FC2ブログ

石垣島の鳥たち・・・カンムリワシ

昨日の続きで、今日は石垣島を代表する猛禽カンムリワシをご紹介します。

カンムリワシ(Crested Serpent Eagle:冠羽のあるヘビクイワシ)はインド、インドネシア、スリランカ、タイ、ベトナム、中国南部(福建、広東、雲南など)、日本(石垣島、西表島、与那国島)などに分布する体長約55cmの中型のワシで、後頭部に白い羽毛の混じる冠羽が生えることが日本名や英名の由来となっています。食性は動物食で、両生類、爬虫類、甲殻類、昆虫類などを捕食し、特にヘビを好むことから英名の由来ともなっています。

サトウキビ畑の散水器にとまったカンムリワシ。全身ほぼ褐色で翼や腹には白い斑点が入り、尾羽は白くて先端部には黒帯が入っています。

カンムリワシ1

振り向いたカンムリワシ。少しこちらを意識しているのか、後頭部の白い羽毛の混じった冠羽を少し立てました。

カンムリワシ2

飛び出そうとしているのか、お尻を少し浮かせました。

カンムリワシ3

そして、飛び出しました。

カンムリワシ4

やはり猛禽、羽根を広げると迫力があります。

カンムリワシ5

カンムリワシ6

上空を旋回。よく見るとこの個体は羽根がボロボロでした。

カンムリワシ7

暫く旋回した後、また近くの散水器にとまりました。

カンムリワシ8

こちらは別の日に見たカンムリワシの幼鳥。全体に白い羽毛で覆われていました。

カンムリワシ12

今日は石垣島を代表する猛禽カンムリワシをご紹介しましたが、国内では石垣島、西表島、与那国島でしか見ることができず大変貴重な野鳥と言えます。また、これらの地ではトビが生息しないため、自動車に轢かれた小動物の死骸を食べるなどトビと同じような生態的地位を占めているそうで、そんなことを考えながらカンムリワシを見ていると、益々興味が湧いてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる