オオグンカンドリ

今日まで長々とオーストラりア探鳥記にお付き合いいただきありがとうござました。シリーズの最後に今日はミコマスケイで目にしたオオグンカンドリをご紹介します。

オオグンカンドリ(Great frigatebird)は全世界の熱帯・亜熱帯に広く分布する体長85~100cmのグンカンドリ科グンカンドリ属の海鳥で、海域により5亜種に分けられています。日本では迷鳥として基亜種オオグンカンドリ(Fregata minor minor)が全国各地で記録があり、特に南西諸島での記録が多いようですが、今回当地で目にしたのは太平洋の西側から中央部の海域で繁殖する亜種Fregata minor palmerstoniと思われます。

ミコマスケイで大きな木の杭で休んでいたオオグンカンドリのメス。繁殖期のオスは全身が光沢のある黒色で、喉に赤い喉袋がありますが、メスは喉から胸にかけて白く、嘴も乳白色をしていることから、容易に識別することができます。

オオグンカンドリ29

オオグンカンドリ30

オオグンカンドリ31

オオグンカンドリ32

オオグンカンドリ27

こちらは上空を旋回していたオオグンカンドリ。

オオグンカンドリ7

オオグンカンドリ12

オオグンカンドリ20

オオグンカンドリ12

オオグンカンドリ13

オオグンカンドリ14

オオグンカンドリ15

オオグンカンドリ16

今日まで長々とオーストラリア探鳥記にお付き合いいただきありがとうござました。 今回初めて訪れたオーストラリアでしたが、やはり生物地理区でいうところのオーストラリア区、他のエリアとは全く異なる鳥も多く、大変楽しい探鳥をすることができました。今回訪れたのはケアンズ周辺だけでしたが、広大な面積を誇るオーストラリアでもあり、今後再びオーストラリアを訪れる機会があれば、今度は是非もっと別な場所にも行ってみたいと夢を膨らませながら帰って来ました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる