FC2ブログ

アフリカの動物たち・・・クロサイ、バッファロー

今まで危険かつ人気の高い猛獣ビッグ5(ライオン、ゾウ、サイ、ヒョウ、バッファロー)のライオン、ヒョウ、ゾウをご紹介してきましたが、今日は残るサイとバッファローをご紹介します。

最初はクロサイです。クロサイというと体が黒いサイだからクロサイかと思いがちですが、実はそうではなく、シロサイの平たくて幅広い (wide) 口のことを白い(white)と聴き違いしたことからシロサイと名付けられたのに対し、そうでないサイをクロサイと言ったようで、地面近くの草を食べるシロサイの口が平たくて広いのに対し、クロサイの口は木の芽や枝などを食べやすいように尖った形をしているようです。

草原で佇んでいたクロサイ。

クロサイ1

頭部には2つの角がありますが、属名Diceros、種小名bicornis ともに「2つの角」の意味から来ているようです。

クロサイ2

口をよく見ると、尖っているように見えなくもありません。体にはキバシウシツツキが沢山とまっていました。

クロサイ3

次はバッファロー(アフリカスイギュウ)です。アフリカスイギュウは全身、黒や褐色の粗い毛に覆われ、オス、メス共に頭頂部を覆う湾曲した角を持ち、角の基部は隆起し、特にオスにおいては左右の基部が頭頂部で接することもあるとされています。

角の基部が大きく隆起したアフリカスイギュウのオス。

バッファロー3

今日は猛獣ビッグ5のうち、サイとバッファロー(アフリカスイギュウ)をご紹介しましたが、両者ともに草食動物であるにも関わらず見るからに猛々しい雰囲気を携えており、まさに猛獣ビッグ5の一角を担うに相応しいと感じさせられます・・・

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ