FC2ブログ

ソリハシシギ、メダイチドリ

フィリピンシリーズの続きで、今日は同じくオランゴ島の野生動物保護区で目にしたソリハシシギとメダイチドリをご紹介します。

干潟で盛んに採餌していたソリハシシギとメダイチドリ。

DSC05573.jpg

DSC05587.jpg

こちらは単独で採餌していたソリハシシギ。

ソリハシシギ(Terek sandpiper)はヨーロッパ東部からシべりア北東部で繁殖し、冬季アフリカ大陸から、インド、東南アジア、オーストラリアの沿岸部で越冬する体長約23cmのシギ科ソリハシシギ属の鳥で、日本では旅鳥として春と秋に全国各地に飛来しますが、秋の方が多く見られるようです。

和名のように嘴は長く上に反っており、橙黄色の足が目を引きます。

DSC05912.jpg

DSC05900.jpg

次はメダイチドリです。

メダイチドリ(Lesser Sand Plover)です。メダイチドリはユーラシア大陸中東部で局地的に繁殖し、冬季はアフリカ東部、中東、東南アジア、オーストラリアへ渡り越冬する体長約20cmのチドリ科チドリ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、当地では分布域から考えると、シべりア南東部で繁殖し、冬季、台湾からオーストラリアにかけて越冬する亜種モウコメダイチドリ(Charadrius mongolus mongolus)の可能性が高いと思われます。なお、日本ではシベリア北東部で繁殖し、冬季、オーストラリアにかけて越冬する亜種メダイチドリ(Charadrius mongolus stegmanni)が旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来し、関東地方以西では少数が越冬するようです。

こちらは過眼線の黒色と胸に赤褐色みが僅かに残ることから、夏羽から冬羽に移行中の個体と思われます。

DSC05935.jpg

こちらは別個体で、眉斑や胸は淡色みを帯び、上面に淡色の羽縁があることから幼鳥と思われます。

DSC05953.jpg

今日までフィリピン観光の合間にセブ島およびマクタン島、オランゴ島で目にした鳥たちをご紹介してきましたが、今度また訪れる機会があれば、渡り鳥が本格的に渡来する秋~冬にかけて訪れてみたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チュウシャクシギ

フィリピンシリーズの続きで、今日は同じくオランゴ島の野生動物保護区で目にしたチュウシャクシギをご紹介します。

チュウシャクシギ(Whimbrel)はユーラシア大陸と北アメリカの寒帯から亜寒帯にかけての地域で繁殖し、冬季はアフリカ、中東、インド、東南アジア、南太平洋、オーストラリア、中央アメリカ、南アメリカなどへ渡り越冬する体長約42cmのシギ科ダイシャクシギ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、当地では日本でも旅鳥として渡来し、南西諸島では少数が越冬するシベリア北東部で繁殖し、冬季、インドからオーストラリアにかけて越冬する亜種チュウシャクシギ(Numenius phaeopus variegatus)が同じく旅鳥として渡来し、ほぼ通年見ることが出来るようです。

干潟で地面近くを低空飛翔していたチュウシャクシギ。独特の湾曲した嘴が魅力的です・・・

DSC05960.jpg

DSC05965.jpg

DSC05966.jpg

DSC05973.jpg

DSC05984.jpg

DSC05981.jpg

DSC05980.jpg

DSC05983.jpg

今日はオランゴ島の野生動物保護区で目にしたチュウシャクシギをご紹介しましたが、今回ブログ掲載に当たり、いろいろ調べた結果、チュウシャクシギは7亜種に分かれており、そのうち日本には亜種Numenius phaeopus variegatusが旅鳥として渡来することを知ったのは大きな収穫でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カラシラサギ

フィリピンシリーズの続きで、今日はカラシラサギと思われる個体をご紹介します。

カラシラサギ(Chinese Egret)は夏季に朝鮮半島西岸や黄河河口域で繁殖し、冬季になると台湾や東南アジアに南下し越冬する体長約65cmのサギ科コサギ属の鳥で、日本には数少ない旅鳥として渡来する世界的希少種として知られています。

フィリピンでは有数の水鳥の越冬地であるオランゴ島の野生動物保護区で目にしたカラシラサギの冬羽と思われる個体。まだこの時期、当地に渡来している水鳥は数少なかったのですが、そんな中、はるか遠くの干潟にこの1羽を確認することができました。眼先の裸出部に若干青みがあり、嘴も黒みが強くなっており、コサギの幼鳥の特徴にもよく似ていますが、眼先の裸出部の上辺が凹んで見えることからカラシラサギの冬羽の可能性が高いと判断しました。

DSC05716.jpg

今日はフィリピンでは有数の水鳥の越冬地であるオランゴ島の野生動物保護区で目にしたカラシラサギの冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、当地は世界的絶滅危惧種であるシベリアオオハシシギやカラシラサギの有数の越冬地として知られており、もし次回チャンスがあれば越冬本番の冬季に訪れてみたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キンパラ

フィリピンシリーズの続きで、今日はキンパラをご紹介します。

キンパラ(Chestnut Munia)はインドから中国南部、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、スラウェシ、台湾、フィリピンにかけて広く分布する体長約11cmのカエデチョウ科キンパラ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、今回目にしたのはフィリピン(ルソン島北部を除く)、ボルネオ、スラウェシなどに分布する亜種Lonchura atricapilla jagorと思われます。

セブ島の植物園で目にしたキンパラ。頭部は黒色で、嘴は青灰色。体色は英名のように全身栗色なのが特徴で、よく似たギンパラ(Tricolored Munia)は脇腹部が白色であることで識別できます。

DSC06962.jpg

DSC06963.jpg

DSC06971.jpg

DSC06967.jpg

日本では外来種で、1910年頃に東京都で野生化した群れが見つかって以降、各地で見つかっているキンパラですが、今回セブ島で目にしたのは自然分布であり、同じ種とは言え何となく有難味を感じさせられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

フィリピンシロハラアナツバメ

フィリピンシリーズの続きで、今日はフィリピンシロハラアナツバメと思われる個体をご紹介します。

フィリピンシロハラアナツバメ(Grey-rumped Swiftlet)はフィリピン中北部に分布する体長約10cmのアマツバメ科Collocalia属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはルソン島中部からフィリピン中部にかけて分布する基亜種Collocalia marginata marginataと思われます。なお、本種は以前は東南アジアからスラウェシ、ニューギニア、ソロモン諸島にかけて分布するシロハラアナツバメ(Glossy Swiftlet)の亜種として分類されていましたが、近年シロハラアナツバメから分離され別種となったものです。

セブ島で目にしたフィリピンシロハラアナツバメと思われる個体。フィリピンに分布するアマツバメの仲間では最も小さく、和名のように腹は白く、腰は灰色なのが特徴です。

DSC07239.jpg

DSC07241.jpg

DSC07243.jpg

DSC07254.jpg

DSC07247.jpg

こちらはマクタン島の海岸線で目にしたフィリピンシロハラアナツバメと思われる個体。

20180921-KX0A0499.jpg

20180921-KX0A0472.jpg

2017年にシロハラアナツバメ(Glossy Swiftlet)から分離され別種となったフィリピンシロハラアナツバメですが、この時は東南アジアから小スンダ列島、フィリピンにかけて分布する別の5亜種が同様に別種になっており、分類の世界の目まぐるしさに驚かされます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる