ズグロチャキンチョウ

トカラ列島シリーズの続きで、今日はイワバホオジロと同じ場所で目にしたズグロチャキンチョウをご紹介します。

ズグロチャキンチョウ(Black-headed Bunting)はヨーロッパ南東部からイラン、パキスタン南西部にかけて繁殖する体長15.5~17.5cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、冬季は主にインドに渡り越冬しますが、一部の個体は東南アジアまで渡ることが知られています。日本では稀な旅鳥として日本海側の島嶼、南西諸島での記録が多いようです。

イワバホオジロと同じ島の海岸線で目にしたズグロチャキンチョウ。額から後頸、頬までほぼ黒色ですが、若干ゴマ塩状であることからオスの第1回夏羽と思われます。

ズグロチャキンチョウ26

ズグロチャキンチョウ17

ズグロチャキンチョウ18

近くの細枝にとまったズグロチャキンチョウ。体下面の黄色が独特の色合いで、黒い頭との対比が鮮やかです・・・

ズグロチャキンチョウ12

ズグロチャキンチョウ14

ズグロチャキンチョウ15

ズグロチャキンチョウ4

ズグロチャキンチョウ9

ズグロチャキンチョウ10

昨日に続き、同じく珍し系のズグロチャキンチョウをご紹介しましたが、今回は目にする鳥が少ない中、この珍し系2羽に出会えたことが唯一の救いでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる