FC2ブログ

葦原のオオタカ、チュウヒ、ハヤブサ

カラフトワシがやって来た葦原ではオオタカをはじめ、チュウヒ、ハヤブサなども見ることができましたので、今日はそんな猛禽たちをご紹介したいと思います。

最初はトビと絡んでいたオオタカ(Northern goshawk)の幼鳥です。体下面には幼鳥特有の黒褐色の縦斑が見られます。

オオタカ5

オオタカ6

単独で旋回を始めたオオタカの幼鳥。

オオタカ1

オオタカ2

オオタカ3

オオタカ4

こちらは獲物を探して低空飛翔していたチュウヒ(Eastern marsh harrier)です。ハイイロチュウヒのオスもいましたが、あまりに遠く、写真にはなりませんでした。

チュウヒ1

チュウヒ2

チュウヒ3

こちらは上空を横切って行ったハヤブサ(Peregrine falcon)の幼鳥。体下面には黒褐色のやや太い縦斑が見られます。

ハヤブサ1

ハヤブサ2

今日はカラフトワシのやって来た葦原の他の猛禽たちをご紹介しましたが、広大な葦原にはこれら多くの猛禽たちを養えるだけの豊富な獲物があるようです・・・



ご訪問ありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いいたします。
 ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ