FC2ブログ

数少ない旅鳥 コシャクシギ

南西諸島シリーズの続きで、今日は数少ない旅鳥 コシャクシギをご紹介します。

コシャクシギ(Little curlew)は主にロシアのシベリア地方で繁殖し、冬季はニューギニア、オーストラリアへ渡り越冬。日本では数少ない旅鳥として主に西日本(特に九州地方)での観察記録が多く、稀に何十羽もの群れで観察されることもあるようです。

島の海岸近くの草地で餌を探して歩き回っていたコシャクシギ。チュウシャクシギより一回り小さく、嘴は短くて基部が細く湾曲も少なく、眼が大きく見えるのが特徴です。

コシャクシギ1

コシャクシギ2

こちらを意識しているのか、ゆっくりと遠ざかっていきました・・・

コシャクシギ3

コシャクシギ4

コシャクシギ5

今日は西日本では比較的観察記録の多いコシャクシギをご紹介しましたが、関東地方では滅多に見ることができないだけに、今回の出会いは思い出深いものとなりました。やはりこのような島嶼部は意外性があります・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ