クロアジサシ

昨日の続きで、今日もグレートバリアリーフのミコマスケイで目にしたクロアジサシをご紹介します。

クロアジサシ(Brown noddy)はマミジロアジサシ同様、太平洋、インド洋、大西洋の熱帯、亜熱帯の島々で繁殖し、非繁殖期は周辺の外洋に生息する体長37~41cmのカモメ科アジサシ亜科クロアジサシ属の鳥で、名前のごとく全身黒褐色で、額から頭上が白いのが特徴で、日本では夏鳥として小笠原群島、硫黄列島、南鳥島、宮古島、仲御神島、与那国島などの小島や岩礁で繁殖しています。

ミコマスケイはクロアジサシの一大繁殖地のようで、おびただしい数のクロアジサシが所狭しと並んでいました。

クロアジサシ19

クロアジサシ1

クロアジサシ2

クロアジサシ24

クロアジサシ

抱卵中のクロアジサシ。

クロアジサシ18

クロアジサシ20

クロアジサシ17

クロアジサシ9

飛翔写真

クロアジサシ3

クロアジサシ4

クロアジサシ10

クロアジサシ11

クロアジサシ12

クロアジサシ13

今日はクロアジサシのコロニーをご紹介しましたが、本種には4亜種が認められており、今回目にしたのは紅海からインド洋、太平洋の広い範囲で繁殖し、日本でも繁殖している亜種Anous stolidus pileatusと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる