セアカモズ

中欧シリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるセアカモズをご紹介します。

セアカモズ(Red-backed shrike)はヨーロッパからトルコ、ロシア、アジア中部から東部で繁殖し、冬季はアフリカ南部に渡り越冬。
日本では迷鳥として、舳倉島と香川県、与那国島でしか記録がないという珍鳥です。

オーストリア郊外のドライブインで目にしたセアカモズのオス。頭上から後頸にかけて青灰色で、過眼線は黒く太く、背中や肩羽は赤褐色。胸以下の体下面は淡いピンクで、尾羽は短く暗褐色で黒褐色のターミナルバンドがあるの特徴のようです。

セアカモズ1

下側から見ると、体下面の淡いピンク色と黒褐色のターミナルバンドを確認することができます。

セアカモズ2

上面から見ると、背中や肩羽は鮮やかな赤褐色であることが分かります。

セアカモズ3

セアカモズ4

今日は日本では3度しか記録のないセアカモズをご紹介しましたが、セアカモズはロシアからアジアなどで繁殖する亜種セアカモズ(Lanius collurio pallidifrons)と、ヨーロッパで繁殖し体上面が前者よりはっきりとした赤褐色である亜種(Lanius collurio collurio)の2亜種に分類され、日本に渡来したのは前者の亜種セアカモズとされています。
今回、私が目にしたのはヨーロッパで繁殖する亜種(L. c. collurio)と思われますが、次回は是非、日本に渡来したとされる亜種セアカモズにも会ってみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ゴシキヒワ

中欧シリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるゴシキヒワをご紹介します。

ゴシキヒワ(European Goldfinch)はヨーロッパ、北アフリカおよび中央アジアに分布し、日本では迷鳥として飛島、山形県、舳倉島で記録がありますが、日本には飼い鳥として多数輸入されているため、かご抜けの可能性も否定できないようです。また、オーストラリア南東部とニュージーランドではかご抜けした個体が帰化しているほか、世界各地で人為移入されているそうです。

ザルツブルク近郊のザンクトヴォルフガング湖畔で目にしたゴシキヒワ。顔の前半が赤く、後半は白色で、頭頂から襟、初列風切、尾は黒色。背、胸は褐色で、風切基部と外側大雨覆が黄色と、まさに和名のように五色の美しい羽衣を持つヒワです。

ゴシキヒワ1

ゴシキヒワは生息域により12亜種に分類されていますが、今回出会ったのはヨーロッパ主要部とスカンジナビア半島に分布する頭頂が黒いグループに属する亜種(Carduelis carduelis carduelis) と思われます。

ゴシキヒワ2

ゴシキヒワ3

ゴシキヒワ4

ゴシキヒワ5

ゴシキヒワ6

ゴシキヒワについては昨年冬に訪れたイギリスでも目にすることができましたが、今回亜種についていろいろ調べた結果、前回イギリスで見たものはイギリス諸島に分布する亜種(Carduelis carduelis britannica)であることが分かりました。同じヨーロッパでも生物の世界ではイギリスはちょっと特異な場所であるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のズアオアトリ

モンゴルシリーズの続きで、今日は昨年訪れたイギリスでも目にしたズアオアトリをご紹介します。

ズアオアトリ(Common chaffinch)はヨーロッパ全域とロシア西部、トルコ、シリア、イラン西部、アフリカ西北部などで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季にアフリカ北部、中央アジア、ロシア西南部などに渡って越冬。日本では、迷鳥として1990年に北海道利尻島で1羽の記録があるのみという珍鳥です。

インスブルック市内の公園で目にした夏羽のズアオアトリのオス。額は黒色で、頭上から後頸、側頸にかけての青灰色が鮮やかです。

ズアオアトリ7

ズアオアトリ8

ズアオアトリ9

ズアオアトリ10

ズアオアトリ11オス

こちらはプラハの公園で目にしたズアオアトリのオス。水たまりで水を飲んだ後・・・

ズアオアトリ2

すぐ木に飛び上がり、囀り始めました。

ズアオアトリ3

ズアオアトリ4

ズアオアトリ5

こちらはザルツブルクの公園で目にしたズアオアトリのメス。額から頭頂、背は暗灰色で、顔は灰褐色、体下面は淡い灰褐色をしていました。

ズアオアトリ21

ズアオアトリ20

幹で動き回っていた同じくメス。

ズアオアトリ22

ズアオアトリ23

ズアオアトリ24

ズアオアトリ25

昨年冬に訪れたイギリスでは一度しか目にすることがなかったズアオアトリですが、今回は夏羽の美しいオスに二度も出会うことができたほか、メスにも巡り合うことができました。日本では一度しか記録のないズアオアトリですが、ヨーロッパでは夏鳥あるいは留鳥としてほぼ全域で見られるようで、嬉しい出会いとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロビタイジョウビタキ

中欧シリーズの続きで、今日は先日のモンゴルでも目にしたシロビタイジョウビタキをご紹介します。

シロビタイジョウビタキ(Common redstart)はアフリカ北部からヨーロッパ、ロシア中南部、カザフスタン、モンゴルなどにかけての地域で繁殖し、冬季はアフリカ中部に渡り越冬。日本では迷鳥として石川県舳倉島で過去2回しか記録がないという珍鳥です。

プラハ市内の住宅地で朝陽を浴びて囀っていたシロビタイジョウビタキのオス。顔、喉は黒色で、額上部から眉斑部分は和名のように白色で、頭頂から背中、肩羽にかけては青灰色。胸以下の下面は橙褐色をしています。

シロビタイジョウビタキ2

シロビタイジョウビタキ1

更に大きくトリミング。

シロビタイジョウビタキ4

シロビタイジョウビタキ3

こちらはインスブルックの公園で目にしたシロビタイジョウビタキのメスと思われる個体。全体が明るい灰褐色で、下尾筒は淡い褐色をしていました。

シロビタイジョウビタキ5

今日は先日のモンゴルでも目にしたシロビタイジョウビタキをご紹介しましたが、日本では迷鳥として過去2回しか記録がないシロビタイジョウビタキも繁殖地ではごく普通に見られるようで、ツアーの途中、市街地などで何度も目にすることができました。やはりいる所にはいるものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クロジョウビタキ

中欧シリーズの続きで、今日は旅行中、何度も目にしたクロジョウビタキをご紹介します。

クロジョウビタキ(Black redstart)はヨーロッパ中南部、ロシア中南部、モンゴル、中国中西部で繁殖し、冬季はアフリカ北部、ヨーロッパ南部、西南アジア、インドに渡り越冬。日本では迷鳥として北海道、本州、飛島、粟島、舳倉島、見島、宇治群島、久米島、西表島、与那国島などで記録があるようです。なお、クロジョウビタキは全部で7亜種に分類されており、日本に渡来したのはトルクメニスタンからタジキスタン、中国西部に分布する亜種クロジョウビタキ(Phoenicurus ochruros rufiventris)とされています。

オーストリアのハルシュタット湖畔で目にしたクロジョウビタキのオス成鳥と思われる個体。当地に分布するクロジョウビタキは西ヨーロッパからトルコに至る地域に分布する亜種(Phoenicurus ochruros gibraltariensis)と思われ、オスの成鳥は顔から頸は黒色ですが、体上面は暗灰色で、翼に白斑が見られるのが特徴のようです。

クロジョウビタキ3

こちらはオーストリアの山岳地帯で目にしたオスの第1回夏羽と思われる個体です。全身暗灰色で成鳥に見られる翼の白斑は見られません。

クロジョウビタキ2

クロジョウビタキ1

こちらはハルシュタット湖畔で目にした同じくオスの第1回夏羽と思われる個体。

クロジョウビタキ5

クロジョウビタキ6

クロジョウビタキ7

クロジョウビタキ4

こちらはハルシュタット近くの山岳地帯で目にしたクロジョウビタキのメスと思われる個体。全体的に灰褐色みを帯び、オスに比べ黒みが薄い感じです。

クロジョウビタキ10

クロジョウビタキ11

クロジョウビタキ12

クロジョウビタキについては昨年訪れたモンゴルの南ゴビ砂漠で目にすることができましたが、今回、オーストリアの山岳地帯で目にした個体とは見た目にもかなり違うためいろいろ調べてみました。その結果、クロジョウビタキは7亜種に分類されることが分かり、モンゴルで目にした個体は中国北西部からモンゴルにかけて分布する別亜種(Phoenicurus ochruros phoenicuroides)であることが分かりました。亜種のレベルまで考えていくと話はややこしくなりますが、新たな興味も湧いてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムナフヒタキ

中欧シリーズの続きで、今日は先日のモンゴルでも出会ったムナフヒタキをご紹介します。

ムナフヒタキ(Spotted Flycatcher)はヨーロッパからモロッコ、パキスタン南部、バイカル湖付近に至るエリアで繁殖し、冬季はアフリカ中南部に渡り越冬。日本では迷鳥として舳倉島と大阪府でしか記録がないという珍鳥です。なお、ムナフヒタキは全部で7亜種に分類されるそうで、日本に渡来した個体はモンゴルからシベリア中南部にかけて分布する亜種ムナフヒタキ(Muscicapa striata mongola)だそうです。

オーストリアのハルシュタット湖畔で目にしたムナフヒタキ。この個体はヨーロッパから西シベリア、北西アフリカにかけて分布する亜種(Muscicapa striata striata )と思われます。額から体上面は灰褐色で、額から頭頂に黒褐色の筋状の細い縦斑があるほか、名前のように腮から胸にかけ特徴ある灰褐色の斑が見られます。

ムナフヒタキ2

やはりヒタキ科の鳥、このような場所にとまって空中の昆虫などをフライキャッチしていました。

ムナフヒタキ3

ムナフヒタキ4

ムナフヒタキ5

尾を上げる仕草はヒタキ科共通の動きですね・・・

ムナフヒタキ6

ムナフヒタキ7

ムナフヒタキ8

先日のモンゴルに続き、再び目にしたムナフヒタキですが、今回は日本では記録のないヨーロッパの亜種(Muscicapa striata striata )と思われ、亜種ムナフヒタキに比べると、胸の縦斑がよりはっきりしているように感じられました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヨーロッパコマドリ

少し前になりますが、中欧4ヵ国(チェコ、オーストリア、スロバキア、ハンガリー)の観光ツアーに参加してきました。観光がメインで自由時間は限られていましたが、そんな中、公園などで鳥見をしてきましたので、今日からしばらくの間、当地で目にした鳥たちをご紹介します。

最初はヨーロッパコマドリです。

ヨーロッパコマドリ(European Robin)はヨーロッパ全域のほか、シベリア西部、カフカース、アルジェリア、大西洋上のアゾレス諸島、マデイラ諸島まで広く分布するヒタキ科の鳥で、日本では迷鳥として北海道、飛島、千葉県、奈良県、舳倉島で記録があるのみという珍鳥です。

そんなヨーロッパコマドリですが、ツアー前半は全く見ることができず今回は出会えないことも覚悟しましたが、後半に入りようやくその美しい姿を目にすることができました。

オーストリアのハルシュタット湖畔で目にしたヨーロッパコマドリ。ヨーロッパコマドリは全部で10亜種に分けられるそうですが、ヨーロッパ大陸で見られるのは基亜種(E. r. rubecula)だそうで、昨年、イギリスで見た亜種(E. r. melophilus)に比べると胸の赤橙色は弱く、上面は灰色がかった褐色をしていました。

ヨーロッパコマドリ9

ヨーロッパコマドリ10

ヨーロッパコマドリ11

インスブルックの公園で目にしたヨーロッパコマドリ。この個体は胸の赤橙色が鈍い色をしており、腹も暗灰色をしていることから
まだ若い個体と思われます。

ヨーロッパコマドリ1

ヨーロッパコマドリ2

こちらも同じ公園で目にしたヨーロッパコマドリ。

ヨーロッパコマドリ8

ヨーロッパコマドリ3

ヨーロッパコマドリ4

ヨーロッパコマドリ5

ヨーロッパコマドリ7

昨年のイギリスに続いて、再びヨーロッパコマドリを目にすることができましたが、今回いろいろ調べた結果、ヨーロッパコマドリは地域により10亜種に分けられるそうで、ひとくくりにヨーロッパコマドリとは言えないことが分かりました。今まで日本で記録のあったヨーロッパコマドリは亜種不明とのことですが、いったいどんな亜種がやって来たのでしょうか? 興味が湧いてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種チョウセンチョウゲンボウ、ヨーロッパチュウヒ、ヒメクマタカ

今日まで長々とモンゴルで出会った野鳥をご紹介してきましたが、最後に今までご紹介できなかった猛禽3種をご紹介します。

最初は亜種チョウセンチョウゲンボウです。

チョウゲンボウ(Common kestrel)はユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布し、寒冷地で繁殖した個体は冬季に南方へ渡り越冬。日本では亜種チョウゲンボウが主に北海道、本州中部以北で繁殖(西日本では主に冬鳥としてやって来ますが、近年繁殖地が南下傾向にあるようです)しているほか、ヨーロッパ、北アフリカ、中東、アジアの温帯地域で繁殖する亜種チョウセンチョウゲンボウが冬季、稀に渡来することが知られています。

ウランバートル近郊のキャンプ地に向かう途中、目にした亜種チョウセンチョウゲンボウのメスと思われる個体。日本で普通に見られる亜種チョウゲンボウに比べ、上面の茶褐色みが淡く、黒褐色の斑も若干淡く感じられます。

チョウセンチョウゲンボウ1

チョウセンチョウゲンボウ2

チョウセンチョウゲンボウ3

こちらは翌日その近くで目にした抱卵中の亜種チョウセンチョウゲンボウのメス。恐らく上記個体と同じと思われます。

チョウセンチョウゲンボウ4


次はヨーロッパチュウヒです。

ヨーロッパチュウヒ(Western marsh harrier)はヨーロッパ、西アジアなどで繁殖し、冬季にインド、アフリカなどに渡り越冬するチュウヒの仲間で、日本では迷鳥として1989年に山口県で幼鳥1羽の記録があるのみという珍鳥です。

そんな珍鳥のヨーロッパチュウヒですが、今回訪れたオブス湖周辺は繁殖地であるようで、草原のはるか遠くで旋回していた猛禽を後で確認した結果、ヨーロッパチュウヒのオスであることが判明しました。

大きくトリミングしていますが、上面は頭から背、雨覆の一部が褐色で、風切、一部雨覆、尾が灰白色、初列風切が黒色になっており、ヨーロッパチュウヒのオスであることが分かります。

ヨーロッパチュウヒ1

ヨーロッパチュウヒ2

最後はヒメクマタカです。

ヒメクマタカ(Booted eagle)はアフリカ大陸、ユーラシア大陸に分布する体長46~53cmの小型の猛禽で、脚は厚く羽毛に覆われており、英名は「ブーツをはいたワシ」から来ているようです。

ベニハシガラスにモビングされていた暗色型のヒメクマタカ。ヒメクマタカには白色型と暗色型がありますが、暗色型の成鳥はこのように体下面全体が黒褐色の羽毛で覆われています。

ヒメクマタカ1

ヒメクマタカ2

モンゴルシリーズの最後に、今日は今までご紹介できなかった猛禽3種をご紹介しましたが、モンゴルには今までご紹介してきたクロハゲワシをはじめ、ヒゲワシ、イヌワシ、ソウゲンワシ、オオノスリ、ノスリ、ワキスジハヤブサ、チゴハヤブサ、アカアシチョウゲンボウ、ヒメチョウゲンボウなど、実に多様な猛禽類が生息しており、モンゴルはまさに猛禽王国と言っても過言ではない魅力的な国と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

モンゴルのヒバリ

モンゴルシリーズの続きで、今日はモンゴルで繁殖するヒバリをご紹介します。

ヒバリ(Eurasian skylark)はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸、イギリス、日本などに分布し、日本では亜種ヒバリ(Alauda arvensis japonica )が周年生息するほか、亜種カラフトチュウヒバリ(A. a. lonnbergi )や亜種オオヒバリ(A. a.pekinensis)が冬季に越冬のため本州以南に渡来することが知られています。そんな分布域の広いヒバリですが、モンゴルではバイカル湖からモンゴル、満州で繁殖し、冬季は中国南部に移動する亜種(A. a. kiborti)が分布していると考えられます。

オブス湖に向かう途中、草原で目にした亜種A. a. kibortiと思われるヒバリ。日本で見る亜種ヒバリに似ていますが、亜種ヒバリより淡褐色気味で、初列風切の突出もより長いように見えます。

ヒバリ2

ヒバリ3

ヒバリ4

ヒバリ5

ヒバリ6

ヒバリ7

今日はモンゴルで繁殖するとされるヒバリの亜種A. a. kibortiと思われる個体をご紹介しましたが、いずれにしても亜種ヒバリに酷似しており、見た目での識別はほとんど困難と思われました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ベニハシガラス、コクマルガラス、ミヤマガラス

モンゴルシリーズの続きで、今日は何れもカラスの仲間、ベニハシガラス、コクマルガラス、ミヤマガラスをご紹介します。

最初はベニハシガラスです。

ベニハシガラス(Red-billed chough)はヨーロッパから東アジアにかけたユーラシア大陸とアフリカに分布する体長約40cmのカラスの仲間で、名前のように嘴が鮮やかな赤色で、足も赤色なのが特徴です。また、ベニハシガラスは生息域により8亜種に分けられるそうですが、当地に分布するのは中国北・中部からモンゴル、満州、山東省、河北省に分布する亜種(Pyrrhocorax pyrrhocorax brachypus) と思われます。

ウランバートル郊外の池で目にしたベニハシガラス。

ベニハシガラス3

真っ赤な嘴が実に鮮やかです・・・

ベニハシガラス10

ベニハシガラス11

ベニハシガラス1

ベニハシガラス2

次は日本でもお馴染みのコクマルガラスです。

コクマルガラス(Daurian jackdaw)は韓国、中国、台湾、北朝鮮、日本、モンゴル、ロシア東部に分布し、日本には越冬のため西日本に多く渡来しますが、最近は関東以北や北海道南部などでも見られています。なお、従来淡色型と言われていた白色の混じった個体は実は成鳥で、黒色型は幼鳥、その中間型は成鳥になる過程の個体と考えられています。

ウランバートル近郊で目にしたコクマルガラスの成鳥。

コクマルガラス1

最後はこちらも日本ではお馴染みのミヤマガラスです。

ミヤマガラス(Rook)はユーラシア大陸中緯度地方に分布し、日本では冬鳥として全国各地に渡来しますが、生息地はかなり局地的なようです。

ウランバートル近郊で目にしたミヤマガラス。嘴は細く、基部の皮膚が剥き出しになって白く見えるのが特徴です。

ミヤマガラス1

ミヤマガラス2

今回のモンゴルでは先日ご紹介したワタリガラスやハシボソガラスを含め、合計5種類のカラスの仲間を目にすることができましたが、食物などの違いによるのでしょうか、彼らは巧みに棲み分けをしているようで、ワタリガラスが山岳地帯や草原地帯で多く見られたのに対し、他の4種は比較的人の住んでいる場所近くで目にすることが多く、その中でも微妙に棲み分けしているように見受けられました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カササギ

モンゴルシリーズの続きで、今日は滞在中、何度も目にしたカササギをご紹介します。

カササギ(Eurasian magpie)はヨーロッパから中央アジア、極東にかけて幅広く分布し、日本では留鳥として九州北西部に局地的に生息しますが、近年、福井県や石川県、富山県、新潟県、山形県、北海道など、港を中心とした狭い範囲で繁殖する例が増えているようです。

ウランバール市内の荒れ地で目にしたカササギ。当地のカササギは中央ロシアからイラン、北インド、モンゴルにかけて分布する亜種(Pica pica bonaparte)と思われますが、見た目には、頭部から背以下の上面、腮から胸、尻から下尾筒は黒色で、翼は青色、尾には紫、緑、青などの金属光沢があり、日本で見られる亜種カササギ(Pica pica serica)と大変よく似ていました。

カササギ11

カササギ9

人馴れしているのか、すぐ近くまでやって来てくれました。

カササギ10

こちらはウランバートル郊外の池で目にしたカササギ。水辺が好きなようで、池や河川の近くでは必ずと言っていいほどカササギの姿を見ることができました。

カササギ1

池の上を飛翔するカササギ。

カササギ2

カササギ3

カササギ4

カササギ5

今日は滞在中各地で目にしたカササギをご紹介しましたが、留鳥であるカササギはモンゴル全土に広く分布しているようで、今回最も出会いの多かった鳥かも知れません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のユリカモメ

再びモンゴルシリーズに戻ります。今日は日本でもお馴染みのユリカモメをご紹介します。

ユリカモメ(Black-headed gull)はユーラシア大陸北部やイギリス、アイスランドなどで繁殖し、冬季は南下しヨーロッパ、アフリカ、インド、東南アジア、北アメリカ東海岸へ渡り越冬。日本では冬鳥として北海道から南西諸島まで海岸や河川、沼地などに広く渡来し、小型のカモメ類の大半が本種であるそうです。

オブス湖近くの湿地で目にした夏羽のユリカモメ。さすが繁殖地であるモンゴル、英名のように黒色(濃い焦茶色)の頭が魅力的です。

ユリカモメ8

当地にはよく似たゴビズキンカモメやチャガシラカモメが生息している可能性があり、頭の黒い小型カモメについては翼の黒色部の模様に注目して観察しましたが、残念ながら今回目にしたのはユリカモメだけでした。

ユリカモメ1

湿地の上を飛び回っていたユリカモメ。

ユリカモメ2

ユリカモメ4

ユリカモメ6

ユリカモメ7

ユリカモメ5

ユリカモメ3

さすが繁殖地であるモンゴル、今回は美しい夏羽のユリカモメを見ることができましたが、次回は是非、ゴビズキンカモメやチャガシラカモメにも出会いたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

群れでやって来たコアオアシシギ

昨日の続きで、今日はオグロシギなどと一緒に群れで行動していたコアオアシシギをご紹介します。

コアオアシシギ(Marsh Sandpiper)は主にロシア南部から中央アジアにかけての地域で繁殖するほか、中国東北部でも局地的に繁殖し、冬季はアフリカ中部から南部、インド、東南アジア、オーストラリア等に渡り越冬。日本では、旅鳥として春と秋の渡りの時期に渡来しますが、本州以南では越冬する個体もいるようです。

沼の浅瀬で群れで行動していたコアオアシシギ。細く尖った嘴と黄緑色の細長い足が特徴です。

コアオアシシギ1

上面には黒褐色の軸斑が目立つことから、多くは幼羽ではないかと思われます。

コアオアシシギ3

コアオアシシギ4

飛び上がると足の長さがよく分かります・・・

コアオアシシギ5

コアオアシシギ6

コアオアシシギ7

オグロシギ、サルハマシギと一緒のコアオアシシギ。

コアオアシシギ8

コアオアシシギ9

コアオアシシギ10

コアオアシシギ2

サルハマシギとのツーショット。この個体も上面には黒褐色の軸斑が目立つことから幼羽と思われますが、肩羽が白っぽい冬羽に換羽中です。

コアオアシシギ12

今日はオグロシギなどと共に群れで行動していたコアオアシシギをご紹介しましたが、昨年、別の蓮田で見たコアオアシシギ約30羽の群れもオグロシギと行動を共にしていました。オグロシギとコアオアシシギの繁殖地はかなり重なっていることから考えると、ひょっとすると両者は一緒に渡ってきている可能性があるかもしれませんね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽の残るオグロシギ

昨日の続きで、今日はまだ夏羽の残るオグロシギをご紹介します。

オグロシギ(Black-tailed godwit)はユーラシア大陸の中部から北部で繁殖し、冬季はアフリカ、インド、マレーシア、インドネシア、フィリピン、オーストラリアなどで越冬。日本では北海道から沖縄までの各地で旅鳥として春と秋に渡来しますが、春より秋の方が飛来数が多いようです。

そんなオグロシギですが、サルハマシギやエリマキシギ、コアオアシシギなどと一緒に地元の沼地に立ち寄ってくれました。水の中に入り、餌を探していたオグロシギのオス。頭部から胸にかけて赤褐色みがあり、まだ夏羽がかなり残っていました。

オグロシギ1

オグロシギ3

コアオアシシギ、サルハマシギと一緒にいたオグロシギ。

オグロシギ4

こちらはエリマキシギ、コアオアシシギと一緒のオグロシギ。

オグロシギ5

サルハマシギと一緒のオグロシギ。

オグロシギ13

羽根を広げると、名前の由来となった黒い尾羽がよく分かります・・・

オグロシギ14

コアオアシギやエリマキシギと一緒に飛翔するオグロシギ。ここでも尾羽の黒帯がよく目立ちます・・・

オグロシギ6

オグロシギ7

オグロシギ10

先日訪れたモンゴルでは夏羽の美しい個体を見ることができたオグロシギですが、今回は地元でまだ夏羽が色濃く残る個体を見ることができました。やはりオグロシギは夏羽がいいですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

エリマキシギ幼鳥

昨日の続きで、今日はエリマキシギをご紹介します。

エリマキシギ(Ruff)はユーラシア大陸の北部から北極圏にかけての湿地帯や牧草地で繁殖し、冬季は地中海沿岸からアフリカ、インド、オーストラリア南部などに渡り越冬。日本では春と秋の渡りの時期に旅鳥として少数が観察され、関東以西では越冬する個体もいるようです。

コアオアシシギと一緒に水の中で佇んでいたエリマキシギ。上面の黒褐色の軸斑が明瞭で、胸の褐色みが強いことから、オスの幼鳥と思われます。

エリマキシギ1

突然、飛び上がりました・・・

エリマキシギ2

エリマキシギ3

エリマキシギ4

こちらはオグロシギやコアオアシシギと一緒に飛翔していたエリマキシギの幼鳥(先頭の個体)

エリマキシギ5

オグロシギやコアオアシシギと一緒に着水するエリマキシギの幼鳥(真ん中、右)

エリマキシギ7

エリマキシギ8

エリマキシギ9

エリマキシギ10

こうして見ると三者の大きさの違いがよく分かります。(オグロシギ38.5cm、エリマキシギ28cm、コアオアシシギ24cm)

エリマキシギ11

今日はエリマキシギのオス幼鳥と思われる個体をご紹介しましたが、エリマキシギのオスは繁殖期になると名前のとおり首に襟巻きのような長い羽毛が生え、体色も褐色、黒、白などいろいろな模様に変わり、繁殖地のそれぞれきまった場所(レック)で、互いに競い合うように襟巻きを広げて求愛行動を行うことで知られています。これらの求愛活動は繁殖地でしか見ることはできませんが、いつの日かそんなディスプレイを見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽の残るサルハマシギ

モンゴルシリーズの途中ですが、今日は渡りの途中、地元に立ち寄ったサルハマシギをご紹介します。

サルハマシギ(Curlew Sandpiper)はシベリア北部の北極圏で繁殖し、冬季はアフリカ、インド、東南アジア、オーストラリアへ渡り越冬。日本では旅鳥として春秋の渡りの時期に全国各地に渡来しますが数は少ないようです。

そんなサルハマシギですが、今年は関東への飛来が多いようで、ここ地元の沼地にもやって来てくれました。同じく夏羽の残るオグロシギと一緒に水辺に佇んでいたサルハマシギ。

サルハマシギ20

その後、水の引いた沼地で餌を探して歩き回っていたサルハマシギ。サルハマシギの和名は、夏羽では頭部から腹が鮮やかな赤褐色で、サルの顔やお尻の赤色に似ていることから名付けられたと言われていますが、この個体は下面にはまだ夏羽がかなり色濃く残っていました。

サルハマシギ15

サルハマシギ17

サルハマシギ18

サルハマシギ10

サルハマシギ9

サルハマシギ11

水の中に少し入ったかと思うと・・・

サルハマシギ23

突然飛び出しました。

サルハマシギ24

サルハマシギ25

サルハマシギ26

逆方向に飛ぶサルハマシギ。

サルハマシギ31

サルハマシギ32

今日は夏羽がまだ一部残るサルハマシギをご紹介しましたが、サルハマシギはやはり和名の由来ともなった夏羽の個体により魅力を感じてしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

サカツラガン、インドガン

モンゴルシリーズの続きで、今日はサカツラガンとインドガンをご紹介します。

最初はサカツラガンです。

サカツラガン(Swan goose)は夏季にカザフスタン、中国北東部、モンゴル南部、ロシア南東部で繁殖し、冬季になると中国南部や朝鮮半島で越冬。日本では数少ない冬鳥または旅鳥として渡来しますが、1950年頃までは千葉県で100羽程の群れが見られたそうですが、現在は安定した渡来地はなく普通1~数羽が見られる程度のようです。

そんなサカツラガンですがモンゴルは繁殖地であり、今回2ヵ所で目にすることができました。
ウランバートル郊外の池で目にしたサカツラガン。日本産ガン類では最大の大きさで、和名の由来にもなっているように、頬の羽毛が飲酒して紅潮したように橙色を帯びて見えます。

サカツラガン2

トリミングしてみました・・・

サカツラガン3

仲良く泳いでいた2羽。

サカツラガン4

サカツラガン5

こちらはウランバートル近郊の草原地帯を流れる川の畔で目にしたサカツラガン。

サカツラガン76 border=

サカツラガン

サカツラガン8

次はインドガンです。

インドガン(Bar-headed goose)はバイカル湖以南のモンゴル高原などで繁殖し、冬季になるとインドなどへ南下し越冬。日本では迷鳥として、近年では2006年に沖縄県多良間島で記録があるほか、北海道、本州、小笠原諸島などでも記録があるようです。

オラーンゴム近郊の湖畔で休んでいたインドガン。かなり距離があり鮮明な画像ではありませんが、アオサギの手前にいる2羽を何とか確認することができます。写真でははっきりしませんが、英名のように眼の後ろと耳羽後方から後頭にかけて2本の黒線があるのが特徴です。

インドガン1

インドガン2

今日は何れも日本では珍しいサカツラガンとインドガンをご紹介しましたが、両者ともにモンゴルは彼らにとっての繁殖地であり、番と思われる個体を目にすることができました。それにしてもモンゴルには彼らの繁殖に適した場所が多く、野鳥の楽園のようなところです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のホシムクドリ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でもお馴染みのホシムクドリをご紹介します。

ホシムクドリ(Common starling)はヨーロッパ東部、スカンジナビア半島、ロシア西部からバイカル湖周辺までの広い地域で繁殖し、冬季は中央アジアやイラン、アラビア半島、アフリカの地中海沿岸の地域に渡り越冬しますが、北アメリカやハワイ、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ共和国等には、他の地域から持ち込まれた個体が外来種として生息し、その数を増やしているようです。日本では数少ない冬鳥として主に西日本に多くが単独で渡来しますが、島根県、鹿児島県など少数の群れが越冬する地域もあるようです。

そんなホシムクドリですが、今回訪れたモンゴルは繁殖地であり、日本では見られない夏羽の個体を見ることができました。
オラーンゴム市内の空き地で目にした夏羽のホシムクドリ。夏羽では名前の由来ともなっている頭頸部から体下面の星をちりばめたような斑が少なくなり、紫や緑色光沢のある黒色になるほか、嘴は黄色、足は橙褐色になっています。

ホシムクドリ2

朝陽を浴びて光り輝いて見えるホシムクドリ。

ホシムクドリ3

ホシムクドリ4

ホシムクドリ5

フェンスに乗ったホシムクドリ。

ホシムクドリ1

今日は日本ではほとんど目にすることのない夏羽のホシムクドリをご紹介しましたが、ホシムクドリは全部で12亜種に分けられ、そのうち日本に渡来するのはウラル山脈東部からバイカル湖、カザフスタン、モンゴル西部などで繁殖する亜種ホシムクドリ(Sturnus vulgaris poltaratskyi)だそうです。そういう意味では、今回目にしたのは亜種ホシムクドリと思われ、何となく親しみが湧いてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

繁殖地のオオハクチョウ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でもお馴染みのオオハクチョウをご紹介します。

オオハクチョウ(Whooper swan)はユーラシア大陸北部、アイスランドで繁殖し、冬季になるとイギリス、イタリア北部、スイス、カスピ海や黒海沿岸、中国東部、朝鮮半島などで越冬。日本では冬鳥として本州以北の湖沼や河川、内湾、河口に渡来し、東北地方や北海道、日本海側に多いようです。そんなオオハクチョウですが、モンゴルは繁殖地のようで、滞在中、何度もその姿を目にすることができました。

ウランバートル近郊の池で目にしたオオハクチョウ。

オオハクチョウ1

その近くの中洲で抱卵していたオオハクチョウ.。

オオハクチョウ12

オブス湖畔で抱卵していたオオハクチョウ。右側に見えるのはキアシセグロカモメ。

オオハクチョウ2

オオハクチョウは嘴の黄色部がコハクチョウに比べて大きく、先端が尖っているのが特徴です。

オオハクチョウ3

こちらはウランバートル近郊の湖で水面近くを飛翔していたオオハクチョウ。

オオハクチョウ10

こちらは山をバックに上空を飛翔していたオオハクチョウ。

オオハクチョウ11

オオハクチョウ12

オオハクチョウ13

日本で目にするオオハクチョウは何れも越冬のためにやって来た個体たちですが、ここモンゴルでは繁殖のため渡来した個体たちであり、昨日のヘラサギ同様、繁殖地のオオハクチョウは心なしか生き生きとして見えました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

繁殖地のヘラサギ

再びモンゴルシリーズに戻ります。今日は日本でも人気のあるヘラサギをご紹介します。

ヘラサギ(Eurasian spoonbill)はユーラシア大陸中部とインドで繁殖するほか、ヨーロッパ東部にも繁殖地が点在しており、冬季はアフリカ、ペルシャ湾沿岸からインドにかけての地域や中国南部に渡りをおこない越冬。日本では数少ない冬鳥または旅鳥として、北海道から南西諸島まで各地で記録があります。そんなヘラサギですが、モンゴルはヘラサギの繁殖地のようで、滞在中、何度も大空を群れで飛翔する姿を見ることができました。

オブス湖周辺で上空を通過していったヘラサギの群れ。

ヘラサギ6

ヘラサギ7

ヘラサギ5

遠くの山をバックに飛翔していたヘラサギ。

ヘラサギ8

ヘラサギ9

ヘラサギ1

ヘラサギ2

近くを通過していったヘラサギ。夏羽の特徴である黄色みを帯びた喉や胸を確認することができます・・・

ヘラサギ3

ヘラサギ4

日本では数少ない冬鳥または旅鳥として渡来するヘラサギですが、さすが繁殖地であるモンゴル、滞在中何度も群れで移動するヘラサギを目にすることができました。やはり繁殖地で見る野鳥は心なしか活発に見えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チュウジシギとタシギ

この時期、旅鳥として日本を訪れるチュウジシギを探しに、収穫の終わった稲田に行ってきました.。今日はその時目にしたチュウジシギとタシギをご紹介します。

最初は目的のチュウジシギです。

チュウジシギ(Swinhoe's Snipe)はバイカル湖周辺のロシア中部やウスリー川付近で繁殖し、冬季はインド、東南アジア、オーストラリア北部などへ渡り越冬。日本には旅鳥として日本各地に渡来しますが、比較的乾燥した草地に生息する傾向があるようです。

収穫の終わった稲田で目にしたチュウジシギと思われる個体。嘴はタシギより短く、顔や首、雨覆など、各部の暗色部が多い傾向で、肩羽の単色羽縁がタシギのように直線的でなく丸みを帯びて見えます。

チュウジシギ2

尾羽を広げてくれなかったため、枚数を確認することはできませんでしたが、尾羽の枚数は20枚が普通で、外側尾羽の幅はやや細く、暗色部が多いのが特徴だそうです。

チュウジシギ1

チュウジシギ3

チュウジシギ4

チュウジシギ5

チュウジシギ6

しばらく同じポーズで固まっていましたが、やがて徐々に遠ざかっていきました・・・

チュウジシギ7

次はチュウジシギと同じ稲田で目にしたタシギです。

タシギ(Common snipe)はユーラシア大陸北部、北アメリカ大陸北部で繁殖し、冬季はヨーロッパ南部、アフリカ、中東、インド、東南アジア、北アメリカ大陸南部に渡り越冬。日本では旅鳥として渡りの時期に日本各地に渡来しますが、本州中部以南では冬鳥として越冬することが知られています。

稲の株間でじっとしていたタシギ。嘴が他のジシギ3種(オオジシギ、チュウジシギ、ハリオシギ)より長く、目先の過眼線が太く、眉斑は目の前方であまり広くなく、肩羽の単色羽縁が直線的に見えるのが特徴です。

タシギ1

タシギ2

嘴を横に向けると、他のジシギ3種よりかなり長いことがよく分かります・・・

タシギ3

タシギ4

タシギ5

尾羽を少し広げてくれました。尾羽は14枚が普通だそうで、外側尾羽1枚だけが白っぽいのが特徴だそうで、この写真からもそんな特徴を確認することができます。

タシギ6

今日は渡りの途中、収穫の終わった稲田に立ち寄ったチュウジシギとタシギをご紹介しましたが、今までジシギ類といえば識別が難しいということで半ば諦めていましたが、先日モンゴルで見たハリオシギをきっかけに、ジシギの識別に少しチャレンジしてみたくなりました。ということで、今回少し足を伸ばし稲田を訪れた次第です・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヨーロッパトウネンの幼鳥

昨日の続きで、今日は同じく干潟で目にしたヨーロッパトウネンをご紹介します。

海岸線で出会ったヨーロッパトウネン(Little stint)です。ヨーロッパトウネンはスカンジナビア半島からシベリアにかけての北極圏で繁殖し、冬季はヨーロッパ南部の地中海沿岸、アフリカ中南部、西南アジアの海岸部に渡り越冬。日本へは数少ない旅鳥または冬鳥として少数が渡来します。

トウネンの群れに交じって干潟で採餌していたヨーロッパトウネンの幼鳥(真ん中の個体)。胴体が短く足が長いため、体が横長で足が短いトウネンとは見た目の印象が異なるほか、嘴はやや細長く、先端はトウネンより尖っている点も識別ポイントです。

ヨーロッパトウネン10

右側がヨーロッパトウネンの幼鳥。幼鳥は上面すべての軸斑が濃く、背に明瞭な白いV字が出るのが特徴です。

ヨーロッパトウネン4

こちらは左側がヨーロッパトウネン。

ヨーロッパトウネン1

ヨーロッパトウネン2

背中側から見ると背のV字がはっきりと分かります・・・

ヨーロッパトウネン7

ヨーロッパトウネン3

ヨーロッパトウネン5

ヨーロッパトウネン6

ヨーロッパトウネン9

今日は数少ない旅鳥または冬鳥として日本に渡来するヨーロッパトウネンの幼鳥をご紹介しましたが、トウネンの群れに交じっていると大変良く似ており、識別は大変難しいといえます。今回、現地に居合わせたベテランバーダー氏に教えてもらい、何とか撮影することができました。バーダー氏に感謝です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

数が増えてきたミヤコドリ

渡り途中のシギチが見たくなり、久し振りに干潟を訪れましたので、今日は当地では冬鳥として入ってくるミヤコドリをご紹介します。

ミヤコドリ(Eurasian Oystercatcher)は北欧、中央アジア、沿海州、カムチャツカ半島などで繁殖し、西欧、アフリカ西岸、中東、中国南部、日本にかけての海岸で越冬。かつて日本では旅鳥または冬鳥として主に九州に渡来していたがそうですが、近年は東京湾でも定期的に観察されるようになっています。

潮が引き始めた浅瀬にやって来たミヤコドリとチュウシャクシギ。

ミヤコドリ1

ミヤコドリ2

この干潟は潮干狩りの場所でもありアサリなどがたくさん生息しています。そんな貝を求めてか、ミヤコドリも徐々に集まってきました・・・

ミヤコドリ6

ミヤコドリ7

真っ赤な嘴と虹彩に長い足、黒色の上面、白い下面の対比が実に鮮やかです。

ミヤコドリ3

ミヤコドリ4

ミヤコドリ5

採餌していたと思うと、一斉に飛び出すミヤコドリ。その数ざっと40~50羽はいたでしょうか・・・

ミヤコドリ8

ミヤコドリ10

ミヤコドリ9

今日は今年も干潟にやって来たミヤコドリの群れをご紹介しましたが、ミヤコドリは英名のようにカキなどの二枚貝に素早く嘴を差し込み、貝柱を切断して殻を開け中身を食べるほか、カニやゴカイなども食べるそうです。当干潟は潮干狩りで賑わう場所でもあり、彼らにとっては越冬するにはうってつけの場所であるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

海岸線にやってきたチュウシャクシギ

昨日の続きで、今日はオオグンカンドリを待っている間、海岸線で目にしたチュウシャクシギをご紹介します。

チュウシャクシギ(Whimbrel)はユーラシア大陸と北アメリカの寒帯から亜寒帯にかけての地域で繁殖し、冬季はアフリカ、中東、インド、東南アジア、南太平洋、オーストラリア、中央アメリカ、南アメリカなどへ渡り越冬。日本では旅鳥として干潟、海岸の岩場、農耕地、河川などに渡来しますが、南西諸島では少数が越冬することが知られています。

潮が引いた岩場で休んでいたチュウシャクシギ。独特の湾曲した嘴が魅力的です・・・

チュウシャクシギ1

こちらは岩場にいる好物の甲殻類などを探しているのでしょうか?盛んに採餌していました。

チュウシャクシギ2

チュウシャクシギ3

チュウシャクシギ4

そんな中で、1羽だけが水浴びをしていました。

チュウシャクシギ5

水浴びを終え、羽繕いをするチュウシャクシギ。

チュウシャクシギ6

チュウシャクシギ7

時折、羽を広げてくれます・・・

チュウシャクシギ11

チュウシャクシギ17

潮が満ちてきた後、海面近くを低空飛翔するチュウシャクシギ。

チュウシャクシギ13

チュウシャクシギ14

チュウシャクシギ15

今日は渡りの途中、海岸線に立ち寄ったチュウシャクシギをご紹介しましたが、この時期、日本では渡りの最盛期を迎えているようで、全国各地から目撃情報が寄せられているようです。これらの個体たちも各地でしばらく羽を休めた後は南の越冬地に向け旅立っていくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カモメなどを急襲するオオグンカンドリ

昨日の続きで、今日はカモメなどの餌を横取りしようと急襲するオオグンカンドリ(Great frigatebird)をご紹介します。

オオグンカンドリの採餌方法は通常、水面すれすれを飛び、魚類やイカなどを長い嘴で捕ったり、海岸や海鳥の繁殖地にも現れ、ウミガメの子どもや鳥の卵、ヒナなどを同様にさらって捕食するほか、トウゾクカモメ類と同じように、ミズナギドリやカツオドリの仲間を襲撃して餌を吐き出させ、奪い取る行動も知られています。

そんなオオグンカンドリですが、今回は漁港に集まっているカモメの仲間を襲撃し餌を奪い取ろうとする行動を偶然目にすることができました。

空中でウミネコに襲いかかろうとするオオグンカンドリの亜成鳥。

オオグンカンドリ40

オオグンカンドリ41

オオグンカンドリ42

ウミネコにかわされたオオグンカンドリ。

オオグンカンドリ44

オオグンカンドリ45

こちらは別のウミネコの幼鳥に狙いをつけ・・・

オオグンカンドリ49

襲いかかろうと体勢をとったオオグンカンドリ。

オオグンカンドリ50

こちらはセグロカモメでしょうか?並翔するオオグンカンドリ。

オオグンカンドリ60

オオグンカンドリ61

オオグンカンドリ62

今日はカモメなどの餌を横取りしようと急襲するオオグンカンドリをご紹介しましたが、この個体はまだ経験が少ないようで、うまく襲うことができず失敗を繰り返していました。楽をして餌をゲットするのも簡単ではないようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

急降下するオオグンカンドリ

昨日の続きで、今日は漁港に集まっているカモメ類の餌を横取りしようと急降下するオオグンカンドリ(Great frigatebird)をご紹介します。

漁港の上空を滑翔していたオオグンカンドリの亜成鳥ですが、ターゲットを見つけたのか急降下し始めました。尾羽を全開にし、ターゲットを見据えるオオグンカンドリ。

オオグンカンドリ21

翼を巧みにコントロールして体勢を整えます・・・

オオグンカンドリ22

オオグンカンドリ23

オオグンカンドリ24

オオグンカンドリ25

急降下するオオグンカンドリ。

オオグンカンドリ26

オオグンカンドリ27

オオグンカンドリ28

オオグンカンドリ29

オオグンカンドリ30

カモメの動きに合わせて反転したオオグンカンドリ。

オオグンカンドリ31

今日は漁港に集まっているカモメ類の餌を横取りしようと急降下するオオグンカンドリをご紹介しましたが、明日はその続きをご紹介します・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜成鳥のオオグンカンドリ

モンゴルシリーズの途中ですが、亜成鳥のオオグンカンドリを目にする機会がありましたので、今日はそんなオオグンカンドリをご紹介します。

オオグンカンドリ(Great frigatebird)は全世界の熱帯・亜熱帯に広く分布し、7つの亜種に分けられ、主な分布域は太平洋とインド洋で、大西洋の分布域はブラジル沖に限られそうです。日本では迷鳥として、北海道、本州、四国、九州、伊豆・小笠原諸島、南西諸島などで記録があり、特に南西諸島での記録が多いようです。

そんなオオグンカンドリですが、今回の台風の置き土産でしょうか、亜成鳥のオオグンカンドリが関東の漁港にやってきてくれました。漁港に集まっているカモメ類の餌を横取りしようとチャンスを伺っているのか、上空を滑翔していたオオグンカンドリ。頭部は白色で、腹は白く足の付け根まで達しています。コグンカンドリの亜成鳥ともよく似ていますが、コグンカンドリより一回り大きく、嘴もより長く、腹の白色部分がコグンカンドリほど下雨覆に入り込んでいません。

オオグンカンドリ1

大きな翼を巧みに操り、ほとんど羽ばたかずに滑翔するのがグンカンドリ類の特徴です。

オオグンカンドリ2

オオグンカンドリ5

オオグンカンドリ7

オオグンカンドリ8

オオグンカンドリ9

オオグンカンドリ10

オオグンカンドリ12

オオグンカンドリ13

大きく旋回して背面を見せてくれました。中雨覆の辺りが淡色でV字型になって見えます。

オオグンカンドリ17

オオグンカンドリ18

オオグンカンドリ20

今日は日本では迷鳥のオオグンカンドリ亜成鳥の滑翔風景をご紹介しましたが、明日はもう少し動きのある飛翔をお届けしたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

繁殖地のマナヅル

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でもお馴染みのマナヅルをご紹介します。

マナヅル(White-naped crane)は夏季に中国北東部、モンゴル北東部、アムール川およびウスリー川流域、ハンカ湖など限られたエリアで繁殖し、冬季になると日本、朝鮮半島中部、長江下流域、洞庭湖、鄱陽湖などヘ南下し越冬。日本では冬鳥として毎年、鹿児島県出水地方に越冬のため渡来しますが、他の地域では稀であるようです。

ウランバートル近郊の湿原で目にしたマナヅル。被写体までは距離があり大きくトリミングしています。当地は繁殖地のようで、広い湿原でゆっくりとした動きで餌を探しているようでした・・・

マナヅル5

マナヅル7

マナヅル6

お腹側から見ると、側頸前部から体下面と背は灰黒色であり、かなり黒っぽく見えます・・・

マナヅル1

マナヅル2

マナヅル3

マナヅル4

マナヅルは繁殖地のロシアなどでは野火のため、中国では乱開発による生息地の乾燥化などにより大きく生息数を減らしており、現在の推定個体数は約6,500羽で、そのうち約半数が出水地方で越冬すると言われています。そんな希少種マナヅルですが、モンゴルも貴重な繁殖地の一つであり、この広々とした大地で伸び伸びと子育てに励んでほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コウライバト

モンゴルシリーズの続きで、今日はまだ日本では記録のないコウライバトをご紹介します。

コウライバト(Hill pigeon)は、ロシア、カザフスタン、トルクメニスタン、タジキスタン、アフガニスタン、パキスタン、インド、ネパール、モンゴル、中国、北朝鮮、韓国などに布するハトの仲間で、本来は英名のように比較的標高の高い山地で生息しているそうですが、韓国などでは低地でも見ることができるようです。

ウランバートル近郊の国立公園のホテル横で目にしたコウライバト。ちょっと見には日本でも普通に見られるドバト(カワラバト)とよく似ていますが、尾羽基部が灰黒色で次いで白色の帯、先端が黒色の帯というパターンになっているのが最大の特徴です。最初は普通のドバトと思い気に留めませんでしたが、ガイド氏からそう言われ、慌ててシャッターを切りました・・・

コウライバト4

コウライバト5

コウライバト6

コウライバト7

コウライバト8

横から見たところ。カワラバトを家禽化したドバトに比べると、羽根の模様が一定しており、すっきり見えます・・・

コウライバト9

コウライバト10

コウライバト3

コウライバト1

コウライバト2

今日は初見のコウライバトをご紹介しましたが、普段見慣れた家禽化されたドバトに比べ、こちらは純系の自然種であり、何となく気品が感じられます。まだ、日本では記録がないようですが、お隣の韓国までは分布していますので、いつの日か日本でも見られる日がやってくる可能性もなくはないですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

イワスズメ

モンゴルシリーズの続きで、今日はイワスズメをご紹介します。

イワスズメ(Rock Sparrow)はイベリア半島や北西アフリカから南ヨーロッパ、中央アジアにかけての不毛な岩場で繁殖するスズメ目の小さな鳥で、生息域の西の方に多くが生息しているそうですが、アジアのものは冬季、より南方に渡りを行うそうです。

ウランバートル近郊の草原地帯を横切る線路の柵に止まっていたイワスズメ。イエスズメのメスにも似ていますが、全体的にずんぐりとした体格で、白色の眉斑と頭頂に薄い縞模様を持ち、背中と翼には茶色の柄があり、体下面には縞状の縦斑があるのが特徴のようです。

イワスズメ1

イワスズメ5

イワスズメ6

イワスズメ7

こちらはウランバートル近郊のキャンプ地で目にしたイワスズメ。イワスズメはどうやら不毛な岩場だけでなく人間の居住地でも見られるようで、壁の割れ目などに巣を作るそうです。

イワスズメ2

イワスズメ4

イワスズメ3

今日は日本では記録のないイワスズメをご紹介しましたが、近年、その系統が明らかにされ、スズメ科の親世代に当たる種であることが分かって来たそうです。ということは、お馴染みのスズメやニュウナイスズメ、日本ではレアなイエスズメなどの先祖ということになるのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる