ナンヨウオウチュウ

オーストラリアシリーズの続きで、今日はナンヨウオウチュウをご紹介します。

ナンヨウオウチュウ(Spangled drongo)はオーストラリア北部から東部にかけて分布する体長28~32cmのオウチュウ科の鳥で、成鳥では全身が青みを帯びた光沢のある黒色で、虹彩は赤色、胸には英名のようにスパンコールのような白斑があるのが特徴です。

ケアンズ近郊の森で目にしたナンヨウオウチュウの成鳥。赤い虹彩と魚の尾のような尾羽が印象的です。

ナンヨウオウチュウ1

ナンヨウオウチュウ2

ナンヨウオウチュウ3

お腹側から見ると、特徴ある胸の白斑を見ることができます・・・

ナンヨウオウチュウ5

ナンヨウオウチュウ7

ナンヨウオウチュウ8

ナンヨウオウチュウ9

ナンヨウオウチュウ10

今日はオーストラリアでは唯一のオウチュウであるナンヨウオウチュウをご紹介しましたが、ナンヨウオウチュウは分布域により11亜種に分類されており、今回目にしたのはオーストラリア北東部に分布する亜種Dicrurus bracteatus atrabectusと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる