イチジクインコ

昨日の続きで、今日は同じくインコの仲間、イチジクインコをご紹介します。

イチジクインコ(Double-eyed fig parrot)はニューギニアとその周辺の島々、オーストラリア東部の点在するエリアに分布する体長13~15cmの小型のインコで、オーストラリアでは最小のインコとして知られています。英名はオスの頬には赤と青の斑があり、それが目のように見え、イチジク(fig)の実が好物なことから、また、和名はイチジクの実が好物なところから名付けられたものと思われます。

ケアンズ郊外の森でイチジクの実を食べていたイチジクインコのオス。オスは前頭だけでなく、頬に赤色斑があることから識別できます。

イチジクインコ4

イチジクインコ3

正面から見ると、赤と青が入り交じりインパクトがあります・・・

イチジクインコ2

イチジクインコ1

こちらは別の種類のイチジクの実を食べていたイチジクインコのメス。メスのほうは頬に赤色の斑がなく、その部分が青色と灰色の斑になっています。

イチジクインコ14

イチジクインコ12

イチジクインコ11

イチジクインコ10

今日はオーストラリアでは最小のインコとして知られているイチジクインコをご紹介しましたが、オーストラリアに分布するイチジクインコは3亜種に分類されており、今回目にしたのはオーストラリア北東部の限局したエリアに分布する亜種Cyclopsitta diophthalma macleayanaと思われました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる