FC2ブログ

増えてきたミヤコドリ

昨日の続きで、今日は同じく干潟に来ていたミヤコドリをご紹介します。

先日もご紹介したミヤコドリ(Eurasian Oystercatcher)ですが、50羽以上の群で行動しており、潮が満ちてくると浅瀬に移動し、好物のアサリなどを盛んに食べていました。

一斉に飛び立ったミヤコドリ。黒い頭に赤い嘴、白い下面が鮮やかです。

ミヤコドリ1

そして、カモメたちのいる浅瀬に降り立ちました。

ミヤコドリ2

ミヤコドリ3

これだけ数が揃うと壮観です・・・

ミヤコドリ4

こちらは飛翔するミヤコドリ。

ミヤコドリ5

嘴にはしっかりアサリを咥えていました。

ミヤコドリ10

ミヤコドリ11

ミヤコドリ12

ミヤコドリ13

ミヤコドリ14

今日は数が増えてきたミヤコドリをご紹介しましたが、古代・中世にはカモメ科の「ユリカモメ」のことを「ミヤコドリ」と呼んでいたという説がありますが、今では名前が定着したせいなのか、このチドリ目の「ミヤコドリ」のほうが雰囲気的にもその名に相応しく感じられます・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる