亜種オーストラリアセイケイ

オーストラリアシリーズの続きで、今日は亜種オーストラリアセイケイをご紹介します。

セイケイ(Purple swamphen)はユーラシアからアフリカ、オーストラリアにかけて広く分布するクイナの仲間で、羽色の違いなどから、6亜種以上(ヨーロッパ、アフリカ、熱帯アジア、オーストラリア・ニュージーランド、インドネシア、フィリピンなど)に分類されており、今回目にしたのはオーストラリアとニュージーランドに分布する亜種オーストラリアセイケイ(Porphyrio porphyrio melanotus)で、頭部と背面が黒色なのが特徴のようです。

ケアンズ郊外の池で目にした亜種オーストラリアセイケイ。黒色と濃青色の体色に額から嘴にかけての赤色が実に鮮やかです。

オーストラリアセイケイ1

オーストラリアセイケイ2

オーストラリアセイケイ3

オーストラリアセイケイ4

オーストラリアセイケイ5

オーストラリアセイケイ6

首を伸ばすと結構長いですね・・・

オーストラリアセイケイ7

今日は、オーストラリアとニュージーランドに分布する亜種オーストラリアセイケイをご紹介しましたが、セイケイはその体色の美しさからか、古代ローマ時代から鑑賞鳥として別荘などで飼育していたそうで、高貴な鳥であるとして、古代ローマ人が食べなかった数種の鳥類のうちの一種だそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる