FC2ブログ

カナダの鳥・・・ウタスズメ、ゴマフスズメ、イエスズメ

カナダシリーズの続きで、今日はスズメと名のつく3種をご紹介します。

最初は滞在中何度も目にしたウタスズメです。
ウタスズメ(Song sparrow)は北アメリカ、カナダで繁殖し、冬季は北アメリカ南部、メキシコで越冬するホオジロ科の鳥で、日本では迷鳥として2007年に山口県見島で1例記録があるのみです。

自然公園の遊歩道に出てきたウタスズメ。頭側線、眼の後方、翼、尾は茶褐色で、汚白色の体下面に黒褐色の縦斑が特徴です。

ウタスズメ4

ウタスズメ1

枝止まりのウタスズメ。

ウタスズメ2

ウタスズメ3

ウタスズメ6

次は同じくホオジロ科のゴマフスズメです。
ゴマフスズメ(Fox sparrow)は北アメリカの北部、西部、カナダ、アリューシャン列島で繁殖し、冬季は北アメリカの南部からメキシコ北部へ移動し越冬。日本では迷鳥として1935年に栃木県、1985年に北海道で記録されています。

自然公園の遊歩道に出てきたゴマフスズメ。頭部から体上面は灰褐色で、腮から体下面は白色で顎線、胸、脇に灰褐色の斑が密集しています。和名はこのゴマフ状の斑から名付けられたようです。

ゴマフスズメ1

ゴマフスズメ2

ゴマフスズメ3
ゴマフスズメ4

最後はスズメ科の鳥、イエスズメです。
イエスズメ(House sparrow)は南極を除く全大陸に分布する汎存種で、世界一分布域の広い鳥類として知られていますが、東アジアは分布の空白域になっており、朝鮮半島、日本、台湾、フィリピン、インドネシアには自然分布していません。日本では迷鳥として北海道、利尻島、天売島、舳倉島、見島で記録があり、利尻島ではスズメと交雑し繁殖した記録があるようです。

自然公園で目にしたイエスズメのオス。スズメとよく似ていますが、額から後頸が灰色で眼の後方の小さい白斑が特徴です。

イエスズメ1

イエスズメ2

イエスズメ4

今日はスズメと名のつく3種をご紹介しましたが、何れも日本では滅多に見ることのできない迷鳥ばかりですが、ここバンクーバーではごく普通に見られるようで、そういう意味ではちょっとあっけない出会いとなりました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる