間マクジャクです。

マクジャク(Green Peafowl)はインド北東部、バングラデシュからミャンマー、タイ、インドシナ、中国南部、マレーシア、ジャワなどに分布する体長180~250cmのキジ科クジャク属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはミャンマー東部からタイ、インドシナ、中国南部にかけて分布する亜種Pavo muticus imperatorと思われます。

ベトナム南部のカッティエン国立公園で目にしたマクジャクのオス。キジ科の中では最大の大きさで、英名のように全身美しい緑色の羽衣に覆われていますが、青色の頭部には長い冠羽があり、尾羽基部の上面を被う羽毛(上尾筒)が発達し、優雅な容姿を形作っています。

マクジャク1

全身を現わしてくれました。ぴんと立った長い冠羽と、長い上尾筒が何とも優雅です・・・

マクジャク3

マクジャク4

マクジャク6

マクジャク7

後ろを振り向いたマクジャク。手前はインドトサカゲリ。

マクジャク8

マクジャク9

マクジャク10

インドクジャクと並び優雅で美しいマクジャクですが、開発による生息地の破壊やペット用の乱獲などにより生息数は減少しているそうで、当地においてもその数は大きく減少しているとのことでした。この美しく貴重な種が絶えることがないよう手厚く保護をしてほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

エンビコウ

ベトナムシリーズの続きで、今日はエンビコウをご紹介します。

エンビコウ(Woolly-necked Stork)はサハラ以南のアフリカ、インドからマレー半島、スマトラ、ジャワ、小スンダ列島、スラウェシ、フィリピンにかけて分布する体長75~91cmのコウノトリ科コウノトリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはインドからインドネシア、マレー半島、スマトラ北部、フィリピンにかけて分布する基亜種Ciconia episcopus episcopusと思われます。

カッティエン国立公園で目にしたエンビコウ。体は緑紫の光沢のある黒色で、白色の頸の羽毛は短く綿状になっており、英名の由来にもなっています。

エンビコウ6


エンビコウ8

エンビコウ11

エンビコウ14

エンビコウ16

こちらは上空を横切って行ったエンビコウ。白色の頸が印象的です。

エンビコウ1

エンビコウ2

エンビコウ3

今日はコウノトリの仲間、エンビコウをご紹介しましたが、本種は別名シロエリコウとも呼ばれており、逆にエンビコウの名前は南アメリカに生息するシロエンビコウ(Maguari Stork)の別名にもなっており、和名でいう場合は注意が必要です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コハゲコウ

ベトナムシリーズの続きで、今日はコハゲコウをご紹介します。

コハゲコウ(Lesser Adjutant)はインド、ネパールから東南アジア、大スンダ列島にかけて分布する体長122.5~129cmのコウノトリ科ハゲコウ属の鳥で、インド北部に分布するよく似たオオハゲコウ(Greater Adjutant)より一回り小さく、頭部から頸部にかけて羽毛がまばらで、オレンジ色の皮膚が露出しているのが和名の由来ともなっています。

カッティエン国立公園の上空を旋回していたコハゲコウ。下面は白色であり、昨日ご紹介したエンビコウとは見た目にも大きく異なります。

コハゲコウ1

コハゲコウ3

コハゲコウ4

コハゲコウ5

コハゲコウ11

コハゲコウ12

コハゲコウ13

コハゲコウ14


今日はインドから東南アジアにかけて分布するコハゲコウをご紹介しましたが、以前訪れた東アフリカでは、よく似た
アフリカハゲコウ(Marabou Stork)を目にしましたので、ご参考までに当時のブログを以下にご紹介します・・・

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-361.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カザリショウビン

ベトナムシリーズの続きで、今日はカザリショウビンをご紹介します。

カザリショウビン(Banded Kingfisher)はミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシア、スマトラ、ジャワ、ボルネオなどに分布する体長21.5~24.5cmのカワセミ科カザリショウビン属の唯一の種で、全部で3亜種に分かれており、今回目にしたのはミャンマー南部、タイ、ベトナム南部に分布する亜種Lacedo pulchella amabilisと思われます。

カッティエン国立公園で目にしたカザリショウビンのメス。オスは頭から体上面が美しい藍色、淡青色の横縞がありますが、メスのほうは上面が赤褐色で暗色の縞模様があり、英名の由来ともなっています。

カザリショウビン1

カザリショウビンは時々冠羽を立てる仕草を見せますが、こちらは少し冠羽を立てたところ。

カザリショウビン2

カザリショウビン4

カザリショウビン5

カザリショウビン8

カザリショウビン9

カザリショウビンのオスについては以前訪れたタイ南部で高い木の上にとまった姿を一度目にしていますが、今回はそのメスを目にすることができました。上面の藍色が美しいオスもいいものですが、上面が赤褐色のメスも捨てがたい魅力があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アオショウビン

ベトナムシリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として南西諸島で記録のあるアオショウビンをご紹介します。

アオショウビン(White-throated Kingfisher)は中近東から東南アジア、中国南部・東部、台湾にかけて広く分布する体長約28cmのカワセミ科アカショウビン属の鳥で、分布域により6亜種に分かれていますが、今回目にしたのはブータンからインド東部、インドシナ、マレー半島、ジャワ西部に分布する亜種Halcyon smyrnensis perpulchraと思われます。

カッティエン国立公園で遥か彼方の小枝にとまっていたアオショウビン。頭部から後頭、脇、下尾筒にかけては全面栗色ですが、英名のように喉から胸が白く、上面は和名のように光沢ある美しい空色をしています。

アオショウビン1

アオショウビン2

こちらを向いたアオショウビン。

アオショウビン3

アオショウビン4

アオショウビン5

アオショウビン7

今日は中近東から東南アジア、東アジアにかけて広く分布するアオショウビン6亜種のうち、ブータンからインド東部、インドシナ、マレー半島、ジャワ西部に分布する亜種Halcyon smyrnensis perpulchraと思われる個体をご紹介しましたが、一方、日本でも迷鳥として南西諸島で記録のある個体については亜種不明とされていますが、分布域から考えると、中国南東部、海南島、台湾の一部に生息する亜種Halcyon smyrnensis fokiensisの可能性が考えられています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ