FC2ブログ

東アフリカの鳥たち・・・ツキノワテリムク、チャバラテリムク

東アフリカシリーズの続きで、今日はツキノワテリムクとチャバラテリムクをご紹介します。

最初はツキノワテリムクです。ツキノワテリムクは東アフリカで最も一般的な体長約20cmの色鮮やかなムクドリの仲間で、サバンナから街の公園までいろいろな場所でよく見られました。目は白く、金属光沢の青い背中と胸に腹部はオレンジ色で、境界に白い帯があることからツキノワテリムクと名付けられたようです。

ロッジの庭で餌を啄ばんでいたツキノワテリムク。

ツキノワテリムク1

光が当たると金属光沢の羽根色が一層美しく見えます。

ツキノワテリムク2

ツキノワテリムク3

ツキノワテリムク4

ツキノワテリムク5

次はチャバラテリムクです。チャバラテリムクはケニア南部からタンザニア北部のサバンナに生息する体長約20cmのムクドリの仲間で、目は赤色で、頭部から背、胸が金属光沢の青紫色、腹部はオレンジ色の大変美しい鳥です。見た目にはツキノワテリムクとよく似ていますが、胸と腹部の境界の白い帯がないのが特徴で、ツキノワテリムクより出会う機会は少ないようです。

サバンナの疎林にいたチャバラムクドリ。

チャバラテリムク3

チャバラテリムク4

チャバラテリムク1

チャバラテリムク2

今日は何れも色彩鮮やかなムクドリの仲間、ツキノワテリムクとチャバラテリムクをご紹介しましたが、特にツキノワテリムクはツアーの期間中いろいろな場所で見る機会が多く、今回のアフリカツアーを代表する鳥となりました・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる