FC2ブログ

ボルネオの鳥たち・・・ルリカワセミ

ボルネオシリーズの続きで、今日はコナキタバル近郊の公園で出会ったルリカワセミをご紹介します。

ルリカワセミはインドからマレー半島、スマトラ、ボルネオ、ジャワなどに生息し、日本で見られるカワセミより少し小さめ(体長約15cm)で、名前のように上面が瑠璃色をしたきれいなカワセミとして知られています。今回出会ったのは目の後ろが赤茶色で嘴の先端が白いこと、下の嘴が黒いことから、オスの若い個体と思われました。

池のそばの木の中でひっそりと枝にとまっていたルリカワセミの若オス。何となくあどけない感じがします。成鳥は図鑑で見ると顔全体が瑠璃色の羽毛で覆われていました。

カワセミ1

カワセミ2

カワセミがよく見せる嘴を突き上げるポーズ

カワセミ3

カワセミ4

正面から

カワセミ5

暫く観察していると、突然親鳥が給餌のためやって来ましたが、残念ながらこの子は少し離れた親鳥のほうに移動して給餌を受けたため、その様子を写真に収めることはできませんでした。
今日は初見のルリカワセミの若オスをご紹介しましたが、今度は親鳥のほうをじっくり見てみたいものです・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ