コムクドリ、カラムクドリ、ギンムクドリ

トカラシリーズの続きで、今日は混群でやって来たコムクドリ、カラムクドリ、ギンムクドリをご紹介します。

最初はコムクドリです。

コムクドリ(Chestnut-cheeked Starling)は千島列島、サハリン南部、日本で繁殖し、冬季はフィリピン、ボルネオ北部などに渡り越冬する体長約19cmのムクドリ科コムクドリ属の鳥で、日本では夏鳥として北海道、本州北部で繁殖し、渡りの時期には本州中部以南の地域でも見ることができます。

10数羽の群れでやって来たコムクドリ。オスは英名のごとく頬から耳羽後方にかけて栗色の斑が目立ちます・・・

コムクドリ4

大きくトリミングしてみました。頬から耳羽後方にかけて栗色斑がないのがメス。下の電線にとまっているのはギンムクドリ。

コムクドリ6

電柱の上で・・・ 手前がオス。

コムクドリ1

コムクドリ2

次はコムクドリと一緒にやって来たカラムクドリです。

カラムクドリ(White-shouldered Starling)は東アジアから東南アジアにかけて分布する体長約20cmのムクドリ科カラムクドリ属の鳥で、日本では数少ない冬鳥または旅鳥として九州南部、南西諸島などに渡来します。英名のようにオスでは肩羽(雨覆)が白いのが特徴ですが、メスは肩羽が灰褐色で目立ちません。

電線で並んだカラムクドリ。左がオスで、右はメス。

カラムクドリ1

こちらはコムクドリとのツーショット。左側がカラムクドリのオス。

カラムクドリ3

カラムクドリ4

最後はギンムクドリです。

ギンムクドリ(Red-billed Starling)は中国南東部に分布する体長約24cmのムクドリ科ムクドリ属の仲間で、一部は台湾やベトナム北部で越冬。日本では数少ない冬鳥または旅鳥として日本海側の島嶼、九州、南西諸島での記録が多いようです。

コムクドリの群れに1羽だけ混じっていたギンムクドリのオス(下の電線)。和名のようにオスは背から上尾筒、腹が銀色がかった青灰色で、嘴は英名のように赤色をしています。

ギンムクドリ1

その後、別の電線にとまりました。あいにくの曇り空で綺麗な色が出ませんが・・・

ギンムクドリ2

ギンムクドリ3

ギンムクドリ4

今日は混群でやって来たコムクドリ、カラムクドリ、ギンムクドリの3種をご紹介しましたが、このような珍しい光景が見られるのも渡り時期の南西諸島ならではと言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる