ドングリを探すカケス

オオカラモズの遠征の帰り、いつもの高原の森に立ち寄りましたが、そこでは森の常連 カケスを目にすることができました。

カケス(Eurasian jay)はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて分布し、日本では九州以北で繁殖する留鳥で、北部に生息するものは冬季に南に移動するようです。

昆虫類の少なくなったこの時期、地面に降りて好物のドングリを探していたカケス。

カケス7

土の中に貯食していたのでしょうか?見事ドングリを見つけ口に咥えました。

カケス6

カケス8

羽色の美しいカケスですが、特に雨覆の青色部分には白黒の細い縞模様があるのが特徴です。

カケス9

カケス10

その後、木の枝に飛び移ったカケス。

カケス1

カケス2

カケス3

カケス4

カケス5

今日は森の常連 カケスをご紹介しましたが、信州や美濃地方では「カシドリ」の異名もあるように、冬のこの時期、地面や樹皮の間などに蓄えたカシやナラ、クリの実などを食べているようで、この日も偶然そんな光景を目にすることができました。生き抜くために獲得した彼らの知恵には本当に驚かされます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

数少ない旅鳥または冬鳥 ニシオジロビタキ

オオカラモズの遠征の帰り、夕闇せまる中、数少ない旅鳥または冬鳥として渡来するニシオジロビタキにも会ってきました。

ニシオジロビタキ(Red-BreastedFlycather)はユーラシア大陸西部で繁殖し、日本では数少ない旅鳥または冬鳥として毎年各地で記録がありますが、その多くはメスであり今回のようなオスは比較的少ないようです。なお、ニシオジロビタキはかってはユーラシア大陸東部で繁殖し、日本には少数が渡来するオジロビタキ(TaigaFlycatcer)の別亜種とされていましたが、現在は別種扱いとなっています。

枝にとまったニシオジロビタキのオス。よく似たオジロビタキのオスは腮から喉が橙色なのに対し、こちらは腮から上胸にかけて橙色部分が大きく、とても華やかに見えます。

ニシオジロビタキ4

ニシオジロビタキ1

ニシオジロビタキ3

ニシオジロビタキ8

ニシオジロビタキ6

ニシオジロビタキ5

お気に入りの枝にとまってくれました。

ニシオジロビタキ11

さすがキビタキと同属、人懐っこく色々なポーズをとってくれます・・・

ニシオジロビタキ10

ニシオジロビタキ12

ニシオジロビタキ15

ニシオジロビタキ16

今日は日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来するニシオジロビタキをご紹介しましたが、日本で越冬する個体のほとんどがメスか若鳥であり、今回のようなきれいなオスに出会えるチャンスはそれ程多くはありません。今回は日没寸前であり、ISOを目一杯上げての撮影で解像度はあまり良くありませんでしたが、出会えただけでもラッキーだったと感謝しながら岐路につきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

マナヅル

昨日の続きで、今日はオオカラモズのいた田圃で単独で餌を探していたマナヅルをご紹介します。

マナヅル(White-naped crane)は夏季に中国北東部、モンゴル北東部、アムール川およびウスリー川流域、ハンカ湖などで繁殖し、冬季に日本、朝鮮半島中部、長江下流域、洞庭湖、鄱陽湖などへ南下し越冬。日本では主に出水地方に越冬のため飛来しますが、稀に他の地域にも渡来することがあるようです。

陽も落ち始めたころ、田圃で餌を探していた1羽のマナヅル。逆光のため本来の美しい色がでませんが・・・

マナヅル1

全身灰色~暗灰色ですが、英名のように頭頂から後頸、頸部基部にかけての白色部分と、眼の周囲から嘴基部にかけての裸出した赤い皮膚が目立ちます。

マナヅル2

マナヅル4

その後、飛び出し・・・

マナヅル5

マナヅル6

少し離れた田圃に降り立ちました。

マナヅル

再び餌を探し始めたマナヅル。残念ながら、ここでも逆光でした・・・

マナヅル10

マナヅル11

マナヅル12

マナヅル13

今日はオオカラモズのいた田圃で単独で餌を探していたマナヅルをご紹介しましたが、まさかこんなところでマナヅルに出会えるとは思ってもいなく、何だか得をした気分になりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

マガン

昨日の続きで、今日はオオカラモズのいた近くの田圃で目にしたマガンをご紹介します。

マガン(Greater white-fronted goose)はカナダ、アラスカ、シベリア東部で繁殖し、冬季になるとアメリカ、韓国、中国、日本、メキシコなどへ南下し越冬。日本では冬鳥として主に北日本に局地的に渡来し、東北地方北部以北では旅鳥(北海道では少数が越冬)で、東北地方南部より南では日本海側に多いことが知られています。

田圃で二番穂を啄ばんでいたマガンの群れ。

マガン1

アップで見ると英名のごとく額から嘴基部にかけての白色部分が目立ちます。

マガン4

マガン3

マガン5

1羽が飛び出すと、他のマガン達も一斉に飛び出します・・・

マガン8

マガン9

マガン10

上空を飛ぶと、胸から腹にかけての黒色の横斑を確認することができます。

マガン11

遠くの山を背景に飛翔するマガン。

マガン12

マガン13

関東周辺ではめったに見ることができないマガンですが、一昨年の伊豆沼(宮城県)以来、久し振りにマガンの群れを楽しむことができました。冬の風物詩であるマガンはやはり年に一度は見てみたい鳥です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオカラモズの食事シーン

昨日の続きで、今日はオオカラモズ(Chinese grey shrike)の食事シーンをご紹介します。

当地のオオカラモズは風切や胸の色などから第1回冬羽の可能性が高いと思われますが、そうであればまだ狩りの経験が少なく、昆虫類を中心に捕食しているものと思っていました。そんな時、小鳥と思われる獲物を枝に刺し、食事をしているシーンを偶然目にすることができました。

込み入った枝の中で食事をしていたオオカラモズ。枝には種類は分かりませんが小鳥(幼鳥?)と思われるものを刺していました。それまでは可愛く見えたオオカラモズですが、気のせいか急に猛禽独特の鋭い眼つきに見えてきたのが不思議です・・・

オオカラモズ80

獲物を食べるオオカラモズ。

オオカラモズ81

オオカラモズ82

オオカラモズ83

真っ赤な肉片を咥えた後、枝に刺さった獲物を下に落としてしまいました・・・

オオカラモズ84

肉片を咥えたまま周りを見回していたオオカラモズ。

オオカラモズ85

オオカラモズ86

オオカラモズ87

オオカラモズ88

今日はオオカラモズの食事シーンをご紹介しましたが、当地のオオカラモズはまだ若く、狩りもあまりうまくないと思っていましたが、小鳥と思われ獲物を枝に刺して捕食するシーンを見たときには、さすが猛禽と思わせる迫力を感じさせられました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオカラモズの飛翔

昨日の続きで、今日はオオカラモズ(Chinese grey shrike)の飛翔をご紹介します。

オオカラモズの食性は動物食で、主にネズミ等の小型哺乳類や、小型の鳥類、昆虫類を捕食するそうですが、その際、他のモズ類と同様、電線や枯れ枝、杭等にとまり、低空飛行をして獲物を捕るようです。

田圃の小さな溜池脇の小木にとまって獲物を探していたオオカラモズ。

オオカラモズ15

オオカラモズ16

獲物を見つけたのか、いきなり飛び出して行ったオオカラモズ。翼を広げると風切基部の白斑が鮮やかです。

オオカラモズ17

オオカラモズ18

オオカラモズ19

こちらは別の枝にとまっていたオオカラモズ。

オオカラモズ62

オオカラモズ61

その後、真横に飛び出して行きました。よく見ると胸にピンク色がかった褐色みが見られることから、やはり第1回冬羽の可能性が高いと思われます。

オオカラモズ63

オオカラモズ64

こちらは小木の中にとまったオオカラモズ。

オオカラモズ43

突然飛び出しました・・・

オオカラモズ44

オオカラモズ40

オオカラモズ41

オオカラモズ42

今日はオオカラモズが何度も何度も飛び出して行くシーンをご紹介しましたが、この個体は第1回冬羽の可能性が高く、そうであればまだ狩りの経験も少ないためネズミ等の小型哺乳類を捕えることもままならず、昆虫類など比較的捕りやすい獲物を捕食しているのではないかと思われました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

初見のオオカラモズ

今まで見ることが叶わなかったオオカラモズに会いたくて少しばかり遠征してきましたので、今日はそんな初見のオオカラモズをご紹介します。

オオカラモズ(Chinese grey shrike)は中国北部から中部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬は中国南部で越冬。日本では数少ない冬鳥または旅鳥として北海道、本州、佐渡、舳倉島、四国、九州、対馬、南西諸島などで記録がありますが、数は非常に少ないようです。

湖畔近くの広々とした田園地帯で越冬していたオオカラモズ。全長約31cmとオオモズ(24~25cm)より一回り大きく、。頭上から背中、腰は灰色で、尾は黒く長く、黒い翼に初列風切基部と次列風切基部が白いのが特徴です。

オオカラモズ21

オオカラモズ22

飛びつき寸前のオオカラモズ。翼下面はほぼ白色です・・・

オオカラモズ30

オオカラモズ31

オオカラモズ32

オオカラモズ33

オオカラモズ34

その後、いきなり飛び出しました。翼を広げると風切に褐色みがあることから、第1回冬羽の可能性が考えられます・・・

オオカラモズ36

オオカラモズ38

オオカラモズ39

今日は初見のオオカラモズをご紹介しましたが、よく似たオオモズがユーラシア、北部アフリカから北米までという広範囲に生息するのに対し、オオカラモズは名前のごとく中国、朝鮮半島のごく限られた地域でのみ生息しており、そんな分布域のことを考えながら見ていると、益々興味が湧いてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コミミズク

ハギマシコを見た帰り道、、コミミズクのポイントにも立ち寄りましたので、今日はそんなコミミズクをご紹介します。

コミミズク(Short-eared owl)はアフリカ北部、北アメリカ、南アメリカ、ユーラシア、西インド諸島、ガラパゴス諸島、フォークランド諸島、台湾、日本、ハワイ諸島、ミクロネシアに分布し、日本では冬季に越冬のため全国的に飛来する人気の鳥です。

河川敷の葦原に姿を見せてくれたコミミズク。鳥までの距離があるほか、この日はあいにく短いレンズしか持って行っておらず、おまけに三脚も持って行かなかったため解像度は今一でしたが、今季初ということもありご紹介します。

コミミズク1

獲物を探して低空飛翔するコミミズク。

コミミズク2

コミミズク3

コミミズク4

獲物のネズミが見つかったのか、急旋回しました・・・

コミミズク5

コミミズク6

コミミズク7

コミミズク8

コミミズク9

今日は今季初のコミミズクをご紹介しましたが、今度は長いレンズでじっくり狙いたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハギマシコ

所用のついでに今季初のハギマシコを見てきましたので、今日はそんなハギマシコをご紹介します。

ハギマシコ(Asian rosy finch)はユーラシア東部に分布し、日本では冬季に越冬のため飛来しますが、一部は夏季に北海道や東北地方の高山帯に残る個体もおり、繁殖している可能性もあるようです。

道路脇の木に鈴なりになってとまっていたハギマシコ。朝からの雨がようやく上ったばかりで光量不足ですが、特徴である脇のバラ色の縦斑は何とか見ることができました。和名はこの斑紋がハギの花のように見えることから、英名は脇のバラ色から名付けられたようです。

ハギマシコ1

一部を大きくトリミングしてみました・・・

ハギマシコ2

ハギマシコ3

こちらは餌を食べに降りてきたハギマシコ。周りには先日降った雪がまだ残っていました。

ハギマシコ4

ハギマシコ5

ハギマシコ6

ひとしきり餌を食べた後は、一斉に大空に飛び出していきます。この頃になりようやく青空が少しばかり見えてきました・・・

ハギマシコ7

ハギマシコ8

その独特の色合いで人気のあるハギマシコですが、この日はあいにく朝から雨模様で光量があまりなく、本来の美しい色合いは今一でしたが、それでも一年振りの出会いを楽しむことができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カラスを仕留めたオオタカ

自宅近くの貯水池に散歩に行きましたが、たまたまオオタカ(Northern goshawk)の狩りの様子を目にすることができましたので、今日はそんなオオタカをご紹介します。

当貯水池はオオタカの狩り場として知られており、ここではハシブトガラスを水に沈めて溺死させ仕留めるという狩りが日常的に行われています。今回もたまたま散歩の途中でそんな光景に出くわしました。お散歩用カメラでしかもオオタカまでの距離があるため、鮮明な写真ではありませんが取り敢えずご紹介します。

ハシブトガラスを溺死させた後、水から引き上げたオオタカ。虹彩がやや橙色がかっていることからオスの成鳥と思われます。周りには仲間のハシブトガラスがぐるりと取り巻いていました。

オオタカ1

ハシブトガラスを威嚇するオオタカ。

オオタカ2

羽根を少し広げるのも威嚇のためなのでしょうか?

オオタカ3

オオタカ4

オオタカ5

その後、おもむろに獲物を食べ始めました・・・

オオタカ6

オオタカ7

オオタカ8

時々ハシブトガラスを威嚇するオオタカ。

オオタカ10

やがてハシブトガラスも徐々にいなくなり、しっかり獲物を食べ始めました・・・

オオタカ11

先程より素嚢が膨らんできたようです・・・

オオタカ12

鳥たちの中では頭がよくて、あまり天敵もいないように思えるハシブトガラスですが、やはり狩りの上手いオオタカには勝てないようで、今日も一羽のハシブトガラスが犠牲になってしまいました。弱肉強食の世界とはいえ、野生の生物が生きていくのは大変ですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ようやく会えたヤマシギ

雪がらみのヤマシギが見たくて山麓の湿原を訪れましたが、初日はまったく目にすることができませんでした。気を取り直し、翌日再度訪れた結果、ようやく目的のヤマシギに出会うことができました。

ヤマシギ(Eurasian Woodcock)は夏にユーラシア大陸の中緯度地域で繁殖し、冬季はヨーロッパやアフリカの地中海沿岸やインド、東南アジアなどに渡って越冬。日本では北海道では夏鳥、本州中部以北と伊豆諸島で留鳥、西日本では冬鳥として知られています。

そんなヤマシギですが、寒波の到来とともに当地にもやって来てくれたようです。湿原の水路でじっと座り込んでいたヤマシギ。全身の羽毛は灰色、黒色、赤褐色などの細かいまだら模様の保護色ですが、水の中では比較的よく分かります。

ヤマシギ1

よく似たアマミヤマシギに比べると、全体に赤褐色みが強く、嘴もやや長くて細く見えるほか、頭部の黒斑はすべて幅が広い(アマミヤマシギは最前のものが幅狭く、2番目からが幅広い)のが特徴です。

ヤマシギ3

こちらは少し離れた水路で姿を見せたヤマシギ。一般的にヤマシギは落葉の下にいるミミズなどを好んで食べているようですが、地元の方の話では当地のヤマシギは水路の中のトビゲラの幼虫などを食べているようだと話されていました。

ヤマシギ5

ヤマシギ6

ヤマシギ7

ヤマシギ8

水路の中を行ったり来たりしながら餌を探していたヤマシギ。

ヤマシギ9

ヤマシギ10

ヤマシギ12

今日はようやく出会えたヤマシギをご紹介しましたが、ヤマシギもまた雪がよく似合います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

雪がらみのミヤマホオジロ

昨日の続きで、今日は同じく山麓の森にやって来たミヤマホオジロをご紹介します。

ミヤマホオジロ(Yellow-throated bunting)は夏季に中国や朝鮮半島、ウスリーなどで繁殖し、冬季には中国南部や日本、台湾へ南下し越冬しますが、そんなミヤマホオジロが今年もこの山麓の森にやって来てくれました。

散策路脇の枝にとまったミヤマホオジロのオス。発達した冠羽に黄色い眉斑と喉、黒い過眼線と胸部の三角斑が鮮やかです。

ミヤマホオジロ1

ミヤマホオジロ2

その後、散策路に降り立ち・・・

ミヤマホオジロ4

盛んに草の実を啄ばんでいました。

ミヤマホオジロ5

ミヤマホオジロ6

ミヤマホオジロ7

ミヤマホオジロ8

ミヤマホオジロ9

ミヤマホオジロ10

ミヤマホオジロ11

ミヤマホオジロ12

ミヤマホオジロ13

ミヤマホオジロ14

昨日に続き、今日も雪がらみのミヤマホオジロをご紹介しましたが、ミヤマホオジロもまた雪がよく似合います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

雪がらみのシロハラ

雪がらみの野鳥が撮りたくなり山麓の湿地を訪れました。今日はその中から冬鳥のシロハラをご紹介します。

シロハラ(Pale thrush)は中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬。日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で越冬しますが、西日本の山地では少数が繁殖していると考えられています。

そんなシロハラが寒波が到来した山麓の湿地にもやって来てくれました。全身ほぼ灰褐色ですが、英名、和名のように腹部が白っぽいのが特徴です。

シロハラ1

やはりツグミの仲間、嘴と脚がよく発達した体型をしています。

シロハラ2

ミミズや昆虫が好みのようで、盛んに落葉をひっくり返し餌を探していました・・・

シロハラ3

シロハラ4

シロハラ5

獲物を捕えたのか、口を開けて呑み込んでいるようです。

シロハラ6

シロハラ7

シロハラ8

シロハラ9

シロハラ10

今日は雪がらみのシロハラをご紹介しましたが、冬鳥シロハラには雪がよく似合います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオホシハジロ

インド探鳥記の途中ですが、今日は自宅から比較的近い湖にやって来たオオホシハジロをご紹介します。

オオホシハジロ(Canvasback)はアラスカからカナダ、北アメリカ中西部で繁殖し、冬季はアメリカ南部からメキシコに渡り越冬。日本では数少ない冬鳥として湖沼、河川、内湾などに渡来しますが、年により渡来数は変動するようです。

ホシハジロやキンクロハジロに混じって湖で休んでいたオオホシハジロのメス。ホシハジロのメスにもよく似ていますが、ホシハジロに比べ体が一回り大きく、額からのラインはなだらかで、嘴も長いのが特徴です。

オオホシハジロ5

カモ類によく見られる顔を突き出すポーズをしました・・・

オオホシハジロ3

オオホシハジロ4

オオホシハジロ8

その後、羽ばたきをするのか、頸を後ろに下げ・・・

オオホシハジロ9

羽ばたき始めました・・・

オオホシハジロ10

オオホシハジロ11

翼を広げると、翼下面は真っ白です。

オオホシハジロ12

オオホシハジロ13

オオホシハジロ14

オオホシハジロ15

オオホシハジロ16

今日は数少ない冬鳥として渡来するオオホシハジロをご紹介しましたが、オオホシハジロの英名(Canvasback)はオスの背中がキャンバス(画布)のように真っ白なところから付けられたようです。今度はそんなオスにも出会いたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オガワコマドリ

インド探鳥記の続きで、今日は日本でも大変人気の高いオガワコマドリをご紹介します。

オガワコマドリ(Bluethroat)はユーラシア大陸の中部以北で繁殖し、冬季はアフリカ中部からアラビア半島、東南アジアに渡り越冬。日本では稀な旅鳥または冬鳥として、特に日本海側の島嶼部で記録が多いことが知られています。

世界遺産・ケオラディオ国立公園の散策路脇に積まれたホテイアオイに乗ったオガワコマドリ。顎線に淡い青色の斑が見られ、喉から腹部にかけて橙褐色、青色、黒色、白色、橙褐色の帯が見られることから、冬羽のオスと思われます。

オガワコマドリ13

オガワコマドリ10

オガワコマドリ11

オガワコマドリ12

オガワコマドリ14

こちらは首都デリー近郊の湖畔で目にしたオガワコマドリ。上面だけですと何の鳥なのかよく分かりませんが・・・、

オガワコマドリ1

オガワコマドリ2

オガワコマドリ3

喉から胸にかけての色模様が見えるとオガワコマドリであることが分かります。

オガワコマドリ4

この個体も、顎線に淡い青色の斑が見られ、喉から腹にかけて色彩の帯が見られることから冬羽のオスと思われます。

オガワコマドリ5

オガワコマドリ6

オガワコマドリ7

オガワコマドリ8

今日はインド滞在中何度か目にしたオガワコマドリをご紹介しましたが、日本では珍鳥のこの鳥も越冬地である当地では比較的普通に見られるようで、少しばかり有難味が薄れてしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメコガネゲラ

インド探鳥記の続きで、今日はヒメコガネゲラをご紹介します。

ヒメコガネゲラ(Black-rumped Flameback or Lesser Goldenback)はパキスタン、インド、ミャンマー、スリランカに分布するキツツキの仲間で、名前のようにお尻が黒く、背中が金色なのが特徴です。

サリスカ野生動物保護区で目にしたヒメコガネゲラのオス。オスでは冠羽全体が鮮やかな赤色です。(メスは後頭部のみが赤色)

ヒメコガネゲラ1

ヒメコガネゲラ2

その後、近くの木に飛び移りました。

ヒメコガネゲラ3

ヒメコガネゲラの主食はアリやクモ、蝶、蛾の幼虫などだそうですが、獲物を探して木の割れ目を覗いていました。

ヒメコガネゲラ4

ヒメコガネゲラ5

ヒメコガネゲラ6

ヒメコガネゲラ7

ヒメコガネゲラはあまり人を恐れていないのか、すぐ近くにやって来ました。

ヒメコガネゲラ8

ヒメコガネゲラ9

今日は赤い冠羽に黄金色の背中、黒い尾羽が鮮やかなヒメコガネゲラをご紹介しましたが、ヒメコガネゲラには2亜種が存在し、スリランカでは背中がクリムゾン色(赤紫色)をした亜種が生息しており、図鑑で見る限り同種とは思えないほど異なっていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

セイタカコウ

インド探鳥記の続きで、今日はセイタカコウをご紹介します。

セイタカコウ(Black-necked stork)はインド、東南アジア、オーストラリア北部に分布するコウノトリの仲間で、英名は頭から頸にかけて光沢のある黒緑色の羽毛から、また和名はコウノトリ科の中で背が高いことから名付けられたようです。

世界遺産・ケオラディオ国立公園の湿地を餌を探しながら歩いていたセイタカコウ。この個体は虹彩が黄色であることからメスと思われます。

セイタカコウ1

セイタカコウ2

光が当たると、頭から頸にかけての金属光沢のある黒緑色が実に鮮やかです・・・

セイタカコウ3

セイタカコウ4

こちらは遠くの営巣木に向かって飛んでいったセイタカコウ。

セイタカコウ10

羽根を広げると、肩羽、中雨覆、大雨覆、尾羽も美しい金属光沢の黒緑色をしていました。

セイタカコウ11

セイタカコウ12

セイタカコウ13

営巣場所に降り立ったセイタカコウのオス(虹彩は茶色)。巣の中には抱卵中なのでしょうか、メスの親鳥がうずくまっていました。

セイタカコウ14

セイタカコウ15

セイタカコウ16

巣まではかなり距離があったため少し近づいて撮影。この時、巣の中はオスの親鳥1羽だけになっていました。

セイタカコウ17

今日は金属光沢の黒緑色が鮮やかなセイタカコウをご紹介しましたが、セイタカコウは名前の通り体長129~150cmと日本で生息するコウノトリ(体長112cm)より一回り大きく、その姿は迫力満点でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロエリコウ(別名エンビコウ)

インド探鳥記の続きで、今日はシロエリコウをご紹介します。

シロエリコウ(Woolly-necked stork)はサハラ以南のアフリカ、インドからフィリピン、セレベスにかけて分布するコウノトリ科の鳥で、体は緑紫の光沢のある黒色で、頸の羽毛は短く綿状になっており、英名、和名の由来にもなっています。

世界遺産・ケオラディオ国立公園の湿地で休んでいたシロエリコウ。左側はアオサギ。

シロエリコウ1

シロエリコウ2

シロエリコウ3

少し角度を変えて撮影しました。脚は赤色ですが、アフリカの亜種アフリカシロエリコウでは黒色です。なお、シロエリコウは別名エンビコウとも呼ばれていますが、これは尾が燕尾状になっていることから名付けられたようです。
*以前、タンザニアで撮影した亜種アフリカシロエリコウは以下のURLをご覧ください。
http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-394.html

シロエリコウ4

シロエリコウ5

今日はケオラディオ国立公園の湿地で目にしたシロエリコウをご紹介しましたが、今回は残念ながら頸をすくめて休んでいる姿しか見ることができませんでしたが、次回は白い襟がしっかり見える立ち姿を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

田園で目にしたオオヅル

昨日に続き、今日は田園地帯で目にしたオオヅル(Sarus crane)をご紹介します。

インド探鳥の最終日、ケオラディオ国立公園近郊の田園地帯でたまたま目にすることができた亜種シロエリオオヅルです。昨日ご紹介した湿原とは異なり、緑濃い菜の花畑でつがいと思われる2羽が餌を探していました。

オオヅル20

緑の中ですと、淡灰色の亜種シロエリオオヅルが一段と美しく見えます・・・

オオヅル21

オオヅル22

オオヅル23

オオヅル24

オオヅル25

2羽が一緒になりました・・・

オオヅル26

オオヅル27

オオヅル28

オオヅル29

オオヅル30

今日は田園地帯で目にした亜種シロエリオオヅルをご紹介しましたが、ツアー最終日、まさかこのような場所で出会えるとは思ってもなく、この予期せぬ出会いに喜びひとしおでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

湿原のオオヅル

インド探鳥記の続きで、今日はツルの仲間では最大のオオヅルをご紹介します。

オオヅル(Sarus crane)はインド、パキスタン、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、オーストラリアに分布する全長140~156cmのツル科最大のツルで、全身淡灰色の羽毛で被われ、頭部から頸部上部にかけては羽毛がなく赤い皮膚が露出し、足も赤みを帯びているのが特徴です。

世界遺産・ケオラディオ国立公園で目にしたオオヅル。オオヅルは生息域により3亜種(シロエリオオヅル:インド北部、パキスタン東部、ヒガシオオヅル:インド北東部、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、オーストラリアオオヅル:オーストラリア北部)
に分かれており、今回出会ったのは喉から後頸にかけて首輪状に黒い羽毛で被われた亜種シロエリオオヅルでした。

オオヅル4

離れていた2羽が近ずいてきました。

オオヅル5

食性は雑食だそうですが、昆虫や魚、カエル、爬虫類などが好みのようで、獲物を探して湿原をゆっくり歩いていました。

オオヅル6

オオヅル7

オオヅル8

オオヅル9

トリミングして見ると、喉から後頸にかけた首輪状の黒い羽毛がよく分かります。

オオヅル10

オオヅル11

オオヅル12

オオヅル13

オオヅル14

手前のシロエリコウの近くを歩いていく亜種シロエリオオヅル。

オオヅル15

今日はツル科の中では最大種のオオヅル(亜種シロエリオオヅル)をご紹介しましたが、頭から頸にかけて真っ赤な皮膚が露出したこのツルは、日本産ツルでは最大のタンチョウ(体長145cm)に負けず劣らず存在感を放っていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水辺のインドトキコウ

昨日の続きで、今日は水辺のインドトキコウ(Painted Stork)をご紹介します。

世界遺産・ケオラディオ国立公園の湿地で餌を探しながら歩いていたインドトキコウ。

インドトキコウ4

インドトキコウ5

インドトキコウ6

こちらでは幼鳥も一緒に餌を探していました。

インドトキコウ1

インドトキコウ2

羽根を広げると、幼鳥の風切、尾羽は緑色を帯びていることが分かります。

インドトキコウ3

水面近くを優雅に飛翔するインドトキコウ。

インドトキコウ7

インドトキコウ8

こちらは大空を群れで飛翔するインドトキコウ。全長約93cmあり飛翔姿は迫力があります・・・

インドトキコウ11

インドトキコウ12

インドトキコウ15

インドトキコウ16

今日は水辺で活動していたインドトキコウ(Painted Stork)をご紹介しましたが、このような大型の鳥たちがゆったりと生活している風景を見ると、今の日本には見られない自然の豊かさを感じさせられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

インドトキコウのコロニー

インド探鳥記の続きで、今日は今回のツアーの目玉でもあったインドトキコウのコロニーをご紹介します。

インドトキコウ(Painted Stork)はインド、パキスタンからスリランカ、東南アジア、中国南部にかけて分布するコウノトリ科の鳥で、モノトーンのコウノトリとは異なり、英名のように大変カラフルな大型(体長約93cm)の鳥類です。また、彼らは水辺に近い森林でコロニーを形成して繁殖することが知られています。

世界遺産・ケオラディオ国立公園の水辺の樹木の上で休んでいたインドトキコウ。繁殖期の成鳥は体色は白色ですが、風切、尾羽は黒く、大雨覆、三列風切は紅色を帯び、眼の周囲から嘴の基部までは赤い皮膚が裸出しており、嘴は橙黄色、脚は紅色と大変カラフルです。

インドトキコウ27

インドトキコウ21

インドトキコウ22

彼らは樹上で営巣しており、親たちはせっせと餌を運んでは、このように全身灰褐色の幼鳥たちの世話をしていました。

インドトキコウ9

こちらの巣では4羽の幼鳥がいました。

インドトキコウ10

こちらは親の帰りを待っていた幼鳥たち。

インドトキコウ20

こちらはまだ幼い雛に餌を持ってきた親鳥。

インドトキコウ23

インドトキコウ24

インドトキコウ25

インドトキコウ26

今日はインドトキコウのコロニーの様子をご紹介しましたが、当国立公園には広大な湿地が広がっており、これら多くの大型鳥類を支えるに足りる食物(魚類、カエル、爬虫類、甲殻類、昆虫類など)が豊富にあることを示していました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カワアジサシ

インド探鳥記の続きで、今日はサリスカ野生動物保護区近くの湖で目にしたカワアジサシをご紹介します。

カワアジサシ(River tern)はイランからインド、ミャンマー、タイにかけて分布するアジサシの仲間で、名前のように河川や湖など、淡水域で生息するという特徴を持っています。

湖上空に姿を見せたカワアジサシ。

カワアジサシ1

カワアジサシ2

カワアジサシ3

ぐんぐん近づいてきました。近くで見ると、上面は濃いグレーで下面は白色、頭は黒く、嘴は黄色、脚は赤色で、フォーク状の尾を持つ美しいアジサシでした。

カワアジサシ4

カワアジサシ5

フォーク状の尾がよく分かります・・・

カワアジサシ6

カワアジサシ7

カワアジサシ8

カワアジサシ9

カワアジサシ10

今日はインド内陸の湖で目にしたカワアジサシをご紹介しましたが、カワアジサシは淡水魚、甲殻類、オタマジャクシ、水生昆虫など淡水性の小動物を主な食糧としており、海洋性のアジサシとはうまく棲み分けをしているようでした。それにしても種の保存のため棲み分けを行うという彼らの戦略は凄いですね・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タカサゴモズ

インド探鳥記の続きで、今日は滞在中、何度も目にしたタカサゴモズです。

タカサゴモズ(Long-tailed Shrike)はユーラシア大陸に広く分布し、日本では迷鳥として本州、見島、九州、対馬、トカラ列島、琉球諸島で記録がありますが、生息域により幾つかの亜種に分かれており、日本にやってくる個体は中国南東部、台湾、ベトナム北部などで繁殖する亜種schachとされています。

世界遺産・ケオラディオ国立公園で目にしたタカサゴモズ。インドには頭の黒い亜種tricolor(インド北部)と、頭が灰色の亜種erythronotus(インド全土)、亜種caniceps(インド南部)の3亜種が 生息しているようですが、今回目にしたのはその中の亜種erythronotusと思われます。

タカサゴモズ1

タカサゴモズ2

タカサゴモズ3

タカサゴモズ4

タカサゴモズ5

背中側から見ると、日本にやってくる亜種schachに比べ、上尾筒の褐色みが薄いようです。

タカサゴモズ6

タカサゴモズ7

こちらは首都デリー近郊の湖畔で目にしたタカサゴモズ。

タカサゴモズ8

タカサゴモズ9

タカサゴモズ10

今日は滞在中、何度も目にしたタカサゴモズをご紹介しましたが、タカサゴモズは多くの亜種に分類されており同定は容易ではありませんが、それでも亜種間の違いを調べながら同定を試みるのは楽しみでもあります・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カタグロトビ

インド探鳥記の続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるカタグロトビをご紹介します。

カタグロトビ(Black-winged kite)はアフリカからヨーロッパ南部、アラビア半島南部、インド、東南アジア、ニューギニアにかけて分布するトビの仲間で、日本では迷鳥として、石垣島、与那国島、西表島、沖縄島などで記録があります。私にとってはかって訪れた東アフリカと台湾、タイで見ており、今回が4回目ということになります。

車で移動中、開けた農耕地で目にしたカタグロトビ。体長35cm程の大きさで頭部から体の下面にかけて白灰色、体の上面はやや銀色がかった灰色、翼の肩の部分が黒く名前の由来ともなっています。また、虹彩は赤色で、目の周囲は黒く、離れて見ると眼が吊り上って見えます。

カタグロトビ3

カタグロトビ1

カタグロトビ2

その後少し場所を変え、獲物を探していました・・・

カタグロトビ4

カタグロトビ5

カタグロトビ6

カタグロトビ7

カタグロトビ8

こちらは別の場所で目にしたカタグロトビ。翼下面の雨覆は白く、初列・次列風切の一部は黒色です。

カタグロトビ10

この個体は右側の風切がかなり傷んでいました。

カタグロトビ11

カタグロトビ12

今日はインドでは留鳥のカタグロトビをご紹介しましたが、日本では迷鳥のこの鳥も、気候の亜熱帯化に伴い、今後更に増加してくるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメヤマセミ

インド探鳥記の続きで、今日はサリスカ野生動物保護区近くの湖で目にしたヒメヤマセミをご紹介します。

ヒメヤマセミ(Pied Kingfisher)はアフリカから中東、南アジアに分布するカワセミ科の鳥で、全長は25cmほどでヤマセミ(38cm)よりかなり小型です。

湖の上空で獲物を狙ってホバリングしていたヒメヤマセミ。ヒメヤマセミはホバリングしながら水に飛び込み、獲物を獲るケースが多いようです。

ヒメヤマセミ1

ホバリングしていると時はほとんど同じ場所で羽ばたいています・・・

ヒメヤマセミ2

ヒメヤマセミ3

ヒメヤマセミ4

ヒメヤマセミ5

ヒメヤマセミ6

こちらは後ろ向きで・・・

ヒメヤマセミ10

ヒメヤマセミ11

獲物に狙いをつけ、今まさに飛び込もうとしています・・・

ヒメヤマセミ12

ヒメヤマセミ13

今日は湖で目にしたヒメヤマセミをご紹介しましたが、ヒメヤマセミは飛び込む際には太陽を背にして飛び込むのが特徴だそうで、昼間は上から、朝夕は斜めに飛び込むそうです。魚たちから見るとヒメヤマセミの姿は太陽の中に隠れて見えないことになり、獲物の魚に逃げられないための工夫と考えられているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミナミオオモズ

インド探鳥記の続きで、今日はミナミオオモズをご紹介します。

ミナミオオモズ(Southern Grey Shrike)は南ヨーロッパ、北アフリカ、南西アジアに分布するモズですが、かっては日本にも数少ない冬鳥として渡来するオオモズ(ユーラシア大陸の中緯度以北、北アフリカ、北アメリカに分布)と同種とされていたものが、近年それぞれ別種として分類されたようです。また、ミナミオオモズはオオモズより若干小さく、乾燥した開かれた場所を好んで生息しているようです。

サリスカ野生動物保護区で目にしたミナミオオモズ。飛ばれないよう遠くから撮影しました。

ミナミオオモズ1

ミナミオオモズ2

徐々に車を近づけ、比較的近くから撮影。よく見ると上面の灰色が若干暗色で、下面も灰色みが見られることから第1回冬羽ではないかと思われます。

ミナミオオモズ4

ミナミオオモズ5

ミナミオオモズ6

ミナミオオモズ3

ミナミオオモズ7

こちらは別の場所で目にしたミナミオオモズ。先程の個体と比べると上面の灰色も明るく、下面もより白色であることから成鳥のミナミオオモズと思われます。

ミナミオオモズ12

ミナミオオモズ13

ミナミオオモズ14

今日は南ヨーロッパ、北アフリカ、南西アジアに分布するミナミオオモズをご紹介しましたが、かっては日本にも渡来するオオモズとは同種として扱われていただけあり、ちょっと見ただけではほとんど区別ができない程よく似ていました。余談ですが、南ヨーロッパや北アフリカの一部では両種が共存している国もあるようですが、両者は交配しないよう、それぞれが生息場所を分けて生息しているようです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

インドアカガシラサギ

インド探鳥記の続きで、今日はインドアカガシラサギをご紹介します。

インドアカガシラサギ(Indian Pond Heron)はイラン、パキスタン、インド、ミャンマー、バングラデシュ、スリランカなどに分布するサギ科、アカガシラサギ属の鳥ですが、夏羽では頭部から胸にかけて鮮やかな赤褐色のアカガシラサギに対し、むしろジャワアカガシラサギに近いクリーム色を帯びたバフ色をしています。

世界遺産・ケオラディオ国立公園で目にしたインドアカガシラサギの冬羽。冬羽はアカガシラサギやジャワアカガシラサギの冬羽と酷似しており、これらとの識別は不可能とも言われているようです。

インドアカガシラサギ2

インドアカガシラサギ3

インドアカガシラサギ4

インドアカガシラサギ5 (2)

インドアカガシラサギ6 (2)

こちらは世界遺産・サリスカ国立公園で目にしたインドアカガシラサギ。

インドアカガシラサギ7

インドアカガシラサギ5

インドアカガシラサギ6

インドアカガシラサギ1

今日は日本でも時々観察されるアカガシラサギの冬羽に酷似したインドアカガシラサギをご紹介しましたが、今度は是非、頭部から胸にかけてクリーム色を帯びたバフ色の夏羽を見てみたいものです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

インドスナバシリ

インド探鳥記の続きで、今日はインドスナバシリをご紹介します。

インドスナバシリ(Indian Courser)はインド、バングラデシュ、スリランカなど、南アジアに生息する体長約23cmのツバメチドリ科、スナバシリ属の鳥で、和名のごとく乾燥した砂礫地が主な生息場所であるようです。

収穫の終わった農耕地で目にしたインドスナバシリ。逆光であまり鮮明な写真ではありませんが、その特徴である栗色の頭に、白色の眉斑、黒色の過眼線、首から胸にかけた赤褐色を確認することができました。

インドスナバシリ1

同じ仲間のツバメチドリと同じように、ちょこちょこっと歩いては立ち止まるという動きを繰り返していました。

インドスナバシリ2

インドスナバシリ3

インドスナバシリ4

後ろから見ると、白い眉斑が頭の後ろで鉢巻のように繋がっています。

インドスナバシリ5

インドスナバシリ6

インドスナバシリ8

インドスナバシリ9

今日はツバメチドリの仲間インドスナバシリをご紹介しましたが、昨日ご紹介したイシチドリ同様、水鳥の仲間でありながら砂礫地が好みのようで、生物の多様性を考えさせられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる