明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

「ガルテン日和」を開設し早いもので4年を過ぎました。当初予定していた山梨クラインガルテンでの菜園生活やハイキングなどの話題はめっきり減り、最近はもっぱら趣味の野鳥写真中心のブログとなりましたが、この間、稚拙なブログをご覧いただきありがとうございました。

今年も体力の続く限り各地を訪れ、自然の中に息づく鳥たちの姿を皆様にお届けしたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。



今年最初にお届けするのは今年の干支「申」(さる)にちなんで、先日訪れたインドでたまたま撮影していたアカゲザルをご紹介します。

アカゲザル(Rhesus macaque)はアフガニスタンからインド北部、中国南部にかけて分布するニホンザルによく似た猿で、体毛は褐色ですが下半身は和名のように少し赤黄色がかっています。日本では千葉県の房総半島に外来種として定着しており、ニホンザルとの混血が問題となっているようです。

世界遺産・ケオラディオ国立公園で目にしたアカゲザル。盛んに好物の木の実を食べていました。

アカゲザル1

アカゲザル2

後ろから見ると、赤黄色がかった下半身がよく分かります。

アカゲザル3

こちらは近くに居たアカゲザルの子供。表情があどけないですね・・・

アカゲザル4

アカゲザル5

本年最初は、先日訪れたインドで撮影したアカゲザルをご紹介しましたが、ヒンドゥー教の盛んなインドではアカゲザルは神聖な動物として保護されており、インド各地に広く分布しているようでした。また、帰ってから調べてみると、アカゲザルは実験動物としても広く利用されており、 マーキュリー計画によりリトル・ジョーロケットに乗ったサルとして有名なほか、Rh式血液型の語源(「Rh」は、アカゲザルの英名 rhesus macaque に由来)ともなったサルであり、そんなことを知ると、意外に身近な存在に思えてきました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

キタオットセイ、シャチ

昨日の続きで、今日は同じくセントポール島で目にしたキタオットセイとシャチをご紹介します。

最初はキタオットセイです。

キタオットセイ(Northern fur seal)はアメリカ西部、ロシア東部の北太平洋、オホーツク海、ベーリング海で生息し、繁殖地としてはコマンドル諸島、千島列島、プリビロフ諸島(セントポール島が含まれる)、サン・ミゲル島、ロベン島などが確認されており、サン・ミゲル島の個体群を除いては、冬季になると越冬のため南下することが知られています。

小雨降る中、砂浜で体を休めていたキタオットセイ。当地ではキタオットセイの保護活動がしっかり行われており、観察にあたっても車から降りることは禁止されていました。

キタオットセイ3

こちらは海岸線の岩場で休んでいたキタオットセイ。

キタオットセイ1

キタオットセイ2

キタオットセイ4

次は海のギャングと言われているシャチです。

シャチ(Killer Whale、 Orca)は一般的には冷水を好むようですが世界中の海に生息し、地球上で最も広く分布する哺乳類の一種と言われています。日本でも北海道の根室海峡から北方四島にかけてや、和歌山県太地町などで度々目撃されているようです。

海鳥を観察中、たまたま近くにやって来たシャチ。シャチはアイパッチ(眼の辺りの大きな白斑)の形により4タイプに分類されていますが、今回遭遇したシャチはアイパッチが大きな楕円形であることから、タイプB(mammal eater killer whale)と言われる海生哺乳類を主食とするタイプと思われます。この海域ではキタオットセイが多いことから、彼らを狙って来ているのでしょうか・・・

シャチ3

シャチはイルカの仲間では最大の種で、オスの体長は5~6m程あり、見るからに迫力がありました。

シャチ1

シャチ2

今日はセントポール島で目にしたキタオットセイとシャチをご紹介しましたが、キタオットセイの繁殖地であるセントポール島周辺では彼らを狙ってシャチも頻繁に出没しているようであり、まさに弱肉強食の世界を見る思いでした・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

ホッキョクギツネ

昨日まではアラスカで出会った鳥たちをご紹介してきましたが、当地では動物たちも目にしましたので、今日は先日、NHKの「ダーウィンが来た」でも放映されたホッキョクギツネをご紹介します。

ホッキョクギツネ(Arctic fox)は北極地域(グリーンランド、ロシア、カナダ、アラスカ、スヴァールバル諸島等)からアイスランド、スカンディナヴィア諸国の高山帯だけで見られる北極地域原産の小型のキツネで、生息エリアにより10亜種に分類されているようです。彼らは寒さに強く、-70℃の世界でも生息できる仕組みとして、①毛が深くて濃いこと、②足を凍結から守るための対向流熱交換系があること、③体脂肪の十分な貯蔵、④体温が逃げるのを防ぐ体型(丸い体型、鼻口部や脚が短い、耳が小さくて分厚いなど)等が挙げられています。

セントポール島で時々目にしたホッキョクギツネの成獣。生息エリアから判断し、当地のホッキョクギツネは亜種ベーリング島ホッキョクギツネと思われます。

ホッキョクギツネ1

ホッキョクギツネは季節ごとに体毛が変化することが知られていますが、夏毛のこの時期は全身黒褐色で、尻尾だけがやや白さが残っていました。(冬は全身真っ白な冬毛)

ホッキョクギツネ2

海岸線の岩場にやって来たホッキョクギツネ。何か食べ物がないか探しているようでした・・・

ホッキョクギツネ3

こちらは島民がホッキョクギツネの食べ物として与えたトナカイの頭を食べにきたホッキョクギツネの子供たち。ちょっと残酷ではありますが生きていくためには彼らも必死です・・・

ホッキョクギツネ4

ホッキョクギツネ5

ホッキョクギツネ6

今日はセントポール島で出会ったホッキョクギツネをご紹介しましたが、ツンドラ地帯では競合関係にあるアカギツネが分布を広げ、ホッキョクギツネの数が減少してきているとも言われていますが、当地ではアカギツネがいないのか、それなりの個体数を見ることができました。また、当地ではレンジャーは勿論、島民の人たちもホッキョクギツネをとても大切にしており、この状況が続く限りこの先も安泰なのではと思われました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

雪原のニホンリス

昨日までは雪原にやって来た鳥たちをご紹介してきましたが、今日は同じ場所にやって来たニホンリスをご紹介します。

小鳥たちがやってくるのを待っていると、突然遠くの木の辺りに何やら細長い動物がやって来ました。よく見るとニホンリスのようです。慌ててレンズを向けますがリスまでは距離があり証拠写真程度ではありますが、せっかくなのでご紹介したいと思います。

たまたま木の枝に乗ったニホンリス。ニホンリス(Japanese squirrel)は名前の如く日本の固有種で、以前は樺太経由で日本に侵入したキタリスの亜種とされていたそうですが、現在はキタリスから分化した種と考えられているようです。

夏季には背面の毛衣が赤褐色(夏毛)だそうですが、冬のこの時期、耳介先端の体毛が伸長し背面の毛衣も灰褐色(冬毛)になるようです。

リス1

こちらに気がついたのか、こちらをじっと見るニホンリス。顔には雪が付いていました。

リス2

再び動き始めたニホンリス。

リス3

今日は小鳥たちを待っている間、たまたま現れたニホンリスをご紹介しましたが、食性はほぼ植物食で、主にオニグルミやマツ科の種子(アカマツ、カラマツ、ゴヨウマツなど)を食べることから、開発やマツ材線虫病による生息地の破壊などにより生息数の減少が懸念されているそうです。特に広島県や九州では近年、捕獲例がないことから絶滅あるいはほぼ絶滅したと考えられているようです。また、近年外来種であるタイワンリスが各地で異常繁殖しており、在来種であるニホンリスの地域的な絶滅要因になる可能性も懸念されているようで、こちらも心配です・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

アフリカの動物たち・・・レインボウアガマ、サバンナオオトカゲ

今日まで長々とアフリカの動物たちをご覧いただきありがとうございました。シリーズの最後に、今日は何れもアフリカらしいトカゲであるレインボウアガマとサバンナオオトカゲをご紹介します。

最初はレインボウアガマです。レインボウアガマはサハラ砂漠以南に広く分布するトカゲの一種で、名前のように虹色の体色を持つ大変美しいトカゲでした。

ケニア、タンザニア国境を流れるマラ川の近くにいたレインボウアガマ。赤色の上半身から藍色の下半身にかけてグラデーションがあり、トカゲとは言え、大変美しい色合いで楽しませてくれました。

レインボウアガマ1

レインボウアガマ2

岩の上で体を温めていたレインボウアガマ。

レインボウアガマ3

次はこちらもマラ川の近くで見たサバンナオオトカゲです。サバンナオオトカゲは全長100cm程の大きさで、アフリカ大陸に分布するオオトカゲの中では最小種と言われていますが、それでもさすがオオトカゲ、その存在感には圧倒されるものがありました。

何処からともなく現れ、草叢に消えて行ったサバンナオオトカゲ。

サバンナオオトカゲ1

アフリカシリーズの最後に、今日は何れもアフリカらしいトカゲであるレインボウアガマとサバンナオオトカゲをご紹介しましたが、何れも日本では考えられない存在感溢れるトカゲでした。やはり生き物の宝庫アフリカは奥深いと改めて考えさせられました。

今日まで長々とアフリカの動物シリーズにお付き合いいただきありがとうございました。明日からはまた鳥の世界に戻りたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる