ヨタカ

舳倉島シリーズの続きで、今日はヨタカをご紹介します。

ヨタカ(Jungle Nightjar)は夏季に中国東部、ロシア南東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季になるとインドネシアやフィリピン、インドシナ半島へ南下し越冬するほか、南アジアやマレー半島では周年生息する体長約29cmのヨタカ目ヨタカ科ヨタカ属の鳥で、日本では夏鳥として九州以北に飛来することが知られています。

横枝にとまり擬態して休んでいたヨタカ。全身褐色で、黒褐色や赤褐色の斑や模様があり保護色となっています。

ヨタカ1

縦位置でも撮ってみました。

ヨタカ2

こちらは少し違うアングルから・・・

ヨタカ3

ヨタカ4

今日は渡りの途中、島に立ち寄ったヨタカをご紹介しましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)ではかってのヨタカ(英名:Jungle Nightjar、学名Caprimulgus indicus)のうち、ヒマラヤから東アジア、東南アジアに分布するヨタカを別種(英名:Grey Nightjar、学名Caprimulgus jotaka)として分離独立させており、それに従えば、日本にやってくるヨタカはGrey Nightjar(Caprimulgus jotaka)の亜種Caprimulgus jotaka jotakaということになります・・・

ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コウライウグイス

舳倉島シリーズの続きで、今日はこちらも日本では大変人気のあるコウライウグイスをご紹介します。

コウライウグイス(Black-naped Oriole)はインド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、韓国、中国、台湾、北朝鮮、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、ラオス、ロシアなどに分布する体長約26cmのコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥で、分布域により全部で20亜種に分類されており、そのうち、日本では東アジアに分布する亜種コウライウグイス(Oriolus chinensis diffusus)が数少ない旅鳥として渡来し、主に日本海側の島嶼で春の記録が多いようです。

松の木にやって来たコウライウグイス。全身鮮やかな黄色で、後頸にかけての過眼線の幅が広いことから成鳥のオスと思われます。

コウライウグイス10

コウライウグイス11

こちらは遠くの松のてっぺんにとまった2羽のコウライウグイス。手前の個体は全身の黄色が鈍く、背面が緑色がかった褐色をしていることから幼鳥と思われ、親子で行動しているようでした。

コウライウグイス1

幼鳥のほうはよく見ると、松ぼっくりのようなものを咥えています。食性は雑食であることから、栄養価の高い松の実も好物なのでしょうか・・・

コウライウグイス2

コウライウグイス3

コウライウグイス5

コウライウグイス6

今日は日本では大変人気のあるコウライウグイスをご紹介しましたが、海外の公園などでは人馴れしているのか、比較的近くで撮影できますが、このような旅の途中では警戒心が強いようでなかなか近くでは撮らせてくれません。やはり国内できれいな写真を撮るのはなかなか難しいようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

冠羽を広げたヤツガシラ

昨日の続きで、今日は冠羽を広げてくれたヤツガシラ(Hoopoe)をご紹介します。

道路わきの草むらで夢中で餌を探していたヤツガシラですが、しばらく待っているとようやくその特徴ある冠羽を広げてくれました。

ヤツガシラ18

ヤツガシラ17

こちらは冠羽と同時に翼も少し広げてくれました。白黒の縞模様が何ともシックです・・・

ヤツガシラ11

ヤツガシラ12

ヤツガシラ13

今日はその独特の冠羽を立ててくれたヤツガシラをご紹介しましたが、ヤツガシラの冠羽は興奮すると広げると言われており、今回このように冠羽を広げたのは、近くにいる観察者やカメラマンを気にしてのことなのかもしれません。渡りの途中、疲れて島に立ち寄り、夢中で餌を採餌しているヤツガシラにとって、近くにいる観察者やカメラマンは気になる存在であり、そういう意味では鳥たちにストレスを与えないよう、もう少し遠くから観察・撮影しなけらばならないことを自省の念を込め改めて感じた次第です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

枝どまりのヤツガシラ

先日、渡りの中継地、舳倉島に行ってきましたので、今日からしばらくの間、当地で目にした鳥たちをご紹介します。

最初は一年振りに目にしたヤツガシラです。

ヤツガシラ(Hoopoe)はヨーロッパ南部・中部、アフリカ、南アジアから、東南アジア、中国、沿海州にかけて分布する体長26~28cmのヤツガシラ科ヤツガシラ属の鳥で、北方で繁殖した個体は冬季は南方へ渡り越冬。 日本では数少ない旅鳥として全国に渡来しますが、特に日本海側の島嶼や南西諸島では毎年多くが通過するようです。

いつもはもう少し早く通過すると思われるヤツガシラですが、今年は渡りが遅いのか、5月中旬のこの時期、期せずして目にすることができました。海岸近くの松にとまったヤツガシラ。それ程大きな鳥ではありませんが、独特の冠羽と背から尾にかけての白黒の縞模様が圧倒的な存在感を漂わせています。

ヤツガシラ1

ヤツガシラ7

ヤツガシラ8

ヤツガシラ9

その独特な姿で人気のあるヤツガシラをご紹介しましたが、ヤツガシラはIOC(国際鳥類学会議)の分類によれば全部で6亜種に分かれており、そのうち日本を通過するのは北西アフリカ、ヨーロッパ、ロシア東部から中南部、中国北西部、インド北西部に分布する亜種ヤツガシラ(Upupa epops epops)とされています。但し、日本鳥類目録改訂第7版ではUpupa epops saturataとなっていますので、最近、分類の見直しとともに学名が変わったものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クラインガルテン周辺のオオルリ

先日もご紹介したオオルリですが、今日はクラインガルテン近くの山麓で目にしたオオルリをご紹介します。

オオルリ(Blue-and-white Flycatcher)は夏季にシベリア南東部から中国北東部、朝鮮半島、千島列島、日本で繁殖し、冬季、東南アジアからジャワ、フィリピンにかけて越冬する体長約16cmのヒタキ科オオルリ属の鳥ですが、日本には基亜種オオルリ(Cyanoptila cyanomelana cyanomelana)が南西諸島を除く北海道から九州までの全国各地で繁殖し、冬季はフィリピンやボルネオなどで越冬するとされています。

クラインガルテン近くの山麓で目にした基亜種オオルリのオス。英名のように上面から胸にかけての青色と体下面の白色との対比が実に鮮やかです・・・


オオルリ1

オオルリ2

オオルリ4

オオルリ5

背中側から見ると外側尾羽基部の白色部をはっきり見ることができます。

オオルリ6

オオルリ7

こちらはオスの近くにいたオオルリのメス。

オオルリ10

今日は山梨クラインガルテン近くの山麓で目にした基亜種オオルリをご紹介しましたが、昨日ご紹介したキビタキ同様、その美しい歌声は私たちの心を癒してくれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

高原のキビタキ

昨日の続きで、今日は高原の森で出会ったキビタキをご紹介します。

キビタキ(Narcissus Flycatcher)はサハリンから日本列島全土とその近隣、中国の一部地域で繁殖し、冬季はフィリピンやボルネオ島など東南アジアへ渡り越冬するヒタキ科キビタキ属の鳥で、以下の3亜種に分類されていますが、
①夏鳥としてサハリンや日本全土で繁殖する基亜種キビタキ(Ficedula narcissina narcissina)
②屋久島から南西諸島にかけて分布する亜種リュウキュウキビタキ(F.n. owstoni)
③夏鳥として中国東北部の河北省で繁殖し、タイやマレー半島で越冬する亜種キムネビタキ (F.n. elisae)
現在、IOC(国際鳥類学会議)では亜種キムネビタキを別種キムネビタキ(Green-backed Flycatcher、Ficedula elisae)として分離独立させています。

今年も繁殖のため、高原の森にやって来た亜種キビタキのオス。

キビタキ2

キビタキ3

キビタキ4

キビタキ1

今日は高原の森で出会った亜種キビタキをご紹介しましたが、学名、英名のように、ナルシストの名前をもらったキビタキは自分の美しさをアピールするかのようにお得意のポーズをとってくれました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

高原のクロツグミ

今日はクラインガルテン近くの高原の森で目にしたクロツグミをご紹介します。

クロツグミ(Japanese Thrush)は夏季には主に日本の本州中部以北や中国の長江中流域などで繁殖し、冬季は中国南部や東南アジアに渡って越冬する体長21~22cmのヒタキ科ツグミ属の鳥ですが、西日本では一部越冬する個体もいるようです。

森の草地を歩き、盛んに餌を探していたクロツグミのオス。この鳥に出会うと夏の到来を感じさせてくれます・・・

クロツグミ1

クロツグミ2

クロツグミ4

クロツグミ5

クロツグミ6

クロツグミ7

クロツグミ8

こちらは頭部から体上面がオリーブ褐色のメス。

クロツグミ10

今日は高原の森で目にしたクロツグミをご紹介しましたが、英名からも分かるように日本を主な繁殖地とするクロツグミは容姿、囀りともに素晴らしく、この鳥に出会うと思わず嬉しくなってしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アマミヤマシギ、アマミノクロウサギ

トカラシリーズの最後に、今日は奄美大島の夜の探鳥で目にしたアマミヤマシギとアマミノクロウサギをご紹介します。

最初はアマミヤマシギです。アマミヤマシギ(Amami Woodcock)は奄美群島及び沖縄諸島に生息する日本の固有種として知られていますが、奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島では繁殖が確認されていますが、喜界島、沖永良部島、沖縄本島、慶良間列島、久米島などでは繁殖は確認されておらず、越冬のため渡って来ていると考えられています。

暗くなった森の林道に出てきたアマミヤマシギ。アマミヤマシギは近縁種のヤマシギとよく似ていますが、体全体が赤褐色みに欠けるほか、頭頂の黒斑は最前のものが細く、2番目から太くなるのが特徴です。

アマミヤマシギ1

アマミヤマシギ2

次は鳥ではありませんが、夜の探鳥で目にしたアマミノクロウサギです。
アマミノクロウサギ(Amami Rabbit)は奄美大島、徳之島にのみ生息する日本の固有種で、和名の通り背面は光沢のある黒や暗褐色の体毛(腹面は灰褐色)で覆われており、形態およびDNAによる分子系統学的解析、生態からウサギ科の中でも原始的形態を残した種と考えられているそうです。

道路脇で固まっていたアマミノクロウサギ。ライトの明かりのためあまり黒く見えませんが、実際はもう少し黒っぽいようです。

アマミノクロウサギ1

アマミノクロウサギ2

アマミノクロウサギ3

今日は何れも奄美の名が付く日本の固有種、アマミヤマシギとアマミノクロウサギをご紹介しましたが、先にご紹介したオーストンオオアカゲラやルリカケスをはじめ、奄美群島にこのような固有種が多い理由として、南西諸島が大陸とつながっていた太古の時代に動植物達が島に渡り住み、その後、島として分離され、その島固有の姿や生態を維持してきたためと考えられています。このことは他の南西諸島の島々や台湾などに固有種が多いことと共通しているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種ズアカアオバト

トカラシリーズの続きで、今日は奄美大島で目にした亜種ズアカアオバトをご紹介します。

ズアカアオバト(Whistling Green Pigeon)は屋久島から南西諸島、台湾、フィリピン北部に分布する体長約35cmのハト科アオバト属の鳥で、全部で4亜種に分かれており、日本には亜種ズアカアオバト(屋久島、種子島、トカラ列島、奄美大島、沖縄諸島)と亜種チュウダイズアカアオバト(先島諸島)の2亜種が生息してり、両者の違いは体の大きさで、亜種ズアカアオバトの方が一回り大きいようです。なお、和名の由来ですが、日本の亜種には頭の上部に赤色部分がありませんが、台湾の亜種Treron formosae formosaeには赤色部分があることからズアカアオバトと名付けられています。

宿泊したロッジの裏山にやって来た亜種ズアカアオバト。この個体は雨覆が緑褐色であることからメスと思われます。(オスは淡い赤紫色)

ズアカアオバト1

ズアカアオバト2

ズアカアオバト4

ズアカアオバト5

ズアカアオバト6

ズアカアオバト7

ズアカアオバト8

今日は奄美大島で出会った亜種ズアカアオバトをご紹介しましたが、英名は笛を吹くように鳴くことから名付けられていますが、鳴き声がアオバトとは異なり、「ボアーオ ボアーオ」と尺八に似た声で鳴くことから、一部の地域では「シャクハチバト」と呼ぶところもあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種オーストンオオアカゲラ

トカラシリーズの続きで、今日は奄美大島で出会った亜種オーストンオオアカゲラをご紹介します。

オオアカゲラ(White-backed woodpecker)はヨーロッパ東部、スカンジナビア南部、コーカサス、シベリア南部、モンゴル、中国東北部、ウスリー地方、朝鮮半島、樺太、日本、台湾、中国東南部などに幅広く生息し、全部で12亜種に分けられていますが、そのうち、日本では4亜種(エゾオオアカゲラ、オオアカゲラ、ナミエオオアカゲラ、オーストンオオアカゲラ)が 留鳥として周年生息することが知られており、中でも奄美群島の固有亜種オーストンオオアカゲラは生息数が少なく、国の天然記念物と希少野生動植物種に指定されています。

昨日のルリカケスと同じく、宿泊したロッジの裏山で目にした亜種オーストンオオアカゲラのオス。頭頂と腹以下の体下面は赤色で、胸脇から腹の黒褐色の縦斑は胸脇で大きくつながっています。

オーストンオオアカゲラ10

オーストンオオアカゲラ11

飛び出しました・・・

オーストンオオアカゲラ12

羽根を広げると翼の白斑がとても印象的です。

オーストンオオアカゲラ15

オーストンオオアカゲラ14

オーストンオオアカゲラ16

オーストンオオアカゲラ7

オーストンオオアカゲラ8

こちらはロッジ横の芝生に降りてきた同じ個体。

オーストンオオアカゲラ3

よく見ると腐食した切り株をつつき、中にいる蟻を食べているようでした。

オーストンオオアカゲラ4

オーストンオオアカゲラ5

オーストンオオアカゲラ6

昨年は見ることのできなかった亜種オーストンオオアカゲラでしたが、今回は幸運にもロッジの周辺でじっくり観察することができました。やはり、このような希少種は奄美を訪れた際には是非見ておきたい貴重な鳥と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリカケス

トカラシリーズの続きで、今日は途中立ち寄った奄美大島で目にしたルリカケスをご紹介します。

ルリカケス(Lidth's Jay)は奄美大島、加計呂麻島、請島にのみ生息する体長約38cmのカラス科カケス属の固有種で、和名のごとく頭部から頸部にかけてと尾羽や翼が大変美しい瑠璃色をしています。

宿泊したロッジの裏山にやって来たルリカケス。朝陽を強く浴び本来の美しい瑠璃色が出ませんが・・・

ルリカケス2

ルリカケス4

ルリカケス5

ルリカケス6

ルリカケス10

ルリカケス11

別の枝にとまったルリカケス。

ルリカケス13

ルリカケス14

ルリカケス17

飛び出したところを何とかシャッターに収めることができました・・・

ルリカケス15

今日は奄美大島周辺にのみ生息する固有種ルリカケスをご紹介しましたが、ルリカケスはその美しい羽衣と固有種ということもあり人気が高く、奄美を代表する鳥としても知られています。オオルリ、コルリ、ルリビタキなどもそうですが、瑠璃色の鳥たちは何れも人気があり、日本人にとって瑠璃色は好きな色の一つなのではと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種タイワンハクセキレイ

トカラシリーズの続きで、今日は亜種タイワンハクセキレイをご紹介します。

ハクセキレイ(White Wagtail)はユーラシアのほぼ全域およびアフリカ北部に分布し、全部で9亜種に分類されていますが、その一つ亜種タイワンハクセキレイはロシア(中央シベリア高原以東のシベリア・極東地域)およびアラスカ西岸に分布し、日本国内にも少数が分布しています。過眼線があるなど容姿は亜種ハクセキレイと酷似していますが、本亜種は胸部の黒色が嘴の下までつながる点、背が灰色などで識別することができます。

島の海岸線で目にした亜種タイワンハクセキレイ。

タイワンハクセキレイ

タイワンハクセキレイ6

タイワンハクセキレイ5

タイワンハクセキレイ1

タイワンハクセキレイ4

今日は渡りの途中、島に立ち寄った亜種タイワンハクセキレイをご紹介しましたが、先日ご紹介したツメナガセキレイ同様、、南西諸島ではこの時期ごく普通に見られるハクセキレイの亜種と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のアマサギ

トカラシリーズの続きで、今日は夏羽のアマサギをご紹介します。

アマサギ(Cattle Egret)はアフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシア、オーストラリア、日本、ニュージーランド、フィリピン、マダガスカルなどに広く分布し、夏季にアメリカ合衆国や朝鮮半島、日本などで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンなどへ南下し越冬しますが、他の多くの地域では周年生息することが知られています。日本では亜種アマサギが夏鳥として本州以北に渡来し、九州以南では多数が越冬するようです。

島の牧場で目にした夏羽のアマサギ。この場所では牛が放牧されているため昆虫類も多く、アマサギの格好の餌場となっているようです・・・

アマサギ1

アマサギ2

アマサギ3

アマサギ4

アマサギ5

アマサギ6

アマサギ7

アマサギ8

今日は島の牧場で目にした夏羽のアマサギをご紹介しましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では従来のアマサギをEastern Cattle Egret(Bubulcus coromandus)とWestern Cattle Egret(Bubulcus ibis)の2種に分離独立させており、それに従えば、日本などにやって来るアジア東部・南部、オーストラリアで繁殖する旧分類の亜種アマサギはEastern Cattle Egret(Bubulcus coromandus)ということになります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コホオアカ

トカラシリーズの続きで、今日はコホオアカをご紹介します。

コホオアカ(Little Bunting)はスカンジナビア半島北部からロシア、シベリア、カムチャッカ半島で繁殖し、冬季はネパール東部、インド北東部からインドシナ北部、中国南部、台湾に渡り越冬。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として全国で記録があり、特に日本海側の島嶼や南西諸島では春秋の渡りの時期に毎年記録されています。

島の海岸線で目にしたコホオアカ。よく似たホオアカは全長約16cmと大きく、頬だけが赤褐色であるのに対し、コホオアカは全長約12.5cmと小さく、顔全体が赤褐色である点が異なります。

コホオアカ1

コホオアカ5

コホオアカ6

よく似たホオアカが留鳥または漂鳥として日本各地で生息しているのに対し、コホオアカは日本では数少ない旅鳥または冬鳥として主に日本海側の島嶼や南西諸島などに渡来することが知られています。そういう意味では、コホオアカは日本では大変貴重な鳥と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハイイロチュウヒ

トカラシリーズの続きで、今日は渡りの途中、島に立ち寄ったハイイロチュウヒをご紹介します。

ハイイロチュウヒ(Hen Harrier)は北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季は北アメリカ大陸南部から南アメリカ大陸北部、アフリカ大陸北部、ユーラシア大陸中部に移動し越冬するほか、ヨーロッパでは周年生息しています。日本では越冬のため冬鳥として飛来しますが、局地的であり個体数はそれほど多くはないようです。

そんなハイイロチュウヒですが、繁殖地であるユーラシア大陸北部に向かう途中、島に立ち寄ってくれたようです。牧場で獲物を探して低空飛翔するハイイロチュウヒのメス。

ハイイロチュウヒ6

ハイイロチュウヒ7

ハイイロチュウヒ8

ハイイロチュウヒ9

こちらは上空を通過していった同じ個体。

ハイイロチュウヒ1

ハイイロチュウヒ2

ハイイロチュウヒ3

ハイイロチュウヒ4

ハイイロチュウヒ5

今日は渡りの途中、島に立ち寄ったハイイロチュウヒをご紹介しましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では従来のハイイロチュウヒのうち、北米で繁殖する個体群を別種Northern Harrier(Circus hudsonius)として分離独立させています。ご参考までに、以前カナダのバンクーバーで撮影したNorthern Harrierの記事をご紹介します。

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-date-20150520.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種シベリアアオジ

トカラシリーズの続きで、今日は亜種シベリアアオジをご紹介します。

アオジ(Black-faced Bunting)は夏季に中国、ロシア南東部、朝鮮半島、北部で繁殖し、冬季になると中国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する体長約16cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、全部で3亜種に分れており、日本では亜種アオジ(Emberiza spodocephala personata)が北海道や本州中部以北で繁殖し中部以西で越冬するほか、中国東部・南部で繁殖する亜種シベリアアオジ(Emberiza spodocephala spodocephala)が数少ない旅鳥として主に日本海側の島嶼や南西諸島で記録があります。

島の林道で目にした亜種シベリアアオジの夏羽のオス。頭部が暗緑灰色で、眼先、腮は黒色、腹以下は淡い黄色で、その境界は明瞭なのが特徴です。

シベリアアオジ1

シベリアアオジ2

シベリアアオジ3

シベリアアオジ4

こちらは海岸線で目にした同じく亜種シベリアアオジのオスと思われる個体。背中側しか見ることができませんでしたが、腹以下が淡い黄色であることから亜種シベリアアオジと思われます

シベリアアオジ7

シベリアアオジ6

こちらは同じく海岸線で目にした亜種シベリアアオジのメスと思われる個体。

シベリアアオジ10

シベリアアオジ11

シベリアアオジ12

今日は中国東部・南部で繁殖し、日本では数少ない旅鳥として主に日本海側の島嶼や南西諸島で記録がある亜種シベリアアオジをご紹介しましたが、このような鳥に比較的簡単に出会えるのも、このような島ならであります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽のアカガシラサギ

トカラシリーズの続きで、今日は夏羽のアカガシラサギをご紹介します。

アカガシラサギ(Chinese Pond Heron)はインドネシア、カンボジア、タイ、中国南東部、台湾、日本、ベトナム、マレーシア、ミャンマー東部、ラオスなどに分布する体長約45cmのサギ科アカガシラサギ属の鳥で、夏季に中国中東部で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬。日本では冬季に越冬のため主に南西諸島に少数が飛来するほか、他の地域でも渡りの途中に飛来することが知られています。

島内の牧場で目にした夏羽のアカガシラサギ。夏羽では頭部から後頸が赤褐色で長い冠羽があり、嘴基部も婚姻色で青みを帯びています。

アカガシラサギ1

アカガシラサギ4

アカガシラサギ5

アカガシラサギ6

アカガシラサギ7

こちらに気付いたのか、突然飛び出しました・・・

アカガシラサギ8

アカガシラサギ9

今日は夏羽のアカガシラサギをご紹介しましたが、アカガシラサギに限らず繁殖期の鳥たちは実に羽衣が美しく、見る者の心を引きつけます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種ツメナガセキレイ、亜種マミジロツメナガセキレイ

トカラシリーズの続きで、今日はツメナガセキレイの2亜種をご紹介します。

ツメナガセキレイ(Yellow Wagtail)は夏季にユーラシア大陸中部以北、アラスカで繁殖し、冬季はアフリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシアなどへ渡り越冬。日本では5亜種(ツメナガセキレイ、キタツメナガセキレイ、シベリアツメナガセキレイ、マミジロツメナガセキレイ、カオジロツメナガセキレイ)の記録があり、渡りの時期に日本海側の島嶼や南西諸島で比較的よく見られるほか、亜種ツメナガセキレイが北海道で繁殖し、冬季に亜種キタツメナガセキレイが越冬のため主に沖縄県に飛来することが知られています。

渡りの途中、島に立ち寄った夏羽の亜種ツメナガセキレイ。眉斑、腮以下の体下面が黄色なのが特徴です

ツメナガセキレイ1

ツメナガセキレイ2

こちらは眉斑が白く、外頬線も白いことから亜種マミジロツメナガセキレイと思われます。

ツメナガセキレイ3

ツメナガセキレイ4

キセキレイのメスとのツーショット。キセキレイは尾羽が長く、体長は約20cm程ありますが、かたや亜種マミジロツメナガセキレイは尾羽もやや短く、体長も約17cmと小型です。

ツメナガセキレイ5

ツメナガセキレイ6

今日は渡りの途中、島に立ち寄った亜種ツメナガセキレイと亜種マミジロツメナガセキレイをご紹介しましたが、現在IOC(国際鳥類学会議)ではツメナガセキレイ(Yellow Wagtail)をEastern Yellow Wagtail(Motacilla tschutschensis)と Western Yellow Wagtail(Motacilla flava)の2種に分けており、将来的には従来の亜種ツメナガセキレイや亜種マミジロツメナガセキレイはEastern Yellow Wagtail(ヒガシツメナガセキレイ?)の亜種となるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ツバメチドリ

トカラシリーズの続きで、今日はツバメチドリをご紹介します。

ツバメチドリ(Oriental Pratincole)は夏季に中国東部やロシア南東部、ヒマラヤ山脈などで繁殖し、冬季になると東南アジアやオーストラリア北部へ南下し越冬する体長約25cmのツバメチドリ科ツバメチドリ属の鳥で、日本では旅鳥または夏鳥として渡来し、関東以南では局地的に繁殖しているようです。

そんなツバメチドリですが、渡りの途中、島に立ち寄ってくれたようで、海岸線でその美しい姿を見ることができました。嘴基部の赤色が目立つ夏羽のツバメチドリ。

ツバメチドリ2

ツバメチドリ1

飛翔するツバメチドリ。和名のように飛翔する姿はツバメによく似ています・・・

ツバメチドリ3

ツバメチドリ4

今日は渡りの途中、島に立ち寄ってくれた夏羽のツバメチドリをご紹介しましたが、当地で体力を回復した後は大陸あるいは日本の繁殖地を目指し飛び立っていくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コムクドリ、カラムクドリ、ギンムクドリ

トカラシリーズの続きで、今日は混群でやって来たコムクドリ、カラムクドリ、ギンムクドリをご紹介します。

最初はコムクドリです。

コムクドリ(Chestnut-cheeked Starling)は千島列島、サハリン南部、日本で繁殖し、冬季はフィリピン、ボルネオ北部などに渡り越冬する体長約19cmのムクドリ科コムクドリ属の鳥で、日本では夏鳥として北海道、本州北部で繁殖し、渡りの時期には本州中部以南の地域でも見ることができます。

10数羽の群れでやって来たコムクドリ。オスは英名のごとく頬から耳羽後方にかけて栗色の斑が目立ちます・・・

コムクドリ4

大きくトリミングしてみました。頬から耳羽後方にかけて栗色斑がないのがメス。下の電線にとまっているのはギンムクドリ。

コムクドリ6

電柱の上で・・・ 手前がオス。

コムクドリ1

コムクドリ2

次はコムクドリと一緒にやって来たカラムクドリです。

カラムクドリ(White-shouldered Starling)は東アジアから東南アジアにかけて分布する体長約20cmのムクドリ科カラムクドリ属の鳥で、日本では数少ない冬鳥または旅鳥として九州南部、南西諸島などに渡来します。英名のようにオスでは肩羽(雨覆)が白いのが特徴ですが、メスは肩羽が灰褐色で目立ちません。

電線で並んだカラムクドリ。左がオスで、右はメス。

カラムクドリ1

こちらはコムクドリとのツーショット。左側がカラムクドリのオス。

カラムクドリ3

カラムクドリ4

最後はギンムクドリです。

ギンムクドリ(Red-billed Starling)は中国南東部に分布する体長約24cmのムクドリ科ムクドリ属の仲間で、一部は台湾やベトナム北部で越冬。日本では数少ない冬鳥または旅鳥として日本海側の島嶼、九州、南西諸島での記録が多いようです。

コムクドリの群れに1羽だけ混じっていたギンムクドリのオス(下の電線)。和名のようにオスは背から上尾筒、腹が銀色がかった青灰色で、嘴は英名のように赤色をしています。

ギンムクドリ1

その後、別の電線にとまりました。あいにくの曇り空で綺麗な色が出ませんが・・・

ギンムクドリ2

ギンムクドリ3

ギンムクドリ4

今日は混群でやって来たコムクドリ、カラムクドリ、ギンムクドリの3種をご紹介しましたが、このような珍しい光景が見られるのも渡り時期の南西諸島ならではと言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

マミジロタヒバリ、ムネアカタヒバリ

トカラシリーズの続きで、今日はマミジロタヒバリとムネアカタヒバリをご紹介します。

最初はマミジロタヒバリです。

マミジロタヒバリ(Richard's Pipit)は夏季にロシア、モンゴル、中国などの北東アジアで繁殖し、冬季にインドから東南アジアにかけて越冬する体長約18cmのセキレイ科タヒバリ属の仲間で、日本では旅鳥または冬鳥として全国各地で記録がありますが、特に西日本や日本海側の島嶼、南西諸島での記録が多いようです。

島の牧場で遠くの小木にとまっていたマミジロタヒバリ。やや小さいコマミジロタヒバリ(体長約17cm)ともよく似ていますが、淡褐色の眉斑は太くて明瞭です。

マミジロタヒバリ3

マミジロタヒバリ1

マミジロタヒバリ2

次はムネアカタヒバリです。

ムネアカタヒバリ(Red-throated Pipit)はユーラシア大陸の北極圏やカムチャッカ半島、アラスカ北西端で繁殖し、冬季はアフリカ中部、インド、中国南部、東南アジアに渡り越冬する体長15~16cmのセキレイ科タヒバリ属の仲間で、日本では旅鳥または冬鳥として渡来し、西日本から南西諸島にかけては比較的よく見られ、九州以南では少数が越冬するようです。

イワバホオジロのいた島の海岸線で目にしたムネアカタヒバリ。夏羽の特徴である赤橙色の頭部と胸部が印象的です。

ムネアカタヒバリ1

ムネアカタヒバリ3

ムネアカタヒバリ4

こちらは頭部と胸部に赤橙色があまり見られないことから、夏羽に換羽中の個体と思われます。

ムネアカタヒバリ10

ムネアカタヒバリ8

ムネアカタヒバリ9

今日は何れも関東ではあまり見ることができないマミジロタヒバリとムネアカタヒバリをご紹介しましたが、このような島嶼では渡りの時期には比較的よく目にすることができ、改めてこのような島嶼の魅力を感じる瞬間でもあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオノスリ

トカラシリーズの続きで、今日は稀な冬鳥として日本にも渡来するオオノスリをご紹介します。

オオノスリ(Upland Buzzard)は中国北東部やモンゴル、チベットなどの中央アジアで繁殖し、冬季は中国東南部やミャンマー、インド、朝鮮半島で越冬する体長61~72cmのタカ科ノスリ属の鳥で、日本では稀な冬鳥として北海道、本州、佐渡、九州、対馬、奄美諸島、沖縄諸島、与那国島で記録があり、日本で観察できるノスリの仲間では最大で、尾羽に横縞模様があるのが特徴です。

牧場わきの枯れ木にとまっていたオノスリ。虹彩が淡黄色であることから幼鳥(成鳥は虹彩が暗褐色)と思われます。

オオノスリ14

よく見ると、尾羽の横縞模様を確認することができます。

オオノスリ15

オオノスリ17

こちらは上空を旋回していたオオノスリ。

オオノスリ2

ノスリに比べると顔が細長く見えます・・・

オオノスリ3

背面を見せてくれました。この写真でも尾羽の横縞模様を確認することができます。

オオノスリ4

オオノスリ5

オオノスリ7

今日は稀な冬鳥オオノスリをご紹介しましたが、大きさ的にはトビとほぼ同じくらいの大きさがあり存在感があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コシャクシギ

トカラシリーズの続きで、今日はコシャクシギをご紹介します。

コシャクシギ(Little Curlew)は主にロシアのシベリア地方で繁殖し、冬季はニューギニア、オーストラリアへ渡り越冬する体長約30cmのシギ科ダイシャクシギ属の鳥で、日本では数少ない旅鳥として主に西日本(特に九州地方)での観察記録が多く、稀に何十羽もの群れで観察されることもあるようです。

北上の途中島に立ち寄ったのか、海岸線を探索中、突然上空を通過していったコシャクシギ。チュウシャクシギ(体長約42cm)より一回り小さく、嘴は短くて基部が細く湾曲も少なく、眼が大きく見えるのが特徴です。

コシャクシギ1

コシャクシギ2

コシャクシギ3

コシャクシギ4

コシャクシギ5

徐々に近づき、上空を通過していきました。頸から胸に褐色の縦斑がありますが、体下面は白っぽいですね・・・

コシャクシギ6

コシャクシギ7

西日本では比較的観察記録の多いコシャクシギですが、関東地方では目にする機会が少なく、今回、ほんの一瞬ではありましたが嬉しい出会いとなりました。やはりこのような南西諸島の島嶼部は意外性があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ズグロチャキンチョウ

トカラ列島シリーズの続きで、今日はイワバホオジロと同じ場所で目にしたズグロチャキンチョウをご紹介します。

ズグロチャキンチョウ(Black-headed Bunting)はヨーロッパ南東部からイラン、パキスタン南西部にかけて繁殖する体長15.5~17.5cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、冬季は主にインドに渡り越冬しますが、一部の個体は東南アジアまで渡ることが知られています。日本では稀な旅鳥として日本海側の島嶼、南西諸島での記録が多いようです。

イワバホオジロと同じ島の海岸線で目にしたズグロチャキンチョウ。額から後頸、頬までほぼ黒色ですが、若干ゴマ塩状であることからオスの第1回夏羽と思われます。

ズグロチャキンチョウ26

ズグロチャキンチョウ17

ズグロチャキンチョウ18

近くの細枝にとまったズグロチャキンチョウ。体下面の黄色が独特の色合いで、黒い頭との対比が鮮やかです・・・

ズグロチャキンチョウ12

ズグロチャキンチョウ14

ズグロチャキンチョウ15

ズグロチャキンチョウ4

ズグロチャキンチョウ9

ズグロチャキンチョウ10

昨日に続き、同じく珍し系のズグロチャキンチョウをご紹介しましたが、今回は目にする鳥が少ない中、この珍し系2羽に出会えたことが唯一の救いでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

イワバホオジロ

4月後半、春の渡りの中継地、トカラ列島に行ってきましたので、しばらくの間、当地で出会った鳥たちをご紹介します。

最初は今回一緒に訪れたベテランバーダー氏が見つけてくれたお陰で初めて目にすることができた迷鳥のイワバホオジロです。

イワバホオジロ(Grey-necked bunting)はトルコ東部、イランからモンゴル西部、中国北西部までの中央アジアで繁殖し、冬季はインド西部や中国西部にかけて越冬する体長約15cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、全部で3亜種が認められており、日本では迷鳥として舳倉島、飛島、愛媛県で計4回記録があるようですが、亜種名は不明とされています。

そんな珍鳥のイワバホオジロですが、渡りの途中、迷鳥として飛来してくれたようで、島の海岸線ではその独特の白いアイリングの可憐な姿を見せてくれました。頭部から胸脇は青灰色で、アイリングは白色、胸以下の体下面は橙褐色の成鳥夏羽のオスと思われます。

イワバホオジロ36

体の下面は淡い橙色ですが、赤褐色の部分が散らばっているため遠目には斑状に見えます・・・

イワバホオジロ38

イワバホオジロ50

イワバホオジロ51

イワバホオジロ52

イワバホオジロ53

イワバホオジロ29

背中から腰にかけて不明瞭な淡黒褐色の斑があるのもイワバホオジロの特徴です。

イワバホオジロ30

両足で器用に枝にとまってくれました・・・

イワバホオジロ42

イワバホオジロ40

今日は初見のイワバホオジロをご紹介しましたが、最初見た時にはよく似たズアオホオジロの可能性もあり、どちらだろうと関係者で検討した結果、①イワバホオジロは胸以下の体下面が橙褐色である(ズアオホオジロは腹以下の体下面が橙褐色である)、②背中から腰にかけて不明瞭な淡黒褐色の斑がある(ズアオホオジロは明瞭な黒褐色の縦斑がある)、③アイリングが白色(ズアオホオジロは淡黄色)、④三列風切の軸斑は直線的(ズアオホオジロは軸斑が細く凹みがある)であるなど、多くの特徴からイワバホオジロのオス成鳥と判断するに至りました・・・

なお、ご参考までに昨年モンゴルで撮影したズアオホオジロのブログを以下にご紹介します。

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1392.html

ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオグンカンドリ

今日まで長々とオーストラりア探鳥記にお付き合いいただきありがとうござました。シリーズの最後に今日はミコマスケイで目にしたオオグンカンドリをご紹介します。

オオグンカンドリ(Great frigatebird)は全世界の熱帯・亜熱帯に広く分布する体長85~100cmのグンカンドリ科グンカンドリ属の海鳥で、海域により5亜種に分けられています。日本では迷鳥として基亜種オオグンカンドリ(Fregata minor minor)が全国各地で記録があり、特に南西諸島での記録が多いようですが、今回当地で目にしたのは太平洋の西側から中央部の海域で繁殖する亜種Fregata minor palmerstoniと思われます。

ミコマスケイで大きな木の杭で休んでいたオオグンカンドリのメス。繁殖期のオスは全身が光沢のある黒色で、喉に赤い喉袋がありますが、メスは喉から胸にかけて白く、嘴も乳白色をしていることから、容易に識別することができます。

オオグンカンドリ29

オオグンカンドリ30

オオグンカンドリ31

オオグンカンドリ32

オオグンカンドリ27

こちらは上空を旋回していたオオグンカンドリ。

オオグンカンドリ7

オオグンカンドリ12

オオグンカンドリ20

オオグンカンドリ12

オオグンカンドリ13

オオグンカンドリ14

オオグンカンドリ15

オオグンカンドリ16

今日まで長々とオーストラリア探鳥記にお付き合いいただきありがとうござました。 今回初めて訪れたオーストラリアでしたが、やはり生物地理区でいうところのオーストラリア区、他のエリアとは全く異なる鳥も多く、大変楽しい探鳥をすることができました。今回訪れたのはケアンズ周辺だけでしたが、広大な面積を誇るオーストラリアでもあり、今後再びオーストラリアを訪れる機会があれば、今度は是非もっと別な場所にも行ってみたいと夢を膨らませながら帰って来ました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ギンカモメ

昨日の続きで、今日はミコマスケイやケアンズの海岸線で目にしたギンカモメをご紹介します。

ギンカモメ(Silver gull)はオーストラリア、ニュージーランド、ニューカレドニアなどの海岸地帯や川沿い、湖沼などに生息する体長38~43cmの中型のカモメの仲間で、全体的に白色で背や翼の上面は淡い灰色をしており、虹彩は白く、嘴と足は赤色なのが特徴です。

ミコマスケイで目にしたギンカモメ。光が当たると名前のように銀色に輝いて見えます・・・

ギンカモメ4

ギンカモメ5

ギンカモメ6

ギンカモメ7

ギンカモメ8

こちらはケアンズの海岸線で目にしたギンカモメ。ギンカモメはごく普通に見られるカモメのようで、滞在中目にしたカモメは本種だけでした。

ギンカモメ1

ギンカモメ2

ギンカモメ14

近くにやって来たギンカモメ。虹彩が白色なのがよく分かります・・・

ギンカモメ13

ギンカモメ9

今日はオーストラリアのほぼ全域に分布しているギンカモメをご紹介しましたが、本種には3亜種認められており、今回目にしたのはオーストラリア北部・北東部、ニューカレドニアなどで繁殖する亜種Chroicocephalus novaehollandiae forsteriと思われました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメクロアジサシ

昨日の続きで、今日はミコマスケイに上陸する際に目にしたヒメクロアジサシをご紹介します。

ヒメクロアジサシ(Black noddy)は太平洋、大西洋の熱帯や亜熱帯の島々で繁殖し、非繁殖期は周辺の海域に広く分布する体長34~38cmのカモメ科アジサシ亜科クロアジサシ属の鳥で、日本では迷鳥として小笠原諸島、火山列島(硫黄島では繁殖記録あり)、先島諸島で記録があり、クロアジサシの群れに混じっていることが多いようです。クロアジサシにも大変よく似ていますが、名前のようにやや小さく、全身黒褐色の羽毛に覆われ、白い羽毛の割合がクロアジサシよりも多いこと、嘴が細くて長いことで識別することができます。

ミコマスケイ上陸の際、近くで停泊していた船のデッキの梯子にとまっていたヒメクロアジサシ。周りのクロアジサシに比べ、小振りで、頭の白い部分が多く、嘴が細くて長いことが分かります。

ヒメクロアジサシ5

ヒメクロアジサシ4

ヒメクロアジサシ1

ヒメクロアジサシ2

ヒメクロアジサシ3

ヒメクロアジサシ6

こちらはブイの上に乗っていたヒメクロアジサシ。

ヒメクロアジサシ10

今日はミコマスケイに上陸する際に目にしたヒメクロアジサシをご紹介しましたが、本種は海域により7亜種に分類されており、日本で見られるものは亜種Anous minutus marcusiとされていますが、 今回目にしたのはオーストラリア北東部、ニューギニアからミクロネシアにかけて繫殖している基亜種Anous minutus minutusと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クロアジサシ

昨日の続きで、今日もグレートバリアリーフのミコマスケイで目にしたクロアジサシをご紹介します。

クロアジサシ(Brown noddy)はマミジロアジサシ同様、太平洋、インド洋、大西洋の熱帯、亜熱帯の島々で繁殖し、非繁殖期は周辺の外洋に生息する体長37~41cmのカモメ科アジサシ亜科クロアジサシ属の鳥で、名前のごとく全身黒褐色で、額から頭上が白いのが特徴で、日本では夏鳥として小笠原群島、硫黄列島、南鳥島、宮古島、仲御神島、与那国島などの小島や岩礁で繁殖しています。

ミコマスケイはクロアジサシの一大繁殖地のようで、おびただしい数のクロアジサシが所狭しと並んでいました。

クロアジサシ19

クロアジサシ1

クロアジサシ2

クロアジサシ24

クロアジサシ

抱卵中のクロアジサシ。

クロアジサシ18

クロアジサシ20

クロアジサシ17

クロアジサシ9

飛翔写真

クロアジサシ3

クロアジサシ4

クロアジサシ10

クロアジサシ11

クロアジサシ12

クロアジサシ13

今日はクロアジサシのコロニーをご紹介しましたが、本種には4亜種が認められており、今回目にしたのは紅海からインド洋、太平洋の広い範囲で繁殖し、日本でも繁殖している亜種Anous stolidus pileatusと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

マミジロアジサシ

昨日の続きで、今日は日本でも各地で記録のあるマミジロアジサシをご紹介します。

マミジロアジサシ(Bridled tern)は太平洋、インド洋、大西洋の熱帯及び亜熱帯の島々、オーストラリア北部で繁殖し、非繁殖期は周辺海域に広く分布する体長36~41cmのカモメ科アジサシ亜科Onychoprion属の鳥で、日本では主に琉球諸島の小島や岩礁で繁殖し、近年、繁殖地が北上し、沖縄島からさらに北上しつつあるようです。

ミコマスケイの海上のブイにとまっていたマミジロアジサシの成鳥夏羽。和名のごとく額から眉斑が白く、眉班は眼の後方まで達しています。

マミジロアジサシ1

マミジロアジサシ2

マミジロアジサシ3

マミジロアジサシ4

マミジロアジサシ5

マミジロアジサシ6

今日は日本でも各地で記録のあるマミジロアジサシをご紹介しましたが、本種には4亜種が認められており、今回目にしたのはインド洋東部から太平洋にかけて分布し、日本でも繁殖している基亜種Onychoprion anaethetus anaethetusと思われました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる