FC2ブログ

台湾の鳥たち・・・ヤマショウビン、アオショウビン、ヒメヤマセミ

アフリカに続き、今度は台湾のガイドツアーに参加してきましたので、今日から暫くの間、台湾で出会った鳥たちをご紹介していきたいと思います。

最初は数少ない旅鳥として日本を通過するヤマショウビンです。日本で見られるカワセミの仲間でまだ見ていなかったのがヤマショウビンでした。今回のツアーではそのヤマショウビンに出会える可能性があるということで参加しましたが、実はそんなに簡単ではなく、捜し歩き諦めかけたその時、幸運にもその姿を見せてくれました。

最初は200~300m先にとまっていましたが、その後移動し、何とか30~40mの距離で撮影することができました。水蒸気が多いせいかクリアーな写真ではありませんが、撮れただけでもラッキーでした。ヤマショウビンは英名をBlkack-capped Kingfisherと言うように、頭が黒く、背から尾羽、翼が深い藍色の美しいカワセミでした。

ヤマショウビン1

ヤマショウビン2

更にトリミングしてみました。

ヤマショウビン3

次は日本では迷鳥として南西諸島で記録のあるアオショウビンです。私は以前訪れた香港やシンガポールでも見ることができましたが、今回訪れた金門島でも留鳥のようで、滞在中何度か目にする機会がありました。

川辺の小木で休んでいたアオショウビン。アオショウビンは英名をWhite-throated Kingfisherと言いますが、確かに喉から上胸が白いですね。

アオショウビン2

川辺の薮の中にいたアオショウビン。

アオショウビン6

ピン甘ですが、何とか飛ぶところが撮れました。

アオショウビン3

アオショウビン4

アオショウビン5

最後はヒメヤマセミ(英名:Pied Kingfisher)です。ヒメヤマセミは体長約30cmとヤマセミに比べ若干小型のヤマセミで金門島では留鳥のようで、滞在中何度も目にすることができました。

遠くてしかも太陽ギラギラできれいには撮れませんでしたが、枝止まりのヒメヤマセミです。胸の黒い帯が1本だけ(オスは2本)であり、メスまたは幼鳥かと思われます。

ヒメヤマセミ1

ヒメヤマセミ2

飛ぶところも撮れましたが、こちらも太陽が反射し見苦しい写真となってしまいました。

ヒメヤマセミ3

今日は台湾・金門島で出会ったヤマショウビン、アオショウビン、ヒメヤマセミをご紹介しましたが、何れも写真としては今イチでしたが、それでも憧れのヤマショウビンに出会えただけでも幸運だったと思います・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる