子育て真っ最中のオオバン

メジロガモの撮影に行った際、子育て真っ最中のオオバンにも出会うことができましたので、今日はそんな親子をご紹介します。

可愛い雛を引き連れていたオオバンの番。オオバンの雛は黒い綿羽に覆われ、嘴の基部と喉が赤く額から顔には橙色の綿羽が生えていました。

オオバン1

親鳥に囲まれ甘える雛。

オオバン2

オオバン3

親鳥から水草をもらっているのでしょうか、可愛らしい雛。

オオバン5

親鳥が雛を見ながら羽ばたいてくれました。

オオバン6

今日は子育て真っ最中のオオバンの親子をご紹介しましたが、それにしてもモノトーンのオオバンにどうしてこんなにきれいな赤色の雛が生まれるのでしょうか、何とも不思議です・・・
スポンサーサイト

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

迷鳥 メジロガモ

国内に飛来するのは珍しいといわれるメジロガモが飛来しているとの情報をいただき、早速現地を訪れました。

初めて見るメジロガモは頭部から胸が濃い紅褐色で脇も赤褐色、背から尾にかけては褐色~黒褐色、そしてお腹と下尾筒が白く、オスの特徴である白い目が印象的な美しいカモでした。

最初は単独で泳いでいたメジロガモ。頭部から胸にかけての紅褐色がとりわけ鮮やかでした。

メジロガモ1

メジロガモ2

メジロガモはマガモやキンクロハジロ、ホシハジロたちになじんでいるのか、彼らに混じって仲良く泳いでいました。こちらはマガモと一緒のところ。

メジロガモ3

ちょっと腰を浮かせました。こうして見るとお腹が白いのがよく分かります。

メジロガモ4

こちらは羽ばたきの瞬間。翼の白帯がよく分かります。

メジロガモ5

メジロガモ6

メジロガモの食性は植物食傾向の強い雑食で、主に水生植物を食べ昆虫も食べるとされていますが、当地のメジロガモも時々水に潜って水草や貝のような物を食べていました。

メジロガモ8


ヨーロッパ南部、西アジア、チベット南部などで繁殖し、インド北部、ロシア西部、ペルシャ湾沿岸部、ナイル川流域などへ移動し越冬するとされるメジロガモですが、この時期、どういう関係で日本に立ち寄ったのでしょうか、お陰で珍しい初見のカモを見ることができました・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

子育て真っ最中のカワセミ

北海道シリーズの最後に、今日はヤマセミ撮影の最中に、時々やって来たカワセミをご紹介します。

この時期カワセミも子育て真っ最中のようで、餌の小魚を求めて盛んに川に飛び込んでくれました。
獲物狙っていたカワセミのオス。

カワセミ1

川に飛びこみましたが、どうやら捕り損なったようです。

カワセミ7

再び飛びこみ、今度は成功しました。

カワセミ2

子供にあげるためか魚の向きを整えるカワセミ。

カワセミ3

カワセミ4

子供にあげ易いよう魚の頭が先になるように咥えたカワセミ。そして、この後すぐに飛び立っていきました。

カワセミ5

北海道シリーズの最後に子育て真っ最中のカワセミをご紹介しましたが、子供のために懸命に餌取りをする姿を見ると、思わず「お父さん頑張れ!!」と応援したくなりました・・・

今日まで長々と北海道シリーズにお付き合いいただきありがとうございました。この時期初めて訪れた北海道でしたが、思った以上に多くの鳥たちを見ることができ大変充実したツアーとなりました。ご一緒いただいた鳥仲間の皆さま、本当にお世話になりました。

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

子育て真っ最中のヤマセミ

北海道シリーズの続きで、今日は北海道の鳥とは言えませんが至近距離で見ることができたヤマセミをご紹介します。

目の前の枝にやって来たメスのヤマセミ。

ヤマセミ10

ヤマセミ11

この場所で飛びこみをしてくれないかと期待しましたが、残念ながら上流に向け飛び立っていきました。メスの特徴である下雨覆の黄褐色がよく分かります。

ヤマセミ12

こちらは先程よりもっと近くの枝にやってきたヤマセミ。

ヤマセミ1

ヤマセミ2

ヤマセミ4

ヤマセミは暫くこの枝にとまっていましたが、やがて飛び立っていきました。

ヤマセミ3

今日は北海道で出会ったヤマセミをご紹介しましたが、この時期、子育て真っ最中のようで、獲物を求めて盛んに川を行き来していました・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

繁殖地のウミウ、オオセグロカモメ

ネイチャークルーズの最後に、今日は当地で繁殖していたウミウとオオセグロカモメをご紹介します。

最初は港近くの岩礁で営巣していたウミウです。この場所はウミウの一大繁殖地のようで、所狭しとウミウが体を休めていました。

ウミウ1

体温を上げるためか、防波堤の上で日光浴をしていたウミウ。

ウミウ5

餌を捕った後なのか、海面近くを飛翔するウミウ。

ウミウ4

大きくトリミングしてみました。こうして見ると嘴の根元の黄色の形が尖っており、丸型のカワウとの違いがよく分かります。

ウミウ2

ウミウ3

こちらは防波堤の上で卵を温めていたオオセグロカモメの親鳥。防波堤の上にはこのような巣が沢山ありました。

オオセグロカモメ1

オオセグロカモメ2

今日までネイチャークルーズで出会った鳥たちをいろいろご紹介してきましたが、今までは何となく敬遠していた海鳥ですが、今回、意外に面白いことを実感しました。これからはもう少し海にも目を向けていきたいと思います・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の海鳥たち・・・オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ

ネイチャクルーズの続きで、今日は航行中に出会ったオオミズナギドリとハシボソミズナギドリをご紹介します。

最初はオオミズナギドリです。先日訪れた伊豆・三宅島航路では海面近くを低く飛翔する姿を幾度となく見たオオミズナギドリですが、当地では数は多くはありませんでしたが海面で漂う姿をカメラに収めることができました。

かなりトリミングしているため鮮明ではありませんが、特徴である頭上から顔にかけての白地に黒褐色の斑点を見ることができます。

オオミズナギドリ1

海面近くを飛翔するオオミズナギドリ。

オオミズナギドリ2

次は1羽だけ海で漂っていたハシボソミズナギドリです。この個体は船が近づいても何故かあまり逃げようとはしませんでした。特徴であるすすけた黒褐色の体色と灰褐色を帯びた下面の様子がよく分かります。

ハシボソミズナギドリ1

ホシボソミズナギドリ2

停船している間ずっと漂っていましたが、暫くしてようやく飛び立っていきました。

ハシボソミズナギドリ3

今日はネイチャークルーズの航行中に出会ったオオミズナギドリとハシボソミズナギドリをご紹介しましたが、ミズナギドリの仲間は世界的に分布し、世界で約60種、日本では17種が見られるようですが、ちょっと見だけでは何れもよく似ておりガイドさんの案内がないとなかなか識別が困難な鳥であることが分かりました。今まで関心が薄かった海鳥ですが、これを機会にもう少し勉強をしていきたいと思います・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の海鳥たち・・・ウミスズメ、ウミガラス

昨日の続きで、今日は同じくネイチャークルーズで出会ったウミスズメとウミガラスをご紹介します。

最初は航行中によく出会ったウミスズメです。ウミスズメは体長25cmとウミスズメの仲間では小さい方で、黄白色の嘴は短くて太く、夏羽では頭上と喉、後頸、胸側が黒く、目の後方の上には白線があり、体の上面は石板灰色で下面は白と、まさに海のスズメといった感じの可愛らしい海鳥でした。

ウミスズメ1

ウミスズメ2

船が近づくと水面を蹴るように群れで飛び立っていきました。

ウミスズメ3

ウミスズメ4

次は同じく航行の途中で出会ったウミガラスです。ウミガラスはウミスズメ同様、ウミスズメの仲間ではありますが、体長は約43cmと大きく、嘴は長めで首も長くお腹を除いて全体に黒っぽいためまさに海のカラスという感じでした。

海面で休んでいたウミガラス。ウミガラスはあまり人を恐れないようで比較的近くまで近づいてきてくれました。

ウミガラス1

ウミガラス2

ウミガラス3

今日までネイチャークルーズで出会った何れもウミスズメの仲間、エトピリカ、ケイマフリ、ウトウ、ウミスズメ、ウミガラスの5種をご紹介してきましたが、今回のクルーズでは今までに見ることのできなかったこのような海鳥たちを一度に見ることができ、大変思い出に残るクルーズとなりました・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の海鳥たち・・・ウトウ

昨日に続き、同じくネイチャークルーズで出会ったウトウをご紹介します。

ウトウは今までご紹介してきたエトピリカやケイマフリ同様、大型のウミスズメの仲間で、頭部と体の上面は黒褐色、喉・胸・脇は灰黒色で腹は白く、夏羽では嘴は橙色で上嘴の基部に白っぽい突起があり、嘴の根元と目の上からそれぞれ斜め下方に白い飾り羽が生じるのが特徴のようです。

独特の風貌をしたウトウ。最初は船が近づくと一定の距離を保っていましたが、停船してじっと待っているとウトウの方から徐々に近づいてきてくれました。

ウトウ

ウトウ1

ウトウ2

羽ばたいていたウトウ。

ウトウ3

ウトウ4

ウトウは群れで行動していましたが、船が近づくと一斉に飛び立っていきました。

ウトウ5

今日はネイチャークルーズで出会ったウトウをご紹介しましたが、今までご紹介してきたエトピリカやケイマフリ同様、独特の雰囲気を持った不思議な鳥でした・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の海鳥たち・・・ケイマフリ

昨日の続きで、今日は同じくネイチャークルーズで出会ったケイマフリをご紹介します。

ケイマフリは昨日ご紹介したエトピリカ同様大型のウミスズメの一種で、夏羽では全身はほとんど黒、目の周囲が白く、嘴の基部に一個ずつ小白斑があり足が赤いのが特徴で、これまた独特の雰囲気を持っていました。

遠くの岩礁の上にいたケイマフリ。遠くても独特の目の周りの白さが目立ちます・・・

ケイマフリ1

飛び出しの瞬間。

ケイマフリ2

ケイマフリは海面近くを低く直線的に飛んでいきました。

ケイマフリ3

真っ赤な足が印象的です。

ケイマフリ4

今日はネイチャクルーズで出会ったケイマフリをご紹介しましたが、アイヌ語でケマは「脚」、フレは「赤い」の名前の通り水掻きがある赤い脚は遠くから見てもよく目立ちました・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の海鳥・・・エトピリカ

北海道シリーズの続きで、今日はネイチャークルーズで出会った人気の海鳥、エトピリカをご紹介します。

エトピリカは北海道のごく限られた海域で繁殖する体長39cm程の大型のウミスズメの一種で、体は黒く、夏羽では額、目の周囲が白く、目の上から黄白色の房状の飾り羽が垂れているほか、嘴は赤と黄緑色で縦に平たく、足は赤という独特の風貌をした人気の鳥として知られています。

この日は運よくクルーズの途中で何回も出会うことができましたが、近くで見ると、まさにそのような特徴を持った何とも不思議な海鳥でした。

エトピリカ1

仲良く2羽で海上に浮かんでいました。

エトピリカ2

エトピリカ4

エトピリカ3

船が近づくと海面から飛び立っていきます。飛びだしの瞬間・・・

エトピリカ5

飛び立つと真っ赤な足が目立ちます・・・

エトピリカ6

今日はネイチャークルーズで出会った人気のエトピリカをご紹介しましたが、アイヌ語でエトは「嘴」、ピリカは「美しい」の通り、嘴はきれいな赤色をしていました。余談ですが、繁殖期が終わると嘴の基部は暗褐色、それより先は赤褐色になり、飾り羽も抜け落ちて地味な色合いになってしまうようです・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の草原を彩る鳥たち・・・カッコウ

再び北海道ツアーの続きです。今日は訪れた草原の至るところで目にしたカッコウをご紹介します。

汽水湖の畔にやって来たカッコウ。尾羽をあげる独特のポーズで枝の先端にとまってくれました。

カッコウ10

こちらも空抜けですが、木の中段にとまりいろいろなポーズをしてくれました。

カッコウ12

カッコウ13

カッコウ14

こちらは草原の低木にとまったカッコウ。

カッコウ1

飛び出し・・・

カッコウ2

今日は草原の至る所で目にしたカッコウをご紹介しましたが、カッコウはオオヨシキリやノビタキ、オアジ、モズなど草原性の鳥に托卵することが知られていますが、この時期の草原はこれら托卵相手の鳥たちが多く、成る程と納得させられました・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

サンコウチョウの巣立ち

サンコウチョウの巣立ちが見たくて再び現地を訪れました。待つこと数時間、ようやく雛たちが巣立ち始めました。
今日はそんな巣立ちの状況をご紹介します。

今日が巣立ちの日と決めていたのか、最初のうちは頻繁に餌を運んでいましたが、その後、餌はあまり与えなくなりました。巣立ちを促しているのでしょうか・・・

最初のうちはよく餌を運んでいたお父さん

サンコウチョウ4

サンコウチョウ3

体を軽くするためなのか、盛んに雛の糞を口に咥えて捨てに行っていました。

サンコウチョウ8

その後も盛んに雛のところにやって来て巣立ちを促しているようでした。

サンコウチョウ5

お母さんの方も何度もやって来て巣立ちを促しているようです。

サンコウチョウ10

サンコウチョウ11

いよいよ巣立ちをするのか、4羽の雛たちも巣から身を乗り出し盛んに羽ばたきの練習をしていました。

サンコウチョウ2

今にも飛び立つのか、雛の1羽はすでに巣から飛び出し枝にとまっていました。そしてこの直後、2羽の雛が巣から飛び出していきました。

サンコウチョウ6

残った雛に巣立ちを促していたお父さん

サンコウチョウ7

サンコウチョウ8

こちらは巣立ち後の雛の様子を見に来たお母さん。雛は盛んに餌をねだっていました。

サンコウチョウ12

早速、餌を運んできたお母さん

サンコウチョウ13

サンコウチョウ14

今回、運よくサンコウチョウの巣立ちに出会うことができましたが、未知の世界に飛び出す雛たちの気持ちはいかほどのものでしょうか。この先、雛たちにとっても多くの困難が待ち受けていると思いますが、何とか無事に育ってほしいものです・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

雛の面倒を見るサンコウチョウ

昨日の続きで、今日は雌雄で協力して雛の世話をするシーンが撮れましたのでご紹介します。

2羽で給餌にやって来たサンコウチョウ。雌雄で雛の面倒を見る光景は何とも微笑ましいものです。

サンコウチョウ1

その後、メスのほうが先に飛び出し・・・

サンコウチョウ2

雛の糞を口に咥えました。

サンコウチョウ3

サンコウチョウ4

この後、メスは糞を捨てるために飛び去っていきました。

サンコウチョウ5

今日は雌雄で協力して雛の世話をするサンコウチョウのをご紹介しました、親鳥が協力して雛の面倒を見る光景は何とも微笑ましいものです・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

サンコウチョウ、雛が育っています

数日後、再び営巣中のサンコウチョウに会いに行きましたが、既に雛が孵っているようで親鳥が盛んに雛に餌を運んでいました。

虫を咥えて巣の近くにやって来たサンコウチョウのオス。

サンコウチョウ10

そして巣にやって来て雛たちに餌を与えていました。どうやら雛は4羽いるようです。

サンコウチョウ6

サンコウチョウ7

サンコウチョウ13

餌を与えた後、再びサンコウチョウは飛び立っていきました。

サンコウチョウ8

サンコウチョウ9

こちらはオスと交代するようにやって来たメス。

サンコウチョウ12

今日は雛への給餌に忙しいサンコウチョウの親鳥をご紹介しましたが、雛たちもずいぶん大きくなっているようで、常連さんの話では後1~2日で巣立つのではないかとの話でした。巣立ち雛もぜひ見てみたいものです・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

営巣中のサンコウチョウ

営巣中のサンコウチョウに会いたくて針葉樹の森を訪れました。この時、サンコウチョウはまだ抱卵中のようで、オスとメスが交互にやって来て卵を温めていました。

メスと交代してやって来たサンコウチョウのオス。

サンコウチョウ5

そして巣の中に入りました。

サンコウチョウ2

サンコウチョウ3

徐々に長い尾羽を上にあげ・・・

サンコウチョウ4

すっぽりと巣の中に入り込みました。

サンコウウチョウ6

こちらはオスとバトンタッチしたメス。

サンコウチョウ10

サンコウチョウの親鳥たちはほぼ1時間おきに交代して卵を温めていました。巣の中には一体いくつの卵があるのでしょうか? 卵が孵るのが楽しみです・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

久し振りのアカショウビン

このところ猛暑が続いていますが、アカショウビンに会いたくて避暑を兼ね少しばかり遠征してきました。

待つこと暫し、ようやくその美しい姿を見せてくれました。

今にも雨が降りそうで薄暗く距離もありましたが、キョロロロ・・・と鳴きながら姿を見せてくれたアカショウビンのオス。久し振りのアカショウビンに思わず息を殺してシャッターを押していました。

アカ1

アカ2

こちらはオスと入れ代りに池にやって来たアカショウビンのメス。

アカ3

池の中には好物のカエルやオタマジャクシがいるようで、水面を見て狙いを定めています・・・

アカ4

ピンボケですが、飛び込みの瞬間。

アカショウビン30

水中からの飛び出し・・・

アカ8

アカ10

アカ11

アカ6

今日は長時間待った末ようやく会えたアカショウビンをご紹介しましたが、久し振りのアカショウビンは実に美しく、この日は美味しいお酒を飲むことができました。欲を言えば今度はもう少し近距離で明るい場所で見てみたいものです・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

稀な旅鳥シベリアオオハシシギ

北海道シリーズの途中ですが、今日は稀な旅鳥として春秋の渡りの時期に少数が飛来するとされるシベリアオオハシシギに会ってきましたのでご紹介します。

シベリアオオハシシギは体長約33cmとオオハシシギ(体長約29cm)より若干大きく、夏羽は体全体が赤褐色でオオハシシギとよく似ていますが、嘴と足が黒色で、足はオオハシシギ(黄緑色)より長いのが特徴のようです。

餌を探しながら池の中を歩き回っていたシベリアオオハシシギ。

シベリアオオハシシギ

シベリアオオハシシギ1

シベリアオオハシシギ2

尾羽を少し広げてくれました。

シベリアオオハシシギ5

カルガモ幼鳥とのツーショット。

シベリアオオハシシギ6

嘴を水中に差し入れ、盛んに餌を探していました。

シベリアオオハシシギ7

アカアシシギ、アオアシシギ、セイタカシギとのフォーショット

シベリアオオハシシギ13

コサギの後に従って・・・

シベリアオオハシシギ11

アオアシシギ、セイタカシギと一緒に・・・

シベリアオオハシシギ12

セイタカシギ、コサギ、アカアシシギ、アオアシシギとの揃い踏み

シベリアオオハシシギ10

今日は稀な旅鳥シベリアオオハシシギをご紹介しましたが、夏羽のシベリアオオハシシギは鮮やかな赤褐色をしており、他の鳥たちの中でひときわ異彩を放っていました・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の草原を彩る鳥たち・・・オオジシギ

北海道の草原の鳥の続きで、今日は訪れた草原や公園のあちこちで見かけたオオジシギをご紹介します。

オオジシギというとその独特のディスプレイ・フライトで有名ですが、とまる場所は電柱など人工物が多く、自然の枯れ木などにとまる姿はなかなか見ることができませんでした。今回、幸運にも地元の親切なバーダーの方から場所を教えてていただき、枯れ木にとまる姿をシャッターに収めることができました。

立ち枯れの木にとまるオオジシギ。

オオジシギ0

かなりトリミングしてみました。

オオジシギ1

オオジシギ2

こちらは別の場所で見かけたオオジシギ。ここでは案内板の杭にとまっていました。

オオジシギ3

この時期オオジシギは繁殖の真っ只中にあるようで、行く先々で独特のディスプレイ・フライトを見せてくれました。ズビーヤク、ズビーヤクと鳴きながら飛び回っていたオオジシギ。

オオジシギ4

そして、その後ザザザザ・・・という大きな尾音を立てて急降下を繰り返していました。

オオジシギ5

今日は北海道の草原でよく見かけたオオジシギをご紹介しましたが、夏の風物詩であるオオジシギのディスプレイ・フライトは何度見てもいいものです・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の草原を彩る鳥たち・・・ノビタキ

北海道の草原の鳥の続きで、今日は本州では夏の高原でよく見かけるノビタキをご紹介します。

ノビタキは日本では夏鳥として本州中部以北で繁殖するほか、旅鳥として全国を通過することが知られていますが、ここ北海道では草原の代表的な鳥のようで、草原の至るところで目にすることができました。

頭、背、尾の黒色と胸のオレンジ色の対比が美しい夏羽のオス。それにしても垂直な茎や枝などに実にうまくとまるものですね。



ノビタキ1

ノビタキ50

エゾノヨロイグサの上にとまったノビタキ。

ノビタキ2

こちらは上面が黒褐色で胸は淡褐色のメス。近くに営巣場所があるのか、餌を咥えてやって来ました。

ノビタキ10

ノビタキ30

ノビタキ31

ノビタキは子育て真っ最中なのか、オス、メスともに餌を咥えてよく草原を飛び交っていました。この時期ですと本州では標高の高い高原に行かないと見られないノビタキですが、ここ北海道では平地でも普通に見ることができます・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の草原を彩る鳥たち・・・コヨシキリ

北海道の草原の鳥の続きで、これまた草原の至る所で鳴いていたコヨシキリをご紹介します。

コヨシキリは夏鳥として主に本州以北に渡来し、北海道では低地の草原で繁殖することが知られていますが、ここ北海道では至る所で独特の賑やかな囀りを楽しむことができました。

葦にとまったコヨシキリ。オオヨシキりに比べるとかなり小振りで(体長約13.5cm)、鳴き声もオオヨシキリ程うるさくありません。

コヨシキリ20

すっきりとした白い眉斑とバフ白色の下面がなかなかきれいでした。

コヨシキリ21

同じような写真ばかりですが、盛んに囀っていたコヨシキリ。

コヨシキリ10

コヨシキリ11

コヨシキリ12

コヨシキリ2

コヨシキリ3

今日は北海道の草原を彩るコヨシキリをご紹介しましたが、今回、何故かオオヨシキリはほとんど目にすることはありませんでした。同じ草原性の鳥でありながら彼らは微妙に棲み分けしているのでしょうか・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の野鳥たち・・・夏羽のオオジュリン

北海道の草原の鳥の続きで、今日は訪れた原生花園や公園など、至るところで目にした夏羽のオオジュリンをご紹介します。

日本では秋冬には本州中部から九州までの低地の葦原にいるオオジュリンですが、夏場は繁殖のため北海道、東北北部などに移動するため、関東周辺ではなかなか見ることはできません。今回はそんなオオジュリンに出会うことができました。

すっかり夏羽に換羽したオオジュリンのオス。それにしても真っ黒な頭が印象的です。

オオジュリン6

雛への給餌のためか虫を咥えてやって来たオオジュリン。

オオジュリン5


オオジュリン7

オオジュリン8

オオジュリン1

こちらはオスの冬羽とよく似たメス。

オオジュリン32

オオジュリン30

今日は北海道の草原で出会った夏羽のオオジュリンをご紹介しましたが、オオジュリンもまた北海道の草原を彩る貴重な鳥と言えそうです・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の草原を彩る鳥たち・・・ベニマシコ

北海道の草原の鳥の続きで、日本では北海道と青森県の一部で繁殖するベニマシコをご紹介します。

秋冬には本州以南の低地から山地の低木林で生息するベニマシコですが、ここ北海道では夏の草原の代表的な鳥の一つで原生花園や公園など至る所で目にすることができました。

真っ赤な夏羽に換羽したベニマシコのオス。関東辺りで冬鳥として出会うときには「フィッ、フィホ」というような地鳴しか聞きませんが、繁殖期のこの時期では「チュル、チルチチー」いうような囀りがよく聞かれました。

ベニマシコ1

こちらも真っ赤に変身したオス。

ベニマシコ2

こちらはまだそれ程赤色が強くないオス。

ベニマシコ7

ベニマシコ8

エゾノヨロイグサにとまった若オス。

ベニマシコ

今日は北海道の草原で繁殖するベニマシコをご紹介しましたが、この時期、真っ赤な夏羽に換羽したベニマシコはまさに北海道の草原を彩る鳥でした・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の草原を彩る鳥たち・・・ノゴマ

北海道の草原の鳥の続きで、今日は訪れた原生花園など至る所で目にしたノゴマをご紹介します。

ノゴマはコマドリと同じく小型ツグミ類の仲間で、野のコマドリということから名付けられたように草原で普通に見ることができ、北海道では平地から高山の低木林に住む夏鳥として知られています。

小木の上に出てきたノゴマのオス。鮮やかなルビー色の喉が遠目でもよく分かります。

ノゴマ5

ノゴマ6

そして時折、ピーヒョロ、ピーヒョロというような独特の囀りを奏でてくれました。

ノゴマ0

ノゴマ1

ノゴマ30

ノゴマ31

こちらはオスと行動を共にしていたノゴマのメス。メスは喉が白く地味な印象ですが、よくよく見るとすっきりとしてなかなかきれいな鳥です。

ノゴマ35

こちらは道路に出てきた番と思われる2羽。メスでも喉に少し赤味のある個体がいるようですが、左側のメスは正にそのような個体でした。

ノゴマ20

今日は北海道の草原を彩るノゴマをご紹介しましたが、関東では秋の渡りのシーズンに限られた場所に立ち寄る人気の鳥ですが、ここ北海道ではこの時期、草原の至る所で目にすることができました。やはりこの時期の北海道は華やぎがあり大変魅力的です・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の草原を彩る鳥たち・・・シマセンニュウ

北海道の草原の鳥の続きで、今日はシマセンニュウをご紹介します。

今回の北海道ツアーでは幾つかの原生花園や公園を訪れましたが、行く先々で枯れ草や木々で囀っているシマセンニュウに出会うことができました。

枝にとまったシマセンニュウ。大きさや色彩はウグイスにも似ていますが、体はオリーブ褐色で下面が淡く、チュルルチュカチュカというような囀り飛翔をしながら草の中に急降下していく姿をよく見かけました。

シマセンニュウ2

小木のてっぺんで・・・

シマセンニュウ1

シマセンニュウ10

こちらはやや高い木の枝に止まって休んでいたシマセンニュウ。

シマセンニュウ40

今日は夏鳥として渡来し、北海道の草原で繁殖するシマセンニュウをご紹介しましたが、センニュウという名前は草むらの中を自在に動いて暮らしている様子が「仙人」のようであることから付けられたようですが、昨日ご紹介したマキノセンニュウといい、まさにそのように草の中を自在に動き回っていました・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

北海道の草原を彩る鳥たち・・・マキノセンニュウ

北海道シリーズの続きで、今日はいろいろ探し回った挙句、ようやく見ることができたマキノセンニュウをご紹介します。

北海道の草原の鳥を代表するマキノセンニュウですが、その独特のチリリリリりという虫のような囀りは至るところで耳にしますが、草に潜ったままで姿はなかなか見せてくれません。しかし、鳥運はまだ残っていたようで、最終日になりようやくその姿を見ることができました。

この鳥はかなりナーバスな鳥のようで、そっと静かにしていないとなかなか出てきてくれません。我慢して待っているとようやくその愛らしい姿を見せてくれました。初見のマキノセンニュウは上面はヒメコウテンシのように淡いオリーブ褐色で、独特の黒褐色の縦斑が上面と胸、脇にもあり、一度見たら忘れられない美しい鳥でした。

マキノセンニュウ1

マキノセンニュウ2

マキノセンニュウ3

マキノセンニュウ4

こちらは別の場所で出てきたマキノセンニュウ。

マキノセンニュウ5

こちらは雨上がりの直後、姿を見せてくれたマキノセンニュウ。雨のため羽根が濡れていました。

マキノセンニュウ6

今日は北海道の草原を代表するマキノセンニュウをご紹介しましたが、苦労した挙句ようやく出会えたこの鳥は今回のツアーの最後を飾る忘れられない鳥となりました・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

子供を守るオジロワシ

北海道ツアーの続きで、今日は子育て真っ最中のオジロワシをご紹介します。

営巣中のオジロワシがいるということで現地を訪れました。遠くの営巣場所を見るとどうやら2羽の幼鳥がいるようで、親から与えられた餌を盛んに食べていましたが、食べ終わると少し顔を持ち上げてくれました。

オジロワシ55

そして、もう1羽の幼鳥の方に少し近づいていきました。

オジロワシ56

こちらは少し離れた場所でじっと子供をを見守っていた親鳥。

オジロワシ50

そんな時、突然3羽程のカラスが親鳥にちょっかいを出しにやって来ました。カラスを威嚇するオジロワシ。

オジロワシ51

後ろにいるカラスにも盛んに威嚇していました。カラスは執拗にちょっかいを出していましたが、そのうち諦めて飛び去っていきました。

オジロワシ52

今日はカラスから子供を守るオジロワシの親鳥をご紹介しましたが、幼鳥たちはそんな親鳥の苦労は知らないとばかりに無邪気に動き回っていました・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

初見のヤマゲラ

今回のツアーでは以前から一度は見てみたいと思っていたヤマゲラに偶然にも出会うことができました。

公園の入り口にある枯木で動き回っていたヤマゲラのオス。メスは頭に赤色斑がないのに対しオスでは額に赤色斑があります。

ヤマゲラ1

枯木の天辺にやって来たヤマゲラ。大きさ体色ともにアオゲラとよく似ていますが、アオゲラに見られるようなお腹の横斑がなくすっきり見えます。

ヤマゲラ2

額の赤色斑がよく分かります。

ヤマゲラ3

ヤマゲラ4

ヤマゲラ5

今日は一度は見てみたいと思っていた初見のヤマゲラをご紹介しましたが、探そうと思っても必ずしも出会えるとは限らないこの種の鳥に今回偶然出会えたことは本当にラッキーでした・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

子育て真っ最中のエゾライチョウ

日本では北海道でしか見られないエゾライチョウを求めて山地を探し回りましたが、幸い子育て真っ最中の親子に出会うことができました。

最初は枝止まりのエゾライチョウです。喉が褐色で、上面は褐色で黒褐色の斑があることからメスと思われえます。

エゾライチョウ2

同じく枝止まり

エゾライチョウ1

こちらは小さな雛を従えたエゾライチョウ。こっちに来るようにと促しているようです・・・

ライチョウ5

エゾライチョウ3

エゾライチョウ4

よく見ると雛は全部で3羽いましたが、こちらの写真はその内の2羽。

エゾライチョウ6

雛を大きくトリミングしてみました。全体に褐色で、黒褐色の過眼線を見てとることができます。

エゾライチョウ7

今日は日本では北海道でしか見ることのできないエゾライチョウをご紹介しましたが、今回のツアーでは見られない可能性も相当高いと思っていただけに、出会えた時の喜びはひとしおでした・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

子育てに忙しいクマゲラ

気の合った鳥仲間と一緒に北海道へ撮影旅行に行ってきました。鳥だけを目的の北海道ツアーは今回が初めてでしたが、予想以上に多くの野鳥を見ることができ大満足で帰ってきました。ということで、今日から暫くの間、北海道で出会った鳥たちを紹介していきたいと思います。

最初は苦労した挙句ようやく見ることができた営巣中のクマゲラです。数日前に雛がヘビに襲われたということで別の場所に行きましたが見ることができません。何とか姿だけでも見たいと思い、ヘビに襲われたポイントを訪れたところ幸い難を逃れた雛がまだ残っており、給餌の様子を観察することができました。

雛への給餌のため突然やって来たクマゲラ。この時は息を殺して夢中でシャッターを押していましたが、後でよく見ると後頭部のみが赤いことからお母さんであることが分かりました。

クマゲラ50

雛に餌をあげるお母さん。クマゲラは雛でも雌雄の判別ができ、この雛は前頭部から赤いことからオスであることが分かります。

クマゲラ51

この1羽に餌をあげた後、今度は頭を巣穴に突っ込んで餌やりをしていました。奥に更にもう1羽いるのでしょうか・・・

クマゲラ52

お母さんが給餌を行った後、暫くすると今度はお父さんが給餌にやって来ました。

クマゲラ2

メスとは異なり頭全体が真っ赤です。

クマゲラ3

先ほどと同じように今度も同じ雛が餌をねだっています。

クマゲラ4

餌やりを終えた後、巣穴から離れたお父さん。巣穴の中にはもう1羽(右側)の雛が確認できました。この雛は前頭部が赤くないことからメスだと思われました。

クマゲラ6

今回は苦労した挙句ようやく見ることができたクマゲラの親子をご紹介しましたが、初見のクマゲラは思った以上に大きく存在感がありました。それにしてもヘビに襲われた時、雛たちの恐怖はいかほどのものだったのでしょうか? 弱肉強食の世界とはいえ厳しい自然界の掟を考えさせられる今回の出会いでした・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

ボルネオの鳥たち・・・シロガシラトビ

ボルネオシリーズの最後に、今日はコナキタバル市内で出会ったシロガシラトビをご紹介します。

シロガシラトビはインドから中国、東南アジア、オーストラリア、ソロモン諸島に分布する上半身が白い美しいトビですが、前回当地を訪れた時には近くで見ることができず、出会いを待ち望んでいました。今回車で移動中に上空を旋回しているシロガシラトビを発見し何とかカメラに収めることができました。

500mmレンズを急遽手持ちで撮ったためブレブレの写真ですが、取り敢えず初撮りすることができました。

シロガシラトビ1

シロガシラトビ2

シロガシラトビ3

シロガシラトビ4

ボルネオシリーズの最後に、今日はようやく撮れたシロガシラトビをご紹介しましたが、今度は三脚を使ってもう少しまともな写真を撮りたいものです・・・

今日まで長々とボルネオの鳥たちにお付き合いいただきありがとうございました。
今年に入って2度目のボルネオでしたが、今回は時間的にも少しゆとりを持って回ることができたお陰で最初の時より多くの鳥を見ることができました。また、今回は残念がら出会いが叶いませんでしたが、ボルネオにはヤイロチョウやその仲間も生息しており、次回はぜひ彼らを探しに訪れてみたいものだと思いながら現地を後にしました・・・

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる