FC2ブログ

東アフリカの鳥たち・・・シュモクドリ、オニアオサギ、ズグロアオサギ、アフリカクロクイナ

東アフリカシリーズの続きで、今日はシュモクドリ、オニアオサギ、ズグロアオサギ、アフリカクロクイナをご紹介します。

最初はシュモクドリです。シュモクドリはサハラ砂漠以南に広く生息する体長56cmほどのアフリカの固有種で、全身が褐色で頭が大きく、この写真ではよく分かりませんが後頭部の羽毛が伸長しており、真っすぐに伸びた嘴と合わせて頭部がハンマー(撞木:仏教の道具のかね叩き)のように見えることから、英語では別名Hammerhead、日本名ではシュモクドリと名付けられています。

あまりに近すぎて全身が入りませんでした。

シュモクドリ1

こちらは上空を飛んでいたシュモクドリ。頭が大きいことがよく分かります。

シュモクドリ2

シュモクドリ3

次はオニアオサギ(英名:Goliath Helon )です。オニアオサギは体長約150cmと名前に違わない大きなサギで、英名の「ゴリアテ」は旧約聖書に出てくる巨人の名前で、「天空の城ラピュタ」に出てくる飛行戦艦の名前にも使われています。

写真ははるか遠くにいるのを撮影したもので鮮明な画像ではありませんが、次回はもう少し近くで撮ってみたいものです。

オニアオサギ2

次は同じくサギの仲間、ズグロアオサギです。ズグロアオサギはサハラ砂漠以南で広く生息する体長92cmほどのサギで、見た目はアオサギにもよく似ていますが、名前の通り頭から首にかけて黒色で足も黒色(アオサギは黄褐色)であることから識別できます。

ズグロアオサギ2
ズグロアオサギ1

最後はアフリカクロクイナです。アフリカクロクイナはサハラ砂漠以南に分布する体長20cmほどのクイナの仲間で、体全体が黒色で、虹彩は赤色、嘴は黄緑色、脚は桃色がかった赤色のなかなか美しい鳥でした。

アフリカクロクイナ1

アフリカクロクイナ3

今日はサファリの途中で出会ったシュモクドリ、オニアオサギ、ズグロアオサギ、アフリカクロクイナをご紹介しましたが、中でもアフリカの固有種シュモクドリは一度見たら忘れられない独特の姿かたちをしており、今回のツアーの思い出の鳥となりました・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる