ラブラブのモモイロインコ

オーストラリアシリーズの続きで、今日からはオウム目の仲間をご紹介します。

最初は日本でもペットとしてお馴染みのモモイロインコです。

モモイロインコ(Galah)はオーストラリアのほぼ全域に分布するオウム目オウム科の鳥で、かって森林であったところが、ヨーロッパ人の入植以降、農地に開拓されてから個体数が増え、生息域も広がっているようです。頭部から腹部にかけては鮮やかなピンク色で、背面、翼の上面は灰色、また頭部には冠羽があり、これは淡いピンク色をしています。和名は頭部から腹部にかけてピンク色であることから、また英名はオーストラリアの先住民族であるアボリジニの言葉から来ているそうです。なお、モモイロインコは3亜種が確認されているそうで、今回目にしたのは、 クイーンズランド州中部以北からオーストラリア北部、西オーストラリア州北東部にかけて分布する亜種Eolophus roseicapilla kuhitで、3亜種の中では最も小さく、冠羽も短く、アイリングがピンク色をしているのが特徴だそうで。

ケアンズ郊外の住宅地の近くで目にしたモモイロインコ。

モモイロインコ1

この2羽はペアーのようで、仲睦まじく木の枝を口に咥えていました・・・

モモイロインコ2

モモイロインコ3

モモイロインコ4

愛情表現なのでしょうか? 仲良く嘴を交わしていたペアー。

モモイロインコ5

モモイロインコ6

こちらは昼食で立ち寄ったレストラン近くで目にしたモモイロインコ。この2羽もペアーなのでしょうか? 人目をはばからずラブラブぶりを見せてくれました。

モモイロインコ10

モモイロインコ11

モモイロインコ12

モモイロインコ13

今日は日本でもペットとしてお馴染みのモモイロインコをご紹介しましたが、モモイロインコは一度つがいが形成されると一生涯そのつがいは継続されるそうで、今日ご紹介したペアーも何年も連れ添った仲なのかもしれません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる