FC2ブログ

台湾の野鳥たち・・・ハッカチョウ、クビワガラス

台湾の鳥たちの途中で沖縄の鳥たちをご紹介してきましたが、再び台湾の鳥たちに戻りたいと思います。今日は金門島で出会ったハッカチョウとクビワガラスをご紹介します。

最初は近年、日本でも各地で記録があるハッカチョウです。ハッカチョウは中国、台湾、ベトナム、ラオス、ミャンマーなどに広く分布しており、沖縄県与那国島・鹿児島県など南日本で観察されたものは台湾などから飛来した迷鳥(自然移入)の可能性もあるようですが、それ以外のエリアで観察されているものは何れも外来種とされています。

大群で松の木にやって来たハッカチョウ。

ハッカチョウ6

ハッカチョウ1

こちらは別の場所のハッカチョウ。額の冠羽と初列風切基部の白色が特徴的です。

ハッカチョウ10

飛ぶと初列風切の白色がよく目立ちます。

ハッカチョウ11

ハッカチョウ5

次はこちらも金門島でよく見かけたクビワガラスです。クビワガラスは中国南西部に生息し、中国大陸に隣接する金門島では留鳥として一年中見られるようです。

河口付近で飛び交っていたクビワガラス。名前のように首の周りがリング状に白くなっています。

クビワガラス1

クビワガラス4

飛び出し。

クビワガラス2

クビワガラス3

今日は金門島で出会ったハッカチョウとクビワガラスをご紹介しましたが、ハッカチョウはかっては台湾で広く生息していたようですが、ジャワハッカやインドハッカなど外来種のハッカチョウの仲間の侵入により年々その数を減らし、現在は僅かに金門島などだけで見られるようになったようです。また、クビワガラスについては台湾本島では珍鳥であり、大陸に近い金門島だけが留鳥ということで、地理的には中国大陸に近い金門島は野鳥の分布域としては中国と言っても可笑しくない気がします・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる