アカマシコ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本では大変人気のあるアカマシコをご紹介します。

アカマシコ(Common rosefinch)はスカンジナビア半島東部からカムチャツカ半島にいたるユーラシア大陸の亜寒帯、イラン高原、チベットなどで繁殖し、冬季はインド、東南アジア北部、中国南部に渡り越冬。日本では数少ない旅鳥として主に日本海側の島嶼で記録されることが多く、他に北海道、本州、四国、九州でも記録があるようです。

ウランバートル近郊の河川敷で目にしたアカマシコのオス。完全な成鳥になるには3年程度かかると言われていますが、この個体は頭から胸にかけての赤色がまだ鈍いことから、第2回夏羽ではないかと思われます。

アカマシコ1

アカマシコ2

アカマシコはほんの一瞬とまってくれましたが、すぐに飛び去ってしまいました・・・

アカマシコ3

こちらはモンゴル西部のオラーンゴム近郊の疎林で出会ったアカマシコのメス。

アカマシコ10

この木の花芽が好物のようで、夢中でついばんでいました。

アカマシコ11

日本では大変人気のあるアカマシコですが、国内では夏羽のオスはなかなか見ることができず、バーダー憧れの鳥となっています。そんなアカマシコですが、さすが繁殖地であるモンゴル、完全な成鳥とは言えませんが、それでもそれなりに赤い個体を見ることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オジロビタキ

モンゴルシリーズの続きで、今日はオジロビタキをご紹介します。

オジロビタキ(Taiga flycatcher)はヨーロッパ東部からロシア、シベリア、カムチャッカ半島までのユーラシア大陸の亜寒帯で繁殖し、冬季はインドや東南アジア方面に渡り越冬。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来するもののその数は少ないようです。

モンゴル西部のオラーンゴム近郊の疎林で目にしたオジロビタキのオス。光線が強く白飛びしていますが、和名の由来ともなっている尾羽の外側の白色部分、橙色の喉、嘴が上下ともに黒色である点などを確認することができます。

オジロビタキ1

オジロビタキ2

こちらは地面近くにとまったオジロビタキ。こちらも陽炎が立って鮮明な画像ではありませんが、、やや汚れた感じの灰白色の下面が確認できます。

オジロビタキ3

オジロビタキ4

オジロビタキ5

こちらはウランバートル近郊の疎林で目にしたオジロビタキ。

オジロビタキ6

今日は日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来するオジロビタキをご紹介しましたが、従来、日本各地で記録のあるオジロビタキとされてきた個体の多くは実はニシオジロビタキ(日本鳥類目録改定第7版では検討種として扱われている)と言われており、そういう意味では今回出会ったオジロビタキは日本ではむしろ稀な種ということになります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種メンガタハクセキレイ、亜種シベリアハクセキレイ

モンゴルシリーズの続きで、今日は何れもハクセキレイの亜種、亜種メンガタハクセキレイと亜種シベリアハクセキレイをご紹介します。

ハクセキレイ(White Wagtail)はユーラシア大陸ほぼ全域とアフリカ中部以北に分布し、日本では留鳥または漂鳥として北海道から九州にかけて生息していますが、ハクセキレイは亜種が多く、日本では亜種ハクセキレイのほか、亜種ニシシベリアハクセキレイ、亜種シベリアハクセキレイ、亜種ホオジロハクセキレイ、亜種メンガタハクセキレイ、亜種ネパールハクセキレイ、亜種タイワンハクセキレイの7亜種が記録されています。

そんなハクセキレイですが、今回訪れたモンゴル西部のオラーンゴム周辺では亜種メンガタハクセキレイが実に多く、目にしたハクセキレイはすべて亜種メンガタハクセキレイでした。

ホテルの庭にいた亜種メンガタハクセキレイ。特徴である白い面をはめたような額から眼の周囲、眉斑の白色部分がよく分かります。

メンガタハクセキレイ2

メンガタハクセキレイ1

メンガタハクセキレイ3

メンガタハクセキレイ4

オラーンゴム空港近くの草地にいた亜種メンガタハクセキレイ。まるで黒い頭巾をかぶっているように見えます・・・

メンガタハクセキレイ5

メンガタハクセキレイ6

次はウランバートル近郊の河川敷で目にした亜種シベリアハクセキレイです。顔が白く、胸、頭頂から後頸が黒色で、背は灰色なのが夏羽のオスの特徴のようです。

シベリアハクセキレイ1

シベリアハクセキレイ2

昨年訪れたモンゴルではウランバートル周辺と南ゴビだったこともあり、目にしたハクセキレイは亜種シベリアハクセキレイと亜種タイワンハクセキレイだけでした。今回はモンゴル西部のオラーンゴム周辺を訪れたためか、当地で目にするハクセキレイはすべて亜種メンガタハクセキレイでした。同じモンゴルでも場所が変わると亜種の分布も随分異なるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のキガシラセキレイ

モンゴルシリーズの続きで、今日はキガシラセキレイをご紹介します。

キガシラセキレイ(Citrine wagtail)はロシア中西部、モンゴル、ヒマラヤ山脈などで繁殖し、冬季になるとインド、中国南部、インドシナ半島などへ南下し越冬。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として主に日本海側の島嶼、南西諸島での記録が多いほか、北海道、本州、四国、九州、伊豆諸島、小笠原諸島などでも記録があるようです。

首都ウランバートル近郊の汚水処理場近くで目にしたキガシラセキレイ。頭部から体下面にかけて鮮やかな黄色の個体がオス。頭頂から背が灰色で、耳羽にも灰褐色の斑があるのがメスです。

キガシラセキレイ1

オスを大きくトリミングしてみました・・・

キガシラセキレイ2

こちらはモンゴル西部のオブス湖周辺の葦原で目にしたキガシラセキレイのオス。頭部から体下面にかけての黄色が実に鮮やかです・・・

キガシラセキレイ3


キガシラセキレイ4

キガシラセキレイ5

キガシラセキレイ6

キガシラセキレイ7

キガシラセキレイ8

キガシラセキレイ9

前回に続き、今回も目にすることのできたキガシラセキレイですが、さすが繁殖地であるモンゴル、夏羽の美しい個体をじっくり堪能することができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シベリアジュリン、オオジュリン

モンゴルシリーズの続きで、今日はシベリアジュリンとオオジュリンをご紹介します。

最初はシベリアジュリンです。

シベリアジュリン(Pallas's reed bunting)はシベリア、モンゴル、カムチャツカ半島、中国北東部で繁殖し、冬季は朝鮮半島から中国東部に渡り越冬。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として各地に渡来しますが、日本海側や九州に比較的多いようです。

オラーンゴム郊外で目にした夏羽のシベリアジュリンのオス。夏羽ではオオジュリンのオスにもよく似ていますが、体長14cmとやや小さく、体下面はより白っぽく、小雨覆は灰色、嘴は黒色(この写真では光線の関係で白っぽく見えます)で、嘴峰は直線的なのが特徴です。

シベリアジュリン5

シベリアジュリン6

こちらの写真では嘴は黒っぽく見えます・・・

シベリアジュリン1

シベリアジュリン2

シベリアジュリン3

シベリアジュリン4

次は日本でもお馴染みのオオジュリンです。

オオジュリン(Common reed bunting)は夏季はユーラシア大陸の中~高緯度地域で繁殖し、冬季はアフリカ大陸北部やユーラシア大陸南部へ南下し越冬。日本では亜種オオジュリンが留鳥または漂鳥として北海道、本州北部で繁殖し、冬季は本州以南に南下し越冬します。

オブス湖周辺の葦原で目にしたオオジュリンのメス。体長16cmとシベリアジュリンよりやや大きく、嘴は上下とも嘴峰は丸みを帯びた黒褐色で、会合線、下嘴は灰褐色みがあり、足が暗褐色であるのもオオジュリンの特徴です。

オオジュリン1

オオジュリン2

オオジュリン3

オオジュリン4

オオジュリン5

オオジュリン6

今日はシベリアジュリンとオオジュリンをご紹介しましたが、オオジュリンについては初夏の北海道で美しい夏羽のオスを見ることができますが、シベリアジュリンについては夏羽に出会うことは難しく、一度は鮮やかな夏羽を見たいと思っていました。今回はシベリアジュリンの繁殖地ということで美しい夏羽のオスに出会うことができ、ようやく永年の夢がかないました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のシラガホオジロ

再びモンゴルシリーズに戻ります。今日は日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来するシラガホオジロをご紹介します。

シラガホオジロ(Pine bunting)はヒマラヤ山脈以北のユーラシア大陸で繁殖し、日本では数少ない旅鳥または冬鳥として、北海道、本州、九州で記録があり、特に日本海側の島嶼部では主に秋の渡りの時期に毎年観察されることで知られています。そんなシラガホオジロですが、繁殖地であるモンゴル、美しい夏羽の個体を見ることができました。

オラーンゴム郊外の疎林で目にした夏羽のシラガホオジロのオス。和名のごとく頭頂、頬、上胸が白く、眼先から眉斑、腮から喉は鮮やかな赤褐色をしています。

シラガホオジロ2

シラガホオジロ3

地面に降りたシラガホオジロ。体長約17cmと、日本で見られるホオジロ類では最大級であり、見るからに大きく見えます。

シラガホオジロ4

こちらはウランバートル郊外の疎林で目にしたシラガホオジロのオス。

シラガホオジロ8

シラガホオジロ7

こちらはオスの第1回夏羽でしょうか、まだ全体ににぶい色をしていました。

シラガホオジロ5

シラガホオジロ6

こちらは同じ場所にいたシラガホオジロのメス。ホオジロのメスにもよく似ていますが、顔は淡褐色で、過眼線、頬線、顎線は黒褐色。耳羽に小さい白斑があるのが特徴です。

シラガホオジロ11

シラガホオジロ12

シラガホオジロ13

日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来するシラガホオジロですが、さすが繁殖地であるモンゴル、鮮やかな夏羽の個体をじっくり堪能することができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アメリカコアジサシとコアジサシ

昨日の続きで、今日はコアジサシ(Little tern)の繁殖地で目にしたアメリカコアジサシ(Least Tern)とコアジサシをご紹介します。

最初はコアジサシに求愛給餌しようとしたのか、ボラのような魚を咥えてやって来たアメリカコアジサシ(右側)です。翼上面の初列風切の外側3枚が黒色なのではっきりと識別できます。

アメリカコアジサシ20

そんなアメリカコアジサシに対し、左側のコアジサシは何となく無視しているように見えます

アメリカコアジサシ21

アメリカコアジサシ22

アメリカコアジサシは給餌をあきらめたのか・・・

アメリカコアジサシ23

遠ざかっていきました・・・

アメリカコアジサシ24

アメリカコアジサシ25

こちらはその近くで求愛給餌行動をしていたコアジサシのペア。こちらはメスのほうがかなり反応していました。

コアジサシ1

コアジサシも初列風切外縁だけは黒色ですが、外側3枚がはっきりとした黒色のアメリカコアジサシとは随分違いがありますね。

コアジサシ2

コアジサシ3

今日はコアジサシの繁殖地で目にしたアメリカコアジサシとコアジサシをご紹介しましたが、ここではそれぞれ別種であるアメリカコアジサシがコアジサシに求愛活動をしているようにも見受けられる行動も目にすることができました。アジサシの仲間は交雑の多いカモメ類と同じカモメ科ですので、比較的交雑ができやすいとも考えられ、そうなると、もしペアリングが成功した場合、ハイブリッドが誕生する可能性もあるのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アメリカコアジサシ

モンゴルシリーズの途中ですが、2014年7月に日本で初めて渡来が確認されたアメリカコアジサシが、今年も渡来しているとの情報をいただきましたので、早速行ってみました。

アメリカコアジサシ(Least Tern)は日本で繁殖するコアジサシ(Little tern)に極めてよく似た水鳥で、北アメリカと西インド諸島の砂浜海岸や干潟、内陸の河川で繁殖し、中南米の海岸部で越冬するとされています。そんなレアなアメリカコアジサシが今年も渡来してくれたようです。

コアジサシの繁殖地近くの手すりにとまったアメリカコアジサシ。コアジサシとよく似ていますが、コアジサシよりわずかに小さく、初列風切の外側3枚が黒く、脚は細くてコアジサシが橙色なのに対し黄色く、腰から尾羽にかけてが灰色など、いくつかの特徴があるようです。

アメリカコアジサシ1

アメリカコアジサシ2

確かに脚は細くて、黄色いですね・・・

アメリカコアジサシ4

アメリカコアジサシ6

少し羽根を広げてくれました。

アメリカコアジサシ7

アメリカコアジサシ8

初列風切の外側3枚が黒いのが確認できます・・・

アメリカコアジサシ9

こちらは上空を飛翔していたアメリカコアジサシ。

アメリカコアジサシ12

この写真でも翼上面の初列風切の外側3枚が黒いのが確認できます・・・

アメリカコアジサシ13

アメリカコアジサシ14

アメリカコアジサシ15

上面から見ると、腰がコアジサシより灰色なのが分かります・・・

アメリカコアジサシ16

魚を狙ってホバリングしていたアメリカコアジサシ。

アメリカコアジサシ17

アメリカコアジサシ18

アメリカコアジサシ19

今日は国内では2例目となるアメリカコアジサシをご紹介しましたが、アメリカコアジサシはちょっと見にはコアジサシと酷似しており、ひょっとすると今までも渡来していたにもかかわらず発見されてこなかった可能性もあります。この3年間で2例発見されたことから、今後、全国レベルで観察する目が増え、更に発見例の増加につながるのではと期待が膨らみます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コヒバリ

モンゴルシリーズの続きで、今日は同じくヒバリ科の仲間、コヒバリをご紹介します。

コヒバリ(Asian Short-toed Lark)はロシア、トルコ、トルクメニスタン、カザフスタン、イラン、イラク、パキスタン、インド、ミャンマー、モンゴル、中国、北朝鮮、韓国、日本などに分布し、日本では数少ない旅鳥または冬鳥として渡来します。

車で移動中、草原で目にしたコヒバリ。ヒメコウテンシにも似ていますが、嘴は短くて丸みがあり、三列風切は短く、初列風切の突出が長いのが特徴です。

コヒバリ5

コヒバリ6

糞にいる虫などを捕っているのでしょうか、コヒバリは放牧された牛の糞の近くにいることが多いようでした。ヒバリの仲間たちは普通は草の種などを食べることが多いと思いますが、雛などには栄養価の高い虫などを与えているのでしょうか?

コヒバリ1

コヒバリ2

コヒバリ3

コヒバリ4

今日は車で移動中、草原で目にしたコヒバリをご紹介しましたが、コヒバリは昨日ご紹介したコウテンシに比べると日本では比較的見やすい鳥といえますが、それでも関東近辺では滅多に見ることはできず、今回も会いたい鳥の一つでした。草原を車で移動中、遠くで飛び立つそれらしい鳥は何度か見ることができましたが、草原探鳥の最後になり、ようやく比較的近くでその姿をしっかり目にすることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コウテンシ

モンゴルシリーズの続きで、今日は車で移動中、草原で目にしたコウテンシをご紹介します。

コウテンシ(Mongolian lark)はモンゴル、ロシア南部、中国北部に分布し、日本では迷鳥として2005年に北海道、2011年に飛島、2012年に座間味島での3例の記録があるのみです。そんな珍鳥のコウテンシですが、ここモンゴルは英名のごとくコウテンシの故郷でもあり、草原地帯では何度となくその魅力的な姿を楽しむことができました。

草原で餌を探して歩き回っていたコウテンシ。額から頭側線、後頭、頬の周囲が茶褐色で、上胸の黒色の太い帯が独特の風貌を醸し出しています・・・

コウテンシ1

コウテンシ2

コウテンシ3

コウテンシ4

コウテンシ5

頭頂は淡褐色であるため、上から見ると茶褐色の鉢巻をしているようにも見えます・・・

コウテンシ6

コウテンシ7

さすがモンゴルはコウテンシの故郷!! 草原地帯を車で移動中、何度となくその姿を目にすることができました。ちょっとひょうきんそうに見える独特の風貌のコウテンシは一度見たら忘れることができません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

イナバヒタキ

モンゴルシリーズの続きで、今日はサバクヒタキの仲間では最も大きなイナバヒタキをご紹介します。

イナバヒタキ(Isabelline wheatear)は中央アジアからトルコ方面で繁殖し、冬季はアラビア半島やエチオピア、ソマリアから西アフリカの砂漠地帯に渡り越冬。日本では迷鳥として、北海道、南千島、本州、舳倉島、九州、対馬、沖縄島、与那国島で記録があるようです。

イナバヒタキは裸地、草地、荒地、芝生など、開けた環境が好きなようで、滞在中、何度かその姿を目にすることができました。こちらは車で移動中、遠くの草地に居たイナバヒタキ。

イナバヒタキ2

鳥までの距離があるため、さらにトリミングしてみました。眼先が黒いことからどうやらオスのようです。(メスは淡灰褐色)

イナバヒタキ1

こちらは昨日のハシグロヒタキが居たオラーンゴム空港近くの草地で目にしたイナバヒタキ。眼先が若干黒みを帯びていることからオスの可能性もありますが、あまりはっきりしません・・・

イナバヒタキ10

イナバヒタキ11

イナバヒタキ12

今日はサバクヒタキの仲間では体長約15~16.5cmと最大のイナバヒタキをご紹介しましたが、このちょっと変わった和名の由来ですが、これは日本では、長い間鳥取県で観察された1例しか記録がなかったことから、「因幡の白ウサギ」と同じイナバの名前が付けられたようです。しかし、その後調査が進むにつれ各地で観察例が報告されていますが、名前はそのまま残ったようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハシグロヒタキ

モンゴルシリーズの続きで、今日は同じくサバクヒタキの仲間、ハシグロヒタキをご紹介します。

ハシグロヒタキ(Northern wheatear)はユーラシア大陸西部から北東部の寒帯部やツンドラ地帯、アラスカ、グリーンランドで繁殖し、冬季はアラビア半島やアフリカ北東部や西部に渡り越冬。日本へは稀な旅鳥として春と秋の渡りの時期に観察され、北海道、本州、日本海側の島嶼、九州、西表島、南西諸島で記録があるようです。

昨日のサバクヒタキと同じオラーンゴム空港近くの草地で目にした夏羽のハシグロヒタキのオス。頭頂から背は青灰色で、額から眉斑、腮以下の下面は白色。過眼線、頬の一部、翼は黒褐色で喉から胸は淡黄色をしています。

ハシグロヒタキ1

ハシグロヒタキもこの草地で営巣しているようで、何度となく姿を見せてくれました。

ハシグロヒタキ2

ハシグロヒタキ4

ハシグロヒタキ6

ハシグロヒタキ7

どうやらこの左側の石の辺りで営巣しているようで、近くにやってきました。

ハシグロヒタキ8

この石の下で営巣しているようで、中の様子を伺っていました・・・

ハシグロヒタキ9

昨日に続き、同じくサバクヒタキの仲間ハシグロヒタキをご紹介しましたが、昨日のサバクヒタキは小石がごろごろするような少し荒れた場所で営巣していましたが、一方、ハシグロヒタキはその近くの少し開けた草地で営巣しており、生息環境により微妙に棲み分けをしているように思われました。生き物たちの知恵とは凄いものですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のサバクヒタキ

モンゴルシリーズの続きで、今日はサバクヒタキをご紹介します。

サバクヒタキ(Desert wheatear)はアフリカ北部、トルコから、中央アジア、チベット、モンゴル方面で繁殖し、冬季はアラビア半島やアフリカ東部、インドに渡り越冬。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として本州、四国、九州、日本海側の島嶼、小笠原群島、南西諸島などで記録があるようです。

モンゴル西部のオラーンゴム空港近くの側溝で目にした夏羽のサバクヒタキのオス。オスの夏羽は額から背、体下面が淡い淡褐色で、顔と翼、尾の先端が黒色であるため、コントラストの強さが目立ちます。

サバクヒタキ1

どうやらこの近くで営巣しているようで、何度となくその魅力的な姿を見せてくれました。

サバクヒタキ2

サバクヒタキ3

サバクヒタキ4

今日はオラーンゴム空港で飛行機を待っている間、空港前の側溝で目にした夏羽のサバクヒタキをご紹介しましたが、日本で見られるサバクヒタキは冬羽あるいは換羽中の個体が多く、このような夏羽はなかなか見ることができません。海外での探鳥はこのように繁殖羽が見られるのも魅力の一つです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コノドジロムシクイ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本では珍鳥のコノドジロムシクイをご紹介します。

コノドジロムシクイ(Lesser Whitethroat)はヨーロッパから中近東、中央アジア、ロシアのバイカル地方、モンゴル、中国北部で繁殖し、冬季はアフリカ北東部、アラビア南部、イラン、インドへ渡り越冬。日本では迷鳥として各地から記録があり、特に秋から冬の記録が多いようです。

ツアー最終日、ウランバートル市内の公園で目にした夏羽のコノドジロムシクイ。上面と尾が灰褐色で、体下面は褐色みを帯びた白色ですが、名前のように喉が白いのが特徴です。

コノドジロムシクイ1

動きが早く、なかなかじっとしてくれません・・・

コノドジロムシクイ2

コノドジロムシクイ3

コノドジロムシクイ4

コノドジロムシクイ5

コノドジロムシクイ6

昨年は南ゴビ砂漠のキャンプ地で初めて目にしたコノドジロムシクイですが、今回の訪問地では見ることができず、このまま見られないまま帰国になってしまうのかと思っていましたが、幸いにもツアー最終日の夕方、ようやくウランバートル市内の小さな公園で目にすることができ、嬉しい出会いとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムジセッカ

モンゴルシリーズの続きで、今日は昨年のモンゴルでも目にしたムジセッカをご紹介します。

ムジセッカ(Dusky Wabler)は東アジアで繁殖し、冬季は東南アジアに渡り越冬。日本には数少ない旅鳥または冬鳥として各地に渡来しますが、特に日本海側の島嶼で記録が多く、八重山諸島では少数が越冬するようです。

ウランバートル近郊の疎林で目にしたムジセッカ。名前のように頭部や上面は一様な灰褐色で翼帯はなく、眉斑は眼の前方が淡色で細く、後方はぼやけた感じのバフ色なのが特徴です。

ムジセッカ5

昨年モンゴルで見たときには枝の中を動き回っていたムジセッカですが、今回は地面で比較的じっとしていてくれました・・・

ムジセッカ4

ムジセッカ3

ムジセッカ2

ムジセッカ1

昨年に続き今年も目にしたムジセッカですが、名前のように上面が一様な灰褐色で、翼帯もなくすっきりしているため、見た目にも大変美しい印象を与えてくれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キマユムシクイ

モンゴルシリーズの続きで、今日は滞在中、何度も目にしたキマユムシクイをご紹介します。

キマユムシクイ(Yellow-browed warbler)はヒマラヤ山脈の北側の中国内陸部、中央アジア東部、ロシア東部などで繁殖し、冬季にはインド、東南アジアなどに渡り越冬。日本では旅鳥または数少ない冬鳥として、主に日本海側の島嶼や南西諸島に渡来しますが、本州、四国、九州では冬季の記録があり、近年越冬例も増えているようです。

疎林で目にしたキマユムシクイ。名前のように眉斑が淡黄白色で、大雨覆と中雨覆の先端が黄白色で2本の翼帯となって見えます。

キマユムシクイ4

次列風切基部が暗色であることもキマユムシクイの特徴です。

キマユムシクイ5

キマユムシクイ7

キマユムシクイ8

キマユムシクイ6

キマユムシクイ3

キマユムシクイ2

今日は滞在中、何度も目にしたキマユムシクイをご紹介しましたが、さすが繁殖地であるモンゴル、個体数は相当多いようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

イナダヨシキリ、ヒゲガラ

モンゴルシリーズの続きで、今日はモンゴル西部のオブス湖周辺の葦原で目にした何れも初見のイナダヨシキリとヒゲガラをご紹介します。

最初はイナダヨシキリです。

イナダヨシキリ(Paddyfield warbler)は中央アジア、イラン東部からモンゴル西部、中国北西部にかけて繁殖し、冬季はパキスタン南部、インド中部、ネパールからミャンマー北部へ渡り越冬。日本では迷鳥として宮城県と舳倉島でのみ記録があるという珍鳥です。

葦原で目にしたイナダヨシキリ。最初見たときにはコヨシキリによく似ていると思いましたが、後で調べた結果、同じ仲間のイナダヨシキリであることが分かりました。コヨシキリに比べると、眉斑が細く、頭側線や過眼線は不明瞭です・・・

イナダヨシキリ12

喉を膨らませて鳴いていたイナダヨシキリ。

イナダヨシキリ3

体下面は白く、胸から脇、下尾筒はバフ色みを帯びています。(コヨシキリは体下面は淡褐色)

イナダヨシキリ11

イナダヨシキリ10

イナダヨシキリ9

近くで目にしたイナダヨシキリ。

イナダヨシキリ4

イナダヨシキリ5

イナダヨシキリ6

イナダヨシキリ7

イナダヨシキリ8

次はこちらも同じ葦原で目にしたヒゲガラです。

ヒゲガラ(Bearded reedling)はイギリス、南ヨーロッパおよび東ヨーロッパからウスリー川上流(ロシア、中国)に至るユーラシア大陸中緯度地域に局地的に分布する留鳥性の高い鳥で、日本では迷鳥として、山形県、新潟県、東京都、千葉県、島根県で記録があるだけという珍鳥です。ただし、本種は飼い鳥としても輸入されているため、かご抜けしたものが観察された可能性もあるようです。

葦の中から少しだけ姿を見せてくれたヒゲガラのオス。葦が邪魔をして全身が見えませんが、名前のごとく、目先から下に垂れ下がったヒゲ状の飾り羽を何とか確認することができます。(メスは頭部が淡褐色で顔の黒い斑紋はない)

ヒゲガラ1

図鑑等では嘴は黄色となっていますが、今回目にした個体は赤みがかった色をしていました・・・

ヒゲガラ2

今日はオブス湖周辺の葦原で目にした何れも初見のイナダヨシキリとヒゲガラをご紹介しましたが、まさかこのような場所で初見の鳥2種が見られるとは思ってもなく、何とも嬉しい出会いとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヨーロッパビンズイ、マミジロタヒバリ

モンゴルシリーズの続きで、今日は同じセキレイ科タヒバリ属の仲間であるヨーロッパビンズイとマミジロタヒバリをご紹介します。

最初は稀な旅鳥ヨーロッパビンズイです。

ヨーロッパビンズイ(Tree pipit)は和名のようにヨーロッパから西アジア、中央アジアにかけて広く分布し、冬季はアフリカや南アジアにわたり越冬。日本では稀な旅鳥として、新潟県、飛島、舳倉島、鹿児島県、対馬、トカラ列島、沖縄島、渡名喜島、宮古島、与那国島で記録があるようです。

モンゴル西部の疎林の草むらにいたヨーロッパビンズイ。よく似たビンズイに比べ、体全体が淡褐色で砂色っぽくて緑色みがなく、ビンズイに見られる淡褐色の耳羽の脇にある小さな黒斑はありません。

ヨーロッパビンズイ11

ヨーロッパビンズイ12

ヨーロッパビンズイ13

ヨーロッパビンズイ14

同じ疎林の枝に止まっていたヨーロッパビンズイ。

ヨーロッパビンズイ1

ヨーロッパビンズイ3

ヨーロッパビンズイ4

次は同じくマミジロタヒバリです。

マミジロタヒバリ(Australasian pipit)はアフリカ南東部からインド、西シベリア、中国、東南アジア、オーストラリア、ニュージーランドなどに広く分布し、北方の個体は冬季南方へ渡ることが知られています。日本には旅鳥または冬鳥として北海道から九州に渡来し、主に西日本での記録が多いようですが、日本海側の島嶼や南西諸島でも毎年記録があるようです。

湿原の草地にいたマミジロタヒバリ。全長約18cm程の大きさで、眉斑は淡褐色で明瞭。喉から下尾筒までの体下面が白っぽいのが特徴です。

マミジロタヒバリ1

マミジロタヒバリ2

マミジロタヒバリ3

今日は同じセキレイ科タヒバリ属の仲間であるヨーロッパビンズイとマミジロタヒバリをご紹介しましたが、中でもヨーロッパビンズイについては未だ見たことがない憧れの鳥でもあり、最初に見たときには思わずシャッターに力が入ってしまいました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ズアオホオジロ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるズアオホオジロをご紹介します。

ズアオホオジロ(Ortolan bunting)はヨーロッパから中央アジアにかけて分布するホオジロの仲間で、日本では迷鳥として舳倉島、徳之島、久米島、埼玉県でのみ記録があるという珍鳥です。和名はズアオとなっていますが、実際のオスの頭部から胸にかけての色は緑灰褐色をしており、淡黄色のアイリングが印象的です。

モンゴル西部の牛舎で目にしたズアオホオジロのオス。淡黄色のアイリングが可愛いですね・・・

ズアオホオジロ1

牛舎には虫が多いためか、スズメと一緒になって小虫類などを食べているようでした・・・

ズアオホオジロ2

背から腰にかけては明瞭な黒褐色の縦斑があります。よく似たイワバホオジロは頭部から胸にかけては青灰色で、アイリングは白色。見た目にはよく似ていますが、背から腰にかけては不明瞭な淡黒褐色の斑がある点が異なります。

ズアオホオジロ4

ズアオホオジロ6

ズアオホオジロ7

ズアオホオジロ9

ズアオホオジロ10

ズアオホオジロ11

こちらはモンゴル西部の疎林で目にしたズアオホオジロ。

ズアオホオジロ12

今日は日本では4回しか記録のないズアオホオジロをご紹介しましたが、このズアオホオジロは、フランスでは昔からブランデーに漬けたあとに丸焼きにすると、頭から骨まで食べられる究極のグルメ料理になるということで乱獲されており、1981年に狩猟が禁止されました。さらに1999年からは処罰は最大で「禁固6カ月、罰金9000ユーロ」となっているようですが、それでも乱獲は止まらず、過去10年で30%減少しているとのことです。シマアオジなども中国で似たような話があり数が激減しているようですが、食に対する人間の欲望とは凄いですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムナフヒタキ、マダラヒタキ(?)

モンゴルシリーズの続きで、今日は何れも日本では珍鳥、ムナフヒタキとマダラヒタキ(?)と思われる個体をご紹介します。

最初はモンゴル西部に位置するオランゴム近郊の疎林で目にしたムナフヒタキです。

ムナフヒタキ(Spotted Flycatcher)はヨーロッパからモロッコ、パキスタン南部、バイカル湖付近に至るエリアで繁殖し、冬季はアフリカ中部~南部に渡り越冬。日本では迷鳥として舳倉島と大阪府でしか記録がないという珍鳥です。

額から体上面は灰褐色で、額から頭頂には黒褐色の筋状の細い縦斑があり、名前のように腮から胸にかけ灰褐色の縦斑のあるのが特徴です。

ムナフヒタキ4

同じサメビタキ属であるエゾビタキとも似ていますが、尾はエゾビタキよりもやや短いようです。

ムナフヒタキ3

強い日差しが当たり胸の縦斑がはっきりしませんが、かすかに見ることができます・・・

ムナフヒタキ1

ムナフヒタキ2

ムナフヒタキ5

次はムナフヒタキと同じ疎林で目にしたマダラヒタキと思われる個体です。

マダラヒタキ(European Pied Flycatcher)はヨーロッパ北・中部からシベリア西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ中部に渡り越冬。こちらも日本では迷鳥として宮城県、舳倉島でしか記録がないという珍鳥です。

込み入った枝の中にいたマダラヒタキのメスと思われる個体。枝が被って鮮明ではありませんが、額から頬、体上面は暗灰褐色で、雨覆の一部、三列風切の羽縁、初列雨覆の先端あたりが白色に見えます・・・

マダラヒタキ1

今日は何れも日本では珍鳥、ムナフヒタキとマダラヒタキ(?)と思われる個体をご紹介しましたが、今回はモンゴル西部に位置するオブス湖周辺を訪れたことが幸いし、ヨーロッパでは比較的よく見られるというこの2種(?)に出会うことができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロビタイジョウビタキ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本では迷鳥として過去2回しか記録のないシロビタイジョウビタキをご紹介します。

シロビタイジョウビタキ(Common redstart)はアフリカ北部からヨーロッパ、ロシア中南部、カザフスタン、モンゴルなどにかけての地域で繁殖し、冬季はアフリカ中部に渡り越冬。日本では迷鳥として石川県舳倉島で過去2回だけ記録があるようです。

モンゴル西部に位置するオラーンゴム近郊の疎林で目にしたシロビタイジョウビタキのオス。顔、喉は黒色で、額上部から眉斑部分は和名のように白色で、頭頂から背中、肩羽にかけては青灰色。胸以下の下面は橙褐色をしています。

シロビタイジョウビタキ5

シロビタイジョウビタキには普段見慣れたジョウビタキのような翼の白斑はありません。

シロビタイジョウビタキ6

このような仕草はジョウビタキと似ていますね・・・

シロビタイジョウビタキ4 border=

後ろから・・・

シロビタイジョウビタキ1

シロビタイジョウビタキ2

シロビタイジョウビタキ3

日本では迷鳥として過去2回しか記録がないシロビタイジョウビタキですが、英名からも分かるようにヨーロッパからロシア、モンゴルにかけては夏季ごく普通に見られるジョウビタキの仲間のようで、現地のガイドにとってはむしろ日本で普通に見られるジョウビタキのほうが珍しいようでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キアシセグロカモメ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でも冬鳥としてやってくるキアシセグロカモメをご紹介します。

キアシセグロカモメ(Yellow-legged Gull)はアゾレス諸島、カナリア諸島から地中海・黒海・カスピ海沿岸を経て中央アジアまでの地域で繁殖し、冬季はヨーロッパ、アフリカ北部、紅海・ペルシア湾周辺と中国南部の沿岸に渡り越冬。日本では冬鳥として各地の沿岸、港、河口、河川に渡来しますが、西日本では比較的個体数が多いようです。なお、日本に渡来するほとんどは亜種キアシセグロカモメであり、主に中央アジア東部で繁殖する種類のため、和名をモンゴルカモメとする書籍もあるようです。

モンゴル西部に位置するオブス湖周辺で目にしたキアシセグロカモメ。当地はキアシセグロカモメの繁殖地であるようで、たくさんの個体を見ることができました。セグロカモメに比べ、嘴や足、翼がやや長めで、体が横長に見える個体が多いと言われていますが、見た目にはセグロカモメに酷似しており、識別はかなり難しいようです。、

キアシセグロカモメ6

キアシセグロカモメ7

右側の個体は抱卵しているように見えます・・・

キアシセグロカモメ11

近くで目にすることができたキアシセグロカモメ。名前はキアシとなっていますが足がピンク色の個体も多いようで、この個体も足はピンク色をしていました。

キアシセグロカモメ10

目の前を横切って行ったキアシセグカモメ。セグロカモメに比べ初列風切の黒色部分が多いと言われていますが、写真で見ても確かに多いようです・・・

キアシセグロカモメ1

キアシセグロカモメ2

キアシセグロカモメ3

キアシセグロカモメ4

今日は日本では冬鳥としてやってくる亜種キアシセグロカモメ(モンゴルカモメ)をご紹介しましたが、よく似たセグロカモメは当地では生息していないため除外できるのですが、日本で見た場合はセグロカモメと識別できるかどうかはちょっと自信がありません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のオオズグロカモメ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本では数少ない冬鳥として渡来するオオズグロカモメをご紹介します。

オオズグロカモメ( Pallas's gullあるいは Great black-headed gull )はロシア南部から中央アジアにかけて局地的に繁殖し、冬季は紅海からインド沿岸に渡り越冬。日本では数少ない冬鳥として主に九州地方に渡来しますが数は少なく局地的で、最近は見るのがかなり難しくなっているようです。

モンゴル西部に位置するオブス湖周辺はオオズグロカモメの繁殖地なのか、湖周辺の湖沼群には多くのオオズグロカモメを目にすることができました。

水面で羽を休めていた夏羽のオオズグロカモメ。オオズグロカモメは名前のように体長69cmという大型のカモメですが、大型化カモメでは唯一夏羽で頭が黒くなるそうです。

オオズグロカモメ5

オオズグロカモメの間にいる小さなカモは絶滅危惧種カオジロオタテガモです。

オオズグロカモメ4

水面近くを飛翔するオオズグロカモメ。

オオズグロカモメ1

夏羽のオオズグロカモメは眼の上下に白色部があり、嘴は黄色で先端が赤く、黒帯が見られるのが特徴です。

オオズグロカモメ2

雲一つない青空のもと、上空を通過していったオオズグロカモメ。

オオズグロカモメ6

オオズグロカモメ7

オオズグロカモメ8

オオズグロカモメ12

オオズグロカモメ11

オオズグロカモメ9

さすが大型カモメ、間近でみると迫力があります・・・

オオズグロカモメ10

今日は繁殖地にやって来た夏羽のオオズグロカモメをご紹介しましたが、最初目にしたときにはユリカモメの大きなタイプがいるなという感じでしたが、調べてみると夏羽のオオズグロカモメでありびっくりしました。日本では今まで定期的に渡来が確認されていた九州の一部地区でも最近は見ることがかなり難しくなっており、そういう意味では今回の出会いは大変嬉しいものでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ナベコウ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本では稀な冬鳥として渡来するナベコウをご紹介します。

ナベコウ(Black stork)は東ヨーロッパからロシア、中国に至るユーラシア大陸の温帯域、アフリカ南部で繁殖し、冬季になるとアフリカ中部、インド、中国南部に渡り越冬。日本では稀な冬鳥または迷鳥として全国各地で記録があるようです。

ウランバートル郊外の湿地帯で目にしたナベコウ。最初は地面で休んでいたようですが、気づいた時にはすでに飛び上がっていました。名前のごとくほぼ全身が緑色や赤紫色光沢のある黒色で、嘴や眼の周り、足が赤いのが特徴です。

ナベコウ1

ナベコウ2

その後、上空に上がったナベコウ。

ナベコウ6

ナベコウ7

お腹側を見せてくれました。頭から翼下面はほとんどが黒色ですが、胸からの体下面と小雨覆が白く逆三角形状に見えます・・・

ナベコウ8

ナベコウ5

こちらは比較的近くを飛んでくれたナベコウ。赤色の嘴、眼の周り、足がよく分かります・・・

ナベコウ10

ナベコウ11

ナベコウ12

ナベコウ13

ナベコウ14

ナベコウ15

そして徐々に遠ざかっていきました・・・

ナベコウ16

日本では稀な冬鳥として渡来するナベコウですが、その姿を見ることはなかなか難しく、九州で最初に見たときにはたいへん感動したことを思い出します。そんなナベコウですが、ここモンゴルは繁殖地であるようで昨年に続けて目にすることができました。やはり日本の珍鳥に出会えるのは嬉しいものですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アネハヅル

モンゴルシリーズの続きで、今日はモンゴルを代表するツルの仲間、アネハヅルをご紹介します。

アネハヅル(Demoiselle crane)はチベット高原などユーラシアの温帯域で繁殖し、冬季はインド亜大陸や北東アフリカ、中東などに渡りますが、特にモンゴルで繁殖する個体群はヒマラヤ山脈を越えてインドに渡ることで知られてます。日本には稀に迷鳥として渡来し各地で記録があるようです。

首都ウランバートル近郊の湿地帯でゆっくりと歩いいていたアネハヅル。体長約95cmとツル類の中では最小だそうです。真ん中にいるのはアカツクシガモ。

アネハヅル1

額から顔、胸までが黒く、飾り羽があるほか、眼の後方に房状の白い飾り羽があるのが特徴です。

アネハヅル3

アネハヅル4

アネハヅル5

アネハヅル8

1羽だけアップしてみました。額から胸にかけての黒い飾り羽と眼の後方の白い飾り羽がよく分かります・・・

アネハヅル7

遠くの山をバックに飛翔するアネハヅル。

アネハヅル20

アネハヅル21

上空を通過していったアネハヅル。

アネハヅル12

アネハヅル13

アネハヅル14

今日は繁殖のためモンゴルにやって来たアネハヅルをご紹介しましたが、繁殖を終えたアネハヅルは10月初旬頃、世界の尾根と呼ばれるヒマラヤ山脈を越えてインドに渡ることが知られています。標高数千メートルという過酷な環境の中、その年生まれの幼鳥を連れ添って渡っていく彼らに拍手を送りたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種ハイイロガン

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でも稀な冬鳥として渡来する亜種ハイイロガンをご紹介します。

ハイイロガン(Greylag goose)はヨーロッパで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、西アジア、ヨーロッパ西部へ渡り越冬する亜種キバシハイイロガンと、中国北部、モンゴル、ロシアで繁殖し、冬季になるとインド北部、中国へ南下し越冬する亜種ハイイロガンに分けられますが、日本には稀な冬鳥として亜種ハイイロガンが越冬のため飛来します。

湿地帯の水路で目にした亜種ハイイロガン。特徴であるピンクの嘴が確認できます。(亜種キバシハイイロガンは嘴が橙色)

ハイイロガン2

ハイイロガン3

ハイイロガン4

湖のほとりで佇んでいた亜種ハイイロガン。嘴の色と同じく足もピンク色です。

ハイイロガン5

ハイイロガン6

ハイイロガン7

ハイイロガン8

ハイイロガン9

やがて沖に向かって泳ぎだしました・・・

ハイイロガン10

こちらは湖の上空を飛翔する亜種ハイイロガン。

ハイイロガン11

ハイイロガン12

ハイイロガン13

昨年末インドで初めて目にした亜種ハイイロガンですが、その時は鳥までの距離があり鮮明な姿を見ることができませんでした。今回は幸いにも比較的近くで目にすることができ、その特徴であるピンクの嘴と足を確認することができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

体の大きなトビを威嚇するヒメチョウゲンボウ

昨日に続き、今日は体の大きなトビを威嚇していたヒメチョウゲンボウ(Lesser kestrel)をご紹介します。

体長28~31cmと小さなヒメチョウゲンボウですが、何と体が倍以上もあるトビを威嚇して追いかけていました。

ヒメチョウゲンボウ11

ヒメチョウゲンボウ12

追いかけられると逃げる習性があるのか、こんな小さなヒメチョウゲンボウから必死に逃げていたトビ。

ヒメチョウゲンボウ13

ヒメチョウゲンボウ14

体の大きなトビを追い出したヒメチョウゲンボウ。何となく頼もしく見えます・・・

ヒメチョウゲンボウ15

ヒメチョウゲンボウ16

ヒメチョウゲンボウ17

今日は体の大きなトビを威嚇して追いかけていたヒメチョウゲンボウをご紹介しましたが、普通、小鳥が自分より大きな捕食者などに対し攻撃(モビング)するのは集団で行うことが多いのですが、今回目にしたのは1羽だけで行っていました。体の大小に関わらず、追いかけられると逃げるのは動物たちの習性なのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメチョウゲンボウ

モンゴルシリーズの続きで、今日はヒメチョウゲンボウをご紹介します。

ヒメチョウゲンボウ(Lesser kestrel)はユーラシア大陸中緯度地方西部で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸中部以南へ南下し越冬。日本では迷鳥として、本州、四国、九州、対馬、西表島、与那国島などで記録があるようです。チョウゲンボウ(体長33~39cm)より一回り小さく(体長28~31cm)、オスでは背、肩羽、雨覆は明るいレンガ色で斑がなく、頭部、大雨覆、三列風切、尾は青灰色である点が特徴です。

地面で休んでいたヒメチョウゲンボウのオス。飛び立つのか翼を広げました。体下面が淡いレンガ色をしておりチョウゲンボウとは異なります・・・

ヒメチョウゲンボウ5

背、肩羽、雨覆は明るいレンガ色で、チョウゲンボウに見られるような黒褐色の斑はありません。

ヒメチョウゲンボウ6

ヒメチョウゲンボウ7

上空でホバリングするヒメチョウゲンボウ。ヒメチョウゲンボウには顔にひげ状の斑がある個体とない個体がいるようですが、この個体はないようです。

ヒメチョウゲンボウ1

ヒメチョウゲンボウ2

ヒメチョウゲンボウ3

ヒメチョウゲンボウ4

昨年のモンゴルでは遠くで飛翔する姿をかろうじて見ただけのヒメチョウゲンボウでしたが、今回は幸いにも比較的近くで目にすることができました。普段見慣れたチョウゲンボウとは異なり、背、肩羽、雨覆が無斑で明るいレンガ色をしたヒメチョウゲンボウは何とも魅力的でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオノスリ

モンゴルシリーズの続きで、今日はやはりモンゴルを代表する猛禽、オオノスリをご紹介します。

オオノスリ(Upland buzzard)は中国北東部やモンゴル、チベットなどの中央アジアで繁殖し、冬季は中国東南部やミャンマー、インド、朝鮮半島で越冬。日本では稀な冬鳥として北海道、本州、佐渡、九州、対馬、奄美諸島、沖縄諸島、与那国島で記録があり、日本で観察できるノスリの仲間では最大(体長62~72cm)で、尾羽に横縞模様があるのが特徴です。

上空を飛び去って行ったオノスリ。全体がかなり白っぽい個体ですが、虹彩が暗褐色であることから成鳥と思われます。(幼鳥は虹彩が淡黄色

オオノスリ1

尾羽の横縞模様を確認することができます・・・

オオノスリ2

オオノスリ3

オオノスリ4

オオノスリはこのまま一直線に飛び去って行きました・・・

オオノスリ5

今日は日本では滅多に見ることのできないオオノスリをご紹介しましたが、大きさ的にはトビとほぼ同じくらいの大きさがあり存在感があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ソウゲンワシ

昨日の続きで、今日は草原を代表する猛禽、ソウゲンワシをご紹介します。

ソウゲンワシ(Steppe eagle)はロシア南西部、カザフスタン中部、中国北西部から北部、、モンゴルで繁殖し、冬はアフリカ南・東部、アラビア半島中部、パキスタン、インド、ネパール、バングラデシュ、ミャンマー東部に渡り越冬。日本では過去に熊本県、岡山県で観察されているようです。

ソウゲンワシはあまり狩りを好まず、主に他の猛禽類の獲物を略奪したり、死肉を食べるスカベンジャーとして知られていますが、今回目にしたのも昨日までご紹介した牛の屍があった場所に近いところでした。

牛の屍があった場所近くの山頂に止まっていたソウゲンワシ。よく似たイヌワシに比べ、口角が眼の下よりもやや後方に達しているのが分かります。周りにいるのは同じく死肉を漁るワタリガラス。

ソウゲンワシ30

その後、飛び出し、上空で旋回を始めました・・・

ソウゲンワシ31

ソウゲンワシ32

ソウゲンワシ33

翼指が7枚確認できますが、これもソウゲンワシの特徴だそうです。

ソウゲンワシ34

ソウゲンワシ35

ソウゲンワシ36

今日は名前の通り開けた草原、サバンナなどに生息する大型の猛禽、ソウゲンワシをご紹介しましたが、同じ仲間のイヌワシなどと比べると、1日の大半を地面や岩場、電柱の上などで何もせず過ごすことが多い怠惰な鳥であるようです。でもこれも考えてみれば、彼らなりの棲み分けの一手段なのでしょうね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる