FC2ブログ

カナダの鳥・・・ホシムクドリ、テリムクドリモドキ

カナダシリーズの続きで、今日はホシムクドリとテリムクドリモドキをご紹介します。

最初は日本にも数少ない冬鳥として渡来するホシムクドリです。
ホシムクドリ(Common starling)はヨーロッパ東部、スカンジナビア半島、ロシア西部からバイカル湖周辺までの広い地域で繁殖し、冬季は中央アジアやイラン、アラビア半島、アフリカの地中海沿岸の地域に渡り越冬しますが、北アメリカやハワイ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国等には、他の地域から持ち込まれた個体が外来種として生息し、その数を増やしているようです。

公園の芝生で餌を啄ばんでいたホシムクドリ。

ホシムクドリ1

ホシムクドリ3

ホシムクドリ4

こちらは枝止まり

ホシムクドリ2

ホシムクドリ5

ホシムクドリ6

次はテリムクドリモドキです。
テリムクドリモドキ(Brewer's Blackbird)は北アメリカ大陸全土に分布するムクドリモドキ科の鳥で、ハゴロモガラスと同じようにオスでは全身が光沢のある黒色をしており、虹彩は黄色。メスでは地味な灰褐色をしており、虹彩は褐色である点が異なります。

ホシムクドリと同じ場所で見られたテリムクドリモドキのオス。

テリムクドリモドキ1

こちらは地味な色合いのメス。

テリムクドリモドキ3

テリムクドリモドキ4

今日は昨日のハゴロモガラスと同じく黒い鳥2種をご紹介しましたが、黒い鳥は一般に悪役のイメージがありますが、よくよく見るとそれぞれ個性があり、味わい深いものがあります・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ