FC2ブログ

コスタリカの鳥たち・・・ナツフウキンチョウ、ホノオフウキンチョウ、コシアカフウキンチョウ

昨日の続きで、今日もフウキンチョウの仲間、ナツフウキンチョウ、ホノオフウキンチョウ、コシアカフウキンチョウをご紹介します。

最初はナツフウキンチョウ(Summer Tanager)です。ナツフウキンチョウはアメリカ南部やメキシコ北部で営巣し、メキシコ中央部からエクアドル西部、ブラジルのアマゾン川流域にかけて越冬する体長約18cmのフウキンチョウで、コスタリカでは太平洋側、カリブ海側で容易に観察できるようです。

ツアー中、何度も姿を見せてくれたナツフウキンチョウ。真っ赤な体が実に色鮮やかで、どこにいてもよく目立ちます。

ナツフウキンチョウ10

ナツフウキンチョウ11

ナツフウキンチョウは果物が大好物のようで、ロッジの餌台によく来ていました。

ナツフウキンチョウ1

次はホノオフウキンチョウ(Flame-colored Tanager)です。ホノオフウキンチョウはコスタリカでは中央部の熱帯雨林やその林縁でよく見られる体長約18cmのフウキンチョウで、名前のように炎を思わせる鮮やかなオレンジ色をしています。

虫を咥えて現れたホノオフウキンチョウ。

ホノオフウキンチョウ11

ホノオフウキンチョウ1

ホノオフウキンチョウ2

最後はコシアカフウキンチョウ(Passerini's Tanager)です。コシアカフウキンチョウはメキシコ南部からパナマ西部にかけて生息する体長約16cmのフウキンチョウの仲間で、かってはScarlet-rumped Tanager(コシアカフウキンチョウ)と呼ばれていたものがDNA研究の結果二種に分けられ、カリブ海側の個体はPasserini's Tanager、太平洋側に生息する個体はCherrie's Tanagerに分類されることになったそうです。オスは外見上は全く同じだそうですが、メスのほうはCherrie's Tanagerのメスは胸上部と腰部が桃色であり、Passerini'a Tanagerのメスにはこれらの特徴が無いそうです。

ツアー中、何度も目にしたコシアカフウキンチョウ。

コシアカフウキンチョウ1

コシアカフウキンチョウ2

こちらは地味な色合いのコシアカフウキンチョウのメス。胸上部と腰部が桃色でないことからPasserini'a Tanagerのメスであることが分かります。

コシアカフウキンチョウ15

今日もフウキンチョウの仲間、ナツフウキンチョウ、ホノオフウキンチョウ、コシアカフウキンチョウをご紹介しましたが、何れもオスのほう赤色系のカラフルな色合いをしており、滞在中私たちをしっかり楽しませてくれました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる