キアシヒタキ

オーストラリアシリーズの続きで、今日はキアシヒタキをご紹介します。

キアシヒタキ(Pale-yellow robin)はオーストラリア東部に分布する体長12~13cmのオーストラリアヒタキ科の鳥で、頭部は灰色で、上面はオリーブ色、喉は白く、下面は黄色で、脚は黄橙色をしたあまり目立たない地味系の小鳥です。また、本種には2亜種が認められており、オーストラリア東北部に分布する亜種 Tregellasia capito nana は小さく、南東部で稀に見られる基亜種 Tregellasia capito capito のほうが若干大きいことが知られています。

ケアンズ郊外の熱帯雨林の森で目にしたキアシヒタキ。当地に分布する個体はオーストラリア東北部に分布する亜種 Tregellasia capito nana で、顔は淡黄褐色(基亜種 Tregellasia capito capitoは顔が淡灰白色)で、淡橙褐色のアイリングが見られます。

キアシヒタキ3

キアシヒタキ4

キアシヒタキ5

キアシヒタキ14

キアシヒタキ8

キアシヒタキ10

キアシヒタキ6

間近でじっとしていたキアシヒタキ。

キアシヒタキ13

よく見ると近くには幼鳥がいました・・・

キアシヒタキ12

キアシヒタキ11

今日はオーストラリアヒタキ科に属するキアシヒタキをご紹介しましたが、このキアシヒタキに限らず、オーストラリアヒタキ科の鳥たちはユーラシアや北アメリカなどに分布するヒタキ科の鳥たちとの近縁関係はなく、オーストラリア区(オーストラリア大陸、ニューギニア、タスマニア、ニュージーランド、メラネシアの島々)独自の種であるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる