FC2ブログ

アフリカの動物たち・・・オグロヌー

アフリカシリーズの続きで、今日は大きな群れを作り、食糧となる草を求めて集団で大移動することで知られるヌーをご紹介します。

ヌーはウシとカモシカの特徴を合わせたような独特の体型をしておりウシカモシカの和名があり、また、1対の角は横に張り出しつつ湾曲したラインを描いて天を突くような形をしており、これはハーテビースト亜科に共通の特徴であるようです。

群れで休んでいたオグロヌー。体型だけでなく顔もまたウシとカモシカの両者の特徴を合わせたような雰囲気を携えていました。

ヌー5

ヌー4

休んでいる間、中にはこのように角を突き合わせるヌーもいました。

ヌー10

湖の近くで草を食んでいたヌーの群れ。

ヌー11

こちらも湖畔で草を食んでいたヌーの群れ。後ろはフラミンゴの大群。

ヌーとフラミンゴ

ヌー3

こちらは移動中のヌー。

ヌー2 - コピー

こちらも湖の浅瀬を横切っていたヌー。

ヌー1 - コピー

今日は大きな群れを作り集団で大移動することで知られるヌーををご紹介しましたが、ヌーは、2月から3月にかけての小雨期に雄と雌のグループに分かれ、雌のグループは集団で出産を行い、それらの集団は4月にかけて次第に合流すると、最終的には数万から数十万頭の規模に膨れあがってエサの多い草原を求めて大移動を始めるとされています。有名なマラ川(ケニア・タンザニア国境付近)の川渡りでは、ワニなどに捕食されたり、圧死や溺死するシーンがドキュメンタリー放映されたりしていますが、いま平和に草を食んでいるヌーたちにもそんな運命が待ちうけています・・・

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ