FC2ブログ

台湾の野鳥たち・・・マミハウチワドリ、ムジセッカ

台湾の鳥たちの続きで、今日は何れもウグイスの仲間、マミハウチワドリとムジセッカをご紹介します。

最初はマミハウチワドリです。マミハウチワドリは中国南西部と台湾に生息する体長約14cmほどのウグイスの仲間で、ハウチワドリという名前は長い尾羽を扇型のように広げることから名付けられたようです。

長い尾羽が特徴のマミハウチワドリ。

マミハウチワドリ2

マミハウチワドリはブッシュを好むようで、草むらの中を餌を探して忙しく飛び回っていました。

マミハウチワドリ3

マミハウチワドリ4

それにしても尾羽が長いですね・・・

マミハウチワドリ5

マミハウチワドリ6

次は日本では日本海側の離島などで渡りの季節に稀に見られるムジセッカです。台湾にはこの時期、冬鳥として渡来しているようです。

植え込みの中を忙しく動き回っていたムジセッカ。ムジセッカは体全体が褐色味が強く、チャッ、チャッというような独特の地鳴きに特徴があります。

ムジセッカ1

ムジセッカ2

今日は何れもウグイス科の仲間、マミハウチワドリとムジセッカをご紹介しましたが、日本では珍鳥のムジセッカも当地では冬鳥として比較的簡単に見られるようであり、日本から簡単に行ける台湾は探鳥地としても大変興味深いところです・・・

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ