FC2ブログ

タイの野鳥・・・コウラウン、ミヤマヒヨドリ

タイ・シリーズの続きで、今日は同じヒヨドリ科のコウラウンとミヤマヒヨドリをご紹介します。

最初は滞在中何度も目にしたコウラウンです。
コウラウン(Red-whiskered Bulbul)は東南アジアからインド方面にかけ、南アジア一帯に分布しているヒヨドリ科の鳥で、頭頂部に独特の「とさか状」の冠羽があり、頬と尾羽の裏側は鮮やかな赤色で、英名はこの頬の赤斑から命名しているようです。

昼食に訪れたレストランの庭にやって来たコウラウン。

コウラウン1

同じ庭に集まっていたコウラウン。

コウラウン2

バナナに群がっていたコウラウン。

コウラウン3

羽根を広げると、尾羽基部の赤色斑がよく目立ちます・・・

コウラウン4

コウラウン5

コウラウン6

次は山地の道路脇で目にしたミヤマヒヨドリです。
ミヤマヒヨドリ(Mountain Bulbul)はインドから東南アジア全体に広く分布する山地性のヒヨドリ科の鳥で、こちらもコウラウン同様、美しい歌声で鳴くことで知られているようです。

ミヤマヒヨドリ1

ミヤマヒヨドリ2

ミヤマヒヨドリ3

尾羽を広げたミヤマヒヨドリ。陽を浴びて透けた尾羽がとてもきれいでした・・・

ミヤマヒヨドリ4

ミヤマヒヨドリ5

今日は同じヒヨドリ科のコウラウンとミヤマヒヨドリをご紹介しましたが、ともにソングバードとして知られており、中でもコウラウンはあでやかな鳴き声でよく囀るため、鳥かごで飼われていることも多く、特に南タイ、マレーシアなどでは人気の小鳥のようです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ