マミジロアジサシ

昨日の続きで、今日は日本でも各地で記録のあるマミジロアジサシをご紹介します。

マミジロアジサシ(Bridled tern)は太平洋、インド洋、大西洋の熱帯及び亜熱帯の島々、オーストラリア北部で繁殖し、非繁殖期は周辺海域に広く分布する体長36~41cmのカモメ科アジサシ亜科Onychoprion属の鳥で、日本では主に琉球諸島の小島や岩礁で繁殖し、近年、繁殖地が北上し、沖縄島からさらに北上しつつあるようです。

ミコマスケイの海上のブイにとまっていたマミジロアジサシの成鳥夏羽。和名のごとく額から眉斑が白く、眉班は眼の後方まで達しています。

マミジロアジサシ1

マミジロアジサシ2

マミジロアジサシ3

マミジロアジサシ4

マミジロアジサシ5

マミジロアジサシ6

今日は日本でも各地で記録のあるマミジロアジサシをご紹介しましたが、本種には4亜種が認められており、今回目にしたのはインド洋東部から太平洋にかけて分布し、日本でも繁殖している基亜種Onychoprion anaethetus anaethetusと思われました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる