FC2ブログ

ハイイロヒレアシシギ

小笠原航路の最後に、今日は旅鳥として沖合を通過するハイイロヒレアシシギをご紹介します。

ハイイロヒレアシシギ(Red phalarope)は北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部の北極圏で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸や南アメリカ大陸等で越冬。日本には渡りの途中に旅鳥として飛来しますが、沖合上を通過するものが多く、目にする機会は少ないようです。なお、東北地方以北では夏にも少数が観察されるようです。

洋上で羽根を休めていた冬羽のハイイロヒレアシシギです。船が近づいたため飛び出しました。

ハイイロヒレアシシギ1

灰色の翼に白い翼帯が目立ちます・・・

ハイイロヒレアシシギ2

ハイイロヒレアシシギ4

ハイイロヒレアシシギ5

ハイイロヒレアシシギ6

ハイイロヒレアシシギ7

ハイイロヒレアシシギ8

ハイイロヒレアシシギ9

小笠原航路の最後に、沖合を通過中のハイイロヒレアシシギをご紹介しましたが、同じ仲間のアカエリヒレアシシギは渡りの時期、内陸でも見ることがありますが、外洋性の強いハイイロヒレアシシギは内陸で見ることは少なく、今回そんなハイイロヒレアシシギに運よく出会うことができました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ