FC2ブログ

カナダの鳥・・・カナダヅル、オオアオサギ

再びカナダの鳥たちに戻ります。今日はカナダヅルとオオアオサギをご紹介します。

最初は文字通りカナダを代表するツル、カナダヅルです。
カナダヅル(Sandhill crane)は北アメリカとシベリア北東部極地で繁殖し、冬季はアメリカ南西部に渡りますが、中国、韓国などのアジア東部では迷鳥として記録されることがあり、また西ヨーロッパでは極めて珍しい迷鳥でもあるようです。
日本では稀な冬鳥として、ほぼ毎年1~数羽が記録されているようです。

自然保護区で目にしたカナダヅル。

カナダヅル1

レンズが長すぎて全身が入りきりません・・・

カナダヅル2

横から見たカナダヅル。嘴が長めであり、日本に渡来するものとは別の亜種と思われます・・・

カナダヅル3

池の中洲でずっと座り込んでいたカナダヅル。雛を暖めているのでしょうか?

カナダヅル5

次は滞在中、湿地帯でよく見かけたオオアオサギです。
オオアオサギ(Great blue heron)はカナダ、アメリカからパナマにかけての地域とガラパゴス諸島に分布し、亜種によっては、冬季、西インド諸島からコロンビア、ベネズエラに渡り越冬するほか、迷鳥として、スペイン、イギリスでも記録があるようです。

湿地帯を歩いていたオオアオサギ。日本で見られるアオサギとよく似ていますが、名前の通り一回り大きいです・・・

オオアオサギ1

オオアオサギ2

近すぎて全身が入りません・・・

オオアオサギ3

今日はカナダヅルとオオアオサギをご紹介しましたが、オオアオサギはカナダヅルとほぼ同じ大きであることから、遠目では時にツルと間違われることもあるそうですが、羽や体格、飛び方がカナダヅルとはまったく異なり、カナダヅルが首を伸ばして飛行するのに対し、オオアオサギは首を伸ばさず、体の方に折り畳むようにして飛行することで識別できるようです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる