冬鳥 アオシギ

オーストラリアシリーズの途中ですが、日本へは冬鳥として渡来するアオシギを久し振りに目にしましたので、今日はそんなアオシギをご紹介します。

アオシギ(Solitary snipe)はシベリア東部および中部、サハリン、ヒマラヤ北部で繁殖し、北方で繁殖した個体はインドやパキスタン、中国南部などに渡り越冬するシギ科タシギ属の鳥で、日本では冬鳥として北海道から沖縄まで全国に渡来しますが、数は多くなく、特に本州中部以南での記録は少ないようです。なお、アオシギは2亜種に分類されており、日本には中国北東部やカムチャッカ半島で繁殖し、冬季は朝鮮半島、中国東部などに渡来する亜種アオシギ(Gallinago solitaria japonica)が渡来します。

河川敷の水路で目にした亜種アオシギ。黄菖蒲の中で盛んに餌を探していました。和名のように羽衣は全体的に赤みがなく、白色部分はうっすらと青灰色みを帯びています。

アオシギ10

餌を探して歩き回っていましたが、葉が邪魔をしてなかなか全身を見ることができません・・・

アオシギ11

アオシギ12

アオシギ13

アオシギ14

アオシギ15

ちょっと周りがうるさいですが、ようやく全身を見せてくれました。

アオシギ7

アオシギ8

その後、水際にやって来たアオシギ。大きくトリミングしてみました・・・

アオシギ16

アオシギ17

今日は冬鳥として全国に渡来するアオシギをご紹介しましたが、同じタシギ属のタシギやチュウジシギ、オオジシギ、ハリオシギに比べると棲息環境が異なり、田圃では棲息しておらず、林の中を流れる小河川や農業地帯の丘陵沿いを流れる小河川などに棲息するため姿を見つけることが難しく、観察難易度の高い鳥となっています。今回そんなアオシギに久し振りに出会うことができ、幸せな気分で家路につきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる