FC2ブログ

ボルネオの野鳥たち・・・キタカササギサイチョウ

先週末からボルネオ島(マレーシア)のエコツアーに参加してきましたが、ツアーの合間をぬって野鳥撮影を楽しんできました。という訳で今日からボルネオで出会った鳥たちを順次ご紹介していきたいと思います。

最初はボルネオ滞在最終日に運よく出会ったキタカササギサイチョウです。サイチョウ(犀鳥)は、東南アジアの熱帯、亜熱帯域の森林に生息するブッポウソウ目サイチョウ科サイチョウ属の鳥で、嘴の上に角状突起があり動物のサイ(犀)の角に似ていることから名付けられたようです。

ボルネオでは8種類のサイチョウがいるそうですが、今回私が見ることができたのはその中のひとつ、キタカササギサイチョウでした。

突然木の中にやって来たキタカササギサイチョウのメス。上半身しか見えませんが独特の嘴は迫力満点でした。

サイチョウ10

サイチョウは番で行動しているらしく、暫くすると近くの松にオスがやってきました。オスの方は角状突起がメスに比べて大きく更に迫力がありました。

サイチョウ11

その後、メスの方もオスの横にやってきて仲睦まじく枝に止まっていました。

サイチョウ2

このように番で仲良く一緒にいるのはブッポウソウ目の仲間の特徴のようで、同じブッポウソウ目のカワセミ類やブッポウソウなどでも同じような行動を目にします。

サイチョウ3

今回訪れたコタキナバル周辺ではサイチョウに出会える確率はそれほど高くないと聞いていましたので、大きな期待はしていませんでした。しかし幸運の女神はいたようで、滞在最終日、突然目の前にその雄姿を見せてくれました。間近に見るサイチョウは実に大きく(体長75cm)迫力があり、旅の最後を締めくくってくれました・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ボルネオの野鳥たち・・・ナンヨウショウビン

昨日に続き、今日は日本では迷鳥として南西諸島(宮古島、石垣島、西表島、与那国島)において観察記録があるナンヨウショウビンをご紹介します。

ナンヨウショウビンは紅海西岸からアラビア半島、インド沿岸部、東南アジア、ミクロネシア、ニューギニア、オーストラリア北西部等に広く分布するカワセミ科の鳥ですが、亜種が多く(学説によっては50の亜種に分類)、亜種ごとに体色が異なり一見別種に見えるものもあると言われています。

今回、私達が出会ったナンヨウショウビンは頭上、体の上面が青緑色で、体の下面、後頭が白い非常に美しい個体でした。

何やら獲物を咥えて突然やって来たナンヨウショウビン。初めて見た時は思わず興奮しました。

ナンヨウ1

その後、場所を少し変えて枝に止まりました。

ナンヨウ2

光を浴びると青緑色が実に鮮やかです・・・

ナンヨウ3

暫くするともう一羽がやってきました。サイチョウもそうですがブッポウソウ目の仲間は夫婦仲がいいようです。

ナンヨウ4

今日は日本では迷鳥のナンヨウショウビンをご紹介しましたが、初めて見るナンヨウショウビンはとても美しく、魅力あふれる鳥でした・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ボルネオの野鳥たち・・・コオオハナインコモドキ

今日はフィリピンのタラウド島を主な生息域とし、ボルネオではごく限られたエリアでしか見られないコオオハナインコモドキをご紹介します。

突然、大きな鳴き声とともにやって来たコオオハナインコモドキ。赤い嘴と頭の青色、体全体の緑色との対比が鮮やかです


インコ1

インコ2

コオオハナインコモドキは4羽程の群れでやってきましたが、こちらはその中の2羽。

インコ3

こちらは別の場所で見つけたコオオハナインコモドキ。木の洞に入って獲って来た獲物を食べていました。

インコ4

インコ5


体長約30cmのこの美しいコオオハナインコモドキは日本でも飼い鳥として大変人気があるようですが、やはり野鳥は自然の中にいるのが一番であり、ここボルネオの自然の中で出会えた喜びを感じてこの場を後にしました・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ボルネオの野鳥たち・・・ブッポウソウ

今日はボルネオで出会ったブッポウソウをご紹介します。

ブッポウソウというと日本では夏鳥としてごく限られた場所に飛来し、夏のあいだ子育てを行い、秋には南の国に渡っていきます。そして、その美しい羽根色でバーダーには大変人気のある鳥でもあります。

そんな魅力あるブッポウソウですが、ここボルネオではごく普通の鳥のようで、2日間に渡り同じ場所で見ることができました。

突然、松の枝にやって来たブッポウソウ。光が強すぎてきれいな色が出ていませんが、双眼鏡で覗くとすごくきれいでした。

ブッポウソウ10

こちらは翌日2羽でやって来たブッポウソウ。ブッポウソウの仲間は本当に夫婦仲がいいですね。

ブッポウソウ1

ブッポウソウ2

今日はこの時期、日本では見ることのできないブッポウソウをご紹介しましたが、この魅力あるブッポウソウが簡単に見られるここボルネオは大変魅力あるところです・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ボルネオの野鳥たち・・・ミカドバト、コアオバト、カノコバト、チョウショウバト

今日はボルネオで出会ったハトたちをご紹介します。

最初は羽根色が美しい深緑色をした大型(45cm)のミカドバトです。木の中に何かいないかと双眼鏡で探していたところこの美しいハトを見つけました。

ミカドバト1

暫く見ていると尾羽を広げてくれました。

ミカドバト3

こちらは体長約30cm、緑色の羽根色と胸の紫色と橙色が鮮やかなコアオバトのオスです。

コアオバト1

上半身しか見えませんが、胸が黄緑色のコアオバトのメス。

コアオバト2

こちらは香港や台湾でもよく目にしたカノコバト。頸のカノコ模様に特徴があります。

カノコバト1

体長約20cmと小型のチョウショウバト。街のいたる所で目にしました。

チョウショウバト1

今日はボルネオで出会ったハト4種をご紹介しましたが、特に大型で美しいミカドバトと色鮮やかなコアオバトは強く印象に残りました・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ