FC2ブログ

コスタリカの鳥たち・・・ワタボウシハチドリ、ミドリトゲオハチドリ

コスタリカシリーズの続きで、今日からは滞在中に出会ったハチドリの仲間たちをご紹介したいと思います。

初はワタボウシハチドリ(Snowcap)です。ワタボウシハチドリは体長わずか6.5cmとコスタリカノドジロフトオハチドリ同様、コスタリカ最小のハチドリで、ホンジュラスからパナマ西部にかけて生息しており、コスタリカではカリブ海側の低地から中高地にかけて生息し、太平洋側でも稀に記録があるようです。特徴は何と言っても純白の頭で、日本名、英名ともにうまく名付けたものだと思います。

花壇の花の蜜を吸いに来たワタボウシハチドリのオス。頭のてっぺんが真っ平でちょっとユーモラスな感じを与えています。

ワタボウシハチドリ1

尾羽を広げた姿もなかなか魅力的です。

ワタボウシハチドリ2

ワタボウシハチドリ3

ワタボウシハチドリ4

こちらはワタボウシハチドリのメス。メスのほうは頭のてっぺんが白くはありませんが、すっきりとして実に美しいハチドリでした。

ワタボウシハチドリ10

ワタボウシハチドリ11

次はミドリトゲオハチドリ(Green Thorntail)です。ミドリトゲオハチドリはコスタリカからエクアドル西部に生息し、森林内や林縁、庭園などの小さな花のある木にやってきます。こちらもたいへん小さな鳥で緑の体にお尻の白帯が目立ちます。オスの尾の先は細く尖って長く(オス:体長約10cm、メス:体長約8cm)、日本名の由来になっています。メスのほうは頬が白く簡単に識別することができます。

長い尾を上にあげ、花の蜜を吸っていたミドリトゲオハチドリのオス。

ミドリトゲオハチドリ1

ミドリトゲオハチドリ2

こちらは尾の長さが普通で、頬が白いミドリトゲオハチドリのメス。

ミドリトゲオハチドリ10

ミドリトゲオハチドリ11

今日はハチドリの仲間2種をご紹介しましたが、ハチドリ(Hummingbirds)の飛び方や蜜を吸う姿、羽音は実にハチに似ており、日本名、英名ともにうまく命名したものだと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真 ブログランキングへ
     ↑ ↑
気に入って頂けましたらクリックをお願いします。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる